« 昨年のフェレット蚤(ノミ)騒動を振り返る | トップページ | 番外編:ゼンマイ時計(スケルトンタイプのゼンマイ式アラームクロック/6歳児用組み立て式ゼンマイ振り子時計スケルトン/学研大人の科学・14世紀型棒テンプ重錘式時計・組立式) »

2008年7月 5日 (土)

昨年2007年のフェレット散歩日数を数えてみた(晴れの日8割は散歩に出てたことが判明)

 最近めっきりズボラになって,ハンディGPSのトラッキング(軌跡)データの転送を溜めてしまっている。今日は4月の連休明けの5月6日から今日までの約2か月分をパソコンに取り込んだ。

 で,ふと思った。散歩の頻度はどれくらいなのかな,と。日時が詳しく記録されているし,MapSourceでは「選択したトラックを結合する」機能とかがあるから,各々の散歩の開始日時と終了時刻から,日々の散歩時間の累計まで,計算しようと思えば可能だ。とはいえ,そこまでやるのは面倒なので,おおざっぱに,昨年2007年に散歩した日数を数えてみた。深夜零時をまたがった散歩もあるし,1日に3回も散歩に出かけた日もあるが,まぁ日単位で数えてみた。

 【結果】
   2007年(1月~12月)の
   フェレット(カムイ三代目)の
   お散歩日数:231日

つまりは,64%は散歩に出かけていた訳だ。

 気象庁のサイト( http://www.jma.go.jp/ )の「気象統計情報」→「過去の気象データ検索」から,最寄の観測所を選び,2007年,「年ごとの値を表示」で,降水のあった日を見たら,77日あった。ということは
   231÷(365-77)=80%
ということで,晴れた日の8割は,フェレットを散歩に連れていったことになる。我ながらなかなかの数値と思う。

 先日の動物病院で,歯石を取るための事前検査で心臓が大きく,不安あるので,麻酔しての歯石取りは出来ませんと断られたが(それまでに診療費が1万9千円とかかったのは痛かった。血液検査8千円,X線検査6千円,超音波検査4千円),昔父親も心臓肥大を診断されて,後スポーツ心とわかって安心したということだから,同じことではなかろうかと,私自身はあまり心配していない。咳き込んだりしてないしいたって元気だし。最近の歩では人間の方がフェレットに体力負けしてしまう感じさえある。

 フェレット散歩中,無為にすごすのはもったいないので,語学学習とかNHKカルチャーアワー( http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ )とか,Podcastの科学番組や大学市民公開講座とか,最近は聖書朗読とかを聴きながら散歩している。音楽と違って片耳で問題ない。聖書で言えば,6月頭から新約から聞き始めて完了し,旧約は創世記を聞き終わり,出エジプト記でモーセの十戒のくだりをちょうど聞いている。MP3録音で全聖書5.3日は,1日20分聞くと1年で終わる計算だ。まだまだだな。

また,散歩はデイバッグ(リックサック)にウェイト・トレーニング用の重しを入れて背負って歩いている。7キログラムほど。フェレット相手だと犬と違ってそれほど人間側運動になりにくいので工夫のつもり。さらに手首や足首にウェイトを巻くこともあるが,面倒なのでそこまでは最近はやらなくなった。デイバッグの後ろには点滅するLEDランプを付けて目立つようにし,バッグの側面にハンディGPSを取り付け(というか,取り付けっぱなし),そして手には懐中電灯を2個括り付けた6.5m伸びるリードを持って,夜中散歩している訳だ。20080704__20071209日中も同様の格好でフェレット散歩するが,さすがにライトは点灯しない。とはいえ,リードが不思議な形状になってるので質問してくる方はいらっしゃる。

 GPSで思い出して,久しぶりに,ハンディGPSガーミン(GARMIN)の正規代理店 いいよねっと( http://www.iiyo.net/ )を覗いてみたら,モーターサイクル用GPSとか,私の持ってる「eTrex Legend 日本語版」(2002年発売)も,今や4代目(無印 → C → Cx → HCx)となってることを知る。比較表なんかここ( http://www.iiyo.net/products/comparison_colorx.htm )にあるが,メモリも固定 16MB → 38MB → micro SDと増え,インターフェースもRS232C(シリアル)からUSBに変わっている。もちろん「C」はカラーであり,私のはモノクロなので,目的地表示させると道路とかぶり,見難いときがある。電池の持ちも,単三2本で16時間→28→34→25 と少々変わってはいるが,カラーなのに長持ちだ。そして一番の大きな点は,カーナビのようにリアルタイムでルート計算が出来ること。今持ってるモデルは,PCソフト上ではルート計算できるが,単体では出来ないので,予定外の道を通ってしまったときは方角と距離(直線距離)しかわからずに困ることがあったが,今のモデルならそういった心配はないという訳だ。そして値段も昔のモノクロ版と同じくらいに値下がりしているのも嬉しい。やっぱりアウトドアは単三電池(充電池)だよなぁ。最近のカーナビはせっかく大容量メモリ型になっているのに内蔵特殊充電池式だけで,しかも稼動時間が短いのにはがっかりさせられているから,こういう製品がまだまだ進化しているのは嬉しい。日常生活防水なのも,こういったハンディGPSだけだし。

 とはいえ,フェレットの散歩の記録だけなら,完全にオーバースペックではある。たとえば,ソニーの「GPS-CS1K」( http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0608/02/news084.html )や「M-241 GPSロガー」( http://www.hemgps.com/Holuxlogger.html )とかも面白いかもしれない。単三電池で稼動するから十分だ。ただし,MapSourceは使いやすいソフトなので,それが使えないGPSユニットは不便かもしれない。今日多量の転送データ後,無効データを削除しようとしたら,カシミール3Dのトラック編集機能がフリーズしてしまった。WEBで探すと結構よくあることらしい。残念。

【その他参考資料】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/gps_a8c6.html
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/gps2_gps_ef21.html
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/gps3_gif_fff7.html
フェレットとの散歩の状況/亀の生息地を地図にプロットする(ハンディGPS)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BS0G6E/midorigamefer-22
GARMIN(ガーミン) イートレックス レジェンド 日本語版 モノクロ Legend

 当の「いいよねっと」ではメーカー生産中止・販売中止なのに,アマゾンではまだ売ってるんだとびっくり。在庫処分だろう。USB転送でないし,モノクロだし,自動ルート計算がないし,で今となってはお勧めしない。唯一の利点は安さだろうけど,最新HCxとの価格差はさほどではない。

2008-07-04 懶道人(monogusadoujin)

|

« 昨年のフェレット蚤(ノミ)騒動を振り返る | トップページ | 番外編:ゼンマイ時計(スケルトンタイプのゼンマイ式アラームクロック/6歳児用組み立て式ゼンマイ振り子時計スケルトン/学研大人の科学・14世紀型棒テンプ重錘式時計・組立式) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年2007年のフェレット散歩日数を数えてみた(晴れの日8割は散歩に出てたことが判明):

« 昨年のフェレット蚤(ノミ)騒動を振り返る | トップページ | 番外編:ゼンマイ時計(スケルトンタイプのゼンマイ式アラームクロック/6歳児用組み立て式ゼンマイ振り子時計スケルトン/学研大人の科学・14世紀型棒テンプ重錘式時計・組立式) »