« 「IWAMAL岩丸動物診療譚」(1)~(6) | トップページ | フェレットとの散歩の状況/亀の生息地を地図にプロットする(ハンディGPS)(2) GPSホルダーを作る(10/18追記) »

2006年9月30日 (土)

亀のラジオ番組をタイマー録音しメモリオーディオで聴く(2)Podcast+iTunes+iTunes Agent (10/1更新)

 前回「亀のラジオ番組をタイマー録音しメモリオーディオで聴く」
   http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6419.html
では,本物のラジオを録音・編集する方法を書いた。しかし,NHKは駄目だが,他のラジオ放送局によっては,インターネットで番組を配信しているところがある。その一方式がポッドキャスト(podcast/podcasting)だ。殆どが無料だ。また,NHKも駄目とは書いたが,現時点で海外向け外国語ニュースはpodcastでの配信を今年2006年3月16日から開始している。しかし本当にそれだけだ。
   http://www.podcastingwatch.jp/1/20060316165518.html
   ポッドキャスティングウォッチ/NHK、「ラジオ日本オンライン」にポッドキャスティングを追加
   海外向けに外国語でニュースを配信
   2006年03月16日
   
   http://slashdot.jp/articles/06/03/20/004248.shtml
   Slashdot/NHKがポッドキャストに本格参入(ただし外国語限定)

 ポッドキャストについてはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
   http://ja.wikipedia.org/wiki/Podcast
が詳しいが,元々はiPod用の技術である。iPod用のソフトウェアであるiTunesは昨年2005年6月末よりpodcastに対応している。
   http://journal.mycom.co.jp/news/2005/06/28/016.html
   MYCOMジャーナル/Apple、iTunes 4.9リリース - PodCastに対応(6/27米国時間より)
   海上忍 2005/6/28
従来のストリーミングが基本的には録画・録音できない(特殊なことをやれば出来るが一般的ではない)の対し,ブログのRSS技術を応用して定期的にダウンロードする仕組みである。大方はMP3形式なのでiPod以外のプレーヤーでも再生できるが,名前から勘違いされ,iPod以外では使えないと誤解を受けやすい。

 実際,iPod用のソフトウェアであるiTunes
   http://www.apple.com/jp/itunes/download/
「7.0.1.8」では,ヘルプに
   「曲を iPod またはその他の音楽プレーヤーに読み込む」
とあるが,よく読むと
   「iPod、iTunes 対応の電話、またはその他の音楽プレーヤーを接続する」
   「iPod または携帯電話のアイコンが iTunes ウィンドウ([装置] の下)に
    表示されます。」
とあり,すなわちiPod対応でない音楽プレーヤーではiTunesの機能を使えないのだ。例えば私が持っている大変安価なMP3携帯プレーヤーである「Qriom EA-15S」(2千円。メモリ別。MP3/WMA対応。曲先頭のレジューム機能あり。単四1本で8時間)「オーム電機 DAP-100N」(千円。メモリ別。A-B区間リピート有り。単四1本で6時間)では,iTunesでは自動認識してくれない。

 と思っていたら,実は方法があるらしい。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/02/27/itunesagent.html
窓の杜/NEWS(06/02/27 18:55)
「iTunes」からUSBメモリタイプの音楽プレイヤーへ楽曲を転送「iTunes Agent」
USBマスストレージに対応する各種デバイスへ楽曲ファイルを転送できる

「iTunesから“iPod”以外のポータブル音楽プレイヤーへ楽曲を転送可能にするタスクトレイ常駐型ソフト。USBメモリタイプの音楽プレイヤーのほか、携帯ゲーム機“プレイステーション・ポータブル”や“ウォークマン”ケータイの“W800i”といった、USBマスストレージ対応デバイスへ楽曲を転送できる。手持ちの音楽をiTunesで管理している人にお勧め。
   【著作権者】Jaran Nilsen 氏
   【対応OS】Windows NT/2000/XP
   【ソフト種別】フリーソフト
   【バージョン】1.0(06/02/21)
   iTunes Agent
   http://ita.sourceforge.net/
ということで,英語のソフトではあるが,確かに「Syncronize」(同期)が可能だった。これで,iTunesを使って,iPod以外のメモリオーディオで,ポッドキャストの番組を取り溜めて聞ける!

