2020年10月21日 (水)

インターネットラジオ(Pro)Alexandr Sotnichenko版

インターネットラジオ(Pro)Alexandr Sotnichenko版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.internetradio
インターネットラジオ Alexandr Sotnichenko版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.internetradio.p
インターネットラジオ Pro Alexandr Sotnichenko版

更新日:2020年6月1日
インストール:1,000,000+ 5,000+(Pro版)
現在のバージョン:7.8
Android 要件:4.1 以上

・日本語での24時間クリスチャン番組(ストリーミング放送)を先月2020年9月から調べていて,2020-10-18現在,下記6つを確認している。
 (a) BBN Japanese(BBN聖書放送)
 (b) Bible.is - Japanese Contemporary Bible Non-Drama(リビングバイブル(新約)朗読)
 (c) Bible.is - Japanese New Interconfessional Version Non-Drama(新共同訳聖書(新約)朗読)
 (d) Hitsujikai Radio(羊飼いラジオ)
 (e) Friendship Radio(キリスト教放送 フレンドシップラジオ)
 (f) JRadio.net - Japanese Christian Radio(日本語 キリスト ラジオ)
これらのいずれをも再生可能なラジオアプリは,今年2020年9~10月時点ではなかった。自分でストリームURLを追加できるアプリは幾つかあったが,自分だけではなく他の方にも楽しんでほしいものだ。結局,これらすべてに対応してくれたのは,本アプリと,XiiaLive(Pro),Online Radio Box,Replaio Radio の4つ。

・本アプリの面白い点は,自分でストリームURLを登録すると,即サーバーに反映されるところ。Google Playの開発元メールアドレスに提案して受け付けてくれたのではあるが,WEB上 http://i-radio.ml/ で,自分で登録した内容が即表示されることにも気づいた。Androidアプリでは表示されない,ラジオ局の説明文が見れたりするのだが,これが自分が登録した内容そのままで,申請した内容には書いてなかったことで,仕組みがわかった次第。

・とすると,登録されているラジオ局は少なめだが,自分で見つけたラジオ局をどんどんサーバーに登録(皆で共有)できる訳で,なかなかおもしろい仕組みと感じた。

・惜しむらくは,「ラジオ付き目覚まし時計」の機能(アプリ)が分離されていること。そちらは,Android 4.0.3以上で作動するので,私の持っている中古の古いスマートフォンでも作動し,たいへんありがたいのではあるが。しかし,こちらで登録したラジオ局が目覚まし時計側アプリに反映されない。逆はいけるような感じ。詳細に実験した訳ではないので断定は差し控えたいが。

2020-10-20 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

Replaio Radio

Replaio Radio

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hv.replaio
インターネットラジオとFMオンラインラジオ - Replaio Radio
Replaio Radio
更新日:2020年8月10日
インストール:1,000,000+
現在のバージョン:2.6.0
Android 要件:4.1 以上

・日本語での24時間クリスチャン番組(ストリーミング放送)を先月2020年9月から調べていて,2020-10-18現在,下記6つを確認している。
 (a) BBN Japanese(BBN聖書放送)
 (b) Bible.is - Japanese Contemporary Bible Non-Drama(リビングバイブル(新約)朗読)
 (c) Bible.is - Japanese New Interconfessional Version Non-Drama(新共同訳聖書(新約)朗読)
 (d) Hitsujikai Radio(羊飼いラジオ)
 (e) Friendship Radio(キリスト教放送 フレンドシップラジオ)
 (f) JRadio.net - Japanese Christian Radio(日本語 キリスト ラジオ)
これらのいずれをも再生可能で(あるいは提案・登録してもらうことができ/自分で登録する機能も欲しい),さらには,複数のアラーム再生と一定時間で自動停止できるアプリを探していて,本アプリ「Replaio Radio」にたどり着いた。(最初は小さめ音量で聖書朗読,次にNHKラジオ第1の天気交通情報を中音量で,最後に8時からBBNの聖書詳細解説番組30分,とか。)

・左上のメニューに「Alarms」があり(あるいは各ラジオ局からセットしてもよいが),複数のアラーム(曜日別可)をセットできる。各アラームには「Play Duration」の項目があり,Unlimited/1min/2min/3min/4min/5min/10min/20min/30min/60min/120minを選べる。すなわち,アラームとしてラジオ再生開始後一定時間で自動停止できる。「XiiaLive (Pro)」アプリでは,複数アラーム共通としての「Timeout Length」,「音量」だったから,アラームごとに各々指定できるのはありがたい。共通なのはスヌーズ時間ぐらいなものだ(これは共通でもそれほど不満なし)。

・SETTINGS(設定)に,「Add Radio Stream」の項目があり,「Radio Stream URL」,「Station name」を指定できる。NHKラジオは,R2は全国共通だが,R1・FMは地方によって異なる。さすがにNHKは自分で登録するのがよいだろう。「NHKラジオ」の専用アプリ(アラーム機能あり)もあるのだが,複数アプリ同時利用は問題がある。XiiaLive や Replaio は,「Ignore Audio Focus」のように他アプリとの干渉を避けて同時に音を聞ける仕組みがあるのだが(聖書朗読とBGM音を重ねたりとか。初期値はOFFなので注意されたし)。

・「Suggest Station」(Request for adding a station)機能がある。「Station name and country」,「Your e-mail address」を「SEND」する形で,提案後それに対する登録予定の回答メールが返ってきた。念の為,STREAM URL(Stream link)とStation website URLを返信し,結局提案5局すべてを登録いただいた。感謝!

・「Online Radio Box」アプリより「Exclusively」シリーズ等のラジオ局が少ないのが欠点だが,必要なら提案すればよいだけだ。(私はアプリを使い分けるつもり。) 「edge://net-export/」,「chrome://net-export/」,Internet Exolorerの[F12](開発者ツールのネットワークタブ)でWEBブラウザ再生中のURLを調べることも可能なことを知ったことだし。

・ほか,「Online Radio Box」アプリに有る,「Playlist」で過去の曲が放送日時付きで一覧表示/「Channels」タブで複数のラジオ局運営表示/そのラジオ局をお気に入りに登録した人数表示/現在聞いている人数表示 といった機能はないが,代わりにジャンルから選ぶ機能があったり,複数のビットレートのあるラジオ局は切り替えられたりとか一長一短。

・BBN Japaneseは米国とオーストラリアの2つの登録があり,後者は正直知らなかった。たぶん旧サービスなのだろうが生きているとは驚き。Friendship RadioもURLが変わっているが古いままで再生できない(テスト用と思われる音声が流れる)ラジオアプリが多いのには困ったものだ(TuneInとかも)。このアプリでは新しいURLを連絡・登録してくれたので大丈夫。提案機能が無かったり,連絡したが無視されたアプリも多いので,提案機能がありちゃんとサポートしてくれる本アプリは貴重と思える。「Report Station」(Report a problem)機能があるのも素晴らしい。

・「Songs in the Stations」検索機能は,過去(直近)にその曲(歌手)を放送したラジオ局を知るのには役立つが,XiiaLive(Pro)のUberStations検索と違って,今まさに放送中の曲を検索できる訳ではない。XiiaLiveはDar.fmという,ラジオ局をサーバで録音再生するサービスを運営しているので(ラジオ局の追加提案も,そこでIDを取って行うとか若干面倒(無料試用期間活用)。アプリで自分で手動登録は可能なのだが),それで可能になっている特殊機能なのだろうと思う。

・Android 要件:4.1 以上 なので,当方所有の3つのスマートフォン Android7.0/4.2.2/4.0.4 のうち2台でしか使えないのが残念。お気に入り(Favorites)は同期されるのでそこは便利。(XiiaLiveは同期不可。)  キャスト機能もある。(XiiaLiveには無い。Google Homeアプリが入れば対応可能だが。Google Home Mini 2台とも撤去してしまったので実験はしていない。)

2020-10-18 懶道人(monogusadoujin)

 

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

Online Radio Box

Online Radio Box

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.finallevel.radiobox
Online Radio Box - free radio player
更新日:2020年9月20日
インストール:1,000,000+
現在のバージョン:デバイスにより異なります,Android 要件:デバイスにより異なります ※ Android7.0/4.2.2では 1.5.286,4.0.4では1.4.198だった。

・手持ちのスマホ Android7.0/4.2.2/4.0.4で共に動作し,「お気に入り」(「My Stations」)を共有でき,そして「Exclusively」シリーズなど最新ラジオ局に対応しているラジオアプリを探していて発見。さっそく有料版(当時230円)をアプリ内購入した(2020-09-19)。

・「My Stations」を各端末で同期できるのが嬉しい。6桁コードをWEBサイトで発行してもらい,それを各々の端末で入力する形なのが,面倒なのだか安心なのだかよくわからない。同期したい端末のシリーズを個別に選べる利点があるのかもしれない。「お気に入り」を同期できる点では『TuneIn』アプリも可能だが,あちらはAndroid4.0.4では作動しない。(さすがにスマホ古すぎるか。)

・「Exclusively」,「Positively」「Calm」シリーズを聴けるのが嬉しい。ただし,Android4.2.2/4.0.4のスマホでは再生できなかった(TLS 1.2未満の問題か?)。それで実際,最初,払い戻ししようとしたが,不可の回答がGoogleから来た。アプリ内購入だからか? しかし後述のように払い戻しできなくて結果的には良かった。

・登録の無いラジオ局が結構あるが,WEBサイトの https://onlineradiobox.com/ の「Feedback」から要望を出したらさっそく翌日には幾つか応えてくれたのが嬉しい。「BBN Japanese」(BBN聖書放送,Bible Broadcasting Network)や,「Bible.is - Japanese Contemporary Bible Non-Drama」(リビングバイブル(新約)の朗読)とか(2020-09-27)。『XiiaLive』アプリと違い,自分でストリーミングのURLを登録する機能はない。

