« Be VALUE 振動スピーカー「BDSP-F10L サラウンドスピーカー」 | トップページ | ホテイ草が今年も咲いた »

2018年7月30日 (月)

ゼンマイ時計が出てきた~ガラス破損しているが作動する

20180730_ゼンマイ時計が出てきた~ガラス破損しているが作動する

 2017-05-13部屋を整理していて再発見・写真撮影。20年ぐらい前に東京駅の地下の売り場で購入したもの。ガラス製・金属製・そしてゼンマイ式だ。ベッドから落としてガラスにヒビがはいってボンドで補強したが,充分動く。ニワトリの首がコッコッと動き,愛らしい。時計のゼンマイと,目覚まし用のベルのゼンマイとは別になっている。温度によって,あるいはゼンマイのヘタリ具合によって進んだり遅れたりするので裏に微調整用のつまみがある。
 結構,カチコチ音が大きい。慣れればどうということはないが,スマートフォンでイビキや寝言・物音を自動録音するタイプのアプリを使っている関係もあり,押入れにしまってずっと使わないままになっていた。
 子供の頃(もう40~50年くらい前になるのか),枕元にあったのは,これとは違うがやはりゼンマイ時計だった。秒針がサッカーボールになっていたように記憶している。ゼンマイが切れたかヘタって動かくなくなったような記憶がある。「古(いにしえ)の時計」のムック本など長く買っていたのは,このときの幼児体験が大きいような気がする。
 いまやスマートフォンで,音声時計が簡単に実現できる時代。起きてから出社まで1分ごとに報時とか。家事の際に5分毎に報時とか(音楽再生と重ねて)。複数アプリを併用するとか。電池式と違い,必要なときにだけ(実家帰省の折にだけとか)作動させられるのがゼンマイ式時計の便利だったところだが,もう使うことはあるまい。手でゼンマイを巻いてやる行為は,息を吹き込むというか,命を吹き込むというか,そんな感覚にとらわれることがあり,愛着を感じる点ではあるのだが。
 ・・・・そういえば,最近毎日使っている「くるくる体温計」も,ゼンマイとは違うが,ハンドルを回転して電気を起こしてコンデンサに充電して電子式体温計として使う方式で,なんか通じるものがあるなぁ。

2018-07-30 懶道人(monogusadoujin)


|

« Be VALUE 振動スピーカー「BDSP-F10L サラウンドスピーカー」 | トップページ | ホテイ草が今年も咲いた »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼンマイ時計が出てきた~ガラス破損しているが作動する:

« Be VALUE 振動スピーカー「BDSP-F10L サラウンドスピーカー」 | トップページ | ホテイ草が今年も咲いた »