« トーキングクロック(音声時計)はスマホで | トップページ | ToDoリスト(Google Tasks連携)のAndroidアプリ「When.Do」:階層化・折り畳み機能あり! »

2018年2月 3日 (土)

SH-05E~2千円の中古スマホでトーキングクロック(音声時計)

 「トーキングクロック(音声時計)はスマホで」の続編かな。昨年2017-10-28,ゲオでふと見かけた中古スマートフォンが,docomo系(シャープ)の「スマートフォン for ジュニア SH-05E」。店頭にAndroidのバージョン表示はなかったので店員に尋ねたところ,電池が切れていたので充電し20~30分ほど待つことになった。立ち上げたところ「4.0.4」と表示され,まぁ4以上ならいいかと,2台あったうちの1台を,よく調べもせず即買いした。専用機DA207Sは,2013年4月当時,新品で3,336円もしたからね。今は後継機のDA208Kが4千円ぐらいだから,その半値で高機能な音声時計が手に入るなら安いものだ。・・・と思ったが,甘かった。

 「ジュニア」の名に恥じず,まずGoogle Playストアが入ってない。まぁ,それぐらいなら,e-inkタブレットのBoyue T62D(2万円)だって同条件だ。SDカードにAPKファイルを保存して,音声時計をインストールすればよい。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.telemarks.appinstaller
   アプリ自動バックアップ

また,Amazonアプリストア専用アプリをインストールする手もある。
   https://www.amazon.co.jp/gp/mas/get/amazonapp
   Amazonアプリストア 専用アプリ

しかし,困ったのは,WiFi機能がない点。時刻同期ができない。自宅で音声時計として使う場合にはWiFiで時刻補正するつもりだった。「ジュニア用」として,フィルタリング機能で不適切なコンテンツを遮断設定するにはWiFiではダメとdocomoは考えたらしい。

 私はSIMを3枚使っている。FREETEL Priori2 3G(FT142A) は,デュアルSIMで,電話付きのマイクロSIM(常時節約モード200kbpsに設定)とデータ用の標準(ミニ)SIMの2枚挿しで,ふだんのメール受信やニュース記事のダウンロード(RSS)は,節約モードで十分で,WEBブラウジングや高速なアクセスが必要な際にもう1枚のデータ用SIMに切り替えて使っている。今なら切替アプリがあるが,当初はWEBブラウザでログインして設定切替が必要な状態だったので,手間がかかり,それよりは2枚挿しで,データ用SIMは299円スタートで使った分だけの請求だから,その運用がよいと考えたのだった。もう1枚はデータ用の標準(ミニ)SIMで,旅行用のモバイルルータ用に確保してある。もちろんスマートフォン本体FT142Aでテザリングもできるのだが(SIMフリーでないdomoco系のSH-05Eはテザリング不可),バッテリの減りが早いのと,熱を持つので(夏,熱暴走したことがある),スマホとモバイルルータは分けて使っている。データ用は基本料金299円(税別)スタートなので(100MB超えると料金上がっていく),3枚で計約1600円スタートである。FREETELは経営難で楽天に移ってしまったので,SIMサイズ変更の手続きがどうなるかわからなかったし,手数料3千円かかるのと,今度モバイルルータやスマートフォンに再セットするときにアダプタを使うことになるので少々使いにくくなる(アダプタ持っていて,FREETEL以前のb-mobileではマイクロSIMを標準SIMサイズに変換して使ったこともあったけどね)というのも,二の足を踏んだ理由だ。節約モード200kbpsにしておけば,課金増えることはないので,時刻補正の目的だけだったら十分だ。実際,SIMを差し替えて設定して,電話もWEBも問題なく作動した(SH-05Eで)。

 しかしまぁ,音割れしてるカシオSQ-200だって電波時計じゃないから,時刻補正しなくても,まぁ同じような精度で使えるだろう。と,考え,結局SIM挿さずに使っていた。音声時計のアプリを入れて。

 ・・・だが,WEBで調べてみると,root化し,必要なファイルをインストールし,SH-01E化することで,Google Play とWiFiを使う手段があるらしい(Amazonのカスタマーレビューにもある)。設定後にうっかりファームウェア更新が動いたりすると文鎮化するので更新機能をOFFにすることが必須とか。root化すれば,SDメモリにアプリとデータを保存して,アプリインストール容量の少なさを回避する「Link2SD」,「Link2SD Plus」も使える。(BOOX C67ML_Cartaではそれを使っている。アプリインストール領域がたった512MBしかないからね。SH-05Eも領域少ない(2.2GB)。)
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.buak.Link2SD
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.buak.link2sdplus

結局,その手法を試してみて,うまくいった(2017-12-2)。感謝! しかし,途中,WEBに書いてあるとおりの障害も発生し,ひやっとしたこともあった。
   http://blog.jikoman.jp/2014/03/sh05e-root-wifi-gplay.html
   SH-05Eの「root化~WiFi対応~GPlay対応~root解除」まで - 自己満 備忘録
   2014年3月21日

