« 2008-08-23~24,第10回日本カメ会議参加&発表報告「ミドリガメの謎」 | トップページ | フェレット・カムイ(3代目)の思い出(2) »

2008年12月24日 (水)

フェレット・カムイ(3代目)の思い出(1)

 カムイ(3代目)が死んでからちょうど1か月経つ。1週間ぐらい前から食が細くなって,変だな,忙しくてあまり散歩に連れていかなくなったから運動不足で食が細いのかな,と思っていた矢先の急死だった。
 思えば,数日前,ふと持ち上げたときに異様に体重を軽く感じて,今年の冬を無事越せるか不安がよぎったことがあった。予感だったのだろう。死亡時の体重は1058グラムで,いつも(1.1~1.2kg)よりちょっと少ないくらいだった。
 うかつにも気づいたのが翌日11/24。振り替え出勤日で帰宅してから気づいたが(その前日はうかつにも早寝してしまい朝まで起きれなかった),暖かい方のタオル3枚二つ折り重ねのハンモックの方でなく,夏用=外の様子を窺う方の網のハンモックで死後硬直になっていたところを見ると,前日11/23夕方,亀の水槽掃除をしていたときに,早く掃除終わって遊んでくれないかと待機しているうちに息をひきとったのだろう。11/23朝は元気で,近所の散歩に連れてって周囲に愛嬌振りまいていた。すっかり人馴れし,散歩中も他の人が寄ってくると,足元に寄っていく始末。もうすっかり噛まない,人気者のフェレットになっていた。死後,糞の片付けをしたが,やはり量少なく,最後の部分は,たぶん散歩直後に与えたフェレット・バイトとポーションミルクまじりのものだったろう。色が赤茶けていた。
 5月31日に,歯(歯垢)治療の予備検査で,レントゲンやエコー検査を行ったが,心肥大との結果。治療のための全身麻酔は危険とのことで,治療断念した経緯がある。当時血糖値正常・腎機能正常,しかし白血球が少な目(前回6100,今回2100)とかの数字が出ていた。当時はスポーツ心かな,とか呑気に思っていたが,やはりはそういうことだったのだろう。「アニファ」の「わが家の動物・完全マニュアル フェレット」(改訂・保存版)を見たところ,「フェレットの心筋症は潜行性で,症状の確認できないものから,突然死してしまうものまでさまざまですが,一般に飼い主が異常に気付いた時にはすでに病状が進行している場合が多いです。」「心筋症はいくつかの薬剤で進行を抑えることが可能ですが,完治することはありません。」などとあり,このまさに突然死状態だったのかもしれない。とはいえ,もっと深刻に受け取るべきだったのだろう。
 とはいえ,強烈な噛み癖で元の飼い主から返品され,買い手がつかない状態で(3,980円の投売り状態),しかも当方入手後数ヶ月後にはそのペットショップではフェレットの取り扱いは止めて犬猫専門になってしまったから,幸運ではあったろう。私自身も何度も強烈に噛まれつつ,牛皮手袋・上履きで8か月対処。ついには噛みファレがなめフェレに変わり,散歩中に抱きかかえて欲しくなると寄ってきて立ち上がって足にタッチするようになったし,人間が敵だと思わずに散歩中に逢う人すべてに愛嬌を振りまくまでになった。「いたちなあたち2」の「ぽぽろん」みたいに,人馴れしないうちに可哀想な死を迎えなくて良かった。元気なままで,当日朝まで元気で笑って(くっくっと鳴いて遊んで),疲れてまた遊びを期待して一時休みの最中に眠るように死んだのだから,幸せだったのかもしれない。
 今回は解剖検査はしなかった。気付くのが遅れたのと,すぐに火葬の手配をしたこともある。お気に入りのタオル(ディズニー柄)に包んで,県央みずほ斎場にて11/27朝一9:00(受付8:30)「個別葬」6,300円。お骨は,茶筒に5分の1程度。頭の骨と牙ははっきりわかる程度。係の方1人立会い。前回は勝手知らずに黒づくめで行ったが,まわりに人居ないのだからと今回はジャンバーのラフな姿で。今年一番の冷え込みとニュースでやっていて,原付での移動は寒かった。
 12/3風邪で休んだが,復活後にケージ掃除。ハンモックやケージカバーなど洗濯。12/13に猫砂や隅の掃除,風呂場に運んでお湯とブラシがけ。12/14に残エサ確認。突然死ぬとは思ってなかったため,未開封の餌が10キロも残ってた。
 さて,下記に「フェレット日記3」ノートをもとに,まとめてみる。

