« 所さんの目がテン! 20180708「カメ博士が世界的発見」 | トップページ | 時短ビデオ再び:Chrome拡張機能「Video Speed Controller」 »

2018年7月11日 (水)

ブースター

20180711_
 日本テレビの「所さんの目がテン! 20180708 カメ博士が世界的発見」を録画しようと,久しぶりに地デジチューナー(いまだに家のテレビはアナログだ)の電源を入れたら,あろうことか,日本テレビのチャンネルが映らない。というか派手なモザイク状態。ときどき電波が弱いといったメッセージが表示される。
 ブースターを押入れからひっぱりだしてきてつないだら,ちゃんと映った。地デジチューナー(Uniden DTH11)には「アンテナレベル」表示機能があるので,ブースター接続前後で比較してみた。ブースターはUHFの感度を最大にした(写真)。

UHF チャンネル:ブースターなし→有り
13  1 NHK総合 :72 → 88
26  2 Eテレ  :51 → 64
32  3 テレ玉 :81 → 93
25  4 日テレ :51 → 60
24  5 テレ朝 :51 → 59
22  6 TBS :54 → 64
23  7 テレ東京:52 → 60
21  8 フジ  :51 → 68
16  9 MX  :37 → 42(映らない)

 録画したものを見直すと,番組途中で1分ぐらいのブランク(真っ黒)があり,これは以前も今回の録画準備中にも発生したので,地デジチューナーの寿命かもしれない。ほとんど使ってないのだが。タイマーセット機能の無い地デジチューナー(PIXELA PRD-BT102-PA1)も持っているので,そちらにつなぎかえて,録画が必要なときにはつけっぱなしにして昔のアナログタイプのハードディスクレコーダーで録画予約すればよいだろう。なんとローテクな。

 アナログ時代はCMカット機能やら時短機能(無音部分をカットして話速を上げる工夫。甲高い声にならない工夫あり。サンヨー製VHSビデオに機能あった)やら,番組表のキーワードによる横断検索とか,いろいろ便利機能があったのが,だんだん便利機能が失われて,時短できなくなり,気づくとすっかり地上波テレビや衛星放送(スカパーとか)に興味がなくなっていた。今回のようなことがなければ,テレビを見なくてまったく平気。Amazon Prime会員だからいろいろ見れるし,YouTubeや他のサービスもいろいろある(あんまり動画見ないけど)。ただし,時短機能が使えるやつは殆どないので(MP4としてダウンロードできるものを除く),その意味では,以前より環境は悪化している。

 だいぶ以前,日本カメ会議で,「アニマルプラネットで亀を観る(2002)」とか発表したことがあるが,あれはまさしく時短機能で,番組を見まくった結果のものだったなぁ。

2018-07-11 懶道人(monogusadoujin)

|

« 所さんの目がテン! 20180708「カメ博士が世界的発見」 | トップページ | 時短ビデオ再び:Chrome拡張機能「Video Speed Controller」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブースター:

« 所さんの目がテン! 20180708「カメ博士が世界的発見」 | トップページ | 時短ビデオ再び:Chrome拡張機能「Video Speed Controller」 »