« フェレットと狂牛病 | トップページ | 迷惑メール検出率の比較 ~ POPFile v0.22.4 と ウイルスセキュリティ 9.1.0084 »

2006年12月16日 (土)

Outlook Express 6 のメールデータが壊れた! → 復旧(救出・復元)を試みる(DbxRescue ほか)

 最近,パソコンの調子が悪い。使用中に突然フリーズする。文字通りの症状で,マウスカーソルすら動かない。メモリが壊れかかっているのか,あるいはマウスが原因なのか。マザーボードの故障か。寒くなってきたからか,Internet Explorer 7(IE7) にしたら,もう頻繁に不正な処理が出ることも(あまりに多すぎて慣れてしまいつつある),関係あるかもしれない。電源ボタンを押しての休止状態(メモリを全てハードディスクに保存してからシャットダウンし,次回電源投入時はそこから再開できる)を多用しているが,要するに長く使っていると発生するような感じなので,IE7の不正な処理発生のたびのリソース開放漏れが累積してきいてきている可能性は高いかもしれない。

 で,IE7使用中にフリーズぐらいなら気にしないし,テキストエディタ使用中も多少はダメージがあるが普通は[Ctrl]+[S]でまめに上書き保存が習慣づいてるのであまり問題にならないが,メールソフト Outlook Express 6 使用中にだけはフリーズが困る。このソフト,1メール1ファイルではなく巨大ファイルを作る方式だから,原理上まことにファイルが壊れやすいのである。で,実際,今日,自分のパソコンでフリーズのためメールデータが壊れてしまった! 壊れたのは迷惑メールトレイなので実害はないのだが,ちょうど統計をとっていたので(POPFileとの比較),いささか困った。

 会社では有料ソフトである「Ontrack EasyRecovery Professional」( http://www.ontrack-japan.com/software/easyrecovery/ )を使っている。「E-MailRepair/OutlookExpressRepair」に対応していて,まことに強力・高速だ。しかも,CDから起動できるのがありがたい。新規にインストールすると,その分HDDの内容が消えてしまう訳だから,インストールなしに使えるということは重要だ。

 が,まぁここは自宅。Ontrackよりは劣るもののフリーソフトもある。それが下記。
   http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se271878.html
   DbxRescue
   壊れたDBXファイルからメールデータを救出
   動作OS : WinXP・WinMe・Win2000・Win98・WinNT
   ソフトの種類 : フリーソフト
   作者 : Suketta
Outlook Express 5/6では,フォルダの1つ1つがDBXファイルとなっており,このソフトはその1つ1つを指定して,EML形式(ドラッグ&ドロップで取り込み可能な形式)でデータを救出する。試してみたら,14件ほど復元できたが(そのうち3件は内容壊れていた),残念ながら全てのメールは復元できなかったようである。一定期間の迷惑メールがゼロだ。

 次に試みるのは,プロバイダのメールボックスの直接操作。WEBメールだ。Outlook Express での受信時,アカウントの設定でサーバに3日残す設定にしてあるので,ここから救出しようという訳だ。まぁ何も迷惑メールをわざわざ復旧させるのは馬鹿らしい気もしないでもないが,ともかく実験だ。POPFileの実験が完了したため,NIFTY側からYahoo側へのメール自動転送時にはNIFTY側の迷惑メール対策機能をONにしているが,転送されてきたメールについてはYahoo側での迷惑メール対策機能の誤認識が多いことから,Yahoo側では迷惑メール対策機能はOFFにしている。で,クライアント側(ソースネクスト社ウイルスセキュリティ)で迷惑メール対策をしている訳なので,Yahoo側のメールボックスには,クライアント側で消えてしまったメールもすべて3日分は保管されているという訳だ。うむ,安全対策としてなかなか使えるかもしれない。で,YahooのWEBメールを見ると,「フラグ」ボタンに「未読にする」機能がある。そこで迷惑メールを片っ端から「未読にする」ことで復旧を図った。が,結果,駄目だった。一度受信した分については,サーバ上で「未読」設定したとしても再びはOutlook Expressでは受信してくれないらしい。とりあえず件数だけは判った。消失したのは全部で52件。復旧できたのはそのうちわずか11件だったという訳だ。やはり受信トレイで消失は無かったことも確認できた。これはありがたい。
  復旧できた迷惑メール:11件:2006-12-15 18:31~2006-12-15 23:49
  復旧失敗の迷惑メール:41件:2006-12-14 01:04~2006-12-15 19:15

