« Googleプレイブックス「オーディオブック」を初購入~宮沢賢治74作品34時間を750円で | トップページ | 「スマホ最適化」 »

2018年2月13日 (火)

オーディオブック以外に朗読を聞く方法(「宮沢賢治」で。「音声同期Epub」,YouTube,ほか)

オーディオブック以外に朗読を聞く方法(「宮沢賢治」で。「音声同期Epub」,YouTube,ほか)

 『Googleプレイブックス「オーディオブック」を初購入~宮沢賢治74作品34時間を750円で』の続編になるかな。

 今回,人間の朗読を購入した訳だが,青空文庫版を音声合成で読み上げさせるというのも有りかもしれない。何よりお金がかからないし,オーディオブック(朗読)が提供されていない作品でも使える。とはいうものの,青空文庫に載っている著作権切れの作品,宮沢賢治も夏目漱石も当て字が結構あるので,変な読み方をされるのはたまらない。たとえば,「銀河鉄道の夜」では,「おおきな」とルビがふってある「巨きな」のを「なおきな」,「あぶら」とルビのある「脂油」を「あぶらゆ」と,「Googleテキスト読み上げ」では読み上げる。それに,ページの切り替わりで,音声は次のページを読んでいるのでページをめくると,そのまたがった部分を二度読みしたりして,鬱陶しい。

ちなみに,Moon+Reader Pro(天下一読高級版)だと,ちゃんとルビの通りに読んでくれるので大丈夫みたいだ。読み上げている最中に次ページに移る機能はないようだが。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.flyersoft.moonreaderp
   Moon+ Reader Pro

 ふと思い出しして(数日前,iTunesを再インストールしたが),iTunesの「ストア」で「宮沢賢治」で検索すると,結構ヒットする。
    6作品:朗読で親しむ 日本名作文学全集(第2巻)
    7作品:きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ ( http://kikudorabungak.main.jp/

そういえば,以前,Podcastで,朗読系もたくさんダウンロードしていたっけ。外付HDDに保存していてずっと忘れていたが,見直してみた。「宮沢賢治」の作品数は当時,下記。古い作品は自動的に消えていくことが多いので(販売を意識?),もっと有ったのかもしれないが。
   16作品:ふぁんた時間(2009年)
    2作品:ききみみ名作文庫(2006年)

「ききみみ名作文庫」でAmazon内検索すると,「ききみみ名作文庫シリーズ 宮沢賢治全集 BOX 1/2」が出ており, 409 分+398 分=807分(13時間27分。CD 16枚)。「宮沢賢治童話全集」(パンローリング)の34時間13分よりかなり短い点は気になる。値段も中古2つ合わせて2万7千円ぐらいと高価だ。

Podcastの場合,MP3なので,音楽プレーヤーで再生できるし,音楽フォルダプレーヤーのように,音程を変えずにスピードコントロールできるものを使えば速度も可変。途中で終了しても前回位置から再開してくれる。ただし,音楽フォルダプレーヤーはGoogle Driveとか経由して停止した位置を共有する機能(クラウド同期機能)は無いなぁ。Googleプレイブックス「オーディオブック」(電子書籍との同期はなさそう)やAudible+Kindle(試したことはないが),それとMoon+Reader(機械音声での朗読のみだが)には,クラウド同期機能がある。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=de.zorillasoft.musicfolderplayer
   音楽フォルダプレーヤー フリー・バージョン
   https://play.google.com/store/apps/details?id=de.zorillasoft.musicfolderplayer.donate
   音楽フォルダプレーヤー フル・バージョン

Google「朗読 青空文庫 宮沢賢治」で検索してみると,下記が見つかった。
   http://aozoraroudoku.jp/
   青空朗読 | 青空文庫に所蔵されている本を朗読しています
     ※ 「宮沢賢治」は 21作品。

   http://aozoraroudoku.jp/kensaku/kensaku-epub.html
   音声同期Epub(イーパブ)
   青空文庫の文章に合わせて朗読を聴くことができます。
     ※ 「宮沢賢治」は 16作品。

