« 第10回日本カメ会議に参加申し込み | トップページ | フェレット・カムイ(3代目)の思い出(1) »

2008年8月26日 (火)

2008-08-23~24,第10回日本カメ会議参加&発表報告「ミドリガメの謎」

 2008-08-23(土)~8-24(日)は,日本カメ自然誌研究会・碧南海浜水族館 主催の「第10回日本カメ会議」に参加&発表してきました。

手違いで,回答集を持ってこられず,2日目に配布したのですが,初日だけの参加の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。別途メールにてご連絡いただき送付いたします。

とりあえずは,まずは質問集の部分から掲載します。また,回答を作ったものの,今回の会議で他の方の研究発表により内容が覆された部分もあちこちあります(亀の天敵の部分です)。それはそれで大変嬉しいところです。

なお,掲載した原稿に対し,若干の質問の追加を行ってます。回答集をお渡しした方はお気づきでしょうが,会議初日配布のパンフレットのものと若干番号が違ってきてますので,ご注意ください。

 回答編の方は,順次掲載していくつもりですが,ブログよりはむしろwiki向けのような気がしますので,その辺も検討したいと思ってます。

P.S.
 さっそく新聞に「第10回日本カメ会議」の件が掲載されているようです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20080823-OYT8T00947.htm
2008年8月24日  読売新聞/地域/愛知
日本カメ会議で研究成果を発表

|「第10回日本カメ会議」が23日、碧南市浜町の碧南市臨海体育館で
|始まった。野生のイシガメやクサガメなどに興味を持つ全国の人が
|交流する場で、約60人が参加した。

| 会議では、主催する「日本カメ自然誌研究会」事務局長の岡田夕季さんが
|「カメのオス・メスはいつ・どうやって決まる?」をテーマに基調講演。
(中略)
| このほか、12人の参加者が「ワニガメ発見から飼育まで」
|「ミドリガメの謎」などのテーマで講演した。24日には、
|同研究会代表の矢部隆・愛知学泉大教授をコーディネーターに
|総合討論が行われる。
(以下略)

 お? 「ミドリガメの謎」が私のことですな。デビルマン「ジンメン」のフィギュアとかも会場に持っていきましたが,さすがにマイナーネタでしたか。1stバージョンは緑色なんで強引に「ミドリガメ」とこじつけました(^^)。ちなみに2ndバージョンは茶色です。OVA版では茶色ですが,デビルマンレディー8巻目のカラー挿絵は緑色してますので(どうせ,元のマンガは白黒ですから),まぁ良しとしましょう。

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20080825ddlk23040143000c.html
毎日新聞 2008年8月25日 地方版
日本カメ会議:碧南海浜水族館で開催 愛好家ら全国から60人/愛知

 こちらは,2日目の内容も紹介されてます。

| 2日目は岐阜市の高校生がカメに寄生したヒル、名古屋市の市民団体が
|ため池の在来種と外来種の割合など、8人が多様な内容を報告。

| 中には「なぜ、カメと呼ぶか」と語源を話す人もいた。

確かにヒルと語源の話はインパクトありました。というか,今回はどれもこれも強烈に記憶に残る内容だったと思います。質問時間が十分なかったのが残念。幾つかは懇親会のときに聞きましたけどね。

P.S.2
 帰りは,小田原・熱海間の大雨に巻き込まれて,東海道新幹線発車遅れるは途中徐行運転になるは,ついには品川で止まってしまうはで,2時間近く余計かかりました。品川からの在来線が無事なのは助かりました。

2008-08-25 懶道人(monogusadoujin)
--------------------------------------------------------------------
ミドリガメの謎

1.はじめに
 ミドリガメの日本移入史を発表するのが恒例となっておりましたが,今回は趣向を変えてクイズ形式にしました。よくわからない点も沢山ありますので,専門家の方々のアドバイスをいただければ,と思います。主にミドリガメをとりあげましたが,他のカメたち(イシガメ,クサガメ)ではどうかを考えてみるのも面白いでしょう。では,スタートです。なお,一部ミドリガメでないのも混じってますが,悪しからず。
2.ミドリガメの謎(質問編)

【基本編】
(1) ミドリガメってどんな亀
(2) ミシシッピーアカミミガメ?ミシシッピアカミミガメ?
(3) 学名とその意味
(4) アカミミガメの複数の学名 /(5) 英語での呼び名
(6) ミシシッピアカミミガメの生息地
(7) ワニと共存してるって本当?
(8) アマゾン川にミドリガメはいますか
(9) アカミミガメの本場養殖地
(10) 日本にはどうやって運ばれてくるのですか
(11) 日本にはどれくらいの頭数がやってくるのですか
(12) 日本の分布状況
(13) 世界の分布状況
(14) ミドリガメ輸入禁止の国
(15) 亀の数を数える場合の注意点(目視と実際)
(16) 「動物の愛護及び管理に関する法律」改正(2006年)の影響
(17) 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」でのミドリガメの位置づけ

