« 塩分補給に「ヘルスワイズ シーソルト(詰替え用)」が粒が大きく,持ち運びやすい | トップページ | 任天堂DSソフト(海外版)を購入:amazon.comから購入(個人輸入代行業者を使う)/海外ショップの利用 »

2017年2月25日 (土)

「Twilight」へ「超ブルーライト削減」から乗り換え(Android)

「Twilight」へ「超ブルーライト削減」から乗り換え(Android)

【要約】
・ソースネクスト社「超ブルーライト削減 Ver.2」(有料)は,明るさの自動設定があり,屋外の明るいところでも,設定済みの状態でも結構見やすい利点があったが,ON・OFFの際にいちいち通信を行うため(ライセンス確認?),鬱陶しかった。

・「Twilight」は,赤み(あるいは黄色味)の色温度を細かく調整できるほか,時刻指定や日の出日の入りに連動した自動設定が可能。ただし,明るさの自動設定はないので,日中もONのまま屋内から屋外に出たときに見づらかったりする(「その他の設定」に「バックライト制御」(実験)があるが,あまりよく機能しない)。また,Twilight有効状態で,Amazon AppsやGoogle Playでのアプリのインストールや更新ができなくなる問題があった。Twilightを「一時停止」することで問題解決した。今は,「その他の設定」に「特定のアプリで自動停止」の設定があり,細かく調整できる。有料のPro版(Twilight Pro Unlock。2016-10-08時点で290円)だと設定パターン(Profile)を複数持つことができる(他にも追加機能あり)。毎朝若干暗めの自動設定と,平日会社到着時刻に屋内用にもっと暗くなる設定の2つを,「スケジュール設定」している。色温度は3000Kで黄色味にしているが,就寝時には「Bed reading」用に赤みの強い画面(1000K)に手動切替えるようにしている。そのまま切替を忘れて寝てしまっても大丈夫なようにタイマー設定している訳だ。

2017-02-25 懶道人(monogusadoujin)

【経緯・詳細】
 2年半前,遠近両用眼鏡を買った際に,おまけでもらったブルーライト軽減眼鏡。度が入ってないので正直使いづらかった。最近は百円ショップでも売ってるくらいだから,そんなものだろう。

 2015-12-20,眼鏡なしでPCやスマートフォン自体のブルーライト軽減してくれる「超ブルーライト削減 Ver.2」(ダウンロード版,ソースネクスト社)を当時2,780円+税(2017-02-25時点も価格同じ)で購入した。Windows,Android,iOS 計10台まで使えるタイプ。(Windows専用 5台版だと少し安い。)
  
  http://www.sourcenext.com/product/pc/oth/pc_oth_001110/
  ブルーライト削減ソフト 超ブルーライト削減 Ver.2 |ソースネクスト

 Androidでは,インストール手順が少し複雑だ。まずは「ソースネクストApps」(snapps.apk)を,「提供元不明のアプリケーションのインストールを許可」ONでインストールする必要がある。その後,ソースネクスト・アカウントでログイン。それから,「超ブルーライト削減 Ver.2」を「インストールする」。シリアル番号はその際に必要となるが,先にPC版(Windows版)で登録済みの場合は省略できる。

 私は,「超ホーダイ」3年版を契約しているのだが(スーパーセキュリティが主目的だが,動画レコーダーやOCR(本格読取)も便利に使っている),後に,超ブルーライト削減がラインナップに追加されたとき(2016/03/01)には,悔しい思いをしたものだ。もっとも今当時のメールマガジンを見直してみると,PC(Windows)5台用であり,Android/iOS用は超ホーダイには含まれていなかった。まぁ,仕方あるまい。
  https://www.sourcenext.com/service/houdai/

 PC版はとくに不満はないが(今も問題なく使用している),Android版は,設定切替時に,いちいち外部サーバと通信を行うため(おそらくは,10台制限のチェック),待たされるのが面倒だった。当方ふだんは課金追加なしの200kbpsの低速モード(FREETEL)で使っているため,反応が遅いということもあっただろう。SIM 2枚挿しだし,今ならFREETEL専用アプリも出ているから,切り替えればよいのだろうが,このためだけに切り替えて,また元に戻すのは面倒だった。

 そこで,何か他によいAndroid用ブルーライト削減アプリはないか,と見つけたのが「Twilight」だった。というか,正確には,「Sleep as Android」を導入した際に,同じ会社が出しているアプリに「Twilight」があり,興味を持ち,調べてみたといったところ。  http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/dsiandroidsleep.html
  20160709 : DSi「睡眠記録めざまし時計」からスマホアプリ(Android)への移行検討:「Sleep as Android」が良さそう

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.lux
  Twilight
  Urbandroid Team

「Twilight」の当方Android5へのインストール日は,2016-10-08。当時のバージョンは6.6。

ソースネクストApps(6.0) 0.92MB,超ブルーライト削減(3.3.0) 5.57MB に対し,Twilight(6.6) 12.74MBと若干大きい。「SDカードへ移動」したら,7.44MB/8.31MB(計15.79MB)とメインは減ったが,「起動時からスタート」がダメとあり,元に戻した。

「Twilight」は,赤み(あるいは黄色味)の色温度を細かく調整できるほか,時刻指定や日の出日の入りに連動した自動設定が可能。

ただし,明るさの自動設定はないので,日中もONのまま屋内から屋外に出たときに見づらかったりする。「その他の設定」に「バックライト制御」(実験)があるが,あまりよく機能しないようだ。この点,ソースネクスト社「超ブルーライト削減 Ver.2」(有料)は,明るさの自動設定があり,屋外の明るいところでも,設定済みの状態でも結構見やすい利点があった。

