« Androidスマートフォン再インストール:FREETEL Priori2 3G(FT142A)。富士通 ARROWS X F-10D | トップページ | 広辞苑を使う(2)月額制「ウルトラ統合辞書」「ATOK Passport プレミアム」 »

2018年2月19日 (月)

Android端末選定:「デフォルト書き込みディスク」がSDカードを選べるかどうかも重要だ

Android端末選定:「デフォルト書き込みディスク」がSDカードを選べるかどうかも重要だ

 現在使っているFREETEL Priori2 3G(FT142A)は少し変わった(とても便利な)機能がある。
すなわち,設定→ストレージ で,「デフォルト書き込みディスク」を「内部ストレージ」か「SDカード」を選べる。

「SDカード」を選んだ場合,
   増設SDHCカード(32GB)が「/storage/sdcard0/」
   内部ストレージ(8GB)が「/storage/sdcard1/」
と入れ替わる。

つまり,辞書系アプリで数百MB(あるいは数GB)ものデータの保存先を,マイクロSDHCカード(32GB)に指定できた。ファームウェアを4.2.2→5.0.2へ更新してもこの点は変わらず,重宝したものだ。

一方,後継機種のはずのFREETEL Priori2 LTE(FT151A)(Android4.4)は,この機能がなく,巨大な辞書系アプリは内蔵8GBでは足りず,音声ファイルを削ったり,使用頻度の小さい辞書はあきらめたりとか,苦労した記憶がある(都市部で高速通信の必要な弟に譲ってしまったが)。

後継機種ではこの点どうなっているかが気になって,2016-03-01にカスタマーサポートに問い合わせた際には,「FREETEL Priori3」はFT142Aと同様の設計になっているとの回答があり,大いに食指が動いたものだ。ただし,あらためて検索してみると,
   http://satlab.lolipop.jp/priori3_jijitsu/
   意外な事実を発見・・・(Freetel Priori3)
   投稿日:2015-11-28 更新日:2016-02-27
のように,この機能がどうもあまりよく作動していないのではないか,という指摘がある。確かに,FT142A再インストールの羽目になったのは,内部ストレージ(8GB)の空き不足が理由だし,過去にもこの空き領域不足でアプリを更新できない件を何度も経験しているので(たいていはキャッシュの削除で解決できた),アプリの全てのファイルが,SDカード(増設SDHCカード,32GB)に保存される訳でもなさそうだ。
   https://decoy284.net/2016/03/12/android-6-xperia-z5-sdcard-internal-storage/
   Android 6.0以降のAndroid端末でSDカードを内部ストレージとして使用する方法
   2016/03/12 2017/06/18
を見ると「国内版のAndroid端末(Xperia)はAndroid 6.0以降でもSDカードを内部ストレージとして使えない」とあるので(さらに裏技で使えるようにする手法も書いてある),FT142Aのこの機能は,OSがバージョンアップすれば全機種で使えるようになるかというとそうでもないらしい。

つまりは,Android端末選定時に「デフォルト書き込みディスク」がSDカードを選べるかどうかも重要だ,ということになる。

 私自身は,一時はPriori3への乗り換え検討したものの,今のPriori2 3Gのふだん使いで,200kbpsの節約モード(追加課金なし)で間に合っている状況。FT142Aは,同時待ち受けができないとはいえ,SMARTalkの設定で,留守番電話有効(メールの添付ファイルで留守番電話音声を添付)にしているから,あまり不便は感じない。

 買い替えは,電子ペーパー対応の2画面の「Hisense A2 Pro」か「Yotaphone 3」(失敗作と噂?)あたりが日本で正式販売されてからかな。先日購入した中古Android4.2.2 富士通F-10Dがなかなか具合がよいので(内蔵ストレージ領域がFT142Aの2倍),壊れた際にあわてて買う必要もなくなった。ただし,F-10Dは結構よく固まるし,FREETEL SIMだとテザリングは使えないので(あの発熱量では使う気にはなれまい),メイン機としての使用には問題がある。売りである辞書の起動も遅い。20秒くらいかかる。当時メイン機として買った人達の無念さはわかる気もする。2,100円で中古買った(+SDHC 32GB 1600円。予備バッテリ900円)身としては,値段以上の価値を認めてはいるが。

