« F-10DのFMトランスミッター機能 | トップページ | Qriom YVR-R301(AM/FM RADIO RECORDER)を姪にゆずった »

2018年5月19日 (土)

Windows10バージョン1803での不具合

 Windows10バージョン1803(Windows10 April 2018 Update)を,当方端末では,2018-05-11より実施した。一日がかり(02:30~16:00。途中あるいは完了後にいろいろ不具合が発生したので,書き留めておく。

【概要】
(1) 途中(49パーセント)で,「いくつかのアプリをアンインストールする必要があります」が表示された。
(2) 「Backup and Sync from Google」(旧Google Drive)の同期設定が消えた。
(3) ソースネクスト社スーパーセキィリティのファイアウォールが無効化(Windows起動のたび)。

まだ,周辺機器のアプリ(スキャナ,ハンディGPS,ほか)で試してないアプリが多数あり,心配なところはある。
Androidと違ってWindows10の場合,同一機器でOSバージョンアップが長く続くのはありがたいのだが,今後半年ごとにこんな不具合に見舞われる確率が増すのかと思うと,うんざりするところもある。

2018-05-19 懶道人(monogusadoujin)

【詳細】
(1) 途中(49パーセント)で,「いくつかのアプリをアンインストールする必要があります」が表示された。

「いくつかのアプリをアンインストールする必要があります。
 これらのプログラムはアップグレードと互換性がないため,アンインストールする必要があります。
 DVD-RAM Driver Software /BD Driver Software (8行)」

「アンインストールして続行」とするも,「これらのアプリをアンインストールできませんでした。
 これらのアプリを自分で削除してから,(最新の情報に更新)を選ぶ必要があります。」

WEBで探してみたところ,下記の記事を発見。Windows XP時代に使用していた「DVD-RAM_LF-M660」のセットアップファイル群のフォルダを,ZIP化してバックアップの上,フォルダ削除したら,問題なく継続できた。確かにバグだ。

https://bxoster987.exblog.jp/27570555/
Windows10 Fall Creators Update 1709 インストール失敗 アンインストールすべきドライバ・アプリがない - under construction

https://ameblo.jp/toppi-567/entry-12345800468.html
DVD-RAMドライバのエラーでWindows10のアップデートができない - toppiのブログ

http://d.hatena.ne.jp/hentekoh/20171217
Windows Update 失敗を解決! - へんてこ日記

(2) 「Backup and Sync from Google」(旧Google Drive)の同期設定が消えた。

 同期フォルダの場所(標準設定から変更してある)など,設定がダメになって,同期できなくなっていた。アンインストールし再インストール・再設定したが,全ファイル同期に半日ぐらいかかり,意図的に削除したファイルがクラウドから復元されてしまったり,意図せず重複ファイルが作成されたりとか(重複チェックのバッチやアプリでチェック),面倒だった。

(3) ソースネクスト社スーパーセキィリティのファイアウォールが無効化(Windows起動のたび)。

・Windows10起動のたびに,「通知」に,ファイアウォール無効の警告が出る。

http://www.sourcenext.com/support/qa/?faq=BD-09302
「Windows 10 April 2018 Update」適用後、Windows 10のセキュリティとメンテナンスでセキュリティ状態が無効になる
【スーパーセキュリティ】|ソースネクスト総合サイト

  http://www.sourcenext.com/support/qa/?faq=BD-08494
  再インストールの手順は?(すでにインストールされている場合)
  【ZEROスーパーセキュリティ-Ver.21】|ソースネクスト総合サイト

に情報があった。手順により,削除ツールの実行,アンインストール,再インストール(&再ログイン)して直った。
しかし,設定はすべてクリアされたので,ランサムウェア対策設定(身代金ウイルス対策,除外アプリの追加設定)やパスワード管理など,すべてやり直しとなった。

・起動直後にハードディスクの負荷100パーセントが長く続くので調べてみたが,Windows Defenderのリアルタイム検索やら何やらが勝手にONになっていて,競合していたみたいだ。片っ端からDefenderの設定をOFFにした。スーパーセキュリティ側で保護されているので問題なく,実際,「Windows Defender セキュリティセンター」ではDefender側設定無効化でも,すべて正常(オール・グリーン)。「保護されています」が表示される。

・Chromeでの「自動操作」がどうもうまく作動しない。ID,パスワードをスーパーセキュリティ側で管理・自動入力する機能だ。IE(Internet Explorer)側ではちゃんと作動するみたいだ。スーパーセキュリティを再度インストールしなおしたが,効果なし。Chromeをアンインストール&再インストールしてみたところ,「スーパーセキュリティ パスワード管理」が復活した。(しかしなぜか2つインストールされている。バージョンを見ると,21.0.23 と 18.21.5。古い方を削除し,新しい方を有効にした。) Amazonへのログイン時にちゃんとウィンドウが一瞬表示されてパスワード記録したとの表示も出るようになった。(パネル表示からの確認でもちゃんと登録されているのを確認できた。) Search Centerの設定はすべて消えてしまっていたので,バックアップからの復元が必要になった(やれやれ)。

以上

|

« F-10DのFMトランスミッター機能 | トップページ | Qriom YVR-R301(AM/FM RADIO RECORDER)を姪にゆずった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows10バージョン1803での不具合:

« F-10DのFMトランスミッター機能 | トップページ | Qriom YVR-R301(AM/FM RADIO RECORDER)を姪にゆずった »