« フェレット・カムイ(4代目)・白内障にかかる(左目) | トップページ | 番外編:歩きながら聴く聖書4:容量の小さい小型MPプレーヤー用に変換する »

2011年8月24日 (水)

亀水槽のフィルター新調(水作エイトM×2→水作ニュースペースパワーフィットM+スペースエアフィットM)

 これまた,昨年2010年6~8月の話で恐縮である。20110823__20100801a

 昨年2010-06-05のメモを見ると,最近亀が頻繁にフィルター(水作エイトM)をはずして困る,とある。メス2匹なので,産卵のための場所を探そうとして,あちこち掻き回してエアチューブを抜いてしまい,エアリフト式フィルターの役目を果たさなくなってしまう訳だ。エアチューブをセットしてもセットしてもその度に何度も抜いてしまうため,大変困った。はずすたびに水槽に手を突っ込んで直す手間がかかる。いや,直すのは手間はかからないのだが,その後きれいに手を洗うのが面倒。そして,フィルターからはずれたエアチューブから出る気泡はかなり騒々しい。夜中寝ているときに抜かれると睡眠妨害で頭にくる。とはいっても相手は亀。しかったところで理解できる訳がないし,そもそも本能的産卵行動なのだから,どうしようもない。20110823__20100801b

水作エイトは
   http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_9bd5.html
   2006年8月22日 (火)
   飼い亀プロフィール(改訂)
中に,
「今のエアリフト式フィルター「水作エイト」2個体制で落ち着いています。水作エイトはマット部分を,上部フィルター用マットを縦半分に切り,さらに厚いので半分にはがして薄くして,そして長さの足りない分は山折りを端折ってセットしています。汚れたらすぐに捨てられるので便利です。水替えのとき少し水を残してさえおけば同居の金魚が死ぬこともありません。(フィルターのマットのセットの仕方は写真参照。) 」
と書いたように(写真はこちら → http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/20060822_050820_filter.jpg ),維持費がかからず(フィルターマットは自作),掃除の手間も少ない優れものだったのだが,背に腹は変えられない。

 別のフィルターを探して,たどり着いたのが,「水作ニュースペースパワーフィットM」と「水作スペースエアフィットM」という訳だ。前者は水中ポンプ(電動ポンプ)式でパワーがある。後者は,エアポンプを組み合わせて使うエアリフト式。共にコーナー(隅)に吸盤でくっつける方式だし,後者のエアチューブはフィルター上部にあるため,亀がひっかけて抜く心配は少ない。結局この1年でフィルターをはずされたのは5回に満たなかったように記憶している。輪ゴム4個でぐるぐる巻きにすることで,フィルター部をはずされることがまず無くなった。上部のエアチューブをはずされたことはこの1年で1~2回。

 また,この2製品は,フィルターマットが共通設計なので,予備を買っておいてマット自作しての使いまわしをしやすい。一般の上部フィルタ用のマットを切って,剥がして使うことで,維持費を安く出来る。

【水作株式会社の製品紹介のページ(ニュースペースパワーフィットM,スペースエアフィットM)】
  http://www.suisaku.com/items/item01_02_01.html

【水作ニュースペースパワーフィットM について】
・水中ポンプ(電動ポンプ)式なので,パワーがある。汚れがよく取れる。
・とはいうものの,ディフューザーによる酸素供給(亀の水槽にはエサ金なる小赤の金魚が泳いでいるため)は,水位が微妙で,また,フィルター目詰まりによるパワー低下でも働くなくなり,結局はずしてしまった。(写真ははずす前)
・シャワーパイプによる酸素供給は,亀が陸地に上がるための支えにしてしまい,何度もパイプをはずしてしまうため,止めてしまった。
・吸盤の数は,スペースエアフィットMより多い。
・適合水槽は45~60cmで,55リットル以下。うちのは60×60×40cmアクリル水槽で,水は70リットル入っているので,これ一つでは能力不足。
・亀飼育用と宣伝されている「Sサイズ」はうちのような2匹で3.5キロもあるような水槽では能力不足。Mで良かった。
・「ろ材の取り外しが簡単」なのは亀も同じ。輪ゴム4個でがっちり留める。(2個でははずされたことが2度くらい有った。)
・交換ろ材の予備を購入し,マットは上部フィルター用を切って・剥がして流用した。圧倒的に安価。しかし,枠の留め金部分のプラスチックが壊れたりしたこともある。そもそもマットを手で交換することは想定されていないためだろうし,万人に勧められる訳ではないかも。(金を取るか時間を取るか・・・。)