 「iTunes Agent」はドライブは自動認識してくるらしく,さらに同期が可能になったかどうかはそのフォルダの存在でチェックしているようだ。したがって,私のように複数のSDメモリカードおよびプレーヤーを持っている人間の場合,メモリカードごとにフォルダ名を変えて区別すればよい。たとえば「1GB-1」「1GB-2」「64MB-1」「64MB-2」のように。私のパソコンは,標準がUSB1.1だが,PCカードスロットにはUSB2.0を使うためのカードを挿しており,メモリオーディオの中でUSB2.0対応のものを使う場合にはこちらに挿した方がスピードが速い訳だが,その時々によって挿す場所が違っていたりとかでドライブ名が異なる場合がある。そんな場合でも「iTunes Agent」はドライブ自動認識してくれる(フォルダ名で判定している)ので安心して使える。
 ついでに,iTunesのプレイリストの方も同じ名称にしておくのが間違いない。iTunesのプレイリストは確かに便利で,ダウンロードした「Podcast」からコピーしてくると(情報だけの複写であり,実体のMP3ファイルの複写ではない),その総容量が表示される。したがって,SDメモリカードの上限の計算は簡単に行える。前記64MBのSDメモリはだいぶ以前使っていて余っているやつだが,千円のメモリオーディオを汗が飛び散り,振動多いジムの中で使うのにはもってこいである。~血圧が高いのでダイエットのために運動中~なので。

 で,肝心な番組の方だが,聴き始めたばかりなので,亀やフェレットの情報がどこにあるかはまだ全ては把握していない。少なくとも下記にはウミガメの回があった。「iTunes Store」→「Podcasts」→「キッズ/ファミリー」→(全て見る)→「海の生き物ラボ」(UJCエンターテインメント)
   http://www.podpress.jp/
   http://ujc.podpress.jp/?cid=3836
   ほのぼのDJ!松本美希の『海の生き物ラボ』
   海や水族館になかなか行けない貴方も、この番組を聴けば海の生物とお友達になれる!!
で,「第14回目放送」がウミガメ(海亀)の話である(とくにアカウミガメ)。わずか7分40秒の番組なので大した話はできないのであるが,他の回では知らなかったことも出てきたりしたから,まんざらではないと思う。ただし,来週からリニューアルして「WAVE」となる(「海の生き物ラボ」はその一コーナーとなる)というので,これまでの話がすべて聴けるかどうかはわからない。なおiTunesのPodcastの「設定」で,
   新しいエピソードがある場合:すべてをダウンロード
   保持する内容       :すべてのエピソード
を選んでおけば(初期値はそうなっていないので注意),ダウンロード済みのエピソードが勝手に消去されることはない。転送するエピソードは,SDメモリカード毎の「プレイリスト」で対処すればよい。「iTunes Agent」側で対応するプレイリストを指定しておけば同期は簡単だ。

【iTunes Agent 設定のコツ】(バージョンは 1.1.0.0)
(1) 事前にiTunes側で,「プレイリスト」を作成しておく。(例:「1GB-2」)
(2) 事前にメモリオーディオ(SDメモリカード)をPC接続し,フォルダを作成しておく。(例:「1GB-2」)
(3) iTunesを起動した状態で,「iTunes Agent」を起動する。
(4) タスクトレイの「iTunes Agent」をマウス右クリックし「Preferences」を選択する。
(5) 「New」ボタンをクリックする。
(6) Name:(例)「1GB-2」
  Synchronize pattern:iTunes(初期値)
  Music Folder:「1GB-2」
  Recognize by Folder/file:「1GB-2」
  Associate with playlist:「1GB-2」
を指定し,「Save」をクリックする。(まぁ,フォルダやプレイリストの名称は全部同じにしておけば安全というものだ。) 次からは「iTunes Agent」常駐の状態で,メモリオーディオをPC接続すると,タスクトレイに「Device connected!」あるいは接続をはずすと「Device disconneted」といった吹き出し表示が出るようになる。これがきちんと認識できている証拠でもある。
 「Synchronize pattern」は,転送時に自動生成するフォルダ名・ファイル名のルールであり,上記「窓の杜」情報によれば「転送パターンは3とおりで、1つ目は“\アーティスト名\アルバム名”といった構造のフォルダを作り、“アルバム名”フォルダに楽曲ファイルを転送する“iTunes”設定。2つ目は、アーティスト名とアルバム名をつなげた名前のフォルダを作成し、そのなかへ楽曲を転送する“Artist Folder”設定。3つ目はフォルダを新たに作成せず、楽曲ファイルをアーティスト名とアルバム名をつなげた名前にリネームして転送する“Flat”設定。利用するポータブル音楽プレイヤーに応じて転送パターンを選ぼう。」ということだそうである。
 また,「パスの書式は、特定にフォルダを使う場合“D:フォルダ名”、ファイルを使う場合は“F:フォルダ名\ファイル名.拡張子”といった具合で、ドライブレターを指定する必要はない。」とあるが,私が試したところでは別に「D:」が無くてもフォルダと認識してくれた。