2008-12-24 懶道人(monogusadoujin)
--------------------------------------------------------------------------
2005-09-18
・ペットフォーラムあざみ行田店にて 3,980円にて購入。
・証明書なし。噛み癖のため,出戻り(返品)とのこと。
・店のケージには「噛みます」の張り紙あり。
・カムイ(二代目)死後の6月から居た気がする。
・確かに当日入手後,がっぷり本気噛みされた。(バンドエイド3つ)
 名前は「噛む鼬=カムイ」3代目に決定。本当は女の子なので
 カムイの姉のサエサにでもしようかと思ってたのだが。
 (「カムイ伝」白土三平)
・3日間はケージの外に出さず(掃除のときはキャリーに入れる),
 存在に慣れてもらうようにした。
・なかなかトイレ覚えてくれないため,木製すのこを翌日取り払い,
 1階全面猫砂化した。これが大変良好だった。
・お店の方は1歳以内ですよと言ったが,結局のところは不明。
・当初体重1.27キロ。後,最大1.35キロ(2005-11-08)までいったが,
 2008年は1.11~1.25キロをキープ。(11/24死亡時1.06キロ)

2005-09-21
・バスタオル遊び好き。追いかけっこ,気に入った。くっくっと喜ぶ。
・しかし,こわがりやすい。何かとびくっとする。洗濯機の音にも
 びくっ。
・体に触れると噛む。軍手2枚重ね効果なく,がっぷり2度目。
・なんとなく,目に狂気(人間を憎んでる目)が感じられる。

2005-09-22
・風呂場に水を張ったタライを置いたところ,自分で手足を突っ込んで
 遊ぶ。水遊び大好き。

2005-09-23
・百円ショップで買った,結びナワひもをぷらぷらさせると夢中。
 強く噛んでひっぱる。これが最後までお気に入りのオモチャに
 なった。

2005-09-30
・尻尾ぱたぱた,を見せる。

2005-10-01
・ケージ内に爪とぎ(カーペットタイプ)を置いてみたが,
 効果はなかった。

2005-10-03
・右小指噛まれたが無傷。以降,軍手でなく牛皮手袋に変更。

2005-10-04
・ケージ2階のハンモック(タオル2枚2つ折り計4重)の真ん中に
 潜って寝ていた。寒いときはちゃんと暖かいところに潜る。
 タオル1枚増やし,6重とした。

2005-10-09
・油断して,ケージ越しに左薬指がっぷり噛まれた。(3度目)

2005-10-23
・ケージ越しの爪切り成功。フェレットバイトをスプーンで
 ケージ越しに高い位置で与えて,ケージの針金にかけた手の爪を
 切った。

2005-11-18
・室内で招呼訓練開始。「カムカムカムカム・・・」。

2005-11-19
・ジステンパー予防接種。病院の先生にも牛皮手袋してもらっての
 治療。爪切りもしてもらった。

2005-11-26
・ベッドの格子(5×5cm)に下半身詰まる。必死に取り出す。

2005-12-03
・外への散歩開始。牛皮手袋したまま。

2005-12-17
・ジステンパー予防接種(2回目),爪切り,耳掃除(耳ダニ発見)

2005-12-18
・犬に吠えられ,すぐ戻る(こわがる)。強風の音もこわい?

2005-12-22
・散歩からの帰宅後ハイテンション。足にしがみつく。

2005-12-23
・歩道橋,ついにてっぺんまで登れた!