音声同期Epubが面白い。Audible+Kindleのように,人間音声の朗読と,書籍の画面が連携する。読んでいる箇所がマーカー表示される。無味乾燥な機械音声(合成音声)ではない。
   http://aozoraroudoku.jp/epub/setsumei/index.html
   Epub(イーパブ)のご利用方法
     「音声同期Epubを再生できるEpubリーダーソフト、アプリを紹介します。
      PCのWindows, OSX で読む場合をご説明いたします。」
を見て,Chromeの「ウェブストア」から「Readium」(無料)を追加して,さっそく試してみた。「セロ弾きのゴーシュ」の音声同期EPUB(拡張子は「epub」(serohikino_goshu_470_rd224.kepub.epub)はサイズ 20.4 MB (21,440,792 バイト)で,音声だけのMP3ファイル(rd224.mp3)は 21.7 MB (22,773,605 バイト) と殆ど変わらない(むしろ逆転してる?)。再生速度は0.1x~4.0xまで有り,充分。本文に移動してからでないと音声再生できないので注意。残念ながら現時点で,「銀河鉄道の夜」の音声同期Epub版は(通常朗読版も)ないようだ。一旦EPUBをダウンロードして,Readiumに取り込む(インポートする)のが少々面倒。WEBでそのまま閲覧・朗読はできない。(通常の朗読ならWEB画面でできる。)

serohikino_goshu_470_rd224.kepub.epubを開いたところ,「次のビューアーで音声とテキストの同期を確認しています。」として,
   ・Google Chrome Webアプリケーション「Readium」
   ・Android「Himawari Reader」「Menestrello(※横書き)」
   ・iOS「楽天Kobo」
   ・OS9「iBooks(※バージョン4.5以降)」
   ・OSX「iBooks(※バージョン1.2以降)」
が挙げられているようだ。ここにない「Moon+Reader Pro」では,埋め込まれた人間の音声での朗読は不可能だった。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.green_fld.himawari.pro
   Himawari Reader Pro
   https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.green_fld.himawari
   Himawari Reader
は,「Moon+Reader Pro」を知る前に,有料購入したアプリだが(2013-09-21),こんな形で出番がまたやってくるとは!
Yahooファイルマネージャでダウンロードしたserohikino_goshu_470_rd224.kepub.epubを「Himawari Reader Pro」(4.10.3)で開き,右上のボタンから「TTS play (MediaOverlays Mode)」をタッチすると,「文書内メディアファイルを開いています...」に続いて,「TTS Play(MediaOverlays Mode)は、EPUB 3 MediaOverlay規格の文章を再生させる機能となります。」と操作説明が出て(次回から表示しないことも可),再生ボタンで,人間の音声での朗読が始まった。「再生速度の変更」については説明はあったが,当方端末では選択肢がなかった(バグだろうか)。

一方,青空文庫でダウンロードした文字だけのもの(EPUB)は 19.9 KBととても小さい。(Moon+ Reader Pro:ライブラリー → Moon+ Catalogs → 青空文庫(Japanese) → 作家名一覧 → ま行 → ミ → 宮沢賢治 → >(右ページ を2回)→ セロ弾きのゴーシュ → ダウンロード → ダウンロード1:epub(19.91KB))。こうしてダウンロードしたEPUBファイルを,「Himawari Reader Pro」で開き,右上のボタンをタッチすると「TTS play (SpeechSynthesizer Mode)」とまた違ったボタンが表示され,こちらは機械音声で読み上げる。

ほか,「朗読 青空文庫 宮沢賢治」で見つかったものが下記。
   https://www.audible.co.jp/
   Audible (オーディブル):本を自由に聴こう。|オーディオブック聴き放題サービス|Audible.co.jp
     ※ 月1,500円の定額制サービス。
      「宮沢賢治」の検索で113件と出るが,複数作品が含まれているものや提供元会社が
      異なるものもあるので作品数の計算は難しい。
      しかし,Googleプレイストアで出しているナレーター"パンローリング"が同じもの
      「宮沢賢治童話全集」(再生時間: 34 時間 14 分)をこちらでも出している(というか,
      こちらが先だろうな)ので,少なくとも童話についてはほぼ全作品が網羅されていると
      考えてよいだろう。

