« Cambridge英英和辞典をWindows10で(その3)「QuickAction」と「EBWin4」 | トップページ | ホテイアオイを今年もメダカ水槽に(プランターに水を張って) »

2018年4月16日 (月)

「パシフィック・リム:アップライジング」 (Pacific Rim Uprising)を見てきた。

「パシフィック・リム:アップライジング」 (Pacific Rim Uprising)を見てきた。

 公開3日目。昨晩2018-04-15(日),20:40から始まるレイトショーで,見てきた。だいたい20人くらいか。私の済んでいる近辺では,残念ながら3D上映はなく,2D字幕・2D吹替のみ。そして,レイトショーは字幕のみ。
 前作では,3D字幕と2D吹替があり,その各々を見たものだ。声優陣が豪華で,さらにはマジンガーZへのオマージュで,原作「エルボー・ロケット!」を「ロケット・パ~ンチ!」と吹き替えるなどの遊び心があった。(さすがに,パイルダー・オン!とかブレストファイヤーとかのセリフはなかったな。近いシーンはあったのだけど。) 一方,字幕版は,秘密の会話を(周りの人に気づかれないように)日本語で行うとかのシーンとかがはっきりわかって(吹替版だと気づきにくい),字幕版は字幕版の良さもあったのだ。 とはいえ,吹替の良さは,字幕だと字を目で追うため,映像への注意が散漫になりやすいのを防ぐ効果。3D吹替と2D字幕だったら良かったのに,とつくづく思ったものだ。
 さて,続編の今回。展開はスピーディー,申し分なし。前作の登場人物も複数出てきて,イメージをうまく活用している。してやられた!と思った箇所も結構有る。しかし・・・1作目を超えることは叶わなかった気はする。ドリフトによる和解・共有,そして,異生物とのコミュニケーション。怪獣とコミュニケーションできるなら,ペット(フェレットや亀)とのコミュニケーションも取れるのではないか。1作目が単なる怪獣映画にとどまらなかったのは,このドリフトのアイディアが秀逸だったからだ。
 ノベライズ版やコミック版(パシフィック・リム:イヤーゼロ)にはドリフトについてもっと詳しい記述もあった。この続編のノベライズ版(小説)も読んでみることにしよう。翻訳だと,角川文庫(Kindle版あり)だが,洋書だと,
  (a) Pacific Rim Uprising: Official Movie Novelization 2018/3/27 Alex Irvine
  (b) Pacific Rim Uprising: The Junior Novel (English Edition) 2018/3/27 Becky Matheson
  (c) Pacific Rim Uprising: Ascension 2018/3/13 Greg Keyes
がある。(c)は,前作と今回作をつなぐ内容らしい。最近読んだ「マジンガーZ インターバルピース」みたいなものか?

まだ,発売から間もないためか,レビューや評価は少ない。 https://www.goodreads.com/ が今のところ一番多く,
といったところ。
  (a) 3.88 avg rating - 16 ratings - 6 editions
  (b) 3.48 avg rating - 21 ratings - 3 editions
といったところ。前作だと
  (d) Pacific Rim: The Official Movie Novelization by Alex Irvine
    3.77 avg rating -1,841 ratings - published 2013 - 15 editions
の評価。まずまずといったところか。

以前は,電子書籍は,e-inkタブレットのあるKindleやKoboを選んでいたが,日本語翻訳版だと,Google Play Booksの朗読機能も捨てがたい。洋書ならKindleでも,Kindle Keyboard(International版)や,Kindle Fireで読み上げ機能を使えるのだが。和書で,Google Talkback(Android)とKindleアプリ併用で本を読み上げさせた場合,改ページ箇所の日本語が読み飛ばされる現象が起きて使い物にならなかったが,洋書ではどうだろう?(試していない)。

洋書の場合,英和・英英辞典以外にも購入した辞書(COBUILD)も使えるKindleが一番優れている(Eink端末もAndroidアプリも)。KoboはEink専用端末なら英和も使えるが,AndroidアプリやPC版では英英辞典しか使えない。Google Play Books(Android)は英英辞典だが,Google翻訳(英和)も使える。

2018-04-16 懶道人(monogusadoujin)

|

« Cambridge英英和辞典をWindows10で(その3)「QuickAction」と「EBWin4」 | トップページ | ホテイアオイを今年もメダカ水槽に(プランターに水を張って) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パシフィック・リム:アップライジング」 (Pacific Rim Uprising)を見てきた。:

« Cambridge英英和辞典をWindows10で(その3)「QuickAction」と「EBWin4」 | トップページ | ホテイアオイを今年もメダカ水槽に(プランターに水を張って) »