« オンライン辞書の横断検索アプリ(「All英語辞書, English ⇔ Japanese」:COBUILD英英,Cambridge英英和,Weblio,英辞郎,ほか英和・英英) | トップページ | 目に優しいグレースケール(モノクロ画像)をAndroidやWindowsで »

2018年1月23日 (火)

Google Play ブックスの読上機能に驚く(Kindle+TalkBackより上だ)

Google Play ブックスの読上機能に驚く(Kindle+TalkBackより上だ)

【はじめに】
 最近のGoogleは気前が良い。「日頃のご利用に感謝し、年末年始の限定期間にお好きな本、マンガのご購入に使っていただける xxx円分クレジットをさしあげています。」とかなんとかで,1600円分ももらってしまった。もちろん,一定額以上の書籍でないと使えない制約はあるのだが。当方,この方KindleとKoboしか使っておらず,容量と通信量の無駄なので,スマートフォン購入してからこのかたGoogle Play ブックス(以下,「Google Play Books」と表記)は無効設定にしていたのだが,この機会に再び有効に戻し,書籍をいくつか購入してみた。

【実験(結果)】

(1) 成功:読み上げ機能

・Kindleアプリ(Android版)と,Google TalkBackの組み合わせで,購入した書籍を読み上げることはできるのだが,通し読みを実行させると,ページめくりの前後で,日本語音声の欠落が頻繁に発生するので,使い物にならなかった。(N2TTSとGoogleテキスト読み上げの両方で確認。) また,TalkBackはそもそも視覚障碍者の利用を前提としている汎用的な作りであり,それがゆえに操作の面倒な点もあった。

・しかし,Google Play Booksは,ページめくりで音声が欠落することはなかった。むしろ音声が次のページ部分まで読み上げてもページめくりが遅れることがしばしば。この点は少々使いづらいと感じた。しかし,音声が欠落するよりはずっとマシだ。

・N2TTSとGoogleテキスト読み上げとを比較すると,Googleテキスト読み上げの方が精度が高いと感じた。容量の差・開発年度の差からだろうと推測している。以下は「パシフィックリム」(角川版)での例。
  (例1)CD-ROM: N2TTS「シーディーアールオーエム」。 Google「シーディーアール」
  (例2)南方: N2TTS「ミナミカタ」。 Google「ナンポウ」。
  (例3)カテゴリーⅢ(ギリシャ文字のIII): N2TTS(無声)。 Google「アイアイアイ」。
  (例4)何百: N2TTS「ナニヒャク」。 Google「ナニヒャク」 (「ナンビャク」と呼んで欲しい)

・Googleテキスト読み上げ+Google Play Booksの組み合わせでは,和書(「パシフィックリム」)と洋書(「Pacific Rim )とで,自動的に日本語音声・英語音声を切り替えて読み上げてくれた。N2TTSは日本語読み上げ専用なので,これで洋書を読むと変。また,Googleテキスト読み上げ+天下一読(Moon+Reader Pro)では,コンテンツ(EPUB)の和洋を自動識別して音声を切り替えてくれるようなことはなかった。つまり天下一読では,Googleテキスト読み上げの設定で,事前に日本語と英語とを指定しておく必要があった。

(2) 失敗:Koboへ,Google Play Booksで購入した本をEPUB転送して,読む

・「Google Play ヘルプ」の「電子書籍リーダーで書籍を読む」手順を実施したが,まず,購入したすべての書籍でEPUB・PDF出力できる訳ではないことにまず驚いた。次に,Kobo TouchへEPUB転送したものの,英数字のみ表示され,日本語フォントがまったく表示されないことにがっかりした。これでは洋書にしか使えないだろう。PC側のAdobe Degital Editionの方ではちゃんと日本語フォント部分も表示されたので,EPUBファイルの問題ではなさそうだ。

・結局,Androidの使えるe-ink端末(BOOX)に,Google Play Booksをインストールして使うことにした。私の持っているのは搭載メモリが512MBと少ないため,Koboアプリは頻繁に落ちて再ログイン要求しそのたびにダウンロードした書籍が消えるので(ファイルは残存しているのでゴミだらけになる),使い物にならなかったが,はたしてGoogle Play Booksは大丈夫かどうか一抹の不安はある。Kindleアプリは問題はなかったが,遅く,専用端末の方がずっと良かった。(Koboもその後専用端末を中古で購入したものだ。)

2018-01-22 懶道人(monogusadoujin)

【補足】iPhoneでの動き

 2018-01-22配信の「ITpro PC/Mobileメール」の
   http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/103000461/011600006/
   あなたが知らないiPhone
   Siriが本を読み聞かせてくれる?iPhoneの読み上げ機能で得した気分に
   伊藤 朝輝=ライター/システムエンジニア
   2018/01/19
は,AndroidのGoogle TalkBack機能に相当する機能ではある。
Androidに触れてないのは不公平な気もするが,「あなたが知らないiPhone」シリーズなのだから仕方ないか。
ページ替わりの際に読み落としが発生するか否かが書いてない点が気になる。