・便利なのは,放送局によっては(「Hitsujikai Radio」とか),「Playlist」で過去の曲が再生日時付きで表示される点。(Hitsujikai Radio本家アプリ『Hitsujikai RS』では放送時刻までは表示されない。) また,「Channels」タブで,複数のラジオ局を運営しているところ(例:J-Pop Sakura)は関連表示が出るのも便利。すべてのラジオ局とまではいかないようだが。(『myTuner Radio』アプリもこの点同様だが,どうもあちらは現時点で動作が不安定。) 「Info」に日本語での説明があるラジオ局があるのにも驚いた。(英語説明だけだと思っていた。ドイツ。)

・検索機能は文字列検索か,国別ぐらい。ジャンル別がないのがいささか不便。たとえば,「Hitsujikai Radio」では「Talk・classic・christian・gospel」とかタグが入っているので,慣れてくればそういったキーワードで検索できるのではあるが。

・スリープタイマー(Turn off after)は,15/30/45/1 hour/90 min/2 hours といった大きなくくりでの指定。

・アラームは,時刻指定と「Repeat weeky」で日~土を個別指定できるが,複数アラームを指定できない・鳴動時間(Timeout Length」を指定できない点では『XiiaLive』アプリ(Android要件 4.0.3以上)に劣る(残念)。もっとも,『XiiaLive』は「Exclusively Radio」には現時点で非対応なので(ストリームURLがわかれば手動追加できるのだが),朝のアラーム(時刻によってラジオ局を分ける)やウィジェットでの特定のラジオ局の一発再生は『XiiaLive (Pro)』で,それ以外の一般放送についてはこちら『Online Radio Box』を,と使い分けようと思っている。

2020-09-28 懶道人(monogusadoujin)

※ 2020-10-18追記。

・最終的に残り3件(計5件)提案のラジオ局すべて登録していただき(10/11),感謝している。

・お気に入り登録者数や今まさに聞いている人数が表示されるのが面白い。新たに登録したラジオ局の利用者が今後どのように増えていくか見るのも楽しみ。WEB ( https://onlineradiobox.com/favorites/ )の一覧表示も便利(2020-10-18追記)。

 

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

「羊飼いラジオ」(Hitsujikai Radio,Hitsujikai RS)

「羊飼いラジオ」(Hitsujikai Radio,Hitsujikai RS)

 ラジオアプリ「XiiaLive」(Android 要件 4.0.3 以上)を試していて発見。「Japanese」でキーワード検索したところ,「NET Hitsujikai Radio」として一覧中に表示された。「TuneIn」アプリにも登録あり,「プロフィール」にて,位置:日本,「北海道士別町ベースの教会が提供する番組」と知った。「WEBサイトをチェック」でホームページ( https://www.hitsujikai-radio.com/ ) および,ストリームURL(DIRECT LINK)( http://streaming.radio.co/se4a8e6a93/listen )がわかった。「羊飼いラジオ」の登録の無いアプリでも,URL登録できるタイプ(「Sleep as Android」,「SoundSeeder」,「ラジオ付き目覚まし時計(Alexandr Sotnichenko)」など)ならこのストリームURL登録で利用できた。そして上記WEBサイトから,こちらのAndroidアプリ「Hitsujikai RS」( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.radioco.h7d64b4a )に到達できた。他にもiOS/iPhone版アプリへのリンク(App Store/iTunes Store)が上記WEBサイトに有る。
 24時間,日本語の聖書番組(聖書放送)を流し続けるものとして,「BBN聖書放送」(BBN Japanese)( https://bbn1.bbnradio.org/japanese/ )を今年2020年1月から聴いているが,それに匹敵する感じ。羊飼いラジオの方が高いビットレート(128kbps)を要求するが(BBN Japaneseは48kbps),音源に依存し,必ずしも高音質とは言えないようだ。プログラム(番組表)を比較すればわかるが,曲(賛美歌,演奏のみ(instrument))の再生時間はこちらの方が多いようだ。また,BBNでは曲名表示がないのに対し,こちらは曲名表示があるのが便利で,曲の放送履歴さえ表示される。ただし,再生履歴から遡っての曲再生はできないようだ。
 面白いのは,アラーム,スリープ機能をアプリが搭載している点。ストリーミング再生で朝目覚ましが可能。ただし,「XiiaLive」の「Timeout length」,「TuneIn」の「鳴動時間」のようにアラームとして番組再生開始後,一定時間で自動停止する機能は無いようだ。
 また,アプリが通知領域に陣取ってしまうので,本終了がちょっと面倒だ。起動アプリ一覧表示からの終了。まぁ,これは「TuneIn」も似たところがあるが。
 羊飼いラジオアプリは,「Android 要件:5.0 以上」を要求するため,私の持っている古い中古スマホでは利用できないのが残念。「XiiaLive」や「TuneIn」,Alexandr Sotnichenkoの「ラジオ付き目覚まし時計」「インターネットラジオ」など古いAndroidでも作動するアプリを使えばよいだけではあるが。
 BBN(Bible Broadcasting Network)と違い,全世界への展開はないようだ(韓国は有る)。wikipediaでも見つからない(BBNはwikipedia日本語版・英語版共に有る)。

2020-09-17 懶道人(monogusadoujin)

【参考】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.radioco.h7d64b4a
Hitsujikai RS
羊飼いラジオのアプリ
更新日:2018年12月8日,現在のバージョン:2.0,Android 要件:5.0 以上
  https://www.hitsujikai-radio.com/
  羊飼いラジオ

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.bbnradio.player.english
BBN聖書放送
更新日:2019年6月10日,現在のバージョン:10.8,Android 要件:4.1 以上
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/
  BBN聖書放送

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.DroidLiveLite
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.DroidLivePlayer
XiiaLive - Internet Radio
XiiaLive Pro - Internet Radio ※ 有料版
更新日:2017年10月3日,現在のバージョン:3.3.3.0,Android 要件:4.0.3 以上
更新日:2017年9月22日,現在のバージョン:3.3.3.0,Android 要件:4.0.3 以上

https://play.google.com/store/apps/details?id=tunein.player
https://play.google.com/store/apps/details?id=radiotime.player
TuneIn Radio
TuneIn Radio Pro ※ 有料版。録音機能付き。
更新日:2020年9月15日,現在のバージョン:デバイスにより異なります,Android 要件:デバイスにより異なります
更新日:2020年9月11日,現在のバージョン:デバイスにより異なります,Android 要件:デバイスにより異なります

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.internetradio
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.internetradio.p
インターネットラジオ(Alexandr Sotnichenko)
インターネットラジオ PRO(Alexandr Sotnichenko) ※ 有料版
更新日:2020年6月3日,現在のバージョン:7.8,Android 要件:4.1 以上
更新日:2020年6月1日,現在のバージョン:7.8,Android 要件:4.1 以上

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.alarmclock
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.alarmclock.p
ラジオ付き目覚まし時計(Alexandr Sotnichenko)
ラジオ付き目覚まし時計(Alexandr Sotnichenko) ※ 有料版
更新日:2019年7月4日,現在のバージョン:2.8,Android 要件:4.0 以上
更新日:2019年7月4日,現在のバージョン:2.8,Android 要件:4.0 以上

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep.full.key
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep.addon.port
Sleep as Android 睡眠サイクルを解析する目覚まし時計です
Sleep as Android Unlock ※ 有料版
SleepCloud Backup for Sleep as Android ※ 有料版
更新日:2020年9月14日,現在のバージョン:デバイスにより異なります,Android 要件:デバイスにより異なります

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kattwinkel.android.soundseeder.player
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kattwinkel.android.soundseeder.speaker
同じ曲を複数の端末で再生する。SoundSeeder 音楽プレーヤー 「Party Music」
SoundSeeder Speaker
更新日:2020年7月6日,現在のバージョン:2.5.1,Android 要件:4.1 以上
更新日:2017年8月2日,現在のバージョン:1.2.0,Android 要件:2.2~4.0.4

以上

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

スマホのラジオアプリで目覚まし(2) XiiaLive:起床後一定時間後に放送局を変える(複数のアラーム設定,「Timeout length」(鳴動時間))

スマホのラジオアプリで目覚まし(2) XiiaLive:起床後一定時間後に放送局を変える(複数のアラーム設定,「Timeout length」(鳴動時間))

【概要】
・起床後一定時間後に放送局を変えたい。すなわち,朝,NHKラジオ第一をかけて,一定時間後に,BBN Japaneseに自動的に切り替えたい。すなわち,複数のアラームをセットでき,その各々で放送局を変更できること。

・開始後,一定時刻で自動オフになる機能(「TuneIn」の「鳴動時間」相当機能)も欲しい。

・自分でストリームURLを追加できることが絶対条件。(BBN Japanese,Bible is(新共同訳,リビングバイブル),NHKラジオ など。)

・Android 4.0.4 (以上)で作動すること。

・この条件を満たすアプリとして,「XiiaLive」を見つけた。「Android 要件:4.0.3 以上」。複数のアラームをセットでき,各々のアラームごとに,「ラジオ局」を別々に指定できる。そして,設定→アラーム に「Timeout length」の項目があり,5分単位で,0~60分まで設定できる。(ゼロだと無効という意味だろう。) 「TuneIn」の「鳴動時間」に相当する。アラームごとではなく,共通設定なのが残念。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.DroidLiveLite
XiiaLive - Internet Radio

