« 「ハムスペ」2006年12月号と2007年1月号 | トップページ | フェレットの昼のお散歩(2006-11-25) »

2006年11月27日 (月)

デジタルキッチンスケール買いました~餌の量を正確に測るため

 ホームセンターに行ったところ,たまたま,デジタルキッチンスケール2kg用が 998円で売ってたので,おもわず衝動買い。「追加計量」機能~今乗っている容器の重さを差し引いて目盛りをゼロに合わせる機能~があるので,餌入れの容器ごと測れます。いままでは,お米用の1合カップを使って餌を計量していたので,重さではなく容積。だいたい80グラム(ドーナツ型のフェレットグロース)から100グラムの間なので,目分量で与えていたのですが,これで正確に計量・与えることが出来るようになります。残った餌の量も簡単に調べられるので,食欲・体調管理にも役立つでしょう。とはいっても24時間出しっぱなしだし,餌や掃除の時間は一定していないから,所詮目安にしかならない気もしますがね。ちなみに,人間の万一の事故とかに備えて,2日は持つ計算の量を与え,余った分はもったいないようだけど捨ててます。初代カムイは食中毒で通院したことがあるからね。もっとも,あれは食べ残しが原因でなく,まったく新しいフードを開封したにもかかわらず,どうも痛んでいたか悪いものだったらしいという。というかすでにそのときの診療(触診)で腫瘍発見されてたから,きっかけにすぎなかったとも言えるのだけれど,この事件以来は少々気を使うようになってます。

 で,写真がデジタルキッチンスケール(白・下)ですが,上に乗っ てるのが,それまで使っていた,百円ショップで買った秤です。500グラムまで測れました 。同じもので比較してみたら330グラム(キッチンスケール)と325グラム(105円秤)なので,以前の測定結果もまぁ大体は信用できるものでしょう。ほか,別の写真のバネバカリ(4キログラムまで)と,ポストスケール(100グラムまで測れる)とかも使ってました。バネバカリは,亀やフェレットの体重測定で使ってます。洗濯ネットに入れた上で,バネバカリにつるして測る訳です。ポストスケールは亀がまだ小さいときに使ってました。バネが振動すると読みにくいって? それは,昔化け学を学んでいたころ,揺れの平均を読み取るようにと,たたきこまれました。楽勝です。

2006-11-26 懶道人(monogusadoujin)20061127_scale220061127_scale1

※ 訂正(2006-11-28)
誤:だいたい60グラム(ドーナツ型のフェレットグロース)
正:だいたい80グラム(ドーナツ型のフェレットグロース)

|

« 「ハムスペ」2006年12月号と2007年1月号 | トップページ | フェレットの昼のお散歩(2006-11-25) »

ペット」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

フェレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルキッチンスケール買いました~餌の量を正確に測るため:

« 「ハムスペ」2006年12月号と2007年1月号 | トップページ | フェレットの昼のお散歩(2006-11-25) »