【水作スペースエアフィットM】
・エアポンプを組み合わせて使うエアリフト式。金魚への酸素供給になる。
・排出ノズルは上部にあるため,水作エイトMに比べ,圧倒的に音(泡がはじける音)が静か。安眠できる!
・エアポンプは,ノンノイズS300で,2つ有る吐出口を,逆流防止弁を介して合体させ強力化すると共に,片方が壊れても(ゴムの劣化で),エアが供給されるようにした。(以前は水作エイト2個だったので片方が故障しても大丈夫だった。)
・マットが共通なのは助かる。メインの掃除と取り付けが完了してから,次の掃除のための予備のマットをセットする作業を行っていた。掃除にかかる時間は1時間から1時間半といったところ。まぁ,フェレットの毎日のケージ掃除に比べたら圧倒的に楽だしトータルでの時間はかからないね。
・適合水槽は30~40cmで,25リットル以下。ニュースペースパワーフィットMの55リットルと合わせると80リットルで,うちの水槽70リットルを越えるのでOK。水水エイトの場合は40~45cm,35リットルが2個で70リットルで丁度だった。

【失敗事例:水作ニューコーナーS】
・マットを取り付ける箇所が,ギザギザ(針状)になっていて,しかもきつく,自作マットを取り付けようとして爪の間に刺さって怪我したことが何度か。その後,スペースエアフィットMを売っている店を見つけ,ニューコーナーSは廃却処分とした。
・性能的には,適合水槽30~40cm,25リットル以下と,スペースエアフィットMと同じ。

【その他ご参考】
http://www.suisaku.com/items/item01_02_01.html
水作ニュースペースパワーフィットM,スペースエアフィットM

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004WH8N1U/midorigamefer-22
「水作ニュースペースパワーフィットM」を amazon.co.jp でオンライン購入する場合

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004WH8N7E/midorigamefer-22
「水作スペースエアフィットM」を amazon.co.jp でオンライン購入する場合

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004WH8MMU/midorigamefer-22
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004WH8N1K/midorigamefer-22
「水作ニュースペースパワーフィット 交換ろ材」 amazon.co.jp でオンライン購入する場合
※ 「M」の場合は2個装着する。亀水槽の場合には水質維持のため1個ずつ交換という手ぬるいことはせず,2個一気に交換した方が水を綺麗に保てる。小赤(金魚)も割と平気。

http://www.suisaku.com/items/item01_01_01.html
水作エイト・製品カタログ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0027QM5JO/midorigamefer-22
「水作エイトM」を amazon.co.jp でオンライン購入する場合
※ 今となっては勧められない。亀が小さいときは有効。フィルターにひっかかって溺れ死ぬことがない。(うちのUFOキャッチャーで取った1匹は別の製品のフィルターだが,挟まって溺れ,その後肺炎起こして死んだ。かわいそうなことをした。)

2011-08-23 懶道人(monogusadoujin)

|

« フェレット・カムイ(4代目)・白内障にかかる(左目) | トップページ | 番外編:歩きながら聴く聖書4:容量の小さい小型MPプレーヤー用に変換する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀水槽のフィルター新調(水作エイトM×2→水作ニュースペースパワーフィットM+スペースエアフィットM):

« フェレット・カムイ(4代目)・白内障にかかる(左目) | トップページ | 番外編:歩きながら聴く聖書4:容量の小さい小型MPプレーヤー用に変換する »