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.DroidLivePlayer
XiiaLive Pro - Internet Radio (有料版)419円 ※ $4.99 (USD) 。 http://www.xiialive.com/ に情報あり。

・ラジオアプリとして見た場合,ウィジェットで「Favorite station 1x1」で,「お気に入り」登録した放送局を個別にホームに設置できるのがとても便利。ワンタッチですぐに指定放送局を再生できる。

・「更新日:2017年9月22日」「現在のバージョン:3.3.3.0」で更新が止まっているのが残念だが,だからこそ,Android旧版で作動するのはありがたい。Google HomeへのWiFiキャストは,Google Homeをインストールすれば可能なので,アプリに搭載していなくてもなんとかなるのだが。

・「アカウント」は一覧にGoogleが無い。Facebook,Twitter,Acrobble(?)などがあるが,試していない。3台の設定を手動で行ったが,結構面倒だった。後述のTuneInやmyTuner RadioではGoogleアカウントでログインできるから,同期される(だろう)。

2020-09-13 懶道人(monogusadoujin)

【補足】
 下記も検討したが,上記の条件は満たさなかった。

(a) ラジオ付き目覚まし時計 Alexandr Sotnichenko
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.alarmclock (広告付き無料版)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.alarmclock.p (有料版)

・「Android 要件:4.0 以上」で,ストリームURLを追加できるのが利点。追加した放送局でアラーム指定ができる。
・曜日ごとに別々の開始時刻を指定してのアラーム設定ができる。さらには4週間分の個別の指定すら可能。ただし,1日1つのアラームのみ。そのアラームの一定時刻後にさらにアラームを鳴らす(目が覚めない場合にラジオでない通常アラームをかけたりする)機能があるが,その2つ目に別の放送局を指定することはできない。放送局指定は,すべてのアラームで共通。
・鳴動時間の指定は不可。
・常駐型。

(b) TuneIn / TuneIn Pro
  https://play.google.com/store/apps/details?id=tunein.player (無料版)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=radiotime.player(録音機能付き有料版)

・Android 4.0.4 では使えない。Android 4.2.2 では使えた。(「Android 要件:デバイスにより異なります」となっていてわかりづらい。)
・ストリームURLを追加できるが,追加した放送局でアラーム設定ができない。スリープ指定はできる。
・アラーム設定は全体で1つのみ。「アラームをリピート」で曜日指定できるが,開始時刻は共通。
・「鳴動時間」の指定が分刻みでできるのは利点。ただし,上記のように全体で1つだけだが。

(c) myTuner Radio ラジオ日本, ラジオ FM
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appgeneration.itunerfree

・Android 4.0.4 ,Android 4.2.2 共にダメ。Android 7.0 では使えた。(「Android 要件:デバイスにより異なります」となっていてわかりづらい。)
・ストリームURLを追加する機能(「新しい局を追加」)があるが,「お気に入り」に登録されず,なにかの拍子に「ホーム」から消えてしまう。バグか?
・「新しいラジオ局をサジェスト」ボタンで,「Bible is(新共同訳,リビングバイブル)」を追加してもらえた。(BBN Japaneseは最初から有った。) NHKラジオは,東京版の登録が最初から有るが,他の地方版を「サジェスト」したものの,今のところは登録してもらえていない。
・アラーム設定は全体で1つのみ。「繰り返し」で曜日指定できるが,開始時刻は共通。

・鳴動時間の指定ができない。要望を出したところ。
・常駐型。容量が大きく,そのためかアラーム動作が不安定。再生されたりされなかったりする。設定→電池 で「電池の最適化」からははずしているのだが,いまいち効果なし。「Greenify」アプリで「アグレッシブドーズ」設定したりしているから(しかし電池の最適化除外していれば大丈夫なはずなのだが),よくわからない。

(d) Sleep as Android
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep.full.key
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep.addon.port

・ストリームURLを追加できる。
・複数アラーム指定でき,その各々で,「アラームの音」を個別指定できる。追加したストリームURLの放送局ももちろん指摘できる。ほか,内蔵ミュージックや,Google Play Music,Spotifyプレイリストも指定可能。
・鳴動時間の指定機能はない。
・「予備アラーム」,「自動解除までの時間」が指定できるので,ここで別の放送局を指定することはできそうだ。(今まであえて「サイレント」指定にしていた。) しかし,全体設定っぽい。
・アラーム(ラジオ)を止めた時刻が,起床時刻として記録されるので,単にラジオを鳴らす目的では使いづらい。ラジオを鳴らしたままだと,まだ起きていないと判断されてしまう。まぁ,止めて起きた後で,ラジオアプリを起動して鳴らせばよいのだが。(従来は,そうした使い方をしていた。ズボラになったものだ。)


【補足2】追加したURL

https://bbnjapanese-lh.akamaihd.net/i/BibleBroadcasting_Japaneseios@87760/master.m3u8
BBN Japanese (BBN聖書放送 日本語版)

http://radio.bible.is:8000/JPNNITN1DA
Bible.is Japanese - New Interconfessional Version Non-Drama
新共同訳(新約のみ)
※ これは「XiiaLive」に事前登録有った。

http://radio.bible.is:8000/JPNJCBN1DA
Bible.is - Japanese Contemporary Bible Non-Drama
リビングバイブル(新約のみ)

https://nhkradioakr1-i.akamaihd.net/hls/live/511633/1-r1/1-r1-01.m3u8
ラジオ第1(R1)東京

https://nhkradioakr2-i.akamaihd.net/hls/live/511929/1-r2/1-r2-01.m3u8
ラジオ第2(R2)

https://nhkradioakfm-i.akamaihd.net/hls/live/512290/1-fm/1-fm-01.m3u8
NHK-FM 東京

  ※ https://www.nhk.or.jp/radio/config/config_web.xml
    NHK お知らせ/各地域のストリームURL
   に,札幌,仙台,東京,名古屋,大阪,広島,松本,福岡のURL記載あり。

【補足3】
・「XiiaLive」は,データベースを3種使えるのが面白い。
・標準搭載が2つ。
  UberStations
  SHOUTcast
・有料(199円)が1つ。
  RadioReference
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vblast.dir.rr

https://www.radioreference.com/ を見てみたが(検索してみたが),「BBN Japanese」や「Bible.is」が出てこない。「Japan」の更新頻度も少ないようだ。私にとっては追加購入の必要性なさそう。

以上

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

私の通信費用(SIM,スマホ環境)

 友人より,通信費用のことを尋ねられて,当方も見直してみることにした。私はスマートフォンを3つ持っている。SIMは4つで,実家両親の通信費用をまかなっている。

【通信費用概算】
(a) 1,500円:NTT固定電話(加入電話 ダイヤル回線用 住宅用)。これに通話料金がかかる。
(b) 1,300円:Yahoo BB 12Mbps 60か月キャンペーン)
(c) 1,600円:OCNモバイルONE 音声対応SIM 1日110MB。これに通話料金がかかる。
(d) 300~1500円:FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン データ通信専用(実家・両親用)。299円(100MB)スタート。最大(4,870円(22GB)。
(e) 300円:FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン データ通信専用。299円スタート(節約モード200kbpsは追加料金なし)。
(f) 520円:OCNモバイルONE 容量シェア データ通信専用(SMS対応)。節約モード200kbps(バースト転送有)で通常使用。

合計:約 7~8千円ぐらい。通話が多いときは1万円ぐらいか。

楽天モバイルの「SMARTalk」アプリ(月の基本料金ゼロで,050から始まるIP電話を持てる。留守番電話のEメール音声添付機能が便利),「OCNでんわ」アプリとかもインストールしている。LINEもインストールはしている。

2020-09-11 懶道人(monogusadoujin)

【詳細】

(a) 1,500円:NTT固定電話(加入電話 ダイヤル回線用 住宅用)。これに通話料金がかかる。

・光回線へ移行すれば,固定電話も含まれるから,月2千円ぐらいのアップで済む。しかし,アパート暮らしで,工事は難しいだろう。エアコン故障も1年以上我慢しているなぁ。(部屋を整理してからと思っているが・・・足の踏み場もなく業者の人,作業できないだろうから・・・ずっとそのままで,来てるなぁ。)

・Eメールが使えない実家両親用。FAXなら使える。急がないときは手紙(封筒)だ。


(b) 1,300円:Yahoo BB 12Mbps 60か月キャンペーン)

・Yahoo BB 8Mbpsを長らく使っていたが,Yahoo BB 12Mbpsの方が60か月キャンペーンで格安とある時(2015年)突然気づいた。利用には解約後半年以上の間がないといけない。その間,モバイルルータを使ってしのいだ。2016年1月に12M 60か月キャンペーンに加入。

・Yahoo BBは加入者同士が無料になる利点があったが,弟が止め,実家両親宅も止めたため(インターネット費用を私が持つことになり,名義問題の無いモバイルルータを導入),無料通話の利点はまったくなくなった。

