« 番外編:Windows7でレガシーデバイス(古い周辺機器)を使う | トップページ | ルート・目印確認!埼玉県立川の博物館へ鉢形駅から徒歩のコース(第13回日本カメ会議2011年12月10日・11日) »

2011年9月21日 (水)

「歩いてわかる生活リズムDS」でフェレット散歩記録

【概要】
・フェレット散歩記録を,任天堂DS用ソフト「歩いてわかる生活リズムDS」で付けるようにした。
・従来のハンディGPSでは,散歩コースが地図に記録され,散歩開始・終了時刻も判るのが利点だったが,天候や周りの状況によって記録取れない欠点があった。
・散歩開始・終了時刻が記録されるだけでなく,様々な角度で分析できるのが面白い。

【詳細】20110920_ds_01_7
・従来,フェレットの散歩記録はハンディGPS(GARMIN eTrex Legend)で付けていた。
・散歩の状況が,トラッキングデータとして保存され,パソコンに取り込むことで地図と重ね合わせることが出来た。散歩開始・終了時刻も衛星の原始時計できわめて正確に判るのも利点だった。トラッキングデータの複数日の合成により,地図に重ね合わせて表示することもできた。
・衛星補足に時間がかかり散歩開始時刻がずれたり,狭い路地など衛星が補足できず位置情報が大幅にずれることがあった。(海で散歩していることになったこともあった。)
・長年フェレットの散歩をしていると,散歩コースは大体決まってしまい,地図に記録する意味があまり無くなってしまった。むしろ,GPSの欠点~開始・終了時刻の記録失敗が目立つようになった。
・そこで目を付けたのが,任天堂DS用ソフト「歩いてわかる生活リズムDS」。
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001IBHTHM/midorigamefer-22
  「歩いてわかる生活リズムDS」をamazon.co.jp でオンライン購入する場合のURL
・標準で2個歩数計(生活リズム計)が付いていて,箱には「愛犬の生活リズムも測れます」と書いてあるのが購入の決め手となった。
・説明書を読むと,「生活リズム計は,人と犬の生活リズムや歩数を測定するために設計されていますので,人と犬以外には装着しないでください。その他の動物や生き物に装着した場合,生活リズムや歩数が正しく測定されなかったり,装着した動物や生き物の体調などに影響を与える可能性があります。」,「犬を雨や雪の降る日に散歩させたり,犬を洗ったりするときや,川や池など水がかかる場所では,生活リズム計を使用しないでください。生活リズム計は軽い水濡れから保護する構造になっていますが,水没など過度の水濡れは故障の原因となります。」,「電池ブタや専用フックのネジは,防水パッキンが正しく装着されていることを確認してからしっかりと締め,確実に固定してください。」,「犬への装着:専用フックを使って,犬の首輪などにフックをかけて装着します。」,などと書いてあり,フェレットの散歩にも限定的だが使えそうだ。
・フェレットはモグラやネズミの穴を掘ったり潜ったりするし,地面に近いところを歩くため,首輪(胴輪)やリードに取り付けるのはあきらめ,人が持つ(散歩用の作業着に常時取り付ける)ことにした。設定も「犬」ではなく「人」を選択。結果として,フェレット自身の散歩運動量ではなく,人のフェレット散歩中の活動量を記録することになった。
・DS本体にデータを送る(あるいはその逆)には,内蔵の赤外線通信を使う。これはよく出来た設計で,他の歩数計の記録を手入力したりするものに比べ,圧倒的に楽である。
・「生活リズム計に保存できる測定データの量」として,「生活リズム(1分ごとの歩数のデータ)」は,「通常使用で約1週間(4日ぶん以上)」,「歩数(1時間ごと,または1日ごとの歩数のデータ」が「約30日分」とある。「生活リズム計に保存できる生活リズム(1分ごとの歩数のデータ)の量は,歩行時間によって変化します。歩行時間が極端に長い場合は1週間分の生活リズムを保存できないことがあります。(1日あたり12時間までの歩行の場合,1週間ぶんの生活リズムのデータを保存できます。)」ともある。最初,これがよくわからなかったが,フェレットとの散歩で,散歩開始・終了時刻の記録には,8日間中に,DSに転送しておかないと,情報が失われることがわかった。フェレット散歩は平均千歩ぐらいで情報少ないのだが,それでも期限は8日間ということだ。そのため,うっかりしていて,DSに転送したときには開始・終了時刻情報は失われ,単に1日の歩数情報だけの記録が残ったことが何度かあった。この点は,ずっと記録が残っているハンディGPSの方が優れていた。
・マニュアルには「28日ぶんを超えた「くわしい生活リズム」の記録は,古いものから削除されます。」とある。結局,散歩開始・終了時刻は,ノートに手書きで書き写すようにした。もっとも,「生活リズムグラフ」については,散歩の時間帯が帯グラフ表示されるのだが,曜日指定で30日表示が可能なので30×7=210日分(以上)の大雑把な散歩時間帯は判る。たとえば,休日は1日2~3回散歩したりしていることが判ったりする。
・電池はボタン電池CR2032で,電池持続時間は約6か月(周囲温度約25℃,1日に歩数を1万歩,1回赤外線通信したとき)とある。赤外線通信をする関係上,一般の歩数計よりは寿命が短いようだが,市販品でも同じくらいのがあるから,許容範囲だろう。
・マニュアルには無いようだが(見落としかもしれないが),記録は5年間保存されるらしい。フェレットの寿命からすると微妙なところではある。
・Wiiで作成したキャラクターをDSに転送してくることが出来るのがよい。フェレット風の「Mii」を当方作成したので(画像参照),これがDSで表示されるのは楽しい。
・パソコンやSDカードに保存する機能が無い。せっかくの記録・分析機能はDSでしか使えない。デジタルカメラで画面ハードコピーを撮影するのは意味がない。DSiと同時発売ではあったが(DSiを留意した設計にしたと,「社長が訊く『歩いてわかる 生活リズムDS』」には有るが),DSiの機能すべてに留意した開発ではなかったろうから,仕方ないのかもしれない。
・人間とフェレットで利用しているが,メッセージがおかしい。競い合わせるためなのか,フェレット側で人間の記録がたびたび台詞引用される。中古品を買ったので,初期不良(バグ)なのかもしれない。通常用途では問題ないし,記録を他のDSへ移せないので,この点はあきらめている。20110920_ds_02_4
・様々な角度で分析できるのが面白い。といっても,1分ごとの歩数状況(フェレットが穴掘り中でも人間が運動しているかじっと留まっているだけか)や,曜日ごとに散歩時刻の帯表示を見れる点,日々の歩数の折れ線グラフや月単位での折れ線グラフを見れる点,ぐらいではあるが。パソコンに取り込めたら,もっと違う分析の手法もあるだろうに,残念。
・歩数により,絵を作る機能は面白い。フェレット散歩では歩数を稼げないが,人間側記録だと結構進められる。
・防水設計・犬散歩でも大丈夫な強度設計のため,液晶画面が無く,その場では歩数がわからないのが残念。フェレット散歩では結局人間が持つため,その意味では,PC転送可能な他の歩数計でもよいかもしれないが,その場合も時刻単位での記録が必要(散歩開始・終了時刻を知る必要)。
・通常の歩数計より感度が悪い気がする。調べてみたところ,「社長が訊く『歩いてわかる 生活リズムDS』/4.愛犬にも」( http://www.nintendo.co.jp/ds/interview/imwj/vol1/index4.html )に,「 連続して約10秒以上歩いた場合に、歩数として最初の1歩目からカウントするように設定したのですが、これは自動車や電車に乗っていても誤測定を起こしにくくするためです。そのかわり、台所で晩ごはんを作るような歩数の少ない動きに関してはカウントしない場合もありますが、悩んだ末、トータル的に生活の中で使う上で、もっとも精度が高いと考え20110920_ds_03_4た今の仕様になっています。」と記述があるのを見つけた。どおりで,一般の歩数計より少なくカウントされる訳だ。感覚的には2割ぐらい少ない。
・8日間ためて転送した場合も,必ず前日のレビューをさせられる。これが結構面倒。ゲーム性を高めようとの工夫なのかもしれないが,転送作業自体は簡単に済ませたいものだ。
・フェレット散歩記録ノートには,次のような欄を1ページ3列に分割して記録している。雨の日は散歩しないんで,1ページあたり4か月ぐらい持っている。
  年月日:天気:時刻・備考
   (記入例)2011/9/10(土):晴:1245-1307,2518-2547