 メールサーバ上で「未読にする」操作が効果なければ,次の手段としては,個々のメールをもう1度自分自身(Yahoo宛てあるいはNIFTY宛て)に転送してしまう方法がある。転送によりヘッダとか本文の形式(引用符)とか変わってしまうが,YahooのWEBメールの転送機能を見ると「添付ファイルとして」というのを選択できる。これを行えば,いわばEML形式の内容を添付ファイルとして付けて転送できる訳だから,メール本来の情報(メールヘッダ含む)を再度保管することができる訳だ。しかし,Outlook Express上で一覧から複数選択してマウス右クリックで「添付ファイルとして転送」するのとは訳が違い,YahooのWEBメールでは1件ずつしか処理できない。つまりWEBメールの一覧画面には「転送」ボタンが無いのである。1件ずつ52-11=41件の迷惑メールに対し,そこまでやる気はおきない。通常メール~自分にとって重要なメールであれば,意味があるのだが。とりあえず1通だけ試してみて,ちゃんと再受信できたことを確認した。で,添付ファイルから本来のEMLファイルを取り出してOutlook Expressにドラッグ&ドロップで取り込んだのだが・・・やはりこの方法では,ソースネクスト社ウイルスセキュリティでは迷惑メール認識はしてくれなかった。まぁ,メールサーバとの間の一種のプロキシとしてデータを横取りする形で迷惑メール判定を行う訳だから,このやり方(ドラッグ&ドロップ)では判定してくれないのは当然だ。添付ファイルとして受信の段階,あるいは保存時にウイルス検査の方はちゃんとやってくれているであろうが。とりあえずは,POPFileとの比較で,ウイルウセキュリティの迷惑メール検出率~件数がわかればよいので,これで復旧のテストは完了することにする。ついでに,迷惑メールの検出率のテストも。

【まとめ】
・Outlook Express 5/6 は,フォルダ毎に巨大ファイル(拡張子DBX)を作る方式なので壊れやすい。
・とくに受信トレイや送信済みアイテム,メッセージルールで自動振り分け設定を行っていて頻繁にアクセスされるフォルダ(迷惑メールトレイ)は,確率的にも壊れやすい。
・壊れたときの被害を少なくするためにも,フォルダは細分化し,壊れやすいフォルダは常に空の状態を保つ(他のフォルダに手動で移動する)のが好ましい。
・削除してもインデックスだけ変更し実際には削除されないため,巨大ファイルはますます巨大化する一方である。そのため定期的に[ファイル]-[フォルダ]-[最適化]を行う必要がある。最適化により本当に削除したメールが物理的に消去されることになる。(DBXのファイルサイズが小さくなることで確認できる。)
・Windows XP SP2のOutlook Expres 6 の場合,一定起動回数後,終了時に自動的に最適化するかどうかを尋ねられる仕組みではある。
・メールデータが破損した際,DBXファイルのサイズが大きいままであれば,復旧(救出・復元)の可能性がある。あわてて「最適化」してはいけない。「Ontrack EasyRecovery Professional」が一番良いが,フリーソフトの「DbxRescue」もなかなか使える。(ただし,メールデータが非常に大きい場合は,Ontrackに比べて1桁以上遅いようだ。)
・定期的なデータバックアップはやはり重要。しかし,フリーズは突然やってくる。Internet Explorer 7 はやくサービスパックを出してくれ!

2006-12-16 懶道人(monogusadoujin)

【関連項目】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/popfile_5145.html
POPFileで迷惑メールの隔離

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/popfileie7_5a80.html
POPFileのアンインストールで問題,ほか,IE7の初使用感想など

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/_popfile_v0224__6024.html
迷惑メール検出率の比較 ~ POPFile v0.22.4 と ウイルスセキュリティ 9.1.0084

|

« フェレットと狂牛病 | トップページ | 迷惑メール検出率の比較 ~ POPFile v0.22.4 と ウイルスセキュリティ 9.1.0084 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Outlook Express 6 のメールデータが壊れた! → 復旧(救出・復元)を試みる(DbxRescue ほか):

« フェレットと狂牛病 | トップページ | 迷惑メール検出率の比較 ~ POPFile v0.22.4 と ウイルスセキュリティ 9.1.0084 »