« Google純正のToDoリストアプリ(Android)が登場。でも,ダメだった。階層化に対応していない。 | トップページ | 古いマニュアル処分 »

2018年5月 5日 (土)

復活のFleksy

復活のFleksy

 世界最速スマホ文字入力アプリ「Fleksy」が,KDDI研究所の協力で日本語対応したのは,2年前(2016年1月)。しかし,気がつくと,いつの間にか日本語辞書をダウンロードできなくなっていた(2016年6月)。しばらくは,Google Play以外のAPKバックアップサイトで旧版をインストールすれば日本語辞書をダウンロードできたが,そのうち,完全に不可能になった。
 先日(3月末頃),たまたま,Google Playストアで「Fleksy」を見たところ,近日日本語対応のアナウンスが入っていた。で,気がついたら,ついに日本語対応し,復活を遂げたという訳だ。以前は有った「日本語(JP)-Beta」の「-Beta」の文字が消えている。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.syntellia.fleksy.keyboard
   Fleksy + GIF Keyboard

 ユーザーレビューを見ると,
  「Fleksy 2018年4月5日
   Good news! We launched the Japanese language in today's release,
   so you can now say Arigato :-)
   And if you're happy, pls review your rating! Happy typing!」
なるレビュー回答(公式)が掲載されている。当方Google Play アプリのバージョン自動チェックをしてくれる「Wish Registry」が不調で(当方記事2018-03-26,その後2018-04-02頃から不調),見落としていたのが残念だ。

 基本操作は以前と殆ど変わらない(私はQWERTY配列で使っている)。だが,「エクステンション」で,一番上に独立した数字行を表示できるようになったのは便利だ。サイズも変更できるようになったので,数字行を表示した分,少しキーボードサイズを小さくした。また,「ホーム列を表示」をONにすると,QWERTY配列の真ん中の行の色が変わったりする。(これは,「テーマ」を変更しないと気づきにくいかもしれない。初期値の白いキーボードだと色の変化がわからない。) これらは,日本語化の前からかもしれないが,確かに以前より良くなったという感じはしている。

 「Fleksy」の良さは,長文入力にある。Fleksy同様,間違って隣のキーをタッチしたようなことを検出し,正しい文字列の候補を表示してくれる「SwiftKey」の場合,入力文字列が長くなると,予測変換にもたつき,応答性が一気に悪くなる。しかも変に確定したりスペースが入ったりとかして,長文入力後に修正するのは大変だ。誤入力修正機能のない他の日本語入力(ATOK,FSKAREN,Gboard,ほか)も長文入力して,後から分節単位に変換(誤入力訂正),確定していくのは大変。(試しに,「東京特許許可局の局長さん」(とうきょうとっきょきょかきょくのきょくちょうさん=toukyoutokkyokyokakyokunokyokutyousan)とか「坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた」(ぼうずがびょうぶにじょうずにぼうずのえをかいた=bouzugabyoubunijyouzunibouzunoewokaita)を一気入力して比較してみればわかる。その点,「Fleksy」は,入力を終えて,スペースまたは右スワイプすると,文節認識し,文節単位に変更・確定(スペースキーで。文末まで正しい場合はチェック印のタップで全確定)するタイプなので,長めに文字入力しても全然問題ない。思考のリズムで入力できる利点がある。ただし,辞書に無い語や,隣のキーの語の方がよく使われる語だったりすると,思うような変換ができないこともある。そういった場合,ATOKとかに一時的に切り替えて入力するようにしている。ほか,キーの文字が大きめなのも良く,老眼には見やすく助かる。
 ただ,SwiftKeyやGboardみたいな,英単語入力時に,指を液晶パネルからはずさずに,なぞり書き入力するような機能は,Fleksyにはない。その点がちょっと残念。

2018-05-05 懶道人(monogusadoujin)

【関連記事一覧】Fleksy
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/androidfleksy-1.html
20160311 : 誤入力を自動訂正してくれる「Fleksy」(フレクシー),癖と注意点

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/amazon-appsflek.html
20160520 : 偽アプリに一杯食わされた:Amazon Apps「Fleksy + GIF Keyboard」(開発者ILINK)

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/fleksy-636c.html
20160614 : Fleksy新版日本語サポートせず・旧版の入手先

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fleksyswiftkey-.html
20180129 : FleksyからSwiftKeyに乗り換えた

|

« Google純正のToDoリストアプリ(Android)が登場。でも,ダメだった。階層化に対応していない。 | トップページ | 古いマニュアル処分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活のFleksy:

« Google純正のToDoリストアプリ(Android)が登場。でも,ダメだった。階層化に対応していない。 | トップページ | 古いマニュアル処分 »