【歴史編】
(18) アカミミガメは西欧人にいつ発見された
(19) ミドリガメは戦前にも日本にいましたか
(20) ミドリガメ以外にも日本に移入された亀はいますか
(21) 天然記念物になった亀
(22) 終戦当時(1945年),上野動物園の亀にミドリガメは居ましたか
(23) 戦後初めて上野動物園が外国と動物交換したときの動物
(24) 戦後ミドリガメが日本にやってきたのはいつ
(25) 新聞に初めて「ミドリガメ」の名前が載ったのはいつ
(26) 北海道でのミドリガメ存在確認はいつ
(27) 沖縄県でのミドリガメ存在確認はいつ
(28) 「大怪獣ガメラ」(1965-11-27)中の本物の亀の種類
(29) 「ウルトラQ」(1966-2-6)中の本物の亀の種類
(30) 世界で初めて月を周回・地球に戻ってきた動物
(31) 日本でロケットに乗った亀の種類
(32) 日本で初めて地上最速の乗り物に乗った動物
(33) ミドリガメがお菓子の景品になったことがあるって本当ですか
(34) お菓子の景品で子供たちに郵送されたミドリガメの頭数
(35) クレーンゲームの景品になったことがあるって本当ですか
(36) 日本で初めて亀からのサルモネラ菌で食中毒事件発生したのはいつ
(37) 米国での亀のサルモネラ菌騒動
(38) 日本近年でのサルモネラ菌騒動
(39) サルモネラ菌の保菌比率
(39) メキシコで人気の「日本ガメ」とは
(40) ハスやスイレン全滅の原因

【性質・性格編】
(41) どれくらい大きくなりますか
(42) 成長速度
(43) 甲羅の長さと体重の関係
(44) 甲羅長はどの部分を計るのですか
(45) 寿命(長寿記録)
(46) 野生のミドリガメの年齢はどうやったらわかりますか
(47) 脱皮
(48) ミドリガメの変り種
(49) 変色(暗色化と黒化)
(50) 黒化(メラニズム)の利点?
(51) 日本で冬越しできますか
(52) 冬眠のとき,どこで眠りますか
(53) 甲羅干しが好きなのは何故ですか(雪の上でも)
(54) 好きな温度
(55) 産卵数
(56) メスは精子を何年も溜め込めるって本当ですか
(57) オス・メスはどのようにして決まりますか
(58) オスの求愛のしぐさ
(59) 天敵はいますか
(60) 毒はありますか
(61) 泳ぎはどれくらい上手ですか
(62) 潜水能力
(63) 視力
(64) 色の識別
(65) 聴覚
(66) 臭覚
(67) 味覚
(68) 空間認識
(69) 牙や歯はありますか
(70) 歩き回る亀ですか(ため池間の移動)
(71) 歩行速度
(72) どんなものを食べてますか
(73) 絶食にはどれくらい耐えられますか
(74) メスは頭が大きくなりますか(クサガメとの比較)
(75) 値段の変遷(戦前・戦後)
(76) 産卵場所が水辺から離れている場合,孵化直後の子亀は後,どのようにして方位を知るのですか
(77) 亀の腕力

【雑学編】
(78) 正義のミドリガメ
(79) 悪のミドリガメ
(80) ミドリガメの歌
(81) 亀の折り紙
(82) 米国で人気の,突然変異した人間大のミドリガメが主人公のマンガ
(83) 日本のカメのマンガ
(84) 最近のカメのオモチャ(動くオモチャ)
(85) 食玩の亀(オモチャ)
(86) ガチャガチャの亀(オモチャ)
(87) 日本SF大賞(22回)を受賞した亀の本
(88) ミドリガメと暮らした体験の本
(89) ミドリガメにまつわる本

|

« 第10回日本カメ会議に参加申し込み | トップページ | フェレット・カムイ(3代目)の思い出(1) »

コメント

 こんにちは、以前からガメラ関連の記述をご紹介させて頂いております「ガメラ医師のBlog」管理人でございます。
 今回、拙Blogでは今回の「日本カメ会議」におけるガメラ関連情報を、8月29日付けの更新、
ガメラ:第10回日本カメ会議、開催 2008/08
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/0ddb33a79a72dab337602dfed838aa89
にてまとめ、こちらの記事をご紹介させて頂きましたので、ご報告申し上げます。これからもどうか、宜しくご協力の程お願い申し上げます。

投稿: ガメラ医師 | 2008年8月29日 (金) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008-08-23~24,第10回日本カメ会議参加&発表報告「ミドリガメの謎」:

» ガメラ:第10回日本カメ会議、開催 2008/08 [ガメラ医師のBlog]
 去る8月23、24日の両日、愛知県碧南市の「碧南市臨海体育館」にて、 第10回日本カメ会議が開催されました。  一日目の報道。 「読売新聞」 http://www.yomiuri.co.jp/ >地域>愛知 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/ >8月24日付け記事より、 日本カメ会議で研究成果を発表 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20080823-OYT8T00947.htm  今年... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 16時48分

« 第10回日本カメ会議に参加申し込み | トップページ | フェレット・カムイ(3代目)の思い出(1) »