« 「パシフィック・リム:アップライジング」 (Pacific Rim Uprising)を見てきた。 | トップページ | ビタミンC原末を炭酸飲料に入れる »

2018年4月17日 (火)

ホテイアオイを今年もメダカ水槽に(プランターに水を張って)

 最初は,亀の餌のつもりだった。ホテイアオイ(ホテイ草・布袋草)。底に栓のできるタイプ(水を張ることのできるタイプ)で,側面上部に余計な水が流れる出るように穴が多数空いた,ちょっと変わったプランター。ボーフラ対策にメダカ(ヒメダカ)を入れて,密閉型フィルターに入れていた多孔質の石を,プランターの底に敷いた。また,陶器製のブロックを,メダカの隠れ家用に何個か入れている。
 結局,ヒルがついたので,ホテイアオイを亀の餌にするのは止め,純粋に増えて花が咲くのを楽しみにしている。メダカが自然繁殖していくのも楽しい。もう十数年経つが,よくも壊れずに持っているものだ。
 今年(2018年),4月3日に,冬の間に枯れたホテイアオイを除去した。アオミドロと一緒に,昨年入れたキンギョモも無くなってしまい,さびしくなっていた。メダカは7~8匹ぐらい残っていた。ほぼ毎日メダカの餌を与えていたが,メダカの産卵場所や稚魚の隠れ家が必要だ。近くのホームセンターではまだホテイアオイは売ってなかったが,亀やフェレットや熱帯魚を扱っている(もちろん,犬猫ハムスター等も居る)ペットショップへ行ったら,ホテイアオイがあったので,1株150円(税別)で,4月15日に入手し,プランターに浮かべた。
 ホテイアオイはアカミミガメやフェレットと同じく外来種。たった1株が秋・冬に枯れるまでに,プランターを覆うほどに増殖する。花はたった1日しか咲かないが,淡い紫色のきれない花をつける。増えたホテイ草の間をメダカの稚魚が泳ぐ。そういったことが,楽しい。
 花が咲かない年もあったし,液肥をやってもダメなときはダメ。だいぶ泥が溜まってきたし,そろそろその辺も対処しなければならないのかも。

2018-04-17 懶道人(monogusadoujin)

|

« 「パシフィック・リム:アップライジング」 (Pacific Rim Uprising)を見てきた。 | トップページ | ビタミンC原末を炭酸飲料に入れる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテイアオイを今年もメダカ水槽に(プランターに水を張って):

« 「パシフィック・リム:アップライジング」 (Pacific Rim Uprising)を見てきた。 | トップページ | ビタミンC原末を炭酸飲料に入れる »