【補足】Amazon Kindleの公式ページ。(iOS,Android)
   https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201244940
   ヘルプ&カスタマーサービス
   Amazonデバイス サポート>Kindle for iOS>本を読む>本を読む>
   画面読み上げ機能VoiceOver

   https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201454230
   ヘルプ&カスタマーサービス
   Amazonデバイス サポート>Kindle for Android>本を読む>
   画面読み上げ機能 TalkBack

 Kindle Fire系専用端末でも読み上げは可能(英文のみ可。日本語不可。)
   https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201730270
   ヘルプ&カスタマーサービス
   Amazonデバイス サポート>Kindle Fireサポート>Kindle Fireで本を読む>便利な機能>
   読み上げ機能を使用する
   「この機能は読み上げ機能に対応しているKindle本でのみ使用できます。
    Kindle Fire(第2世代)、Kindle Fire HD(第2世代)、Kindle Fire HD 8.9(第2世代)
    注: 日本語の書籍は現在、読み上げ機能に対応していませんのでご了承ください。」

   https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201829850
   Amazonデバイス サポート>Fireタブレット(第4世代、第5世代、第6世代、第7世代)ヘルプ>メディア>
   読み上げ機能を使用する
   「Fireタブレットでは、読み上げ機能を使用してKindleコンテンツを楽しむことができます。
    Fireタブレット第4世代、第5世代、第6世代、第7世代のヘルプ
    注: 読み上げ機能に対応している本の商品詳細ページには読み上げ機能: 有効と表示されます。
    日本語の書籍は現在、読み上げ機能に対応していませんのでご了承ください。」

 私自身は,日本語版Kindle専用端末登場前に,スピーカ内蔵のInternational版を購入していたので,e-ink型のKindle専用端末で,英語音声での読み上げはできていた訳ではあるが,この端末では日本語書籍の購入がほぼ不可能だった。日米アカウント結合により以前買った洋書も日本語版Kindleで問題なく読めてはいたが,日本語書籍はInternational版ではダメだった。

【補足】KindleがGoogle Play Booksよりも音声読み上げ機能搭載で後手に回っている理由

 下記の記事が参考になるだろう。以前はもっとわかりやすい記事がすぐに見つかった気がするのだが。

https://japan.cnet.com/article/20389112/
CNET Japan>ニュース>パーソナルテクノロジー
アマゾン、「Kindle 2」のテキスト読み上げ機能を修正へ--出版業界に譲歩
文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉
2009年03月02日 12時47分
 『Amazonは屈服したのだ。テキスト読み上げ機能に関心を持つKindleユーザーにとって、機器の価値は失われた。』
 『9000人の作家を代表する業界団体の米作家協会(Authors Guild)は、2009年2月上旬にKindle 2が発表されるとすぐに、Amazonを非難し始めた。』
など。もちろん,これに対してさらなる反対の動きもあった。

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/kindle/index.html
Amazon社、電子書籍リーダーKindle2から読み上げ機能を無効にすると発表、 障害者団体は抗議行動へ
障害保健福祉研究情報システム
 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/kindle/RRC.html
 読む権利同盟(Reading Rights Coalition)、誰もが電子書籍を利用できるよう、著作者に許諾を要請
 全米盲人連合 2009年3月30日
 
 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/kindle/kindle2.html
 障害者団体、Kindleのテキスト読み上げ機能削除に抗議
 パブリッシャーズ・ウィークリー 2009年4月7日

一方,Amazonは,人間による朗読書籍(有料サービス)である「Audible」を2008年に買収しているので(Kindle画面と同期再生させる仕組みも後2012年に提供),その点では,機械音声による読み上げ機能にこだわる必要も少なかったと思われる。
   http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/01/news020.html
   Amazon、オーディオコンテンツ提供のAudibleを買収
   2008年02月01日

   https://cyblog.jp/10660
   洋書はKindleで読みAudibleで続きを聞く
   【公開日】2012/9/18

   https://en.wikipedia.org/wiki/Audible_(store)
   "Technical innovation returned to center-state for the company in September 2012
   when Audible launched Whispersync for Voice,
   an innovation that enables readers to switch seamlessly
   between reading a Kindle book and listening to the corresponding audiobook
   without losing their place.
   Along with Whispersync for Voice, Audible released Immersion Reading,
   a feature which highlights text on a Kindle book as the audiobook is narrated."

