« BOOX C67ML_CartaでアプリとデータをSDHCカードへ移動する(root化後Link2SD Plus導入) | トップページ | FREETEL SIMとSMARTalkを組み合わせて留守番電話機能を実現する(音声を添付したメールを自動送信) »

2015年10月10日 (土)

Amazonアプリ・アプリストア・Androidアプリストア・ショッピングアプリの違いと2千円クーポン

Amazonアプリ・アプリストア・Androidアプリストア・ショッピングアプリの違いと2千円クーポン

 2015-10-02に,Amazonから「Amazon.co.jp より「Amazonアプリ」最新版とクーポン付与のお知らせ」(「Androidスマートフォン版Amazonアプリをご利用のお客様へ」)のメールを受け取った。
   http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3924181051
   Amazonアプリ最新版のご案内

「Amazonアプリをご利用いただいているお客様に、感謝の意を込めて2015年10月31日(土)23時59分までAndroidアプリストアのお買い物にご利用いただける2,000円分のクーポンをアカウントに付与させていただきました。」とのことで,さっそく利用してみることにし20151010_amazonた。

 ところで,私のスマートフォン・タブレットには「Amazon Apps」(Amazonアプリストア/Amazon Androidアプリストア)をインストールしてある。
   http://www.amazon.co.jp/gp/mas/get/androidapp
からダウンロード&インストールしたものだ。アイコンは「amazon apps」の文字が入った,そのものズバリの絵柄である。


ちなみに,Amazonアプリストアで購入したアプリは,Amazonアプリストアをインストールしていないと作動しない。初回認証で,ネットワーク接続を要求することがあるようだ。

一方,Google PlayストアでダウンロードできるAmazonのアプリは,「Amazon ショッピングアプリ」,「Amazon タブレットアプリ」20151010_amazon_3



   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mShop.android.shopping
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.windowshop
であり,これは,Androidアプリの購入・利用機能を持たない。アイコンはショッピングカートの絵柄だが,青地が多い(カートは白)。

この2つの機能,すなわち,Androidアプリの購入・利用と,アプリ以外の一般の20151010_amazon_5


ショッピング(書籍・家電・文具その他)の機能を統合したものが,今回アナウンスのあった「Amazonアプリ」である。「新バージョン5.9.0.20がリリースされました。(2015年10月2日時点)」という訳だ。もともとのアイコンは,ショッピングカートの絵柄だが,青地と白地が逆転したような色合いだった(カートは青)。今回実際にインストールしてみると,オレンジ色に黒字と,大きくデザインの変更がされている。まるでカートが燃えているかのようだ。20151010_amazon_6

さて,当方のスマートフォンには,すでに「Amazon Apps」(Amazonアプリストア/Amazon Androidアプリストア)がインストールされているのだが,これに追加で,Amazonアプリをインストール,ログインしてみた。両方のアプリで,有料アプリを選び「アプリを購入」ボタンを押したところでは,とくに違いはないように見えた(「確定」せず「キャンセル」で戻った)。そこで,ふと思いつき,「Amazonアプリ」ではなく「Amazon Apps」の方で,有料アプリを購入してみた。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B012IV72WW/
   Learn English: Vocabulary Trainer - 1000 Words with images
   296円
結果,「Amazon.co.jp ご注文の確認」の題で,
   |商品の小計:      ¥ 296
   |プロモーション: -¥ 296
   |........................
   |注文合計:          ¥ 0
といった内容が書かれたメールが届き,確かに,クーポンが自動適用されていることが確認できた。

しかしながら,次の疑問は残る。

・今回,先に最新版の「Amazonアプリ」をインストール&ログインした後に,「Amazon Apps」で購入した訳だが,もし,最新版をインストール&ログインしていなければ,はたしてクーポン適用がされただろうか?

・もし,問題なく適用されるなら,今までとおり「Amazon Apps」を使い続けてかまわないだろうか?

これに対しては,
   http://octoba.net/archives/20151002-android-news-amazon-applystore-coupon.html
   Amazonが「Amazon Androidアプリストア」で使える2,000円分のクーポンを配布中
   2015/10/2 Android(アンドロイド)ニュース hiro
の画面が,「Amazonアプリ」ではなく「Amazon Apps」のものなので(画面上部に「アプリストア」の文字を確認できる),おそらくは最初からIDに紐づけられているものだろうと思われる。

とすると,今回のクーポンの目的は,最新版の「Amazonアプリ」を使わせるというよりは,AmazonのAndroidアプリを購入・利用させることが主目的なのだろう。

Amazon Androidアプリの利用に際しては,事前に,スマートフォンの「設定」>「セキュリティ」より「提供元不明のアプリのインストールを許可する」にチェックを入れる必要があるなど,多少面倒なところがあるため,とにかく使ってもらうために,今回のサービスを提供したのだろうと思う。