・しかし,加入電話料金と合わせても光よりずっと安く,あと数年でADSL廃止されるまでは使おうと思う。


(c) 1,600円:OCNモバイルONE 音声対応SIM 1日110MB(翌日繰越で230MB)。これに通話料金がかかる。

・従来「FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン」音声SIM(月999円スタート)を使っていて,不満はなかった。Android5.0のFREETEL Priori2 3G(端末代1万円,電池交換可能で予備電池をいくつか持っていた)で,節約モード200kbpsでの音楽ストリーミングも快適に使えていた。2017年FREETELが経営破綻し,通信部門が楽天に,端末部門がMAYA SYSTEMに引き継がれた。問題は楽天で,2018年に3G廃止の告知が来た。猶予はわずか2か月! 3G専用端末をLTEモデルに買い換えようか考えているところに,MAYA SYSTEMから,Android7のPriori5への交換「交換サポートプラン」200円の案内が来た。さらに見ると,Android7.0のRAIJINが,OCNモバイルONE音声SIMとセットで端末代999円。弟のPriori2 LTE が最近動作不安定ということも聞き,一緒に RAIJIN(FJT162E)に移行することにした。交換プランでないので,私の手元にはPriori2 3G は残った。結局,姪に譲ったが。(Priori2 LTEはやっぱり不安定でダメだった。) FREETELの音声SIMは解約した。今考えると結構もったいなかったかもしれない。なにせ基本料金が999円スタートと安かった。OCNモバイルONEは1600円スタート。バースト転送があるとか,SIMサイズがフリーサイズ(切り込み入り)とか,容量シェアの仕組みがあるとか(それでもFREETELよりは高い),OCNモバイルONEなりの利点もあるはあるのだが。楽天移行後は新規加入やSIM追加を認めていないので,FREETEL SIM再購入は無理だ(残念)。経営破綻時,LTEモードは通信状況が極めて悪かったが(3Gでは快適・高速なのに!),楽天の3G措置後に状況改善された。

・Android7.0のRAIJINは,メモリ4GB(いまのiPhone SE新型よりも多い),バッテリ5000mAh搭載に魅力を感じた。Priori2みたいにバッテリ交換できる方が本当はよいのだが。予備バッテリだけならサイフに入るサイズだったし。しかしまぁ,そこは妥協だ。80パーセントで充電止めることで電池寿命を2倍に増やせるとのことで,アプリ「AccuBattery」や,電流監視して自動的に充電を止めるオズマのECOモード搭載充電ケーブルとかを使っている。

・ROMも64GBあり,十分。SDXC兼用ではあるが,SIM 2枚挿しでき,実際,1枚目にOCNモバイルONE音声対応SIM(1日110MB。翌日繰越で230MB。1か月3GB相当),2枚目にFREETEL SIM 使った分だけ安心プラン データ専用SIM(月299円スタートで最大22GBで4870円)を挿している。OCNモバイルONEの1日分の容量使い切り高速必要になった時点でFREETEL SIM(節約モードと従量制あり。299円スタート)に設定切り替えて使うようにしていた。

・OCNモバイルONEも,FREETEL SIMも,節約モード200kbpsは容量追加されず使い放題。200kbpsもあれば,ストリーミングでの音楽再生は問題ない。OCNモバイルONEは,MUSICカウントフリー(無料)を追加しているが,特定業者以外は対応していないので意味がなかった。OCNモバイルONEの1日110MBのコースは,追加500円で,その日午前零時まで高速使い放題(容量無制限)になる。SIM 1枚で運用の弟にはそういった使い方を勧めている。新コースでは1日単位のコースがなくなり,月契約容量の1.5倍(3GB契約なら4.5GB時点)で節約モードでも200kbps→50kbpsの速度制限を行うようになった(残念)。その代わり基本料金と追加料金は安くなっている。

・OCNモバイルONEは常時節約モード200kbpsにしているが,バースト転送で最初の150KBは高速で使えるため,WEBブラウザのVia ( https://play.google.com/store/apps/details?id=mark.via.gp&hl=ja )とかで画像非表示にしてニュース(文字のみ)を見たりする分には問題がない。


(d) 300~1500円:FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン データ通信専用(実家・両親用)。299円(100MB)スタート。最大(4,870円(22GB)。

・NEC Aterm PA-HT100LN-SW で使用。実家(両親)のインターネット環境。モバイルルータだが,電池内蔵せず,AC専用。電池経年劣化で膨張する心配がないのが何より安心。

・以前は,モバイルルータ(FREETEL FTW142A_aria)を使っていたが,バッテリが膨らんでSIM取り出せなくなり,苦労して取り出して本体廃棄した。代わりに,バッテリはずした状態で使えるという netindex NI-760S を購入したが,ハズレ品だったか,それとも3Gでは大丈夫でも4G(LTE)ではダメなのかわからないが,再起動繰り返し使い物にならないとわかり,値段高めだが,NEC Aterm PA-HT100LN-SW を購入し,SIMサイズ変更し,問題なく使えるようになった。OCNモバイルONEはマルチカットSIMで便利なのだが,従量制の仕組みがなく,両親には不適と判断した。FREETEL SIMは楽天移行後,新規や追加を受け付けてないが,さすがにサイズ変更はやってくれた。(しかも,キャンペーン中だったので,無料で出来た。感謝!)

・Amazon Echo Spot(テレビ電話機能や,歌と同期しての歌詞表示機能が便利),PC,Wiiで使用。月1500円は5GBの料金。

・Echo Spotは頻繁にネット認識しなくなるので(Atermで,接続ログをメールで1日1回無料で送ってくれるサービスがあり,便利に使っている),機械式24時間タイマーで,Echo Spotの電源を1日1回OFF・ONしている。Atermのこの機器では1日1回自動リセットしてくれる機能があり(深夜にセット),それも活用している。

・任天堂Wiiもつないでいたが,メール機能に相当する任天堂サービスが廃止されたり,WEBブラウザの更新ストップのため,ほとんどのWEBサイトが実質見れなくなったり,高齢の両親が手軽に使える(子供でも使える)簡単操作のWiiのインターネット機能がなくなったのにはがっかり。3DSでもいろんな任天堂インターネットサービスが廃止されているのを見ると,任天堂のサービスは使うのはコワイ(長期運用は賢明ではない)という結論に至り,後継機種は購入していない。

・PCは,いまだにWindows7。Windows10へのアップデート失敗し,その月はFREETEL SIM 20GBを使い切った。アップデートあきらめている。当方のWindows7のWindows10へのアップデートも当初うまくいかず,Windows8ソフトを買ってきて新規インストールした後,Windows10化した。WEBでダウンロードしてきたディスプレイドライバを途中で適用することで,ようやく成功できた。おそらくは実家のPCも同様の処理を行えばよいのだろうが,新規インストールはリスクがあり,うまくいかないとは限らないし,メモリだって4GBと少ないから新規購入した方が安心だ。それに,両親はほとんどPCを使っていないようだ。いまだにカシオのワープロ専用機が現役で,同型機も中古で手に入れているぐらいだ。

・一時期,スマートフォン(FREETEL Priori2 3G)にデータ専用SIMセットし渡していたのだが(音声検索を便利に使っていたようだ),スマホ本体が1年で故障してしまった。PCは使わない・Wiiはサポート中止でWEBブラウザがダメ。WEBを使うのが主目的ならと,Fireタブレットを渡したが,当時音声検索機能はYahooで機能不足。ほとんど使わず,これも引き上げてしまった。その後はほとんどインターネットは使っていないようだ。(Amazon Echo Spotは生きているが,検索機能はおバカさんだ。Google Home の音声検索も似たようなものだが。) Amazon Echo Spotは,母のデイサービスのある曜日に起床できるようにと,母の好きな歌手の音楽のストリーミング再生による目覚ましをセットしていたが,最近はうるさく感じるとちょうどクレームが入ったところで,やめてしまった。これで課金もさらに減るだろう。使うのはテレビ電話時ぐらいか。Amazon Prime Musicは使えるが,使いこなせないだろう。 80代,年齢的にテレビっ子なんだろうと思う。ずっとテレビつけっぱなしで,テレビを見ない私には理解しづらい習慣だ。私自身はいまだにブラウン管式で,地デジチューナーを外部接続しているが,使っているのはWiiの体重計と運動アプリぐらいなものだ。任天堂Switchはまだ運動系アプリが少なく,私にとってのキラーアプリが存在せず,購入意欲が沸かない。


(e) 300円:FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン データ通信専用。299円スタート(節約モード200kbpsは追加料金なし)。

・以前は,Android7.0のRAIJINの2個目のSIMで使っていたが,この夏の暑さで,自宅WiFi(Yahoo BB 12Mbps)のWiFi側熱暴走・使用不可になったことで対策を迫られ,Android 4.0.4 の SH-05E にマイクロSIMにアダプタを付けて,RAIJINから移して使っている。RAIJINは1枚めにOCNモバイルONE 音声対応SIMが入っているので問題ない。

・涼しくなったら,あるいは旅行時は,RAIJINの2枚目に戻すつもりでいる。1日500円払えばOCNモバイルONEは午前零時まで高速使い放題になるが,FREETEL SIMに切り替えて,22GB 4,870円までの高速・従量制も悪くない。節約モード200kbpsはバースト転送ないのが欠点ではあるが,使用容量換算されないのは利点。SH-05Eも節約モードで使う。

・暑さ対策として,自宅WiFiのADSLモデム(Yahoo BB),WiFiルータに,百円ショップのファンと,アルミホイルを側面に放熱用に輪ゴムで止めているが,室温がそもそも33度超えているので効果少ない。(エアコン故障。昨年はこれほど暑くなかったのだが。) PC電源オフ時はいっしょにWiFiルータ,ADSLモデムを電源OFFにすることにした。WiFiモバイルルータ FREETEL FTW142A_ariaも持っているが(実際ふたたび試してみたが),発熱源は少ない方がよいので設置は取りやめた。そして,ふだん音声時計として使っているSH-05EにSIMセットして使うことにした次第。PC電源OFFでもストリーミング放送(目覚ましも)は聞きたいから。