 あと私はiTunesの[編集]-[設定]で「詳細」タブで,[iTunes Music]フォルダの場所を,自分の好きなフォルダ(C:は嫌いだから,D:の自分で決めたデータファイル格納フォルダ位置)に変更しているだとか,ラジオ(トークマスター2)から録音したMP3ファイルをiTunesにドラッグ&ドロップするとファイル名が勝手に通番付けられるのが嫌でこの「詳細」の「インポート」タブで「トラック付きのファイル名を生成する」のチェックをはずしたとか,「インポート方法」を「MP3 エンコーダ」(さらに設定:標準音質(128 kbps))に変えたとかしているが,ポッドキャストだけを使うのであれば,この辺の設定は不要かもしれない。

 同期を行う操作は,タスクトレイの「iTunes Agent」をマウス右クリックし「Syncronize device」を選べばよい。「プレイリスト」から消去したファイルもちゃんと消去される。(10/1追記:消去の方はうまくいくときと駄目なときがあるみたいだ。もう少しよく調べてみる。)

 なお,注意点として,「iTunes Agent」常駐時にiTunesの各種設定を変えるとときどきエラーが発生することが挙げられる。よって,「iTunes Agent」常駐は,同期の直前が良い。

 それにしても,iPod以外のメモリオーディオでiTunesを使えるのは大変面白い。ダウンロード販売の転送回数制限付きの有料音楽は格安MP3プレーヤーでは駄目だろうが,ポッドキャストを使う分,ラジオで取り溜めたやつの管理が目的であれば,とくに問題はないだろう。

 iPodの欠点は以下の2つだと思っている。(先日は,音の高さ~ピッチ/トーンを変えずに速度を変えられないと書いたが,裏技で可能なことが判明したので,除いた。また,WMA対応は必須でない気がしたので,それも除いた。2006-09-30)

【iPodの欠点】
(1) SDメモリを使えない。
 ハードディスクレコーダでもよいが,ハードディスクは回転部品だから寿命がある。SDメモリも寿命があるが,壊れたら別のを買って差し替えればよい。

(2) バッテリ交換が自分では出来ない。
   http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/battery/
   iPodバッテリー交換サービス,6,800円(税込)
 リチウムイオンバッテリは
   http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_e6f7.html
に書いたように「内蔵のリチウムイオンバッテリは,満充電状態での保管,高温での保管が有害で著しく劣化する。ニッケル水素バッテリと異なりメモリ効果はないが,充電量制御のプログラムの関係上,充電回数が多いと誤差が累積してきて,メモリ効果と同じ現象を生じることがある。」訳であり,聴いている最中に電池切れが起きるのをおそれるあまりに毎日フル充電すると逆に電池寿命を短くしてしまうことになる。かといって電池の交換できないiPodではやはり電池切れはこわい。ウォークマンなどでは充電式のガム電池が従来使えた訳だから,iPodでも同じようにした方がよかった。(トークマスター2もだな。)

