« ペコロスの母に会いに行く | トップページ | スヌーピーたちのアメリカ »

2018年5月31日 (木)

宇宙怪獣ゾーン

20180531_宇宙怪獣ゾーン
(SF名作シリーズ5)
バン・ボクト (著), 野田開作 (翻訳)
単行本: 180ページ
出版社: 偕成社 (1969/11/10)

 2018-5-23読了。子供時分に移動図書館で読んだ記憶有り。改めて読み直すと,原作というより原案といってよいほどの改作で驚く。最後の怪獣(?)も省かれている。政争は子供にはわかりにくいから省略したのだろうが,みんな仲良しでまるでスタートレック(TNG)。怪獣の恐ろしいイラストは面目躍如だが,本来球形のビーグル号が子供のイメージしやすいロケット風デザインなのも面白い。ずっとAmazonや楽天頼みだったが今回初めて「日本の古本屋」にあたり,安いが少々状態のよくないのを入手したが(表紙破れ),概ね満足。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LTHYXH8/
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LTHYXH8/midorigamefer-22
宇宙怪獣ゾーン

※ 原作: A. E. van Vogt 「The Voyage of the Space Beagle」
     (Kindle版は米国住所でないと不可。Kobo版有り。Google Playブックス無し)
  邦訳:
   宇宙船ビーグル号の冒険 2012/12/19
   A・E・ヴァン・ヴォクト、 能島武文(Kindle版・Kobo版あり)
   
   宇宙船ビーグル号の冒険【新版】 (創元SF文庫)2017/7/28
   A・E・ヴァン・ヴォークト、 沼沢 洽治(Kindle版なし,Kobo版なし)
   
   宇宙船ビーグル号 (ハヤカワ文庫 SF 291)1978/5/1
   A.E.ヴァン・ヴォクト、 浅倉 久志(Kindle版なし,Kobo版なし)

2018-05-31 懶道人(monogusadoujin)

|

« ペコロスの母に会いに行く | トップページ | スヌーピーたちのアメリカ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙怪獣ゾーン:

« ペコロスの母に会いに行く | トップページ | スヌーピーたちのアメリカ »