・スマートスピーカー(Google Home Mini,Amazon Echo Dot/Dot2)は,節約モード200kbpsでは,音声ブツ切れでダメだった。Googleの方はなんとか大丈夫な時間帯もあったのだが。以前撤去済みのLINE Clova Mini(ドラえもん)と合わせ,結局5台のスマートスピーカーを撤去した(2020-09-05)。節約モードSIM搭載の SH-05E,F-10D,RAIJINでストリーミング再生させるようにした。Yahoo ADSL 12M にスマートスピーカー5台もつなげていると常時通信が発生し,Google Meet を先日使ったときに,ADSL上り(つまりこちらの映像・音声)がブツ切れでダメだったので(スマートスピーカーをすべて電源OFFにしたら改善された),ちょうどよい機会ではあったかも。

・スマートスピーカーは,WiFiによるキャスト再生(スピーカーグループ定義による2台以上同時再生)とBluetoothスピーカー(これは1台ごとだが,イヤホン端子に挿す Multi-point Bluetooth Transmitter H-366Tでは2台へ同時出力可)が使える。FMラジオよりは高音質。ただし,Android7のRAIJINでないと,Google Homeアプリがスピーカーグループに対応していない制約がある。Bluetoothはつながりにくく,音量小さめなので(Androidアプリである程度対応できるとはいえ),だいぶ不便。まぁ,撤去してしまったから,もう関係ないが。

・Android 4.0.4 の SH-05Eは,シャープ,中古2千円。rootを取り,Google Playストア,WiFi機能を追加(SH-01E化)。MVNOテザリングまでは行わなかったが(できることを当時は知らなかった),最近「WiFi Tether Router」アプリ( https://play.google.com/store/apps/details?id=net.snclab.wifitetherrouter )でMVNOテザリング可能になった。ただし,後述のようにPC(Windows10)ではつながらない。これに限ったことではなくどうもOS側の問題のようだが。また,テザリング時はかなり発熱するので,やはり常時使用という訳にはいかなさそうだ。専用機のFREETEL FTW142A_ariaの方がよい。PC(Windows10)でも利用できるし。
・そもそもは,音声分報(1分ごと,あるいは5分ごとに現在時刻を音声で告げる)の時計(カシオ SQ-200)が壊れたため,音声時計をあらたに買おうとしてSQ-200と同等スペックのものがないことから,中古スマホを安く買ってアプリで音声時計にしようと思って購入したもの。「音声時報Pro」( https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gr.java_conf.matchama.VoiceTimeSignalPro )がとても便利。

・ジュニア用のためWiFiやGoogle Playストアが使えないことに当初気づかず,APKによるインストールで音声時計アプリ(無料の「Voice Clock -Rin-」とか)は追加できたものの,ネットにつながないと時刻補正が面倒なので,root取ってWiFi使用可能・Google Playストア追加した。(ネット上の情報が参考になった。感謝!) そして最近,「WiFi Tether (Router)」アプリでMVNOテザリング可能になった。(標準でも可能な手順はあったが,初期化必要で躊躇した。) しかし,スマホ,タブレット,スマートスピーカー,WindowsXP(テスト用に引っ張り出した)では問題ないのに,Windows10(PC)ではダメ。ネットでみると結構不具合出ているらしい。WiFiテザリングのWindows10接続では,後述のAndroid4.2.2のF-10Dでは問題ないが,Android7.0のRAIJINではダメ。(こちらAndroid4.0.4のSH-05Eのテザリングアプリもダメ。) RAIJINは先日のWindowsUpdateでつながるようになったので,まずOS側問題だろう。WiFiモバイルルータでも,FREETEL FTW140A_ariaはOKだが,netindex NI-760SはWin10ダメ。かなり悩んだものだ。

・Android 4.0.4 では「Yahoo防災速報」「NHKニュース・防災」アプリを使えないのが不便。「JC-Smart~地域防災情報~」アプリが使えるが,夜間鳴り止め等の機能が弱く,夜うるさく感じることがある。YouTube Musicアプリも使えない。Google Play Musicアプリは使えるが,2020年内のサービス停止が決まっていて残念。スマートスピーカー代わりに各部屋同期再生する方法として,SoundSeeder (Player)で他のスマホから音を飛ばして同期再生する手法は使える。しかし,SoundSeederのストリームURL追加機能が不十分で,BBN Japanese,Bible.is(JCB)を追加できない。Bible.is Japanese(NIT)はSoundSeeder標準でリストに有り,それが出発点となったので感謝はしている。

・ストリーミング再生していると,この夏(エアコン故障して室温33度超えてるから),発熱し,各種機能制限の画面が出てくる。もっとも,後述のF-10Dみたいな熱暴走まではいかないのが救い。これも常時冷却ファン(百円ショップ)を付けるようにした。


(f) 520円:OCNモバイルONE 容量シェア データ通信専用(SMS対応)。節約モード200kbps(バースト転送有)で通常使用。

・Android 4.2.2:F-10D(富士通。中古2千円。root取り,MVNOテザリング可能にした。予備の互換バッテリ購入済)で使用。

・F-10D内蔵のFMトランスミッター(音をFMラジオに飛ばす)機能が,SIMがないと作動しないという謎仕様。そして,LINEの実験用(LINEは旧版8.11ならAndroid4.2.2でも動く)でSMS付きがほしかったので(固定電話番号でも二段階認証可能な点は実験済みではあったが),OCNモバイルONEの容量シェア・データ通信専用(SMS付き) 月520円を追加した。データ専用だったら月400円だったので,今でも迷いはある。いざというときの保険かとは思ってはいるのだが。

・音楽ストリーミング再生には不向き。動作不安定で,頻繁に音がブツ切れとなる。操作不能となって電源ボタン長押しでリセットも多い。常時ファンで冷やしてはいるのだが,百円ショップで買ったファンでは力不足なのだろう。

・SH-05EはAndroidバージョンが低くて,いろいろ作動しないアプリが多いため,当時持っていた他のeinkタブレット(BOOX,Boyue)同様のAndroid4.2.2の格安中古モデルを探していて発見,購入した。中古2千円は格安ではある。

・「Yahoo防災速報」アプリをAndroid 4.2.2 で使えるのが便利。「Yahoo天気」アプリ(雨雲接近通知)はダメ。緊急地震速報は,以前FM電波を使うタイプを持っていたが,実家では地震と同時の停電で役に立たなかったと聞いている。後継機種でバッテリ内蔵タイプの専用機も登場はしたが,バッテリ搭載のスマホの方が安心ではある。(その環境が実家で無くなってしまったのは問題ではあるな。地デジでは緊急地震速報ダメだし。) 各部屋にスマホを置いているのは,この目的もあったことを思い出した。Amazon Echoも地震後に情報を自動音声連絡してくれるようになったが,事前連絡までは機能まだないようだ。せっかく現在位置登録しているのに,もったいないことだ。

・Android 4.0.4のSH-05EのGoogle Playブックスアプリでは音声朗読機能が使えないが,Android 4.2.2のこちらでは音声朗読(機械音声)が使える。もっとも,スリープ機能がないので就寝時は使いづらい。(Kindle Fireもそうではあるが。Amazon Echo での機械音声読み上げならスリープは可能。) 人による朗読ならスリープ機能は使える。この辺はアプリの問題なので改善されることを期待していたが・・・ず~とダメだな。人間による朗読版書籍(有料)を売りたいのだろう。

・広辞苑搭載モデルである点,FMトランスミッター内蔵に魅力を感じた。ほかの辞書も多数搭載。しかし起動に時間かかりすぎ(十数秒),結局は有料アプリ版を購入し,RAIJINで使用している。

・FMトランスミッターもかなり魅力。ラジオなら特別なものは要らないし,各部屋で音声遅延なしに同時に聴ける。ラジオは乾電池(ニッケル水素充電池)で長時間動くし,発熱問題はほぼ無い。

・その後,同じWiFiに接続しているスマートフォン同士で同期再生(音声遅延も調整できる)アプリ「SoundSeeder」( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kattwinkel.android.soundseeder.player )を発見・購入したが,再生できる音楽ソースに制限があるので(音楽ファイル,Google Play Music(不安定。今年サービス廃止されるの確定してる),ラジオ局(少なめ。ストリームURL追加うまく作動しない)),スマホ上の音源はなんでも再生できるFMトランスミッターの方が便利。

・Bluetoothスピーカー2台に,イヤホン端子(ヘッドホン端子)につないで音を飛ばせる機器(H-366T)を購入したが(2018年12月,1,700円),Google Home Mini/Amazon Echo Dot/Dot2のBluetoothスピーカーの音量がとても小さく,アプリで音量上げることは可能とわかったが(「ボリュームブースターGOODEV」とか),いまいち使いづらい。Google Homeアプリのバージョンが低いためかスピーカーグループ(複数台同時再生)が使えないのも不便。(Android7のRAIJINは使える。) すなおにFMトランスミッターで使う方が便利。

・ワンセグ,おサイフケータイ機能もある。もっとも,外でこの携帯をメインとして使うことはないので,おサイフケータイ機能など,ふだん使わないアプリは起動しないように設定を変えている。(RAM 1GBと少ないため。ROMは16GBと多めで十分だ。SDHC 32GB追加しているし。)

・確かに頻繁に熱暴走し,ファンによる冷却がかかせない。発熱で充電自体が不可能になる。フリーズして,電源ボタン長押しでの強制再起動も多い。使わないアプリを多数無効にはしたのだが。しかしまぁ中古2千円なら許せる範囲だ。台所に置いていたSH-05Eとチェンジし,平日朝の1分ごとの報時と,「TuneIn Pro」によるラジオ指定時刻再生と自動停止を使っている。ECOモード搭載ケーブルを使っていた時期もあったが,この暑さで機能不全。発熱で充電不能状態にあたると次回充電開始は90分後になり,気づいたらバッテリ残量ゼロのことがあった。これはSH-05Eも最近同じで,普通の充電ケーブルにして,かつファン冷却している。一時的に充電不能になっても発熱少し収まり充電可能になればECOケーブルとちがって普通に充電してくれる。本当は80パーセントぐらいで停止した方が電池の健康にはよいのだが。