以上のほかに下記の検討項目がある。

(3) 再生速度を変える機能(スピードコントロール。音程~音の高さ~ピッチ/トーンは変えずに)といったこと(語学・講演・ドラマ・ニュース向け)
 少しでも時間を節約するために,スピードを速めて聴きたい。その場合,音が甲高く変化するのは御免こうむりたい。いまどきビデオやHDDレコーダにだって付いているし,語学目的のICレコーダ(ソニー,オリンパス)でも当然その機能は有る(ソニーでは「DPC(デジタルピッチコントロール)」と呼ぶ)。メモリオーディオでもトークマスター2は別格としても,他にもありそうだ。
   http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dgoods/1062329599/
   2ちゃんねる/語学学習に便利なMP3プレイヤーは?
に「再生速度コントロール」,「速度調整時の音程変化」での比較表が掲載されている。これを見ると,「速度調整時の音程変化」が無い(つまり再生スピードを早くしても,音が甲高くなることがない)製品には,「MPIO AD-FG100」があるようだ。 http://www.mpio.jp/ の サポート/FAQ で「スピード」で検索したら,
【スピードコントロールに対応していますか?】(2005.11.14)
  FG200:駄目
  FL350:サンプリング周波数22.05KHz以下のMP3のみ可
  FY500:サンプリング周波数22.05KHz以下のMP3のみ可
  FY400:サンプリング周波数22.05KHz以下のMP3のみ可
  FG100:ファームウェア1.48で対応。サンプリング周波数22.05KHz以下のMP3のみ可
  FL300:駄目
ということで,すべての機種で対応している訳ではないようだ。また「速度調整時の音程変化」に関わる記述・宣伝文句がサイト,公開マニュアルに載ってないのも気にかかる。「サンプリング周波数22.05KHz以下」というのも通常は44.1kHzだろう。トークマスター2で64kbpsで録音したもののプロパティを見てみたら「オーディオサンプルレート:32kHz」だった。このままではファイル変換しないことには(つまり音質を劣化させる変換をしない限りは)MPIOでスピードコントロール出来ない。却下!

 他には
   http://q.hatena.ne.jp/1156255748
   人力検索はてな/英会話の勉強のためにmp3プレイヤーかボイスレコーダーの購入を検討
の情報があった。ここで,実はiPodでもスピードコントロールできることが判明した! 第4世代以降のiPodのオーディオブックの再生速度調節機能を流用するやり方で 0.8~1.2倍 の調整が可能。
   http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20050927/113677/
   2カ月でTOEICスコア50点アップ! iPodで楽しく英語学習
     「再生速度をコントロールして、センテンスをじっくり聞き取り」にその手順詳細,
     また,リジューム機能の詳細(機能かなり強化)が説明されている。

   http://www.evedirect.net/ipod/ipodurawaza.html
   iPod + iPod Series>iPodの裏技 基本編
     速度を変えても音程変わらないことが書かれている。

ただし,MP3では駄目でAAC形式でないといけない(これが一番のマイナス点だ!)。拡張子を「.m4a」→「.m4b」に変換すれば,iPodの再生画面にて【選択】ボタンを3回押すと 0.8~1.2倍の速度調整が可能とのこと。音程は変わらず速度を変えられる。

(4) WMAに対応しない。(独自形式であるAACへの変換機能がiTunesに付いている)
 AACは互換性に問題があり,メモリオーディオプレーヤーのメーカーが違うと再生できない可能性が高い。アップル社製品をずっと使い続けるのであればよいが,そうでなければMP3形式で保存しておいた方が安全。個人的にはWMA形式のを持っているのでそれがそのまま再生できた方がよいのだが,トークマスター2やポッドキャストで入手したMP3ファイルの再生にはWMA形式は関係ないから,本項目は必須ではない。また,WMAもMicrosoft社独自規格といえばその通りではある。 オーム電機の「DAP-100N」もMP3のみ対応でWMAは駄目。
   http://arena.nikkeibp.co.jp/qa/other/20050329/111834/
   MPEG4の再生互換性は大丈夫?
   
   http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20020218/dal44.htm
   第44回:圧縮音楽フォーマットを比較する
   ~ その3:MPEG-2の音声フォーマット「AAC」 ~

また,これも調べてみると,著作権付きのWMA形式であってもiPodに持っていく手段があると判った。
   http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20041227/110423/
   音楽配信でゲットした楽曲を、iPodにコピーするワザとは?(2005/01/05)

   http://pato.blog.ocn.ne.jp/lif/2006/09/wmadrmipod_4700.html
   てんデジ探検隊/インターネットで購入したWMA-DRM方式の音楽をiPodで聞く方法

