« 読書に利用できるサイトの試行(1) Readee | トップページ | 読書に利用できるサイトの試行(1)Readee(続):PCで使うための周辺ソフトの価格比較 »

2018年3月31日 (土)

PCからAndroidをリモート操作「Vysor」。ほか,Mobizen,MirrorGo,AirDroid,TeamViewerなども試した。

PCからAndroidをリモート操作「Vysor」。ほか,Mobizen,MirrorGo,AirDroid,TeamViewerなども試した。

 楽天の読書管理アプリ「Readee」は,Android,iOSアプリ版しかなく,WEB版やWindows版が無い。Androidは4.4以上となっているので,私の持っているタブレット(Android4.2.2)では使えない。キーボードをスマートフォンに接続する手はあるが,小さな画面で入力するのは面倒くさい。大きなディスプレイのPC画面で,書評等の長文入力をしたいものだ。

 アプローチは2つ。PC(Windows)上でAndroidを動かすか(「Kindle for PC」が日本で使えるようになる前は,BlueStacksを使って,Kindleアプリを動かして,雑誌等の大画面を見ていたものだ),あるいは,PCからスマートフォンをリモートコントロールするか。逆(スマートフォンからPC画面をリモート操作する)は,「Chromeデスクトップ」とか「Splashtop」を使ったことがある。

 探してみたところでは,手軽に使えるものとしては,「Vysor」が有望そうに思えた。スマートフォン側にアプリ不要なのが手軽でよい。もっとも実際は,USBデバッグモード経由で,「Install Vysor APK...」とか表示出るし,「Vysor」キーボードがインストールされる訳だが。

 Vysorは,Android5.0.2のFT142Aでは問題なく作動したが,Android4.2.2のF-10Dではダメだった。そこで,Mobizen,MirrorGo,AirDroid,TeamViewerなどについても試してみた。

2018-03-31 懶道人(monogusadoujin)

1.Vysor
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【Vysorの各種記事】
   https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/721231.html
   【レビュー】USB接続されたAndroidをPCから手軽に閲覧、マウスやキーボードで操作できる「Vysor」 - 窓の杜
   2015/9/15

   https://tonari-it.com/vysor-android-app-remote-mirrorring/
   Androidスマホをパソコンで手軽に操作できるChromeアプリVysor
   2016/11/2,2017/5/23
   
   https://www.lifehacker.jp/2015/10/151023android_screen_mirroring.html
   Androidスマートフォンの画面をPCに映し出す方法3つ - ライフハッカー[日本版]
   2015.10.23
   
   http://kazuhiro-geek.com/blog/2017/05/15/vysor-android-refrector/
   AndroidスマホやタブレットをPC画面に映し出す無料で一番簡単な方法 - GEEK - KAZU
   2017年5月15日
など。

 最初,
   https://chrome.google.com/webstore/detail/vysor/gidgenkbbabolejbgbpnhbimgjbffefm?hl=ja
   Vysor
   提供サイト: vysor.io
   バージョン: 1.8.9
   更新日: 2018年3月21日
のChrome拡張機能ではうまく動作しなかった。
   http://www.vysor.io/
   Vysor
から,セットアップファイル Vysor-win32-ia32.exe をダウンロード・インストールし,さらには,設定画面の「Windows 10 users MUST download the latest Universal ADB Drivers」の
   https://adb.clockworkmod.com/
   Universal ADB Drivers
     UniversalAdbDriverSetup.msi
が必要だった。ただし,インストール後の接続で,
  「Microsoft Visual C++ Runtime Library
   Assertion failed!
   Program: ..ces\app\unpacked-crx\native\win32\video_decode.dll
   File: video_decode.cc
   Line: 663
   (以下略)」
のエラーが発生し,「無視」のボタンを続行で,作動した。広告の動画かなにかだろうか?