2005-12-24
・耳ダニ治療2。
・外の散歩中,公園で飛び跳ね,走り回る。
 戻ってからもハイテンション。ジャンプ。足に飛びつく・しがみつく。

2005-12-29~2006-01-03
・東北に帰省。キャリーごとケージ内に置く。(帰省先に
 組み立て式ケージを保管している。)
・雪の中を散歩。雪のトンネル楽しむ。
・噛み癖が気になるため,家族には近寄らせない。
・ジャスコ(スーパー,イオン)で,フェレットぬいぐるみ購入。
 「絶対に噛まないカムイ」と言ってうけた。

2006-01-04
・歩道橋の昇り降りが軽やかに! 運動能力いよいよ発達。

2006-01-06
・ケージ越しに左手人差し指がっぷり噛まれた。(4度目)

2006-01-15
・ジステンパー予防接種(3回目。これで1年有効)。
・耳掃除も。検査結果は晴れて異常なし。

2006-02-05
・オーム電機の「離れてはかれる赤外線温度計 Mr.Check TN006」を
 体温測定用に購入。(1,980円)
・口の中の温度を測定(37.6℃。人間~私は35.0℃)(2006-09-23)
 耳33.6℃,腹33.6℃,お尻近く34.6℃,背中36.6℃(2008-01-13)
・結局のところ,有効に活用できなかった。表面温度なので
 肛門~直腸の温度(38.0℃,2008-01-13動物病院にて)より低い。

2006-02-11
・室内遊びに疲れて,今のキャリーのハンモックに自分で寝る。
 (初めて!)

2006-03-04
・フィラリア予防薬投薬開始。(月1回,12月まで)

2006-05-01~05-07
・東北に帰省。キャリーごとケージ内に設置。

2006-05-28
・散歩時,皮手袋止めた。なめフェレになった!
 腕でも足でもやたらに舐める。

2006-06-03
・携帯電話用待ち受け画像作成。後にブログの画像にも使用し,また,
 後に「小動物ビギナーズガイド フェレット」(大野瑞絵,
 誠文堂新光社)にも採用された。

2006-06-24
・フィラリア検査と薬7か月分もらう。
・採血がどうも下手。前足で針抜けてしまい,後ろ足で再度採血。
 深爪方式にすればよいのに。

2006-06-25
・左耳裏にダニ発見。以後,散歩中にときどきダニがつく。

2006-08-20
・ブログ開設。ブログの名前は直球で「ミドリガメとフェレット」に
 した。

2006-09-21
・ハンディGPSで散歩の記録を開始。

2006-10-22
・部屋を掃除したら,隅に糞(2回目)。殆どは風呂場か玄関で
 するが,ときには注意が必要なようだ。塩素系漂白剤で掃除。

2006-11-26
・デジタルキッチンスケール購入。2kgまで測定可能。
・以後,体重測定のときは,従来とおり洗濯網に入れてバネ秤を使うか,
 ダンボールに入れてこのキッチンスケールで測る。

2006-12-09
・散歩中の暖をとるため,充電式カイロ購入(3,980円)。
 しかし,あまり暖かくない。金属表面40~43℃,布表面38℃くらい。
 一方,ZIPPOハンディウォーマーミニは金属表面50℃,布表面40℃くらい。
 (2008-12-24再測定)

2006-12-25~2007-01-02
・人間,風邪でダウン。帰省不能。

2007-01-13
・ジステンパー予防接種。耳掃除。

2007-01-21
・動物病院にて歯の検査。治療には麻酔必要とのことでレントゲン検査。
 このときは異常見つからず。結局,歯の治療はしなかった。

2007-04-17
・カムイ落下。30~40cmくらい。とりあえずは大丈夫なようだ。

2007-05-11
・毛の中に虫。逃げられた。思えば,これがノミの最初の発見だった。

2007-05-12
・フィラリア検査,予防薬,耳掃除。ノミには気付かず治療なし。

2007-06-18
・最近なめ魔化している,との記述。

2007-06-23
・肩乗りフェレット練習。滑り落ちた。今後は肩乗りフェレット訓練は
 危険なので止めた。(二代目みたいにはいかないようだ。二代目は
 ハイベッドの5cm格子を垂直によじ登って2階部分に侵入してしまう
 くらい身軽だったなぁ。)

