« 迷子札が迷子に!(フェレットの散歩に適した迷子札) | トップページ | 「充電式 使い捨てないカイロ eneloop」(サンヨー)を注文した! »

2006年12月 7日 (木)

POPFileのアンインストールで問題,ほか,IE7の初使用感想など

 POPFileによる,迷惑メール隔離の実験も大体完了したので,ウイルスセキュリティ内蔵の迷惑メール監視機能に戻すことにした。POPFile,およびPOPFileのデータを,XPのコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」からアンインストールした。一応,アカウント情報は事前にバックアップしておいたが,アンインストールにより,ちゃんと以前のアカウント情報に戻ったのには,ちょっと感動した。

 が,その後がいけない。ウイルスセキュリティの迷惑メール監視機能が作動しない。学習結果がクリアされたかと思ったが,そうでもないようだ。つまりは,ウイルスセキュリティに「メール受信数」情報として,メール総受信数/迷惑メール総受信数/本日のメール受信数/本日の迷惑メール受信数が載ってるのだが,この数値がすべて零な訳である。「プログラムの追加と削除」で「修復」を試すと,迷惑メール監視機能らしいファイル名でエラーが発生した。どうも本格的にまずいらしい。結局,アンインストールして,ソースネクスト社のサイトからユーザ情報を入力した上でプログラムをダウンロードしてインストールし直した。今までの設定がすべて無効・初期化されてしまったようだ。まぁ標準設定からはずれた保存すべき設定情報とかはそれほど無いから,実害はない。ウイルセキュリティのメニュー階層を辿るとエクスポートとかあるから,そこでしておけばよかったんだろうけど。

 ただ,POPFileと違って,ウイルスセキュリティのありがたいところは,すでに受信済みのメールを元に,「迷惑メール」「通常メール」の学習を行えるところ。POPFileは新規に受信した分でないと学習できなかったが,この点は便利だ。ふつうは迷惑メールはバサバサ削除しているのだが,今回はPOPFileの調査のために迷惑メールを500通くらい残してある。それと受信済み通常メールとを合わせて再度学習させたので,おそらくは今後は最初からそこそこの精度で,迷惑メール識別が出来ることだろうと期待している。(2006-12-07追記。精度は約75%。POPFileよりどうも悪いようだ。)

なお,ちょっと調べてみたが,
   http://popfile.sourceforge.net/cgi-bin/wiki.pl?JP_HowTos/VirusSecurity
   POPFileのウィルスセキュリティ(ソースネクスト)との併用
とかいった項目が載っているのを見つけた。まぁ私もすでに実験済みである訳だが,動作自体は問題ないということが書いてある。しかし,アンインストール時の問題については残念ながら記載はないようだ。

 で,ついでなので,Internet Explorer 7 もインストールしてみた。文字フォントが汚いのはびっくり。インストール後の設定で「Webページの文字をより見やすく/Microsoft Clear Typeを有効にすると,Webページに表示される文字を読みやすくできます。(推奨)」なんて書いてあったのでチェックしたのだが,逆効果だ。また,マイクロソフト社のマッチポンプにやられたか,とがっかり。

 「タブブラウザ」はどこが便利かはまだよくわからない。私は昔からキーボード派だし,リンクを開くときはマウス右クリックで別ウィンドウで開くようにしているし,ウィンドウ間の切替は[Alt]+[Tab]で行っているから,別にタブブラウザ機能がなくても不自由してない。タブブラウザ機能は[Ctrl]+[Tab]と使い分けるなど,操作が複数体系となりかえって使いにくい。

 おまけにマウススクロールが駄目だ。ホイールを回すと変な慣性がついて,止めてからも数秒,ちょっとずつスクロールする。鬱陶しいったらありゃしない。

が,仕方ない。勉強のためだ。いずれは7を会社でも使うことになるだろうし,そのうちサービスパックも出てっくるだろう。会社で使うのは(導入許可がトップから出るのは)おそらくはサービスパックが出てからだろうな。

 今日はブログ(ココログ)はメンテナンスで,なんと2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間(2日以上!)もの間使えない! いったい何やってんだ,ニフティは!ってな感じだねぇ。

2006-12-05 懶道人(monogusadoujin)

【追記】
 ちょうどこんな記事(↓)が出た。私がなんとなく感じたことをうまく説明してくれている。「結局は、使う側の人間が、こういったことに備えて注意するほかはないでしょう。」と結んでいるが,やっぱり面倒なだけなのじゃないかな。まぁ,もう少し使ってみなければ実感できないかもしれないが。あるいは,タブ機能を使わないというやり方もあるかもしれない。
   http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20061124/114323/
   タブブラウザの功罪
   2006年12月6日 水曜日 大橋 悦夫,佐々木正悟

「タブブラウザの特徴は、関連するページをウィンドウごとに整理できる点でしょう。例えば、何か調べ物をしている際に、検索結果のページからいくつかのリンクを開いて確かめていくような場合、新しいタブに次々と開いていくことによって、1つのウィンドウの中で作業を完結させることができます。
 これによって、「調べ物をするためのウィンドウ」、「WebメールとWebカレンダーのためのウィンドウ」といった具合に、目的によってWebブラウザのウィンドウを分けることができます。
ただ、これは人間が恣意的にそのように決めて使っているだけなので、ちょっと検索しよう、ということでGmailなどのWebメールを開いているウィンドウに新しいタブを追加して検索エンジンを使った場合、このルールが乱され、どのウィンドウに目的のWebページを開いていたのかが分からなくなることがあります。
 あるいは、ウィンドウもろとも閉じた時に、実はその中の1つのタブに後でチェックしようと開いていたページであれば、意図せずしてそれを失ってしまうこともあるでしょう。」

【追記2 ~ 2006-12-06】
 Internet Explorer 7 で,マウスのホイールでのスクロールが慣性がついてしまって非常に使いにくかった件,解決した。

http://watcher.moe-nifty.com/memo/2006/11/ie7__a1ca.html
IE7 でホイールによるスクロールの動きが変な件、解決しました

に情報があった。ロジクールのマウスドライバとの相性のようで,ここに書いてるチェックボックスとかは私のマウス(MX-300)のドライバには無かったのだが,旧版(9.73)をアンインストールした上で新版(9.791)をインストールしたら現象収まった。まぁ,まったく大変な話ではある。

 英語のフォントが極めて見難かったやつも,「インターネットオプション」の「詳細設定」の下の方に,「HTMLで常にClear Typeを使用する」のチェックボックスを見つけ,はずすことで解消した。「タブブラウザ」の機能もOFFにする箇所を確認したが,もう少しだけ,いろいろ試してみるつもりだ。

【関連項目】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/popfile_5145.html
POPFileで迷惑メールの隔離

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/outlook_express_cc93.html
Outlook Express 6 のメールデータが壊れた! → 復旧(救出・復元)を試みる(DbxRescue ほか)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/_popfile_v0224__6024.html
迷惑メール検出率の比較 ~ POPFile v0.22.4 と ウイルスセキュリティ 9.1.0084

|

« 迷子札が迷子に!(フェレットの散歩に適した迷子札) | トップページ | 「充電式 使い捨てないカイロ eneloop」(サンヨー)を注文した! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: POPFileのアンインストールで問題,ほか,IE7の初使用感想など:

« 迷子札が迷子に!(フェレットの散歩に適した迷子札) | トップページ | 「充電式 使い捨てないカイロ eneloop」(サンヨー)を注文した! »