   https://www.febe.jp/
   芥川賞もオーディオブックで-聴ける- - FeBe(フィービー)
      https://www.otobank.co.jp/
      株式会社オトバンク
     ※ Google Playブックスと同じ買取制(というか,こちらが先)。
      プレミアム会員制度あり(定額制とは異なる)。
      「宮沢賢治」の検索で149件と出るが,複数作品が含まれているものや提供元会社が
      異なるものもあるので作品数の計算は難しい。
      検索システムがダメで「宮沢賢治 全集」で検索するとOR検索になってしまう。
      昨年,朝日新聞の週末Beで特集記事が出た。私自身は,昔Podcast時代に「新刊ラジオ」
      (新刊をドラマ仕立てで紹介)をフェレットとの夜の散歩時に聴いていたっけ。
        https://digital.asahi.com/articles/DA3S13187184.html
        https://digital.asahi.com/articles/DA3S13187435.html
        (フロントランナー)オトバンク会長・上田渉さん 「聞き入る文化」を切りひらく
        2017年10月21日
        
        https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000030184.html
        日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」、会員数30万人を突破!
        ~新規登録者数前年比5倍の月も 入浴中の「ながら読書」など新たなライフスタイルを提案~
        株式会社オトバンク
        2018年1月19日 11時00分
        
        https://japan.cnet.com/article/35103254/
        http://audiobook.jp/
        オトバンク、オーディオブック聴き放題サービスを開始--スマホアプリを配信
        2017年06月26日
          ※ 「聴き放題の対象としているのは、FeBeで配信している作品からおよそ1万作品。」
            全作品ではないらしい。今,リニューアル中?

   http://roudoku.me/
   朗読カフェ
     ※ 「宮沢賢治」は 37作品(カフェマスターの朗読。リンクの無いものは作品数から除いた)。

   http://www.bookreading.info/
   朗読文庫
     ※ 「宮沢賢治」は 22作品。寄付方式(「あなたの納得価格で:pay what you want」)。

   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.readgirl
   https://itunes.apple.com/jp/app/lang-duto-yin/id928977829?mt=8
   https://matome.naver.jp/odai/2142969444081229001
   朗読と音
     ※ 「宮沢賢治」は 13作品。朗読は有料らしい(試してない)。

 YouTube( https://www.youtube.com/ )も,大変なことになっている。「宮沢賢治 朗読」で,約 27,500 件。「宮沢賢治 朗読 銀河鉄道の夜」で,約 4,640 件。当方スマートフォン(FREETEL Priori2 3G)はYouTubeを今まで無効にしていたが(外出時の節約モード200kbpsでは動画は見れないし,自宅ならPCの大きな画面で見た方がよいから),ふたたび有効に戻して最新版(13.44.55)にして試してみた。結果はがっかり。朗読の音質が悪いのは仕方ないだろう。一番困るのは,電源ボタン短押しでスリープモードにすると,再生が止まってしまう点。これでは夜寝るときに聴くなんてことはできない。そこで,Googleで「youtube 音声だけストリーミング Android」とかで検索してみたところ,下記の手法が見つかった。確かにうまくいった。音声だけストリーミングという訳ではないが,もともとの画像(動画)が静止画+音声だけであれば,流れるデータ量は少ないだろうから,外出時の節約モード(200kbps)でも,割と問題なく朗読を聞ける。速度自動で144pになる。
   https://aprico-media.com/posts/831
   Youtube動画を音楽としてバックグランド再生する方法を解説! - Aprico
   2017年12月18日更新

   http://kakuyasu-sim.jp/youtube
   Youtube向けの格安SIMとYoutubeで消費するデータ量と必要な通信速度
   最終更新日 2018年1月5日 / 作成日 2016年12月12日 / 作成者 格安SIMの管理人
     ※ 「144p(最低画質):120kbps〜215kbps(平均180kbps)。平均81MB/時間」
      と有り。他の画質との比較表は大変参考になる。
      FREETELの節約モード200kbpsでもなんとかいけることがわかる。
      BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションの説明も興味深い。