2007-07-01
・「小動物ビギナーズガイド フェレット」を購入。
・今年2007年2月,mixiでたまたまアンケートや写真の募集があったのを
 見つけて応募した。書籍出版を前提としたものとのこと。応募後,
 著者の方から「わが家の食事の工夫」と「夜のお散歩」に載せたいと
 打診があった。
・「わが家の食事の工夫」(日替わり定食)と「夜のお散歩」(リードの
 工夫。やたら光り目立つようにした)と共に,カムイ3代目の写真
 (ブログの写真や携帯待ち受け写真でもある)が掲載された。

2007-07-08
・左前足の中指と人差し指の間にマダニ(5mmくらい)発見。

2007-07-19
・調子悪く,暑い(28.3℃)のに,厚手のタオル地ハンモックの方に
 寝ている。数日前の散歩中,犬の糞の匂いをかいでいたのが原因?
 様子見 → 7/24まで大事取って散歩中止 → 復活。

2007-07-27
・細長い虫を毛の中に発見。跳ねたので,ノミと判明。
・以降,ノミ取り櫛,ノミ取りシャンプー,ノミ駆虫剤(サンスポット),
 殺虫・虫よけボディースプレー,と使い,10月中旬に完全駆虫。

2007-10-04,10-28
・ズボン(古ジャージ)に潜って寝ているところを,踏みつけかけた。
 カムイ,びっくりして飛び出してきた。

2007-11-21~12-05
・内科の先生が変わり,フェレットは喘息に悪いと主張するので,
 人間のアレルギー検査をしてもらった。フェレット自体の検査は
 リストにないが,「ネコ(フケ)」があったので,それと他を。
 クラス6~0(陰性)までの数値で,
   ネコ(フケ)       :2
   ハウスダスト1      :4
   ダニ2(コナヒョウヒダニ):4
   スギ           :4
   ヒノキ          :2
   カモガヤ         :3
   ブタクサ         :0
   カンジタ         :1
   アスペルギルス      :2
   牛乳/卵白/米/大豆   :0
 といった結果。零ではないが,まずまず問題なし。

2007-12-08
・リードを落とし,LEDライトが壊れた。さすがのLEDも衝撃には駄目。
 LEDタイプ止め,通常の豆球の懐中電灯2本組みとした。

2007-12-31~2008-01-05
・人間帰省。東北は寒いので,留守番してもらった。餌・水たっぷり。
 (水は1リットルのペットボトルを通常から2個設置している。)

2008-01-12
・ジステンパー予防接種。耳掃除。歯ぐきやや赤い→様子見。

2008-04-27
・散歩後,ダニ発見。

2008-05-01~05-06
・人間帰省。今回も,留守番してもらった。

2008-05-17
・フィラリア検査,予防薬,耳掃除,ノミ対策(レボリューション6%),
 レボリューション(滴下)はフィラリアにも効くが,念のため従来通りの
 飲み薬ももらった。

2008-05-31
・歯の治療のための予備検査で,レントゲンやエコー検査を行った。
 心肥大との結果。治療のための全身麻酔は危険とのことで,治療断念。
・血糖値正常・腎機能正常,しかし白血球が少な目(前回6100,今回2100)

2008-06-04
・カムイ調子悪そう。ケージのドアを開けたら,一旦は外に出たが自分で
 元に戻った。セキではないが,ひゃっくりみたいな音を出す。
 6/11には絶好調に戻った。

2008-06-27
・外を原付で走っていたら,リード付きフェレットが道路を横切ったので
 あわてて減速。他の飼い主からはぐれたものだろうか。後で探したてみたが
 見つからなかった。

2008-08-02
・ここ数日気がかりな点として
  ・腹を強めに圧迫したら(抱きかかえていて偶然),ひゃっくり
   みたいになった。吐きそうになった。
  ・ときどき吐きそうな感じになることもある。
  ・昨日は毛がかなり抜けた。
  ・暑いのにタオルの方のハンモックで寝ていた
 と記録している。