有料のPro版(Twilight Pro Unlock。2016-10-08時点で290円)だと設定パターン(Profile)を複数持つことができる(他にも追加機能あり)。
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.lux.donate
  Twilight Pro Unlock

毎朝若干暗めの自動設定と,平日会社到着時刻に屋内用にもっと暗くなる設定の2つを,「スケジュール設定」している。また,就寝時には「Bed reading」用に赤みの強い画面に手動切替えるようにしている。そのまま切替を忘れて寝てしまっても大丈夫なようにタイマー設定している訳だ。

・Default: 7:00 月~金
  色温度:1500K Relaxing
  フィルター最大時の濃さ:40%
  スクリーンの暗さ:0%
  フィルター時間設定:太陽 夕焼け→日の出

・Allday: 8:30 毎日
  色温度:3000K Relaxing
  フィルター最大時の濃さ:50%
  スクリーンの暗さ:30%
  フィルター時間設定:常に

・Bed reading
  色温度:1000K Relaxing ※ 赤みかなり強い
  フィルター最大時の濃さ:50%
  スクリーンの暗さ:55%
  フィルター時間設定:常に

・その他の設定
  特定のアプリで自動停止:ON
    APK Installer(固定):ON
    Fix screenshots in Google on Tap:ON
    Backup Confirm(固定):ON
    (他のアプリ:OFF)
  バックライト制御:OFF

  ステータスバーから隠す:OFF
  クイックセッティングを開始:ON
  フルスクリーン:ON
  グラフィックアートレンダリング:ON
  起動時からスタート:ON ※ 「アプリをSDカードに移すと作動しません」と有り。
 など。

ちなみに,後日(20日後の2016-10-28),Amazon Appsを更新できない問題が発生した。端末再起動したらなおったが,調べたところ,Twilightを「一時停止」することで問題解決することがわかった。さらには,上記のように,「その他の設定」に「特定のアプリで自動停止」の設定があり,これを有効にすることで問題解決することもわかった。細かく設定できるものの,上記のままでよいようだ。

就寝前にスマートフォンを見ることはあまりなくなったが(したがって,「Bed reading」プロファイルもあまり使わなくなったが),それ以外は普通に便利に使っている。屋外では明るくないと見えないが,屋内なら暗めの画面で十分だし,メールを読むときとかは,夜に限らず,目に優しい明るさ・色味がよい。その点で,Twilightに満足している。

以上

【その他の参考資料】
http://www.sourcenext.com/product/pc/oth/pc_oth_001110/
超ブルーライト削減 Ver.2
 ※ パソコン、タブレット、スマートフォンなど、組合せ自由で10台まで。
 ※ 無料体験版(7日間)有り。

http://www.sourcenext.com/product/pc/oth/pc_oth_001289/
超ブルーライト削減 Ver.2(PC 5台用)

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/215/215512/
5ヵ月で3万本売った人気ソフト『超ブルーライト削減』の新機能がやさしすぎる - 週刊アスキー
2014年05月03日

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/215/215478/
新機能追加とMac対応でさらにパワーアップ「超ブルーライト削減」|Mac
2014年04月22日

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/teppan/751696.html
Androidでも時間帯に応じてブルーライトカット「Twilight」 - ケータイ Watch
2016/4/8

http://tabkul.com/?p=41970
これは眠れる!ブルーライト対策アプリ『Twilight』の使い方、設定方法
公開日: 2013/11/06

http://andronavi.com/2013/09/295120
『Twilight』~今夜は快眠!日没時間にあわせてスマホのブルーライトを軽減~ - andronavi(アンドロナビ)
2013年09月25日

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/162/162118/
ブルーライトを時間帯で自動カットするAndroidアプリ、Twilight - 週刊アスキー
2013年08月13日

http://www.lifehacker.jp/2013/05/130516tabroid-republished.html
アプリでブルーライト対策できる『トワイライト』が良さげな感じ | ライフハッカー[日本版]
2013.05.16

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/327/327534/
眠りのライフハック:ガジェットに休息を邪魔されない3つの方法 - 週刊アスキー
2015年04月30日

http://snswalker.com/bluelightcut/
PCメガネ並みの効果?おすすめのブルーライトカットアプリ【無料】 - SNS・アプリの使い方ガイド

http://www.lifehacker.jp/2015/10/151026_phone_bluelight.html
ブルーライトをカットしてぐっすり眠りましょう | ライフハッカー[日本版]
2015.10.26

http://thesaibase.com/pc/flux
ブルーライトをカットするフリーソフト「f.lux」がWin-Mac対応で素敵! - ザ サイベース
2013.09.04 2016.09.23

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/383/383058/
度数を自由に変えられるPCメガネが最高な理由 - 週刊アスキー
2016年07月05日

|

« 塩分補給に「ヘルスワイズ シーソルト(詰替え用)」が粒が大きく,持ち運びやすい | トップページ | 任天堂DSソフト(海外版)を購入:amazon.comから購入(個人輸入代行業者を使う)/海外ショップの利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Twilight」へ「超ブルーライト削減」から乗り換え(Android):

« 塩分補給に「ヘルスワイズ シーソルト(詰替え用)」が粒が大きく,持ち運びやすい | トップページ | 任天堂DSソフト(海外版)を購入:amazon.comから購入(個人輸入代行業者を使う)/海外ショップの利用 »