まもなくPriori5が登場するが(2018年2月23日),値段が3Gの約2倍する。Priori2 LTE(FT151A)の後継としては価格的にも妥当だし,DSDS対応で2枚のSIMを同時待ち受けできるし,画面サイズ・搭載メモリ(RAM・ROM)・バッテリ容量増加で,バッテリ交換可能だし(Priori4は交換不能と退化してた),魅力的なのだが,他社では1万円前後で同等スペックのが出ていたりするのを見ると,考え込んでしまう。もっとも,他社のが,予備バッテリが提供(販売)されているか否かや,「デフォルト書き込みディスク」の扱いがどうなっているか,わからないので,その辺は,購入前に問い合わせておく必要があるだろう。

2018-02-19 懶道人(monogusadoujin)

【参考資料】
https://blg.freetel.jp/faq/20033.html
FEETEL よくある質問
SDカードをデフォルトの保存先に設定する方法(SDカード挿入直後)を教えてください。
REI>RAIJIN>Priori4>データ管理>データ管理>データ管理>スマートフォンまたは携帯電話に関するご質問

https://www.freetel.jp/product/smartphone/priori4/faq.html
SDカードをデフォルトの保存先に設定する方法(SDカード挿入直後)を教えてください。
SDカードをデフォルトの保存先に設定する方法
SDカードへのアプリの移動方法を教えてください。
SDカードを内部ストレージとして利用する方法を教えてください。

※ Priori3,Prior4 と「デフォルト書き込みディスク」指定が出来るのなら,Priori5も? 公式ページにはまだ情報なさそう?

http://ascii.jp/elem/000/001/515/1515953/
2017年は両画面スマホが続々登場!? 変態スマホが豊作の年になる
山根博士の海外モバイル通信 ― 第347回
2017年07月21日

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/403/403727/
YotaPhoneにライバルが! 両面スマホや縦長ワイドスマホがハイセンスから登場 - 週刊アスキー
2017年09月03日

http://inudaisho.hatenablog.com/archive/category/YotaPhone3
YotaPhone3 カテゴリーの記事一覧 - メモ@inudaisho
  2018-01-08「海信 (Hisense) A2 pro と Yota3 (Yotaphone3)の「使ってみた」動画」
  2017-10-01「YOTA3 (YotaPhone3) ・海信(ハイセンス)の Hisense A2 pro の動画」
  2017-09-28「Yota3(YotaPhone3)国礼版の評価から伺える失敗作ぶり」

https://www.amazon.co.jp/dp/B079PT3BYP/
FTJ17C00 [FREETEL Priori 5]

https://www.amazon.co.jp/dp/B076CLBCTG/
SIMフリースマートフォン, DOOGEE X20
Android 7.0 デュアル SIMフリー 5.0インチ 3G(au不可)
16GB ROM Micro+Nano SIM)スマートフォン本体 ゴールド
  ※ 7千円代と安いが,LTEでなく3G!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07519Q9KR/
SIMフリースマートフォン, DOOGEE X20L (4G(au不可)
Android 7.0 2+16GB ROM MT6737 クアッドコア デュアル SIMフリー
5MP+5MP リアカメラ Micro+Nano SIM)スマートフォン本体 黒
  ※ 約1万1千円。この辺の値段から LTE になるようだ。

以上

|

« Androidスマートフォン再インストール:FREETEL Priori2 3G(FT142A)。富士通 ARROWS X F-10D | トップページ | 広辞苑を使う(2)月額制「ウルトラ統合辞書」「ATOK Passport プレミアム」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Android端末選定:「デフォルト書き込みディスク」がSDカードを選べるかどうかも重要だ:

« Androidスマートフォン再インストール:FREETEL Priori2 3G(FT142A)。富士通 ARROWS X F-10D | トップページ | 広辞苑を使う(2)月額制「ウルトラ統合辞書」「ATOK Passport プレミアム」 »