Chrome(64.0.3282.137)で,youtube.com を開き,「宮沢賢治 朗読 銀河鉄道の夜」の検索で見つかった動画のページに移動した後,右上の設定ボタンから「PC版サイト」にチェックを入れる。再生を始めたら,画面上から下へスワイプして(通知領域で),一時停止・再生,そして電源ボタン短押しすると,バックライト消灯(スリープモード)で音声再生が続く。うまくいかない場合は,通知領域の一時停止・再生,そして電源ボタン短押しを何度か繰り返すとよいようだ。残念なのは,スリープ機能(一定時間で音声自動停止)がないこと。それどころか,初期設定の「自動再生」がONになっていると,延々と再生を続けることになるので,就寝時に聴くときは注意が必要だ。

ほか,『YouTubeバックグラウンド再生の最高峰「PVSTAR+」』(2015/6/4,Amazonアプリストアで入手)といった記事もあったが,Amazonで見てみると「申し訳ありません 地理的制約のため、お客様にはこのアプリをご購入いただけません。」と表示が出て,ダメなようだ。(オリジナル盤発売日: 2013/8/20,開発者による最終更新日: 2016/4/30。) カスタマーレビューを見る限り,2017年8月頃までには使用不能となったようだ。

 昔は,カセットブックとかCDブックぐらいしか無かったのが,iTunesでPodcastが登場して,フェレットとの散歩時によく聴いたものだが,フェレットが死んでからはずっと朗読には縁がなかった気がする。NHKニュース(ストリーミング)やRSSでのニュース読み上げやJW関係のMP3はよく聞いていたけどね。久しぶりに調べてみて,人間の朗読音声がファイルに組み込まれているEPUBファイルが登場しているとか,YouTubeへの朗読音声アップがとんでもないことになっているとか,驚いた次第。Audibleやオトバンクの作品数が期待したほど増えないなぁ,とか思っていたが,こんな裏の動きがあったとは。動画サイトと思って侮っていたか。(テレビさっぱり見ないからなぁ。)

 Google Playブックスの機械音声での「読み上げ」では,「より自然な音声による読み上げ」(「ご利用いただくにはインターネット接続が必要です。通信量はご利用の携帯通信会社の料金プランに準じます」)のチェックボックスが「設定」に有る。今のところ,なんかノイズが増えたぐらいで,違いがよくわからないし,WEB上でこの設定について解説してくれているところもなさそうだが,Google翻訳機能が以前に比べて格段に向上しているように,この機能も今後向上してくれるとありがたい。人間による朗読は素晴らしいが,人件費がかかるため,マイナーな書籍にはほとんど対応されてない。個人的には1万円ぐらいまでなら,お気に入りの書籍を朗読しMP3化してくれるサービスが出てきてもいいんじゃないかと思ってるが(クラウドファンディングの仕組みに近くてもよいかもね),なかなかニッチな商売にはなるのだろう。最近,名刺とかOCRではなく人力で変換するサービスが出てヒットしているとか読んで驚いたものだ(「仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術」)が,それも似たような流れに思える。昔「銀河英雄伝説」で,人力によるサービスを受けることが貴族階級の特権みたいなセリフがあって驚いたものだが,それに近いかな。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B06XDDKX6J/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XDDKX6J/midorigamefer-22
   仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術
   石川 温 (著)
   出版社: 朝日新聞出版 (2017/3/7)

【その他の資料】
http://www.soumu.go.jp/main_content/000354698.pdf
音声読み上げによるアクセシビリティに対応した電子書籍制作ガイドライン
平成27年6月 総務省

http://www.normanet.ne.jp/~jdc/epub/
EPUB3 MediaOverlaysのサンプル,再生ツール一覧
  障害者情報ネットワーク ノーマネット

http://atdo.website/
特定非営利活動法人 支援技術開発機構(ATDOホームページ)
ユニバーサルデザインと支援技術で実現する知識と情報の共有
  http://atdo.website/daisyepub/
  DAISY/EPUB3について
  
  http://atdo.website/tools/
  DAISY/EPUB図書用 製作・再生ツール

2018-02-12 懶道人(monogusadoujin)

|

« Googleプレイブックス「オーディオブック」を初購入~宮沢賢治74作品34時間を750円で | トップページ | 「スマホ最適化」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオブック以外に朗読を聞く方法(「宮沢賢治」で。「音声同期Epub」,YouTube,ほか):

« Googleプレイブックス「オーディオブック」を初購入~宮沢賢治74作品34時間を750円で | トップページ | 「スマホ最適化」 »