« 番外編:携帯電話を安く済ませる方法(プリペイド携帯の利点・欠点)(12/2更新) | トップページ | クロコダイルハンター追悼(2006-09-05更新) »

2006年9月 4日 (月)

「いたちなあたち」

 鈴木 理奈(2005.3.15).株式会社文芸社.ISBN4-8355-8668-9.1200円(税別).
 飼育ノウハウ本ではなく,フェレットと暮らす日々を綴った本。変わってるのは,まるでフェレットが自分で日記を付けているような文体になっている点。名前は「れぱん」,メス。1歳の誕生日までの出来事を綴っている。殆どのページに写真が載せられており,まだ若いこともあり楽しさ一杯という感じ。2匹目の「マシュ」(5歳年上,オス?)もよく出ている。2003年生まれのれぱんと著者のストーカー歴1年ということは,巻末著者プロフィールにあるように,里親となったためか。
 著者プロフィールは興味深い。「アメリカ在住時に友人の飼っていたフェレットに一目ぼれ。帰国後,2匹の里親となる。」 ここまではよいのだが,問題は次の文。「当初,抱いていた『飼いやすい動物』のイメージが一転し,フェレットに振り回される日々を過ごす。臭う,噛み付く,トイレの回数が多い等,ペットにはおよそふさわしくない動物だが,なぜかその魅力のとりことなり現在に至る。」って,ちょっとフェレットに失礼じゃない? まぁ,編集者の意向で載せたのかもしれないけど。「噛み付く」のは個体差あるし,付き合い方で直る点もあるし,犬猫だって噛み付くのは居る。うちの弟は嫁さんの連れ猫の噛み付き癖に結構悩まされたらしい。 臭いは確かにあるけど,それほどって訳じゃ。トイレの回数は関係ないでしょ。サイズが小さいほど体重に比べて相対的に沢山の食べ物を取るのだし,草食性よりは肉食性の方がエサの量・糞の量は少ないはず。むしろ,犬猫と違って,吠えない鳴かない(近所迷惑でない)・爪研ぎしない(壁を傷つけない)・そして犬猫同様遊び好きで,お散歩好きってところを評価してほしいところだよねぇ。いや,本文を読めばフェレットの楽しさが伝わってくるものではあるのだけれど・・・。
 ここに書いてあることはわが家のフェレットにもあてはまり,共感を呼ぶ。でも,もっともっと楽しいことがあるよ,とも思う。と思っていたら,続巻が出るようだ。実は先月注文したら在庫なしの連絡が来た(amazon.co.jpではない)。まだ出てなかったんだろうな。

2006-09-04 懶道人(monogusadoujin)

※ amazon.co.jp でオンライン購入する場合はこちら → 【いたちなあたち(単行本) 】 , 【いたちなあたち2(単行本) 】

【出版社(文芸社)および 書籍の情報】
   http://www.bungeisha.co.jp/
   http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/4-8355-8668-9.jsp
   http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/4-286-01352-9.jsp

【追記:作者のホームページ】
http://www.rinasuzuki.com/
 里親・里子の掲示板,フェレット預かり家庭の輪,などのページがある。思ったとおりの方で感動した。ひとつ残念なこと。書籍で元気そうにしていたマシュがもう居ないこと。7歳没。うちのカムイ(二代目)と同じインスリノーマ。

|

« 番外編:携帯電話を安く済ませる方法(プリペイド携帯の利点・欠点)(12/2更新) | トップページ | クロコダイルハンター追悼(2006-09-05更新) »

ペット」カテゴリの記事

フェレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いたちなあたち」:

« 番外編:携帯電話を安く済ませる方法(プリペイド携帯の利点・欠点)(12/2更新) | トップページ | クロコダイルハンター追悼(2006-09-05更新) »