« FleksyからSwiftKeyに乗り換えた | トップページ | 英語モデルの電子辞書がたった百円!(買取価格) »

2018年1月30日 (火)

FSKARENがBOOX C67ML Cartaに合うようだ

FSKARENがBOOX C67ML Cartaに合うようだ

 以前,Boyue「T62Dは,C67ML_Cartaに比べて画面フラッシュが少なく,快適に入力できる」と書いたが,逆に言えば,BOOX C67ML_ Cartaは,ATOKでは画面フラッシュが多く,入力しづらかった。ふと思いついて,「FSKAREN」を使ってみたら,画面フラッシュ頻度が少なくなり,良好になったので,とりあえず記載しておこうと思う。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fsi.fskaren.dl
   FSKAREN(日本語入力システム)
   FUJISOFT(有料)

ただし,FSKARENには欠点もある。数字行の独立表示ができない。そして手書き入力をサポートするがゆえに,サイズが大きいことだ。ATOKが14~22MBぐらいなのに対し,FDKARENでは64MB(アプリ31MB,データ33MB)もある。

私のBOOX C67ML_Cartaは,root化し「Link2SD Plus」で主要アプリをマイクロSDカード側へ移してあるが,日本語入力は移せない。アプリ保存域が512MB,メインメモリが512MBしかないタブレットでは,けっこうきついかもしれない。ビルド番号1.7.4だが,現在は,「BOOX C67 Series V1.8.2 update」が出ているようだ( http://www.onyx-international.com/ より「SUPPORT」→「UPDATE」)。
   http://blog.livedoor.jp/harpsichord1980/archives/52020480.html
   BooxC67MLcarta2のver1.8.1の変更点について紹介するよ!
   2017年02月25日
   チューリップ商人のブログ
によれば,アプリ領域が512MB→1GBに増えたとのこと。Boyue T62D並みになったということで,これはめでたい。root化しなくても,結構使える端末になったかも。(それでも,もっと領域欲しいなぁ。)

2018-01-30 懶道人(monogusadoujin)

【関連資料】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/jw-librarye-i-1.html
続)新世界訳聖書(JW Library)の日本語化対応を機に,目の疲れにくい電子ペーパー(E-ink)式のAndroid端末を探す(1)~OnyxBooxC67ML_Carta(訂正あり)
2015年8月21日 (金)
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.justsystems.atokmobile.service
   ATOK (日本語入力システム)
   JustSystems Corporation
についてのe-ink用各種設定はこちら(チューリップ商人さんに重ね重ね,感謝)。

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/e-inkandroid2bo.html
電子ペーパー(E-ink)式のAndroid端末を探す(2)~BoyueT62D
 「T62Dは,C67ML_Cartaに比べて画面フラッシュが少なく,快適に入力できる」と書いたのがこちら。結局この機種は日本では定着しなかったのが残念。ページ送りのキー数がBOOXより多く,片手持ちで操作する際とても便利なので,集会では今でもこちらを使っている。だが,Google Play非搭載とメモリの少なさ(Kobo最新版アプリダメ)・CPUの遅さがネックではある。「JW Library」が肥大化して動きが遅いため「JW-Bible NWT」を使っているが,このアプリはGoogle PlayでもAmazonアプリストア(Apps)でも販売中止になってしまった。新世界訳聖書を高速オフライン閲覧できるアプリとしてはほかに「JW Study Aid」があるが,e-ink端末では使いづらい。そうこうしているうちに,Android5以上やWindows 10 Fall Creators Updateでもグレースケールをサポートするようになったので,色が多くて目が疲れる現象はe-inkでないタブレットでも多少は回避できるようになったのかもしれない。今入力しているWindows10テキストエディタでも,グレースケール+夜間モード(赤味を帯びた画面)で入力している。

以上

|

« FleksyからSwiftKeyに乗り換えた | トップページ | 英語モデルの電子辞書がたった百円!(買取価格) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FSKARENがBOOX C67ML Cartaに合うようだ:

« FleksyからSwiftKeyに乗り換えた | トップページ | 英語モデルの電子辞書がたった百円!(買取価格) »