« フェレット用品廃棄 | トップページ | 度数調整できるメガネ(アドレンズ スペアペア)を試してみた »

2018年8月24日 (金)

原付のハンドルに百円時計を取り付ける

20180824_原付のハンドルに百円時計を取り付ける

 「次は百円ショップで非防水タイプにラップを巻いて使えるか試してみようと思う。ずっと取り付けたままだから高価なのは(盗難されてもいやだから)必要ない。」と書いた件。

 最初はAmazonでカシオの安価なデジタル腕時計を探した。800数十円ぐらいだった。近所のホームセンターを見たが,500円ぐらいで日常生活用防水の時計がないかと思ったが,ダメだった。結局,百円ショップで腕時計を買い(非防水),ラップを巻いて,上下に輪ゴム2つ(予備の意)を巻いて雨の侵入を防ぐ形で,ハンドル(左右の方向指示器のバーとブレーキのケーブル)に巻きつけてみた。当面これで様子見。駐車場には一応屋根があるので大丈夫だろう。電池はLR41。百円で2つ手に入るやつだね。

ラップを巻くと時刻調整はできないが,数分の誤差は気にしない。標準時刻(スマートフォン)との時差がわかっていれば,頭の中で補正すればよいだけの話だ。スマートフォンを運転中に見るのは自殺行為だし,信号待ちの際に見るのも面倒だし,音声時計は街なかでは恥ずかしい。気軽にハンドル部分で見れるのが便利。

ちなみに腕時計の左横のは,eTrex Legend(単三2本で作動するGPS)のホルダー。遠出をするときは便利だが(強い日の光の中でも見える反射型液晶),街なかでは使わないので本体ははずしている。

2018-08-24 懶道人(monogusadoujin)


|

« フェレット用品廃棄 | トップページ | 度数調整できるメガネ(アドレンズ スペアペア)を試してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原付のハンドルに百円時計を取り付ける:

« フェレット用品廃棄 | トップページ | 度数調整できるメガネ(アドレンズ スペアペア)を試してみた »