« スマートフォンで119番つながらなかった? | トップページ | 映画館貸し切り »

2018年2月 7日 (水)

人感センサーライトをトイレのドアノブにぶら下げる

 人感センサーライトは便利だ。長年,夜トイレの電灯を消し忘れて怒られていたものだが,センサーライトに取り換え,解決。厳密には待機電力が少々かかるのだが,まぁ白熱電球の消し忘れよりはずっと消費電力は少ない。

 電池式の人感センサーライトもなかなか便利。トイレのドアノブにぶら下げることで,良い目印になるようだ。いろいろ探してみたが,下記の製品が値段がこなれていて,しかも結構センサー感度がよいようだ。点灯時間が15秒と短いのが欠点。センサー内で動いていれば問題はない訳だが。磁石内蔵なので,鉄製のドアにつけたり,冷蔵庫のドアにつけたりとかもできる(していた)。スタンド代りにもなるフックの先に,紐をつけてドアノブにぐるぐる巻いてぶら下げている。

https://www.amazon.co.jp/dp/B011ZCNMEC/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B011ZCNMEC/midorigamefer-22
どこでも使えるLEDセンターライト マグピカ SL50
リーベックス(Revex)

センサーライトは良いのだが,夜トイレに起きたときには明るすぎると感じることがある。親子ソケットを取り付け,0.2~0.3WのLEDナツメ球(常夜灯)と,センサーライト(6W前後)とを切り替えて使っている。傘にぶつからないよう,延長ソケット(実際は,余ってた1灯2差ソケット)を接続して,取り付けている。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00940VH22/
親子ソケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B001TVMZ7U/
1灯2差ソケット

ただ,接続が複雑になると(スイッチが複数あるような形だと),お年寄りにはきついようではある。センサーライト(電球型)は常時メインスイッチをONにしていた方がよいのだが(メインスイッチをONにしてからセンサー稼働して十数秒後にいったん切れるが,これが不評だ),ついつい,ふだんの癖でメインスイッチを切ってしまうことがよく有るようだ。

アイリスオーヤマのセンサーライト(電球型)は徐々に暗くなるタイプで,いきなり消灯する方式より安心感がある。最近は他社もこの方式を取り入れているようだが,安価なものだと採用していないものも多いようだ。

私の買った0.3WのLEDナツメ球は2ルーメンと暗めのタイプだが,最近は10数ルーメンぐらい有る明るいタイプのもあるようだ。百円ショップの0.5Wのでも10数ルーメンをうたうものが出てきている。明るいのがよいか,暗いほうがよいかは,時と場所と好みによるだろうけど。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LYFWLEJ/
LEDナツメ球 0.3W/E12 電球色 2個入

私の居室には,人感センサー付きソケットにスイッチ付きの二股ソケットをつなぎ,LED電球(9.1W~810ルーメン)と4W電球型蛍光灯とを切り替えて使うようにしている。さらに11時間タイマーで目覚まし代りになるようにもしている。普段は(目覚まし用)には暗めの蛍光灯型を使っており(直視しても目に安全),もっと光量が欲しいときに明るいLED電球に切り替えて使うようにしている。

https://www.amazon.co.jp/dp/B001CJON0Q/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001CJON0Q/midorigamefer-22
人感センサー付きソケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B0098TSWK4/
パナソニック(Panasonic) 2号新国民ソケット WH1021

https://www.amazon.co.jp/dp/B004XKRR1S/
1回だけ「入・切」タイマーCT12
リーベックス(Revex)

この人感センサー付きソケットは,待機電力が1.3Wと多めなのが欠点だが,点灯時間の調節がきき,10秒/90秒/330秒(5分30秒)と選べる。居室用だから当然最長を選んでいる。

最近の人感センサーライトは時間が短めになっているのが困る。

https://www.amazon.co.jp/dp/B006IHKQ4Y/
アイリスオーヤマ LDA3L-H-E17SV
LED電球人感センサー付小形電球
垂直取付タイプ電球色 (250lm)

は,約5分後に消灯するタイプで,長らくこれを使用していたが,故障したこともあり,もっと明るいタイプに買い替えようとしたら,点灯時間が短くなっていて,がっかりしたものだ。であれば,センサー部分が独立している方が,自由に電球を選べるだろうと,上の人感センサー付きソケットにした次第。他社のだとLED電球に対応していない製品もあるようであり,注意が必要だ。ただし,このセンサー付きソケットは,アイリスオーヤマのと違って消灯はいきなりなので,その辺が欠点といえば欠点ではあろうか。机にZライト(やはりLED電球をつけている)も使っており,背後の電球が消えても問題ない使い方をしているせいか,とくに問題に感じたことはない。

・・・で,家中,センサーライトだらけだ。亀の水槽のはセンサーライトではないが(ただの24時間タイマーだ),亀は変温動物だから,赤外線センサーには反応しないだろう。

2018-02-07 懶道人(monogusadoujin)

|

« スマートフォンで119番つながらなかった? | トップページ | 映画館貸し切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人感センサーライトをトイレのドアノブにぶら下げる:

« スマートフォンで119番つながらなかった? | トップページ | 映画館貸し切り »