【参考資料】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/gps_a8c6.html
2006年9月22日 (金)
フェレットの散歩の状況/亀の生息地を地図にプロットする(ハンディGPS)(10/1追記)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_df3a.html
2008年7月 5日 (土)
昨年2007年のフェレット散歩日数を数えてみた(晴れの日8割は散歩に出てたことが判明)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/gps3_gif_fff7.html
2006年10月22日 (日)
フェレットとの散歩の状況/亀の生息地を地図にプロットする(ハンディGPS)(3) アニメーションGIFで軌跡表示

http://www.nintendo.co.jp/ds/interview/imwj/vol1/index.html
社長が訊く『歩いてわかる 生活リズムDS』

2011-09-20 懶道人(monogusadoujin)

|

« 番外編:Windows7でレガシーデバイス(古い周辺機器)を使う | トップページ | ルート・目印確認!埼玉県立川の博物館へ鉢形駅から徒歩のコース(第13回日本カメ会議2011年12月10日・11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歩いてわかる生活リズムDS」でフェレット散歩記録:

« 番外編:Windows7でレガシーデバイス(古い周辺機器)を使う | トップページ | ルート・目印確認!埼玉県立川の博物館へ鉢形駅から徒歩のコース(第13回日本カメ会議2011年12月10日・11日) »