ただし,記事を読んでみると判るがかなり制約の強いもののようだ。

(5) 曲中の再生時に電源を切ったときに,リジューム機能(レジューム機能)で,次に電源を入れたときには,その中断した箇所から再生できる。(駄目な機種でも,曲の頭から再生するリジューム機能を搭載しているやつもある。Qriomとか。)

 iPodではリジューム機能はあるが,上記の「オーディオブックの再生速度調節機能」(拡張子を「.m4a」→「.m4b」に変換)を使えば,ファイル単位でリジューム機能が使えるとのこと。これは最強だ!
   http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20050927/113677/
   2カ月でTOEICスコア50点アップ! iPodで楽しく英語学習

   http://bitarts.jp/blog/archives/000692.html
   BitArts/iPodで曲ごとの「しおり」

(6) 有料音楽を再生できる(プレーヤーに転送できる)

(7) 録音できる場合はMP3形式がよい。(ソニーやオリンパスのICレコーダはWMA形式)

というのもある(iPodは(5)(6)には対応している)が,このすべてに対応した製品は,今のところ存在しないようだ。「トークマスター2」がいい線いってるのだが,iPodと同じく充電式電池オンリーであり,有料音楽には対応していない。残念ながら完璧なのはないようだ。(どなたか知ってる方いらっしゃたら教えて!)

【ポッドキャストで私注目の番組】
 ・海の生き物ラボ(UJCエンターテインメント)
 ・かがく探検隊コーステップ (科学バラエティ番組:北海道大学CoSTEP制作)
 ・ヴォイニッチの科学書
 ・くりらじテクノロジーニュース
 ・湯川鶴章のIT潮流 powered by ココログ

 ・ビジネス書を耳で読む- BookCasting
 ・新刊ラジオ ― 「話題の本を耳で読む」新刊JP公式ポッドキャスティング
 ・ききみみ名作文庫
 ・オハナシ☆キャスト / 童話・昔話 Podcast

 ・ラジオ版 学問ノススメ Special Edition
 ・大前研一ニュースの視点(BBTポッドキャスト)
 ・ものほん
 ・唐沢俊一のポケット

【iPodで,充電池の欠点を補う方法】
 携帯電話へ充電する機器(乾電池式・充電池式・手回し式・太陽電池式)があるように,iPodにも類似の機器がかなり出ているようだ。さすが日本シェア70%のことはある。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0007YT8ZM/
太陽電池式(AC電源も可)。充電池内蔵。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000H1R2U8/
UPSで有名なAPC社の製品。充電池内蔵。あらかじめACで充電しておいて使う。iPod以外の機種へも対応。APC社なら信用できそうだ。
  http://www.apc.com/solutions/display.cfm?id=AB17716A-5056-AE36-FE7073AE37C783CD
  APC社のニュースリリース(2006年7月27日)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000B7TL4S/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002Y3M9U/
これらもAPC社と同等コンセプト製品。

http://www.elecom.co.jp/news/200609/avd_dca/
「乾電池」を使ってDockコネクタから充電。 再生しながらの充電も可能な乾電池式充電器を発売。2006.09.26

 従来製品は単三4本ってのが相場だったから,単三2本ってのが良い。私の持ち歩いている白色LEDの懐中電灯も昇圧回路がはいっていて単三2本で光る。普通は3本必要。 だから,そういった技術は可能であったはずなのだが,エレコム以外で今まで出さなかったのが不思議ではある。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009J54OY/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000BZ5NQA/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FHVW9Q/
ACで充電するのではなく乾電池(単三4本)を使う。製品によっては,すぐ壊れた・iPodが壊れた(電池の向き間違えた?)・アルカリ乾電池は良いが,ニッケル水素充電池は使えなかった,などいろいろ在るようで注意が必要なようだ。

http://mac.ascii24.com/mac/news/ipod/2006/02/01/660318-000.html
  http://www.jtt.ne.jp/products/original/podzero3/index.html
  http://www.jtt.ne.jp/shop/product/battery_pack_usb/index.html
単四4本を使う。1050円と極めて安価。しかしiPodの場合はケーブル別売(セット販売もある)。オンラインショップを見たら在庫ゼロだった。(9/24時点)

