« iPhone情報整理術 | トップページ | クラウドどこでも勉強術 »

2018年6月15日 (金)

クラウド情報整理術

クラウド情報整理術
エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる!
村上 崇  (著)
単行本: 208ページ
出版社: 日本能率協会マネジメントセンター (2010/9/5)
ISBN-10: 4820717901
ISBN-13: 978-4820717904

 2018-6-6読了。嘘ばっかりと突っ込みたくなる箇所が最初に有り,めげそうになった。クラウドが高性能なのでPC側の性能不要(p16)/USBメモリは上書きミスが怖いがクラウドは安全(p18),とか。Googleリーダーも廃止になったなぁ。Evernote勧めていながらGmailより検索弱いと書いてたり(p82)。Gmail側から他のメールを見るやり方(p86)は同期遅いから転送がいいのになぁ。本はハズレあるからブログが良いとか(p110),流し読みとか読み飛ばしとかのテクあるよ。しかしまぁ,参考になる箇所はいろいろ有った。

 「Googleデスクトップ」(p43)も今はないなぁ。しかもこれ,ファイルの最初部分しか見てくれないので(インデックス作ってくれないので),長文資料には役立たなかったっけなぁ。iPhoneのカメラ当時貧弱だったから外部のデジタルカメラを勧めているが(p70),今は内蔵でいいだろうなぁ。OCRだって充分だ。

 Googleアラートをメールではなくフィード(RSS)で行う手法は参考になるかも。確かにメールだと件数多くてチェックが大変な割には有用な情報が少なくて,そのうち使わなくなった記憶がある。

 インタビュー記事の「秀丸エディタ」で「記号を入れればアウトライン表示」が便利で,Dropbox併用で使っている話は,私と似ているなぁ,と思った。著者はEvernoteを勧めているが,特定サービスに依存した仕組みは廃止になったときに大変だ。テキストファイルをオンラインストレージ(+PC同期)に保存するやり方なら,そういった心配はないし,DropboxよりはGoogle Driveの方が全文検索機能は優れている。「記号を入れればアウトライン表示」の箇所はもっと詳しく説明して欲しいところだったが,「知子の情報」の「市ジャンプ」みたいなものだろう( http://www.teglet.co.jp/tp/soft/tompro/spec.html )。「知子の情報」は当時DOS版だったかWindows3.1版だったかが出てすぐに購入したが,当時の容量少ないハードディスク対応のために巨大ファイルを作る仕組みが災いしてデータ破損したことから,普通のテキストエディタで小さなテキストファイルを保存するやり方に変えて今に至っている。昔のHDDは容量少なくて,クラスタサイズの制約から小さなファイルが多いと無駄になるために「知子の情報」では巨大ファイル方式にしたのだろうが,今なら大容量も安価なので問題にならない。もっとも,今のバージョンは最初の頃と同じ仕組みとは限らない。対策が取られていることだろうとは思う(当時も整合性チェックの機能はあった)。

 で,この本は,中古500円で購入。それ以上の価値はあったと思う。中学生の姪に譲ろう。(6/30追記:やっぱり止めた。新しい本がよいだろう。)

https://www.amazon.co.jp/dp/4820717901/
クラウド情報整理術
エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる!
村上 崇

2018-06-15 懶道人(monogusadoujin)

|

« iPhone情報整理術 | トップページ | クラウドどこでも勉強術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラウド情報整理術:

« iPhone情報整理術 | トップページ | クラウドどこでも勉強術 »