結局,アプリはコントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールしてしまい,Chrome拡張機能の方を使うようにしたところ,このエラーは出なくなった。

PCから文字入力できるのは快適だ。以前,電子辞書でPCと接続し,PC側から辞書を引ける「PASORAMA」という機能が欲しいと思ったことがあったが,当時は電子辞書はなかなかの値段だったし,Collins COBUILD辞書をサポートしていたセイコーは結局撤退してしまった。
   https://www.sii.co.jp/cp/pasorama/index.html
   PASORAMA パソコンにつないでパソコンで使える新しい電子辞書 - セイコーインスツル株式会社

PCからUSBケーブルで接続して使うことの形は,あたかもPASORAMAのよう。PC側でクリップボードコピー([Ctrl]+[C])したものを,Vysorのスマートフォン画面で[Ctrl]+[V]で貼り付けられた。スマートフォンにインストールした辞書(広辞苑とか,Collins COBUILDとか)をPC側からも利用できる訳だ。また,逆に,スマートフォン側で(たとえば広辞苑で)範囲指定してスマートフォンのクリップボードへコピーした文字列を,PC側で[Ctrl]+[V]で貼り付けられることもできた。つまり,クリップボード連携を,PC→スマートフォン,スマートフォン→PCの両方で使える。これは快適だ。

 先日2千円で買った中古スマートフォンARROWS F-10D(Android4.2.2)は,富士通モバイル統合辞書標準搭載で,広辞苑第六版等29辞書+6分野別検索が使える訳で,まさしくこの用途でなら便利なのでは・・・と思ったが,Vysorはうまく作動せず。「Your Android screen is unavailable right now. This can sometimes be resolbed by rebooting your Android.」が表示され,スマートフォンのリブートも効果なかった。Universal ADB Drivers の再インストールや,デバイスマネージャーからの「ユニバーサル シリアル バスデバイス」の更新(Android Composite ADB Interface。Windows10再起動求められた)も効果なし。

Pro版だと機能拡張がいろいろ有るようで(Decoderを「Software(Recommended)」「Hardware」「Hardware with fallback」から選べたり,Resolutionを「Original」(つまり画質劣化なしに表示)できたり,Bitrate(転送速度)を500kbps→2M→最大8Mbpsまで選べたりする。一縷の望みをかけて,1か月2.5ドル(199円)をGoogle支払いで購入したが,残念ながら,F-10Dでは効果がなく,画面表示できなかった(残念)。もっとも,FT142A(Android5.0.2)では画面解像度が上がり,格段に使いやすくなったが。年払い・一括払いもあるので,4週後にまた考えよう。ちなみに,PCアプリを再インストールしたら,こちらはプロ版と認識されない。Google拡張機能版はプロ版と認識されたまま。別々に認識されるとなると,課金はどうなるのだろう? どうも不安だ。

2.Mobizen
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「Mobizen」( https://www.mobizen.com/ )をF-10D(Android4.2.2)で試してみた。こちらは,PC用アプリ(セットアップファイル mobizen.exe ,バージョン2.21.8.13)とAndroidアプリ( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rsupport.mobizen.cn ,バージョン2.21.1.36)の両方のインストールが必要になる。

Chrome拡張機能の「Vysor」は自動接続が初期値なので,Mobizenインストールすると挙動が変なことになる。Vysorを無効化するか,設定の「Start automatically」を「Always」→「Never」に変え,手動起動(手動ON)するようにした方がよい。

で,「Mobizen」,うまくいった。F-10Dの画面がPC(Windows10)で表示され,リモート操作(クリック,文字列入力)できた。

しかし,PCからAndroidへのクリップボードコピー([Ctrl]+[C])はうまくいくが,逆(AndroidからPCへ)はうまくいかない。つまりは,Android側からの情報を取り出せない。これはPASORAMA的に使いたい場合は致命的だ。

   https://japan.cnet.com/article/35083563/
   テキストデータのコピーや共有を極めるためのAndroidアプリ7選 - CNET Japan
   2016年06月06日 山口真弘
によれば,クリップボードの情報を,スマートフォンとPCとでやり取りする別アプリがあるようなので,それを併用する手法はありそうだ。「CopyCopy」,「ClipSync」あたりか。少し機能は違うが,「Universal Copy」も興味深い。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.copycopy.app
   https://play.google.com/store/apps/details?id=be.bdwm.clipsync
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.camel.corp.universalcopy

