« 番外編:ゼンマイ時計(スケルトンタイプのゼンマイ式アラームクロック/6歳児用組み立て式ゼンマイ振り子時計スケルトン/学研大人の科学・14世紀型棒テンプ重錘式時計・組立式) | トップページ | 安全にWEBを見るには(aguse Gateway) »

2008年7月 8日 (火)

ブログ設定変更。及び トラックバックの安全性確認のために,事前に(アクセス前に)ソース表示できるサイトを調べてみました。

1.ブログ(ココログ)設定変更
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 いつの間にかココログに,「スパム防止認証画像」機能が取り入れられてたので(気づくの,遅すぎ!),設定を変えてみようと思う。この機能が取り入れられる前は案の定スパムばっかりだったが(即公開しない設定にしていたから実害なし),これからは違ってくるかもしれない。何より自分が他人のブログにコメントを入力する段になって,嫌と思うことは止めるべきだろうし。

【コメント】
コメントの入力
・名前とメールアドレス入力を必須に:ON→OFF

※ むやみに他人のサイトにメールアドレスは入れたくないものだからね。私だってそうだ。

スパム防止認証画像の表示設定(ラジオボタン。選択)
○スパムの疑いがあるコメントに対して表示
●すべてのコメントに対して強制的に表示
○すべてのコメントに対して表示しない

公開を承認
・コメント公開を保留:ON→OFF

※ すぐに自分のコメントが表示されないのは嫌なものだ。

コメントの記述フォーマット
・HTML使用を許可:OFFのまま
・URLを自動的にリンク:ON→OFF

※ 安全のため,リンクはOFFでよい。URL部分をコピー&ペーストすればよかろう。

【トラックバック】
公開を承認
・トラックバック公開を保留:ONのまま

記事投稿時の初期設定
・トラックバックを受けつける:ONのまま

※ トラックバックは,コメントと違ってすぐに内容が見えないからね。機能OFFでもよいくらい。

2.事前に(アクセス前に)ソース表示できるサイト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 トラックバックなど,元がどんなサイトか確認する手段として,以前
   http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_bb32.html
   トラックバックのスパムと,安全にチェックする手法その2
で,「aguse」をとりあげたが,最近,ウイルスやサイト乗っ取りでウイルスやスパイウェアが仕込まれる事件が相次ぎ,しかもそういったサイトが「aguse」やGoogleでは危険性を見つけられない(つまり後手に回っている)問題が出ている。となると,サイトのソースを事前に見るのが安全ということになる。アクセスしてから,[表示]-[ソース](IE6)では手遅れということになりかねない。

   http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080313/296171/
   ウイルスがブラウザを狙っている:ITpro

困ったことに XP SP2以降「view-source」の機能がInternet Explorerで使えなくなっている。
   http://support.microsoft.com/kb/904678/ja
   view-source プロトコルは、 Windows XP Service Pack 2 の
   Internet Explorer 6 でもう機能しません。

直接URLを指定すればソース表示できるエディタを使うのも手ではある。
   http://www.relief.jp/itnote/archives/001143.php
   view-sourceでソースが表示できない場合に

「TeraPad」では,[ファイルを開く]ダイアログ-[ファイル名]欄にURLを入力でソース表示できた,とのこと。

だが,私が日常使っているテキストエディタでは駄目なようだ。よって,別の手法を考えた。そういった機能(URL入力でソース表示してくれる機能)を持つサイトがないかどうか調べてみた。ただし,そのサイト自体の信頼性がまだ十分わかってないので,その点は注意が必要。(どこか雑誌社のサイトとかでそういったものの特集や記事があると良いのだが,現時点ではまだ見つけてない。)

(a) http://www.interconnect.co.jp/tool/
  管理者向けツール ダウンロードサイズ、HTMLソース、各種確認ツールなど
   ・HTMLソースチェッカー

 「LOCATIONヘッダーの確認やブラウザクラッシャーなどの影響で、閲覧が困難なページのソースが確認できます。」と書いてあるので,まさしく目的に合致する。とはいうものの,Yahoo Japanごときのソース表示で漢字部分が文字化けするのでは使いにくい。

(b) http://seo.atompro.net/seotoolfree_webpsrc_.html
  WEBページのソース表示 - WEB開発の調査ツール -

 こちらはYahoo Japanは正しくソース表示された。

(c) http://thewolf.sakura.ne.jp/i/tool/view.php
  ソース表示(TOOL MAKERZ。携帯で使える便利ツールを公開)

 「コピー」にチェックを入れると携帯電話用に整形表示されるが,パソコンでは見難いので,チェックはずすと良い。ある意味一番シンプルで使いやすいかも。

(d) http://www.ezinfo.jp/contents/script/src/
  ソース表示(携帯便利ツールEZ-INFO)

 これも(c)同様シンプル構成。

ほかにも有ったはずだが,ちょっと見つけられない。

2008-07-07 懶道人(monogusadoujin)

(2008-07-08下記を追加)

(e) http://www.3939net.com/view-source/
  訪問前にホームページのHTMLソースを表示する

  ・Shift-JISのソースを表示 ←通常はこれです
  ・EUCのソースを表示
  ・UTF-8のソースを表示
 の3つがある。

(f) http://web-sniffer.net/
  View HTTP Request and Response Header

 英語版だが,問題はない。

(g) http://dan.co.uk/viewsource/

 英語版だが,問題はない。

|

« 番外編:ゼンマイ時計(スケルトンタイプのゼンマイ式アラームクロック/6歳児用組み立て式ゼンマイ振り子時計スケルトン/学研大人の科学・14世紀型棒テンプ重錘式時計・組立式) | トップページ | 安全にWEBを見るには(aguse Gateway) »

コメント

こちらでご紹介いただきました HTMLソースチェッカー の文字化けを修正いたしました
http://www.interconnect.co.jp/tool/

投稿: インターコネクト | 2010年8月20日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ設定変更。及び トラックバックの安全性確認のために,事前に(アクセス前に)ソース表示できるサイトを調べてみました。:

« 番外編:ゼンマイ時計(スケルトンタイプのゼンマイ式アラームクロック/6歳児用組み立て式ゼンマイ振り子時計スケルトン/学研大人の科学・14世紀型棒テンプ重錘式時計・組立式) | トップページ | 安全にWEBを見るには(aguse Gateway) »