http://www2k.biglobe.ne.jp/~t_muto/ipod/option_power.htm
で,他にもいろいろ在るらしい。

【電車の中で,騒音に煩わされずに,ポッドキャストの音声を聴くには】
 「満員の通勤電車」で語学とかニュースとか人の声を聞く場合は,「ノイズキャンセリングヘッドホン」(ノイズキャンセラーヘッドホン)が良い。ヘッドホン部にマイクが内蔵されていて,周りの音を拾って打ち消してくれる。そのため,静かになり,ボリュームを上げなくてもよくなるので耳にも良い(難聴対策)。ただ,車内アナウンスも聞きにくくなるため,乗り過ごさないよう注意が必要。

 私自身は以前の職場で1時間40分かけての通勤時に,ソニーのMDR-NC20(密閉型)とかMDR-NC10(耳栓型)を使っていた。もっとも正直あまり音が良くなく(MDR-D77やMDR-E888に比べて),英会話とかの語学番組は問題なかったが,音楽を楽しむのには向かなかった。それとMDR-NC20は,自転車の急ブレーキ音とか,立ち上がり(エッジ)の鋭い音はうまく消せずに,逆に若干遅れて反位相の音を出すために返って急ブレーキ音が大きくなってヒドイことになるということを経験した。電車の中では大丈夫だが,街中では駄目という例。耳栓型のやつは,装着感覚があまり良くなく(耳栓型だから装着するだけでも周りの音は聞こえにくくなる),バッテリーボックスとケーブルが邪魔であまり使わなかった。大型でも密閉型の方は何かあればすぐに頭からはずせるので,便利でこちらを多用していた。単四バッテリ1個を使い,電源OFFでもちゃんと音が聞こえるので使い分けが可能。

 以上7年前以上前のことなので,今どうなっているか調べてみた。下記に口コミが載ってて興味深い。しかしこうも人によって評価が割れる製品もめずらしい。また予想済みではあるがBOSE以外はどれもこれも音質がよくないらしい。それと,携帯電話によりノイズ発生することが指摘されている。確かに久しぶりにMDR-NC10を引っ張り出して使ってみたが,隣に置いた携帯電話がメールを受信すると,ノイズが入る。携帯電話のノイズに対応しているかどうかも要チェックのようだ。そのためか電気式でないタイプも出ているようだ。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000BN16YK/
Creative ヘッドフォン Headphones HN-700

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000ALF5FO/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0008FDDD8/
Creative ヘッドフォン Headphones HN-505

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000A4ZU9W/
ティアック KOSS社ホーム用ヘッドホン 密閉タイプ。電気式でなく,遮蔽強化によって周りの音を遮断するタイプ。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000652OBC/
SONY MDR-NC6。携帯電話に弱いというコメントが寄せられている。MDR-N20では出来た折り畳み機能が削られている。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0006M0BQK/
SONY MDR-NC50

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000652P7U/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000652P7K/
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000652P7A/
SONY MDR-NC11A。耳栓型。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000A4ZUGU/
ティアック KOSS社ホーム用ヘッドホン 密閉タイプ QZ50。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000A4ZTF2/
AKG ノイズキャンセリングヘッドフォン K28NC

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030811/bose.htm
http://www.bose-export.com/products/headphone/index.html
BOSE、ノイズキャンセリングヘッドフォン「QuietComfort2」「QuietComfort3」

2006-09-29 懶道人(monogusadoujin)

【更新履歴】
2006-09-29 作成。
2006-09-30 iPodで,音程を変えずに速度を調整する機能(裏技)が判明したので,記述を訂正した。
2006-11-30 関連項目を追加。
--------------------------------------------------------------------------------------
【その他,参考】
http://palmyra.seesaa.net/article/15664667.html
Palmyrarticle/iTunes Agent
2006年03月29日