また,「Amazon Apps」の今後については,
   http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077680306
   Androidアプリストア:Fireタブレット以外のAndroid端末での利用方法
で,「Amazon Androidアプリストアは、無料のAmazonアプリでご利用いただけます。Amazonアプリをインストールには、Android端末で右のQRコードをスキャンするか、お使いのモバイルブラウザから直接専用ページ amazon.co.jp/getamazon にアクセスしてください。」のリンクが
   http://www.amazon.co.jp/gp/mas/get/amazonapp
   Amazonアプリ
となっており,
   http://www.amazon.co.jp/gp/mas/get/androidapp
   Amazonアプリストア(Amazon Apps)
でないところを見ると,「Amazonアプリ」に一本化し,「Amazon Apps」は使わせたくないのだろう。

「Amazonアプリ」左上のメニューから「アプリストア」をタップすると,「アプリ&ゲームのショートカットを作成しますか? 端末にショートカットを追加すると、Amazonアプリの「アプリストア」を迅速に起動できるようになります。」が表示されたり,あるいは,アプリストアの設定→「AppStoreのショートカットアイコン」に,「アプリストアに直接移動できる20151010_amazonapps


ように、端末にショートカットを追加」の項目があるのを見ると,もはや「Amazon Apps」は不要とも思える。出来たショートカットアイコンは,「amazon」の文字が無く「apps」の文字だけ(矢印はあるが)と,かなりシンプルだ。プッシュ通知機能があり,常駐することから,「Amazonアプリ」をインストールしたならば「Amazon Apps」や「Amazonショッピングアプリ」は不要だし,メモリや電気の無駄だ。

電子書籍端末として,Boyue T62D (T62+) や BOOX C67ML_Carta を使う場合,このショートカットは使えないので,その点では,従来の「Amazon Apps」の方が便利ではある。今後サポートが止まる可能性はあるだろう。root化し,ホームランチャーを入れ替えたツワモノもいらっしゃるようではあるが。
   http://pcrd.at.webry.info/201506/article_4.html
   ONYX BOOKS C67ML_Cartaの設定(root取得とGoogle Play導入) 
   2015/06/19

2015-10-10 懶道人(monogusadoujin)

【参考資料(補足)】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mShop.android.shopping
Amazon ショッピングアプリ
Amazon Mobile LLC

「■Amazon ショッピングアプリとAmazonアプリの違い」として,
「・Android携帯向け「Amazonショッピングアプリ」は、当該Google Playページからダウンロード可能なAmazonを利用するためのアプリです。「Amazon Androidアプリストア」(www.amazon.co.jp/apps)でのアプリの購入・ダウンロードを除く、Amazonアプリと同様の機能やサービスをご利用いただけます。」

「・Android携帯向け「Amazonアプリ」は、「Amazon Androidアプリストア」(www.amazon.co.jp/apps)で販売しているアプリ等のデジタルコンテンツの検索、購入も可能なアプリで、Amazon.co.jp(http://amzn.to/1OkuYP0)からダウンロードいただけます。Amazonのアプリに関する詳細情報は、 「Amazonアプリ」(http://amzn.to/1EHqomC)をご参照ください。」

とある。こちらが私の説明よりは,こちらの方がわかりやすいかも。しかし,「Amazonアプリストア」(Amazon Androidアプリストア)の説明が抜けている。

http://gadget.xinroom.net/amazon-apk-coupon-201510/
Amazonアプリで2,000円クーポンを貰った(2015年10月版)
2015/10/2 (更新 2015/10/7)

「過去にはもう1種類あった」「ちなみに、2種類と言いましたが、実はAmazonアプリはもう一つオレンジ色の「Amazon appstore」と言うアプリがあります。」として,「Amazon Apps」が紹介されている。実は現在もダウンロード可能で,
   http://octoba.net/archives/20151002-android-news-amazon-applystore-coupon.html
では,その「Amazon Apps」での操作法(画面入り)で説明があったりする。それ以外の点ではわかりやすい記事。「Amazon appstore」という名称は当方すっかり忘れていた(感謝!)。

http://juggly.cn/archives/135864.html
Amazonの公式ショッピングアプリが米国のGoogle Playストアから削除される、アプリストア機能の搭載で
投稿日時 12月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ Androidニュース

「Amazon ショッピングアプリ」から「Amazonアプリ」に至る経緯(Google Play デベロッパー販売/配布契約の変更が契機)がわかりやすく説明されている。

|

« BOOX C67ML_CartaでアプリとデータをSDHCカードへ移動する(root化後Link2SD Plus導入) | トップページ | FREETEL SIMとSMARTalkを組み合わせて留守番電話機能を実現する(音声を添付したメールを自動送信) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Amazonアプリ・アプリストア・Androidアプリストア・ショッピングアプリの違いと2千円クーポン:

« BOOX C67ML_CartaでアプリとデータをSDHCカードへ移動する(root化後Link2SD Plus導入) | トップページ | FREETEL SIMとSMARTalkを組み合わせて留守番電話機能を実現する(音声を添付したメールを自動送信) »