・MVNOテザリングを可能とする手法がネット上に情報あり,成功!(感謝!) 帰省時には,モバイルルータの代わりに使っている(ファン必須)。Windows10 PCも安定してつながる。OCNモバイルONEの節約モード時のバースト転送はWiFiテザリングの際にも有効なので( https://fast.com/ja/ で確認),結構便利だ。専用モバイルルータ(FREETEL FTW142A_aria)を持ってはいるのだが,今はナノSIMにアダプタをかませて接続しなければならないので,取りはずしに不安がある。SH-05Eやnetindex NI-760Sでは,取り付け・取り外しに失敗し,ピンセットで何度か苦労して,アダプタがすこし歪んでしまった。

・F-10Dは,問題あるスマホとはいえ,かなり数の売れた機種なので,互換バッテリーが出ていて,実際購入している。しかしまぁAC運用基本なので,ほとんど使うことはないだろうとは思う。メインのRAIJIN 5000mAhだし,こちらは非常用。


(g) その他

・Fireタブレット(Google Playストア追加済み),eink(電子ペーパー)のタブレット BOOX C67ML Carta(Android4.2.2),Boyue T62D (Android4.2.2)や,Kindle Paperwhite(3G初号機,中古2代目),Kindle Keyboard,Kobo(内部SD 2GB→32GB換装。ほか32GB SD使える)とか。

・これらはSIMを必要としない。Kindle Paperwhite 3G は3G内蔵していて,文字ベースの作品なら単独ダウンロード可能。もっとも,初代機なので,いろいろ動作不安定になっているようだ。ふだんPC上のWEBブラウザから作品購入し,転送指示をかけているので(WiFi接続してるし),気づかなかった。Kindle Paperwhite初号機はちょうど入院した叔父に譲って,帰りにたまたま寄ったブックオフで,WiFi専用の容量2倍の後継機の中古を2千円ぐらいで買ったのだが,結局初号機は退院後に戻ってきた。

以上

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

PCでm3u8再生

PCでm3u8再生

 Androidのスマートフォン(Android 4.0.4 , Android 4.2.2 , Android 7.0)のChromeでは
   http://radio.bible.is:8000/JPNNITN1DA 新共同訳(新約聖書)ラジオ放送(Bible.is)
   http://radio.bible.is:8000/JPNJCBN1DA リビングバイブル(新約聖書)ラジオ放送(Bible.is)
   https://bbnjapanese-lh.akamaihd.net/i/BibleBroadcasting_Japaneseios@87760/master.m3u8 BBN聖書放送
   https://nhkradioakr1-i.akamaihd.net/hls/live/511633/1-r1/1-r1-01.m3u8 NHKラジオ第1東京
   https://nhkradioakr2-i.akamaihd.net/hls/live/511929/1-r2/1-r2-01.m3u8 NHKラジオ第2
   https://nhkradioakfm-i.akamaihd.net/hls/live/512290/1-fm/1-fm-01.m3u8 NHKラジオ FM東京
のストリームURLのいずれもが問題なく音声再生できるが,

PC(Windows10)では,Chrome,Edge,Internet Explorer(IE) のいずれでも
   http://radio.bible.is:8000/JPNNITN1DA
   http://radio.bible.is:8000/JPNJCBN1DA
は再生できるが(IEではWindows Media Playerが起動して再生),拡張子m3u8のURLはダメとわかった。ファイルとして保存の画面が表示されてしまう。

WEBで調べたところ,動画(DVD含む)再生用アプリとして認識していた「VLC」ならPC(Windows10)再生可能とある。確かにうまくいった。
   https://aprico-media.com/posts/3421
   【簡単】m3u8形式のファイルの再生方法をご紹介!
   2019年07月26日

「Androidスマホでも、VLCメディアプレイヤーのスマホアプリ版である「VLC for Android」を使うことでm3u8形式のファイルを再生することができますよ。」ともあり,Android 4.0.4 のSH-05EでもVLCアプリが使え再生できることを確認した。スリープタイマーが使えるのが便利だ。Chromeで再生した場合は,スリープタイマー使えないし,Android7.0のRAIJINでは,Greenifyのせいかどうかはわからないが,10分でChrome上での再生が一時停止してしまって使いづらかった。まぁAndroid7なら普通に専用アプリを使えばよいのだが。

2020-09-10 懶道人((monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

スマホのラジオアプリで目覚まし

スマホのラジオアプリで目覚まし

【検討項目】
・起床時はNHKラジオ第1,起床後は,平日(月~金)の朝8時からの「いのちのみことば」(Thru the Bibleの日本語版,BBN聖書放送)を出社準備中に楽しみにしている。

・スマホは3台所有し,部屋ごとに備え付けている。バージョンは,Android7.0/Android4.2.2/Android4.0.4。一番古いAndroid4.0.4のスマートフォンでも使えるラジオアプリにしたい。

・キリスト教(聖書)関係のストリーミング放送(日本語)には,「BBN聖書放送」(BBN Japanese),「Bible.is」(新共同訳(Bible is Japanese)/リビングバイブル)があるが,これらの登録のないラジオアプリが多い。手動で追加登録できるとよい。

・NHKラジオのストリーミング放送(NHK第一,NHK第二,NHK FMラジオ)も登録のないラジオアプリが結構ある。これも手動でストリームURLを追加登録できるとよい。「NHKらじる★らじる」アプリは,Android 4.0.4 では使えない。4.2.2では動く。「らじる★らじる」アプリが動くのなら,それで「予約」自動再生すればよいとも言える。)

・以上の条件を満たすラジオアプリとして,次のものが見つかった。

【上記条件を満たすアプリ(Android 4.0.4 以上で作動)】

(a) ラジオ付き目覚まし時計 Alexandr Sotnichenko

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.alarmclock (広告付き無料版)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alexso.alarmclock.p (有料版)
ラジオ付き目覚まし時計(AlarmClock)
Alexandr Sotnichenko
更新日:2019年7月4日
現在のバージョン:2.8
Android 要件:4.0 以上
インストール:100,000+(無料版)。100+(有料版)

・有料版(210円)は,広告なし。機能は同じ。

・日本のラジオ局の登録は130局ぐらい。Gooleの「エディターのおすすめ」の「耳だけで楽しむラジオ・ポッドキャスト アプリ 4 選(最終更新: 2019年11月25日)」を見ると,250局とか267局とか登録あるアプリがほかにあるので,少ない方ではあろう。

・秀逸なのは,「+」ボタンで「新しいラジオ」として,駅名(Station のことか),駅URL,説明,サイト,ジャンル の追加登録が可能な点。こうして登録したものを,AlarmClockの「リングタイプ:ラジオ」として指定できる。惜しむらくは,TuneInみたいに「鳴動時間」(アラームとしてのラジオが流れ続ける時間)が指定できればよいのだが,どうも無さそうだ。また,「myTuner Radio」みたいにサジェスト機能(新しい局を提案する機能)もなさそうではある。(追記:myTuner Radioの方は,翌日サジェストに対する返事が来た。「We’ve just added these stations to the database. Please try again after 8 hours (which is the time the database takes to update all the new stations we have added today). 」とのこと。素晴らしい!)

・インストール後のアプリ一覧には「AlarmClock」と表示。アイコンで区別はできるが,シンプルすぎる名称で紛らわしい。

・「いのちのみことば」(Thru the Bibleの日本語版)は,アプリも有るが(これも大変便利で,退社・帰宅時に聞いている),BBN聖書放送とは放送する回が大幅に違っている。5年で聖書通読というプランなので,両方聴けば半分で済む計算ではある。
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.agroup.ttb
  Thru The Bible Global

※ 追加したURL

https://bbnjapanese-lh.akamaihd.net/i/BibleBroadcasting_Japaneseios@87760/master.m3u8
BBN Japanese (BBN聖書放送 日本語版)

http://radio.bible.is:8000/JPNNITN1DA
Bible.is Japanese - New Interconfessional Version Non-Drama
新共同訳(新約のみ)

http://radio.bible.is:8000/JPNJCBN1DA
Bible.is - Japanese Contemporary Bible Non-Drama
リビングバイブル(新約のみ)

https://nhkradioakr1-i.akamaihd.net/hls/live/511633/1-r1/1-r1-01.m3u8
ラジオ第1(R1)東京

https://nhkradioakr2-i.akamaihd.net/hls/live/511929/1-r2/1-r2-01.m3u8
ラジオ第2(R2)

https://nhkradioakfm-i.akamaihd.net/hls/live/512290/1-fm/1-fm-01.m3u8
NHK-FM 東京

  ※ https://www.nhk.or.jp/radio/config/config_web.xml
    NHK お知らせ/各地域のストリームURL
   に,札幌,仙台,東京,名古屋,大阪,広島,松本,福岡のURL記載あり。

【他のアプリとの比較】
https://play.google.com/store/apps/topic?id=editorial_radio_apps_jp&hl=ja
エディターのおすすめ
耳だけで楽しむラジオ・ポッドキャスト アプリ 4 選
最終更新: 2019年11月25日

上記で紹介の(b)~(e)を,Android7.0のスマホ(FREETEL RAIJIN)にインストールして試した。
(b)TuneInは手動追加可能なものの,ステーション名設定できず,アラーム指定もダメ(がっかり)。Android4.0.4ではインストールできず,Android4.2.2ではインストールできた。
(c)myTuner Radioは手動追加機能があるもののうまく作動しなかった。サジェスト機能を利用(念の為メールでも送信)したところ,一覧に無い局を登録したとの開発元からの連絡がきた。Android4.0.4,Android4.2.2はインストール不能。