PCの側でアプリのインストールの要らない「CopyCopy」を試してみた。Androidで文字列範囲指定してクリップボードへコピーすると,CopyCopyのボタンが画面に現れ,タップすると,クラウドに文字列コピーされる形だ。その後,PC側でブラウザで https://www.copycopy.com/ にアクセスすれば(最初ログインが必要だが),クリップボードを履歴の形で取り出せる。

そして「Mobizen」だが,PC側からの日本語文字列入力にクセがある。まず,文字入力システムが「Mobizen Mirroring」に自動的に変わらないので(Vysorは自動で変わってくれる),接続時に初回切り替えが必要になる。日本語文字入力については,「半角/全角/漢字」キーをPC側で叩くとようやく文字入力欄が有効になる形で,[Enter]でAndroidアプリ側に文字列が渡されるのだが,入力欄が有効に切り替わる際に1文字取りこぼしが発生することが多い。私はローマ字入力なので,子音がない状態で入力欄に文字列が入る形で,鬱陶しい。Vysorはこんな変な現象はない。

「mobizen」も「Vysor」同様,PC側WEBブラウザで利用する方法があり,PC側からAndroid側へ文字列入力できると説明にある。
   https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja/articles/115004405327-PC%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-Mobizen-com-%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%AF%94%E8%BC%83
   https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja/articles/115004405327-PCアプリケーション-Mobizen-com-機能比較
   PCアプリケーション / Mobizen.com 機能比較

   https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja/articles/216827588-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E6%96%B9%E6%B3%95
   https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja/articles/216827588-プレゼンテーション機能を使う方法
を見ると,PCアプリを使わずにWEBブラウザでキー入力する手法が書いてある。PCアプリインストール時にタスクトレイに常駐する「Mobizen Plugin」が必要。つまり,PCアプリを結局はインストールしないと使えないらしい。確かにPCアプリ再インストール後のWEBブラウザで https://www.mobizen.com/ の画面中央のログイン画面からログイン・接続出来た。(最初,これが実際のログイン画面とは思わなかった。リアルすぎ!) しかし,接続できたと表示が出ながら,何も表示されず(操作もできず),あきらめた。結局,PCアプリでないとダメということなのだろう。WEBブラウザでの利用は安定性に欠くようだ。

ほか,PC側アプリ起動できなくなる現象が頻発した。タスクマネージャーで見ると,複数起動していたので,すべて終了すると,正常起動するようになった。

3.MirrorGo
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「MirrorGo」( https://www.wondershare.jp/win/android-mirrorgo.html )をF-10D(Android4.2.2)で試してみた。 mirrorgo_setup_full1935.exe (Version 1.9.0)をダウンロードし,PCへインストール。USBデバッグモードで,スマートフォンには自動的に「MirrorGo」(バージョン1.0.1.73),「MirrorGo Connector」(バージョン2.0.2.604)がインストールされた。

うまくいった。F-10Dの画面がPC(Windows10)で表示された。

「MirrorGo」も「mobizen」とクリップボードの挙動が似ている,PCからAndroidへのクリップボードコピー([Ctrl]+[C])はうまくいくが,逆(AndroidからPCへ)はうまくいかない。

それにしても「MirrorGo」で困ったのが「製品を購入しない場合、一週間30分だけ使えます。」という仕様。さらには「1日5分」の縛りもあるようで,「フィードバック」ボタンをクリックしたあたりが5分経過したのか,「無料体験終了」の表示が出て,もはや作動しなくなってしまった(がっかり)。