2008-11-08
・ズボン(古ジャージ)に潜って寝ているところを,踏みつけかけた。

2008-11-21
・手にもったら軽く感じた。体重測った。1.10キロ。
・最近あまり食べない。
・今年の冬を無事に越せるか,ふと不安になった。

2008-11-24
・帰宅したら,死んでいた。
・ハンモック(網)に仰向けに寝そべった状態。
・亀の水槽掃除か,人間の食事完了を待っている状態で心臓マヒした
 か衰弱死したのか。
・死後硬直し,冷たい。
・思い当たること:最近食が細かった。しかし昨日はよく食べ,糞も
 していた。昨日の朝は散歩元気だった。しかし最近散歩短めだった。
 15~20分くらい。以前は長いときは1時間,ふつうは30分くらいだった。
・死後体重 1058グラム。
・前日最後に見たのはいつだろう?
   朝9時頃:散歩
   お昼:ポーションミルクをあげた。
   夕方:見てないかも。
   就寝20:30(夜起きて世話するつもりで起きられなかった)
   餌取り替えないで寝てしまった。ケージも掃除しないで寝てしまった。
   11/24朝:見ていない。
   11/24昼休み:見ていない。
・たぶん,前日11/23,夕方亀の水槽掃除のときに,一時待機のつもりで
 (掃除終わったら出してもらうつもりで),寒い方の網のハンモックで
 寝ているうちに,こと切れたのだろう。
・最近は,昼休みに帰っても,暖かい方のハンモックから出てこないこと
 があったので,不思議に思わなかった。
・11/24 22:00頃,県央みずほ斎場へ電話し,11/27 9:00個別葬を予約。
・11/22,偶然にも姪っ子にプレゼントしたものと同じ絵本
 「百万回生きたねこ」を買って読んでいた。幾つか送った本のうち
 1番のお気に入りとのこと。この本の趣旨は,カムイにもあてはまる
 ような気がした。
 諸星大二郎の,混沌の神の話にも通じる。顔が無かったのを顔をかかれて
 愛を知り,同伴者の死で悲しみを知り,ついには自分の死により,ついに
 人間になった。
 また,お釈迦さまの輪廻の輪から抜けた(悟り)に通じるものがある
 かも。ねこは愛を知り,同伴者の死で初めて泣き,死に,ついに今度は
 生き返らなかった。
 カムイ(3代目)は,元の飼い主に虐待・返品,人間を憎み,噛みつく。
 しかし終の棲家を得,なめフェレ化し,死の直前の散歩も人間好きで
 近所のおばあさんのところに寄っていくほどで,愛嬌振りまいていた。
・ぽっくり死は理想だろうか。

2008-11-25,12-08,12-15,12-22
・断食決行(人間)。
・最期に食の細かったカムイ。いや,人間の反省点。
   毎回のエサの重さ(食べる前・食べた後)を測るべきだった。
   医者に連れて行くべきだった。一旦元気,しかし・・・。
   心肥大をもっとちゃんと受け止め,まめに健康診断するべき
   だった。

2008-11-27
・県央みずほ斎場にて,個別葬。6300円。
・生前お気に入りのディズニーの古タオルにつつみ,養命酒の
 空きダンボールに入れて,冷蔵庫で保管していた。
・箱のまま重量測定(1.4キログラム)。中身あらため,焼香し,火葬。
 (読経はなし。)
・係の方に,お骨用に,茶筒を渡してお願いした。(百円ショップで
 買っていたもの)
・係の方からの質問:噛みますか?  遊び(タオルひらひら)

2008-12-03
・ハンモック,ケージカバー洗濯。給水ボトル分解掃除。

2008-12-07
・友人宅へ泊り込みPCセッティング&将棋大会。電車の中で,
 カムイの思い出メモ作る。

2008-12-13
・ケージ掃除。猫砂撤去。こびりついた糞清掃。

2008-12-14
・残エサ確認。未開封 10,020グラム

|

« 2008-08-23~24,第10回日本カメ会議参加&発表報告「ミドリガメの謎」 | トップページ | フェレット・カムイ(3代目)の思い出(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェレット・カムイ(3代目)の思い出(1):

« 2008-08-23~24,第10回日本カメ会議参加&発表報告「ミドリガメの謎」 | トップページ | フェレット・カムイ(3代目)の思い出(2) »