« Amazon Echo Dotにフックを付ける | トップページ | 歯のかぶせものが取れた »

2018年8月 9日 (木)

昔のPC用スピーカ出てきた

20180809_pc 押入れを整理していて,昔のPC用スピーカが出てきた。サンワサプライ製,MM-SP61マルチメディアスピーカー。ACアダプタではなく,ACプラグのケーブルが付いている。今ならUSB給電だろうけど。電源供給があるということは,アンプ内蔵。そしてちゃんとボリューム(音量調節用つまみ)が付いている。(アンプ内蔵でもボリューム無いものも有るからね。) また,スピーカ同士はケーブルで直付け。つまり延長ケーブルを挟んで距離を長くするとかが出来ない。
 確かサン電子の「トークマスター2」購入時に,ユーザーアンケート当選だかでの貰い物だったような記憶がある。スマホサイズのコンパクトな筐体は音はあまり良くなかったので,それを補う意味はあったろう。他のMP3プレーヤーでヘッドホン(インナーホン)でフェレットの散歩中に録音した番組を聞くのが当時習慣だったので,つまりはスピーカで聞くことはあまりなかったので,使わず押入れにずっとしまいっぱなしになっていたという訳だ。中古ショップへ持ち込むつもりだが,はたして売れるだろうか・・・。
 トークマスター2自体は,AM/FMラジオをタイマーでSDカードへ録音できる当時画期的な機器だったが(その後ハードディスクにMP3録音できるオリンパスのRadio Server VJ-10を買ったっけ),今ではインターネット経由で過去放送がストリーミング再生できる時代になったため,枕元にはあるのだが共にずっと使っていないなぁ。MP3を編集できるPC用フリーソフト「AudioEditor」( https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se143192.html )も今もPCに入っているが,ずっと使っていない。「SuperTagEditor」( https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se139061.html )も使ったりしたが,仕様が変わったためか対応しないMP3ファイルも結構有ったっけ。

 久しぶりにサイトを見たら,修理サポート(保守サービス)が終わっていた。月日の流れるのは早いなぁ。リコール電池交換済みだからその点は問題ないが。
   http://www.sun-denshi.co.jp/sc/talkmaster/
   トークマスターII、slim 保守終了のお知らせ
   2017年3月28日
   『2018年3月31日までの受付分をもちまして
    「トークマスターII・slim」の修理サポートを
    終了させて頂きます。』

ラジオサーバーの方はこんな記事もあった。当時,気づいてなかったかも。
   http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0703/23/news011.html
   レビュー:ラジオサーバー「VJ-10」は本当に「サーバー」か
   2007年03月23日

2018-08-09 懶道人(monogusadoujin)


|

« Amazon Echo Dotにフックを付ける | トップページ | 歯のかぶせものが取れた »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔のPC用スピーカ出てきた:

« Amazon Echo Dotにフックを付ける | トップページ | 歯のかぶせものが取れた »