Android 4.0.4 とバージョンが低いためか,それともこの手法で限界があるのかはわからないが,いくつかの不具合はあるようだ。

(1) radiko が起動しても,GPS衛星を認識できず,落ちる。Google MapではGPSで現在位置を認識できた。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.radiko.Player

(2) 使えないアプリがいくつかあった。Amazonアプリストアでは,OALD8(BIGLOBE版)がダウンロード可能なアプリの一覧からはずれていた。(BIGLOBE版のウィズダム英和・和英はOK。) 一方,Google PlayストアでBIGLOBE版以前に購入していたOALD8版(Oxford University Press ELT版)は問題なくインストールできた。BIGLOBE版はウィズダム英和との連携ができたので買いなおしたのだったが,まぁ,いいや。DioDict系は大丈夫なので,COBUILDはOKだ(DioDictのOALDもOK。ただしBIGLOBE版や純正版はイラストがある。)

ほか,楽天Kobo,Google Earth も,Google Playストアで表示されず。PCで確認したら,いずれも,Android 要件4.1 以上。

(3) Google Play ブックスで,日本語の読み上げ機能が作動しない。「読み上げを利用できません」とボタンの位置に表示される。英語の書籍は「読み上げ」できた。

 「パシフィックリム」(Pacific Rim)をサンプルダウンロードしたところ(あるいは有料で購入したほかの日本語書籍でも試したところ),Android5.0.2のFT142Aや,Android4.2.2のC67ML_Cartaでは日本語・英語の書籍どちらでも読み上げ成功したが,Android4.0.2のSH-05E(SH-01E化)では,英語のみ可能だった。
PlayストアからインストールされたPlayブックス・アプリのバージョンが「3.16.1」で,Android4.2.2やAndroid5.0.2の機種には「4.0.43」がインストールされたので,アプリのバージョンの問題なのかもしれない。SH-05EへAPKで4.0.43のアプリをインストールできるか試したが「解析エラー:パッケージの解析中に問題が発生しました」が出てダメだった。
しかし,昔の記事では(まだ「Googleテキスト読み上げ」が登場していない時期に),KDDIの「N2 TTS」なら日本語音声での読み上げが可能そうなことが書かれているので,アプリのバージョンによるものなのかそうでないものか,判然としない。
   http://juggly.cn/archives/77621.html
   Google Playブックスの公式Androidアプリがアップデート、音声読み上げ機能が追加
   投稿日時 12月 19th, 2012 by juggly

まぁ,メモリ不足解消のため,不要アプリやサービスを沢山無効化したので,もしかしたら必要なものまでうっかり無効化してしまったのかも,という疑いは多少残るけども。Moon+Readerの音声読み上げ機能はちゃんと働いているので,そういうことはなさそうだが・・・。

 Android4.2.2以上の中古スマホをAmazonで探してみたところ,docomo系の富士通「F-10D」が良さそうだ。これも2千円以下で手に入るし,なんといっても標準でGoogle PlayストアやWiFi使えるし,広辞苑ほか多数の辞書を使える『富士通モバイル統合辞書+』が標準で付いている。Collins COBUILDやCambridge,OALD等の英英・英英和辞典は付いてないが,2千円で電子辞書がこれだけ使えれば十分だ。ただし,中古端末で大丈夫か一抹の不安はあるな。認証どうやってるのだろう? 機種情報で判別している可能性は高そうだが。ほか,発熱の問題あるし,不要なアプリが沢山入っていそうだが,無効にすればよいだけの話ではある。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B008NZ7G3I/
   ドコモ ARROWS X F-10D ホワイト 白ロム
   富士通

   http://spf.fmworld.net/fujitsu/c/app/edic/12summer/sp/package/
   富士通モバイル統合辞書+について

最初からよく調べて購入すべきだったなぁ。まぁ,いい勉強にはなったが。

先日,またゲオに行ったら,ソフトバンク系iPhone 4sが中古3千円だった。Amazon見ると,WiFi機能だけ使う際にも注意点があるようだし,iOS9止まりだが,
   https://www.monokakido.jp/support/os90.html
   コウビルド英英辞典(米語版)(v2.3)
   コウビルド英英和辞典(米語版)(v2.3)
   コウビルド英英辞典(v1.3)
   「iOS 9に対応したバージョンをリリースしております。」
とあるので,大丈夫そうだ。iOSは使ったことがないが,お試しにはよいかもしれない。メインメモリ512MBは少ないが,まぁ,BOOX C67ML_Cartaと同じという訳だ。

2018-02-03 懶道人(monogusadoujin)

|

« トーキングクロック(音声時計)はスマホで | トップページ | ToDoリスト(Google Tasks連携)のAndroidアプリ「When.Do」:階層化・折り畳み機能あり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SH-05E~2千円の中古スマホでトーキングクロック(音声時計):

« トーキングクロック(音声時計)はスマホで | トップページ | ToDoリスト(Google Tasks連携)のAndroidアプリ「When.Do」:階層化・折り畳み機能あり! »