【補足】Google Play Booksに読み上げ機能が搭載された時期
   http://juggly.cn/archives/77621.html
   Google Playブックスの公式Androidアプリがアップデート、音声読み上げ機能が追加
   投稿日時 12月 19th, 2012 by juggly
には,『Googleの電子書籍サービス「Google Playブックス」の公式Androidアプリがv2.7.25にアップデートされました。今回のアップデートでは機能追加が行われています。音声で書籍の文字を読み上げる機能が追加されました。文字通り、スマートフォンが書籍の文字を読み上げてくれるという機能です。読み上げ中は、その箇所がハイライトされるので今どこを読んでいるのか分かるようになっています。読み上げ機能は、AndroidのTTS(Text to Speech)エンジンを利用した機能ですが、標準のTTSエンジンでは日本語がサポートされていないので、TTSエンジンをKDDI研究所提供の「N2 TTS」など日本語に対応したものに変更する必要があります。「N2 TTS」はGoogle Playストアから無料でダウンロードできます。』とある。
   http://ihavetwokids.blogspot.jp/2012/08/updated-googlie-booglie.html
   I Have Two Kids
   UPDATED - Googlie Booglie!
によれば,『UPDATE December 20, 2012: The following apps have been updated to the latest version: Google + v3.3.1.40177215, Google Earth v7.0.2.841, Google Play Books v2.7.25, Maps v6.14.2.』とあるので,2012年12月19日の更新でまず間違いなさそうだ。

上記Amazon社ヘルプで英語音声読み上げ機能を搭載しているとされるKindle Fire 第2世代は,日本では12月18日に登場(米国は9月)。Google Play Booksの音声読み上げ機能登場の日付と殆ど同じというところが,興味深い。ついでに,AudibleとKindle間の同期機能追加も2012年(9月)。この時期に何かあったのだろうか。

【各アプリ・書籍の所在】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.books
Google Play ブックス

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.tts
Googleテキスト読み上げ
  ※ 各国語(日英米ほか多数)に対応。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kddilabs.n2tts
N2 TTS (KDDI Research, Inc. )
  ※ TTS=text-to-speech。日本語音声専用。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ivona.tts
IVONA Text-to-Speech HQ
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ivona.tts.voicebeta.eng.usa.kendra
  IVONA Kendra US English beta
    ※ 英語音声のみ。標準搭載のPico TTSよりずっと高音質。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.marvin.talkback
Google TalkBack

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.kindle
Kindle電子書籍リーダー

https://play.google.com/store/books/details?id=Ddxh6ZSI6A4C
パシフィック・リム
アレックス・アーバイン
KADOKAWA / 角川書店
  ※ 無料サンプルで読み上げ機能を試した。

https://play.google.com/store/books/details?id=bVa_BgAAQBAJ
Pacific Rim: The Official Movie Novelization
Alex Irvine
2013年7月12日
Titan Books
  ※ 無料サンプルで読み上げ機能を試した。

https://play.google.com/store/books/details?id=0xyCCwAAQBAJ
電子辞書のすべて
日本電子出版協会レファレンス委員会2016年2月12日
インプレスR&D
  ※ 「ePubをダウンロード」,「PDFをダウンロード」両方が可能。

https://play.google.com/store/books/details?id=i-s0DwAAQBAJ
Fielder vol.35
Fielder編集部2017年8月28日
笠倉出版社
  ※ 「ePubをダウンロード」,「PDFをダウンロード」両方とも無し。
  ※ 特集「野生美食倶楽部」で,スッポンとアカミミガメを食べる話が出てくる。

以上

【関連記事一覧】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/google-play-kin.html
20180122 : Google Play ブックスの読上機能に驚く(Kindle+TalkBackより上だ)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/android50242240.html
20180214 : Android5.0.2/4.2.2/4.0.4での電子書籍対応状況を確認(Google Playブックス・朗読対応/Kobo/Kindle)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-7306.html
20180430 : 電子化されない本・朗読されない本

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-3cfe.html
20180507 : 読み上げ可能な解説本・目録本

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/kindle-for-the-.html
20180602 : 「Kindle for the Web」の無料サンプルを,Pocketアプリで読み上げる

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/kindle-for-pc-3.html
20180605 : Kindle for PC で読み上げ対応(洋書))

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/androidkindleal.html
20180714 : Androidスマートフォン上でKindle本をAlexaで読み上げ可能になった(課題あり)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/amazon-echo-dot.html
20180722 : Amazon Echo Dot購入。スマートフォンAlexaアプリとで別々のKindle本を同時読み上げ可能

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/google-home-min.html
20180913 : Google Home Miniを試してみた:Google Playブックスの読み上げはできない。オーディオブックは再生できる。

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/google-home-min.html
20181007 : Google Home Miniでオーディオブックでない普通の本を読み上げ&スリープタイマー

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/google-home-m-1.html
20181008 : Google Home MiniでKindle本を読み上げ&スリープタイマー

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/txtepubmp3-7e05.html
20181208 : TXTテキストファイル・EPUB電子書籍ファイル等の音声合成(機械音声)朗読版MP3ファイルを作成するには

|

« オンライン辞書の横断検索アプリ(「All英語辞書, English ⇔ Japanese」:COBUILD英英,Cambridge英英和,Weblio,英辞郎,ほか英和・英英) | トップページ | 目に優しいグレースケール(モノクロ画像)をAndroidやWindowsで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Google Play ブックスの読上機能に驚く(Kindle+TalkBackより上だ):

« オンライン辞書の横断検索アプリ(「All英語辞書, English ⇔ Japanese」:COBUILD英英,Cambridge英英和,Weblio,英辞郎,ほか英和・英英) | トップページ | 目に優しいグレースケール(モノクロ画像)をAndroidやWindowsで »