http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000120609060002
「いい音」支える耳型職人
2006年09月06日
は,朝日新聞で読んだ記事だが,ソニーは昔からこういった職人芸に磨きをかけてきた訳だ。「耳型はソニーのヘッドホン設計に欠かせない。ウォークマンが大ヒットし、設計者が耳型を集め始めたのがきっかけだ。ヘッドホンの二大要素は音質と装着感。耳型が装着感の向上を担った。」「80年代前半からは、ヘッドホン設計者の1人だけが耳型職人に指名され、代々、技術を受け継いできた。社員や関連会社の従業員のうち形や厚みなどに特徴のある耳の持ち主に頼み込み、耳型を作って保存する。国内シェア1位を下支えしてきた門外不出の資産だ。」そうだ。という訳で,「ソニーは伝統的にすでにある技術をコンパクトにしてきただけ」との批判があるが,良い音のヘッドホンがあって初めて音楽を街に持ち出すことが出来たので,一アイディアから始まったものではあるものの,こういったところをちゃんとおさえていた訳とは言えよう。プレーヤーではアップル社に太刀打ちできないが,その分,ヘッドホンで稼ぐのだろう。

http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060405/116170/
【インタビュー】“四代目耳型職人”設計!ソニー渾身のインナーイヤーヘッドホン「MDR-EX90SL」
 これは,私の持ってる当時(10年くらい前か)のソニーでは最高価格のインナーホンの値段を上回る。MDR-E888の欠点は低音だったのだけど,密閉型の形状とスピーカの大型化でその辺を解決したらしい。MDR-D77に比べてどうなんだろう? 「MDR-EX90SL」と「MDR-E888」を比較した人が居るようだ。→ http://mai-u.x0.com/tako/archives/2006/07/post_188.html 。あと,「MDR-D77」と「MDR-E888」を比較した人のはこちら → http://hp.vector.co.jp/authors/VA019034/audio/HeadphonesForWalkman.html 。あと,この辺か → https://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=9298 。合っている。

で,スペックの単純比較。
      周波数帯域  音圧感度  インピーダンス  ってことは・・・
MDR-EX90SL 5~25kHz   106dB/mW  16オーム     低音に強く高音に弱い。(新製品)
MDR-E888  8~27kHz   108dB/mW  16オーム     高音に強く低音に弱い。(超ロングセラー)
MDR-D77   5~30kHz   106dB/mW  45オーム     ポータブル用では当時最強。(生産中止)

新製品もスペック上は意外と大したことないような・・・。昔の製品にスペックで劣るんじゃ駄目だ。また,こんな評価もある。
  http://review.japan.zdnet.com/headphone/sony-mdr-ex90sl/members/74440.html
ただ,こちらの評価の方が信頼できるだろう。個人のページではなく,雑誌社が,日本各社のヘッドホンを比較しているから。やっと辿り着いた本物の情報ってところ。
  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060428/npp85.htm
  7gの“モニター音質”「ソニー MDR-EX90SL」松下、ケンウッド、オーディオテクニカと聞き比べ

【2006-11-30 追記:関連項目】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6419.html
亀のラジオ番組をタイマー録音しメモリオーディオで聴く

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/2podcastitunesi_d403.html
亀のラジオ番組をタイマー録音しメモリオーディオで聴く(2)Podcast+iTunes+iTunes Agent

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/xbar_xb800_podc_4ae9.html
買っちゃったよ,特売メモリオーディオ(X-Bar XB800 四千円也)(フェレットをPodcast+iTunes+iTunes Agent)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_8787.html
ポーチ・スピーカ比較

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/mp3_042b.html
メモリオーディオ(MP3プレーヤー/デジタルオーディオプレーヤー)の比較サイト

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/fmsdmy_mint_hsz_634a.html
FMトランスミッター内蔵 SDミュージックプレーヤー my mint HS.Z01

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/_sd_qriom_scr17_defe.html
亀の音楽で朝起きる ~ SDクロックラジオ Qriom SCR-175SD

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/20061130_5649.html
最近のポッドキャストのお気に入り(2006-11-30)

|

« 「IWAMAL岩丸動物診療譚」(1)~(6) | トップページ | フェレットとの散歩の状況/亀の生息地を地図にプロットする(ハンディGPS)(2) GPSホルダーを作る(10/18追記) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

フェレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀のラジオ番組をタイマー録音しメモリオーディオで聴く(2)Podcast+iTunes+iTunes Agent (10/1更新):

« 「IWAMAL岩丸動物診療譚」(1)~(6) | トップページ | フェレットとの散歩の状況/亀の生息地を地図にプロットする(ハンディGPS)(2) GPSホルダーを作る(10/18追記) »