日本語入力機能は「Mobizen」より優れている感じだった。検証途中で使えなくなったので,詳しくは調べていない。

4.AirDroid
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「AirDroid」( https://www.airdroid.com/ja/ )をF-10D(Android4.2.2)で試してみた。PC用アプリ(セットアップファイル AirDroid_Desktop_Client_3.6.2.0.exe ,バージョン3.6.2.0)とAndroidアプリ( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sand.airdroid ,バージョン4.1.8.0)の両方のインストールが必要になる。WEBブラウザでのアクセスだが,IEではOKだがChromeでは接続画面そのものが表示されなかった。USB接続(Android側デバッグモード有効)で非root化で「AirMirror」機能を試したが,やはりダメだった。ファイル転送の画面などは見れるが,肝心なAndroid画面が表示されない。結局これも,「アカウントを削除」しアンインストールしてしまった。「Google Playポリシーが最近変更されたため,Android 4.2以下が動いている機器ではデスクトップ通知はサポートされなくなります。SMSと電話通知は影響を受けません。」とある点もいささか気になる。

5.TeamViewer
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ほか,「TeamViewer」( https://www.teamviewer.com/ja/ )もF-10D(Android4.2.2)で試してみた。「TeamViewer Host」,「TeamViewer QuickSupport」(以上,Android側アプリ),TeamViewer 13( TeamViewer_Setup.exe 。PC側)。ファイル転送画面は出るが,肝心なAndroid画面が表示されない。あきらめて,こちらもアカウント削除とアンインストールしてしまった。

【他の参考資料】
https://www.wondershare.jp/youtuber/android-screenrecorder-compare.html
超スマホ録画ツール体験談 ScreenRecorder・MirrorGo・Mobizen

https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/495.html
Android端末の画面をPCで録画・配信する方法 - VIPで初心者がゲーム実況するには
2017年12月12日

https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/496.html
Android端末の画面をPCで録画・配信する方法(その他) - VIPで初心者がゲーム実況するには
2018年02月11日

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/1018880.html
【レビュー】PCからAndroidの画面をミラーリングしたり遠隔操作できるサービス「Mobizen」 - 窓の杜
2016年9月8日 樽井 秀人

※ 「Android端末の画面へ自由にテキストや絵を手書きできるホワイトボード機能や、PCのキーボードで文字入力を行えるようにするテキスト入力機能などもユニークだ。」とあるが,逆(Android→PC)については記載はない。

https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja
Mobizenミラーリング ヘルプセンター

https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja/articles/217905088-%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E6%A9%9F%E7%A8%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7%E8%A1%A8
https://support-mirroring.mobizen.com/hc/ja/articles/217905088-対応機種一覧表
対応機種一覧表

※ 「お使いの端末が対応機種でない場合、ブーストモードを設定することでご利用いただけるようになります。」とあり,一覧では,富士通のAndroid4.0~4.4は「画面共有」がダメとなっているが,USB接続(Android側デバッグモード有効)でのPC(Windows10)接続では,問題なく画面表示・操作できた。(これが「ブーストモード」のことだったようだ。)

http://androidlover.net/airdroid
AirDroid(エアードロイド)の使い方と設定方法まとめ。
Posted on 7月 19, 2015

https://blog.goo.ne.jp/ashm314/e/e5b8ce3a29532ef7b4d55af6490c1131
Nexus 7 (2013) 奮闘記 (88) - AirDroid -- Windows からスマホ(Android)を遠隔操作 - 北の窓から(芦田っち)
2016-11-06

https://www.spyzie.jp/spy-app/how-to-use-airdroid.html
AirDroid-遠隔操作ソフトAirDroidの使い方は?

https://blog.kaspersky.co.jp/airdroid-scam/11913/
サイバー犯罪者がフリーランサーを欺く手口 - カスペルスキー公式ブログ
2016年7月12日

※ 犯罪者による「AirDroid」悪用の手口。必読か。

https://shnk38.com/android/apk/f5321-teamviewer-host/
スマホをパソコンから遠隔操作する方法 - エンジニアの休日
2017/8/6

以上

|

« 読書に利用できるサイトの試行(1) Readee | トップページ | 読書に利用できるサイトの試行(1)Readee(続):PCで使うための周辺ソフトの価格比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCからAndroidをリモート操作「Vysor」。ほか,Mobizen,MirrorGo,AirDroid,TeamViewerなども試した。:

« 読書に利用できるサイトの試行(1) Readee | トップページ | 読書に利用できるサイトの試行(1)Readee(続):PCで使うための周辺ソフトの価格比較 »