(b) TuneIn(広告付き無料) / TuneIn Pro(有料)

https://play.google.com/store/apps/details?id=tunein.player
https://play.google.com/store/apps/details?id=radiotime.player

・違いは,録音機能の有無。頻繁に有料(割と高額)の「Premium」コースへの誘導広告が起動時に表示される点は共通。いちいちキャンセルが面倒。ただし,アラームでの再生時には表示されないので良しとしたい。

・Android 4.0.4 では作動不能。Android 4.2.2ではOK。ただし,アプリバージョンが低い。(Android7.0では,25.0.1 だったが,Android 4.2.2では,22.3 だった。)

・アラームの設定で,「鳴動時間」が指定できるのが便利。起床用にラジオを流して,一定時間後に,すなわち家を出るときに忘れていても勝手にオフにしてくれるすぐれもの。他のアプリには(もちろんこのアプリにも)スリープ機能はあるのだが,アラームとの組み合わせで鳴動時間後に自動停止する機能としては設計されていない。((a)のアプリはAlarmClockとしてラジオが付いたという位置づけだからスリープ機能はもともと無い。)

・「ライブラリ」で「Custom URL」登録機能がある。しかし,ステーション名(局名)が登録できず,「ライブラリ」の一覧からはわかりにくい。また,アラーム設定もできない(極めて残念!)。

・アプリの「お問い合わせ」ボタンからメールで追加登録提案(サジェスト)のメールを送ったのだが,アドレス不明で戻ってきた。

・「BBN Japanese」,「Bible.is Japanese」(新共同訳)は一覧に有り。しかし,「Bible is」の「リビングバイブル」版は無し。無いものは追加登録はできるが,アラーム指定はできないのが残念。

・NHKラジオ第1,NHKラジオ第2,NHK FMは無し。追加登録はできる。アラーム指定はできない。


(c) myTuner Radio ラジオ日本, ラジオ FM

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appgeneration.itunerfree

・Pro版もあるのだが( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appgeneration.itunerpro ),更新日時がFREE版より古い。説明には「The pro version and the in-app version are exactly the same.」とあるが,気になる(Pro版は試していない)。

・「設定」に「新しい局を追加」や「新しいラジオ局をサジェスト」ボタンがある。登録直後は新しい局を使えるのだが,「お気に入り」に入らず,ホーム画面のものは時間が経つと消えてしまい,使い物にならない(バグか?)。(しかし,後述するように「新しいラジオ局をサジェスト」で登録してもらえるのであれば,「新しい局を追加」の必要はない。)

・Android 4.0.4,Android 4.2.2,共に使用不能。

・TuneInの10万局より少ない5万局。しかし日本国内は250局 と多い。NHKラジオ第1,NHKラジオ第2,NHK FMの事前登録あり。

・「BBN Japanese」は一覧に有り。しかし,「Bible.is」の「新共同訳」,「リビングバイブル」版は無し。「新しいラジオ局をサジェスト」及び念の為メールでも送信したところ,翌日「登録した」旨の回答がきたところ(上記)。

・Google IDでログインできたのは便利。TuneInの場合は,自分で追加登録したステーションもGoogle同期されたが,こちらがどうなるかはよく見ていない。(そもそも,他の中古スマホではAndroidバージョン低くてこのアプリが使えず,同期を試せないのが残念。)

・同じ開発元による「目覚まし時計 myAlarm Clock」( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appgeneration.myalarm )には,(a)ラジオ付き目覚まし時計 Alexandr Sotnichenko と同様の「ラジオ目覚まし」機能があるようだ。Android 要件:4.2 以上,更新日:2018年4月4日,アプリ内アイテム:¥390/アイテム。「国あたり最大100のラジオ局に対応」。Android4.0.4には対応していないので,試していない。追加登録機能があるかとか,サジェスト機能があるかとか。更新が2年前に止まっているし,同じ開発元のmyTuner Radioの方が機能も価格も上みたいなので期待薄かも。


(d) ラジオ録音アプリ by Audials

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.audials

・Android 4.0.4 では作動不能。Android 4.2.2ではOK(アプリ一覧表示された。動作は試してない)。
・有料(Pro版)は,「お住いの国でご利用いただけません」が出て,ダメ。

・鳴動時間の機能なし。
・手動追加の機能なし。

・TuneInと同様の10万局。日本国内は267局 と表示された。

・「BBN Japanese」,「Bible.is Japanese」(新共同訳)は一覧に有り。しかし,「Bible is」の「リビングバイブル」版は無し。NHKラジオ第1,NHKラジオ第2,NHK FMも無し。手動追加の機能ないのでお手上げか。


(e) ラジオFM日本

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.radiosonline.radiofmjapan

・Android 4.0.4 では作動不能。Android 4.2.2ではOK(アプリ一覧表示された。動作は試してない。)
・有料版は存在しないみたい。

・鳴動時間の機能なし。
・手動追加の機能なし。

・日本国内190局との情報有り。

・「BBN Japanese」,「Bible.is」は「新共同訳」も「リビングバイブル」版も無し。NHKラジオ第1,NHKラジオ第2,NHK FM無し。手動追加の機能ないのでお手上げか。

以上

2020-09-08 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

Bible.isのストリームURLがわかった!(Android4.0.4で再生可能に)

Bible.isのストリームURLがわかった!(Android4.0.4で再生可能に)

・ストリームURL(ストリーミング再生用URL)は,Android 4.0.4とか古いOSで専用アプリが使えない場合に,あるいはWEBブラウザ(Chrome)で専用ページが作動しない場合に,WEBブラウザ(Chrome)で直接音声再生するために必要になる。

・ラジオアプリで,その放送(番組・ステーション(局,駅))の登録がない場合に手動で追加する場合にも,ストリームURLが必要となる。BBN Japanese,Bible.is(とくにリビングバイブル) がラジオアプリにないことが多い。追加登録機能があってもタイマー(アラーム)機能が使えなかったりステーション名が登録できなかったり(TuneIn),「新しい局を追加」ボタンがあるように見えて機能しなかったり(myTuner Radio Free),そもそも追加登録の無いアプリも多いようだ。Google Playストアの「エディターのおすすめ」の「耳だけで楽しむラジオ・ポッドキャスト アプリ 4 選」(最終更新: 2019年11月25日)中4つのうち,追加機能の完璧なものは1つもなかった。(これについては,別途記載予定。)

http://radio.bible.is:8000/JPNNITN1DA
Bible.is Japanese - New Interconfessional Version Non-Drama
新共同訳(新約のみ。ラジオ放送として手軽に朗読を聴ける)

※ 「SoundSeeder」のアプリの「Bible.is - Japanese」の定義内容を見ていたら,上記URLの記述があった。

※ Android 4.0.4/Android 4.2.2 のChromeでは
    http://www.bible.is/radio/JPNNITN1DA
  のページは機能しなかった。

http://radio.bible.is:8000/JPNJCBN1DA
Bible.is - Japanese Contemporary Bible Non-Drama
リビングバイブル(新約のみ。ラジオ放送として手軽に朗読を聴ける)

※ Android 4.0.4/Android 4.2.2 のChromeでは
    http://www.bible.is/radio/JPNJCBN1DA
  のページは機能しなかった。

https://bbnjapanese-lh.akamaihd.net/i/BibleBroadcasting_Japaneseios@87760/master.m3u8
BBN Japanese (BBN聖書放送 日本語版)

https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn%e8%81%96%e6%9b%b8%e6%94%be%e9%80%81%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0url/
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn聖書放送ストリーミングurl/
  にこのURLの説明記述あり。

※ Android 4.2.2 では,BBN聖書放送のアプリが使えるが,Android 4.0.4 ではダメだった。
  https://play.google.com/store/apps/details?id=org.bbnradio.player.english&hl=ja
  BBN聖書放送

※ Android 4.0.4 では,WEBブラウザでホーム画面に https://bbn1.bbnradio.org/japanese/ へのショートカットを置いて使っていたが,スマホの性能もあり,画面表示が機能するまで若干待つ必要があった。上記ストリーミングURLならWEBブラウザで作ったショートカットから即表示・即再生可能だ。(その代わり,メニューとかいろんな機能は使えない訳だが。)


https://www.nhk.or.jp/radio/config/config_web.xml
NHK お知らせ/各地域のストリームURL

NHKラジオ(ラジオ第1(R1)・ラジオ第2(R2)・NHK-FM)用のストリームURLはこのファイルに記載あり。
札幌,仙台,東京,名古屋,大阪,広島,松本,福岡。

(例)
https://nhkradioakr1-i.akamaihd.net/hls/live/511633/1-r1/1-r1-01.m3u8
ラジオ第1(R1)東京

https://nhkradioakr2-i.akamaihd.net/hls/live/511929/1-r2/1-r2-01.m3u8
ラジオ第2(R2)

https://nhkradioakfm-i.akamaihd.net/hls/live/512290/1-fm/1-fm-01.m3u8
NHK-FM 東京

※ Android 4.0.4 では「NHKラジオ らじる★らじる」アプリが使えないため,
  https://www.nhk.or.jp/radio/
へのショートカットをホーム画面にChromeで使っていたが,すぐに番組再生するには,上記ストリームURLが便利。

2020-09-07 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

PDFは固定レイアウトだけじゃなくリフロー(reflow)表示できた!

PDFは固定レイアウトだけじゃなくリフロー(reflow)表示できた!

https://ttb.twr.org/
いのちのみことば/Thru the Bible
およびそのアプリが最近のお気に入り。5年かけての聖書通読で,解説がとても詳しい。何度か聖書は通読しているが,今まで何気なく見落としていた点で気付かされたのが沢山ある。

 WEBサイトにせよアプリにせよ,音声解説を聞くだけでなく,原稿をPDFでダウンロードできる。原稿と音声を比較してみると,原著バーノン・マッギー博士(J. Vernon McGee)がベースではあるが,福田弘之牧師が日本の状況(出版状況)を含めて,追加解説していることがわかり,興味深い。また,音声では省略された部分が結構あることもわかる。

 原著(英語版)は,Amazon Kindle版が16,170円(2020-06-06時点)で販売されているが,Amazonで検索してみた限りでは,福田弘之牧師の解説バージョンの書籍は無さそうだ。(公式WEBサイトでちょうど質問してみたところではあるけど。)

 さて,PDFの固定レイアウトは,上下左右の余白が邪魔だし(その分文字が小さくなる),文字を大きくすると左右へのスクロールが必要になって,読むに耐えない。何かうまい手はないかなぁ,と思って,古いAndroid eink端末(BOOX C67ML Carta,Boyue T62D。Android4.2.2)へPDFファイルを転送してみたところ,固定レイアウトだけではなく,KindleやKobo,EPUBみたいに,リフロー(reflow)表示できることに気づいた! 文字を大きくしても横書きの画面右端でちゃんと折返し表示してくれるので,読みやすい。そして,電子端末だとページ送りがとても簡単だ。専用キーがある。

 PDFリフロー表示対応の標準搭載アプリは下記(PDFファイルを長押しするとアプリ選択)。
   BOOX C67ML Carta:Onyx Neo Reader ※ Google Playストアには無いようだ。
   Boyue T62D:PReader,AdobeReader

AdobeReader!(バージョンは1.0) アドビ社の標準アプリが対応していたとは!
ほかにも「リフロー PDF」で検索し,さっそくRAIJIN(Android7.0)のスマートフォンで,Google Playアプリで試してみた。

 結果,良好だったのは,以前からEPUBで使っていた「Moon+ Reader Pro」。PDFでリフロー機能が有ったなんて,うかつにも全然気づかなかった。Android4.2.2のC67MLやT62DでPDF表示させたときは真っ黒でダメだったので,すぐにあきらめたのだが,Android7.0のRAIJINなら問題なし。老舗だけあり,画面も見やすいし,使いやすい。朗読させるとその箇所が色が一時的に変わって表示されるし。

 「Foxit PDF Reader」は見やすいが,改ページがうまくいかず(縦スクロールのみ?),改ページさせると本来の次ページ(つまりリフローで表示されている後半をすっ飛ばしてしまう)挙動をして,使いづらい。読み上げ機能(朗読機能)も無い。
 「Adobe Acrobat Reader」は,文字を大きくするとページ後半がちょん切れて表示されなくなった。致命的バグだ。
 「Xodo PDF Reader & Editor」は,1行ごとに改行が入り(折返し表示はされるものの)読みづらくてダメ。
 「PocketBook Reader」,「Librera - PDF and eBook Reader」も改行が不自然。読み上げ機能はある。
 「Book Reader gitlab.com/axet」は画像のままリフローする面白いアプリだが,かなり不自然。

 それと,PDFは1日分では少ないので「CubePDF Utility」でファイルを結合した。[挿入]-[末尾に挿入]で,複数ファイルを一気指定できるとわかったので,随分楽にはなった。が,できれば最初から電子書籍の形で欲しいなぁ。有料でいいから。月~金 5ファイルで,5年分のPDFファイル手動結合はかなりきつい。

2020-06-07 懶道人(monogusadoujin)

【アプリ】リフロー可能なPDF閲覧アプリ(Android)

(a) Moon+ Reader Pro
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.flyersoft.moonreaderp
  Moon+
  更新日:2020年5月22日
  現在のバージョン:デバイスにより異なります
  Android 要件:デバイスにより異なります
  サイズ:デバイスにより異なります
  インストール:500,000+

・無料版は,読み上げ(朗読)機能が無い。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.flyersoft.moonreader

(b) Foxit PDF Reader & PDFの作成、編集、変換、注釈
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.foxit.mobile.pdf.lite
  Foxit Software Inc.
  更新日:2020年5月6日
  現在のバージョン:7.3.0.0424
  Android 要件:4.1 以上
  サイズ:70M
  インストール:5,000,000+

(c) Adobe Acrobat Reader: PDF の閲覧・作成・編集
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.reader
  Adobe
  更新日:2020年5月30日
  現在のバージョン:20.4.0.13615
  Android 要件:5.0 以上
  サイズ:21M
  インストール:500,000,000+

・文字を大きくするとページ後半がちょん切れて表示されない。致命的バグだ!

(d) Xodo PDF Reader & Editor リーダー&エディター
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.xodo.pdf.reader
  Xodo Technologies Inc.
  更新日:2020年6月1日
  現在のバージョン:5.0.10
  Android 要件:4.1 以上
  サイズ:デバイスにより異なります
  インストール:10,000,000+

(e) PocketBook reader - pdf, epub, fb2, mobi, audio
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.obreey.reader
  Pocketbook SA
  更新日:2020年5月25日
  現在のバージョン:4.23.18048.release
  Android 要件:4.1 以上
  サイズ:デバイスにより異なります
  インストール:1,000,000+

(f) Librera - すべての本を読む、PDF Reader
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.foobnix.pdf.reader
  更新日:2020年5月27日
  現在のバージョン:8.3.69
  Android 要件:4.0 以上
  サイズ:15M
  インストール:10,000,000+

  Librera PRO - ブックリーダーとPDF(広告なし)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.foobnix.pro.pdf.reader
  更新日:2020年5月27日
  現在のバージョン:8.3.69
  Android 要件:4.0 以上
  サイズ:15M
  インストール:10,000+

(g) Book Reader gitlab.com/axet
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.github.axet.bookreader
  Book Reader
  gitlab.com/axet
  更新日:2019年7月20日
  Android 要件:2.3 以上
  サイズ:10M
  インストール:10,000+


【アプリ&WEBサイト】いのちのみことば/Thru the Bible

(h) Thru The Bible Global
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.agroup.ttb
  TWR
  更新日:2019年1月17日
  現在のバージョン:2.10.0
  Android 要件:4.0 以上
  サイズ:4.1M
  インストール:100,000+

・アプリだと,PDFダウンロードのボタン名が「複写」となっているので気づきにくい。

(i) WEBサイト:Thru The Bible
  https://ttb.twr.org/
  「Languages」をクリックして「Japanese - 日本語」を選ぶとよい。

・「読む」のボタンが,PDFファイルダウンロード。右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」も同じ。

(j) WEBサイト:「BBN聖書放送」の解説
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/
  から,「ラジオ」→「番組」→「BBNでお届けしている番組」→「いのちのみことば-福田弘之牧師(バーノン・マッギー博士)
  とたどると簡単な解説あり。アプリも上記にリンクあり。(私はこちら経由で存在を知った。この番組も素晴らしい。)


【PCアプリ(PDFファイル結合)】CubePDF Utility

(k) 無料PDF編集ソフト CubePDF Utility
  https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/
  動作環境:対応 OS:Windows 7 以降。.NET Framework 3.5 以降 が必要(4.5.2 以降を強く推奨)。
  新着情報:CubePDF Utility 0.5.7β をリリース(2020/04/21)

・エクスプローラから右クリックで「CubePDF Utilityで開く」。
・[挿入]-[末尾に挿入]で,複数ファイルを一気指定。
・プロパティで,タイトル,作者,サブタイトル,キーワードを編集。
・保存。


【原著(英語):Amazon Kindle版】

https://www.amazon.co.jp/dp/B002NOGDJ8/
Thru the Bible Commentary, Volumes 1-5: Genesis through Revelation (English Edition) Kindle版
J. Vernon McGee (著)
ファイルサイズ: 13704 KB
推定ページ数: 1088 ページ
出版社: Thomas Nelson (1984/1/4)
同時に利用できる端末数: 出版社からの制限により、この本を同時に読める端末数は最大5台まで
Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効


【参考記事】
https://harvestdigital.shop/pages/reader-android
対応リーダー一覧(Android用) - ハーベスト・デジタルショップ

「※PDFファイルで、字が小さくて読みにくいという方は、Foxit MobilePDF for Android 等の「リフロー表示(再流動表示)」という機能で文字サイズを変更してお試しください。但し、レイアウトが崩れ、読みにくくなる場合があります。また、ページ数も流動的になりますので、ご了承ください。」
との説明あり。これで「Foxit PDF」の存在を知った。PC版ではだいぶ以前にお世話になったことはあるが,当時はその機能なかったような気がするなぁ。

https://inudaisho.hatenablog.com/entry/2019/01/16/214215
横書きのスキャン画像PDFをリフローさせるアプリ - メモ@inudaisho
2019-01-16

・axet android-book-reader(Book Reader gitlab.com/axet)の件が,画面入りで詳しくわかりやすい。

https://www.seleqt.net/gadget/best-android-pdf-reader-apps/
【Androidユーザー必見!】2019年無料で使えるPDFリーダー アンドロイド用PDF閲覧アプリ12選|SeleQt【セレキュト】
公開日:2019-04-04 / 更新日:2019-04-03

・「リフロー」でページ内検索すると,
   8. PocketBook Reader
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.obreey.reader

   10. Librera - PDF and eBook Reader
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.foobnix.pdf.reader

が表示されたので,試してみた。「Moon+ Reader Pro」の「リフロー」機能が書かれてないのはなぜだ? 他は大丈夫か? 機能比較表(一覧表)が欲しいな。

以上

| | コメント (0)

«福耳骨伝