« コンビニでPDFが印刷できなかった件 | トップページ | フェレット用品廃棄 »

2018年8月22日 (水)

原付のハンドルに取り付けていた腕時計がとうとうダメになった

20180822_
 長らく(おそらく10年近く)使っていた腕時計がダメになった。カシオのF-105。バンドがダメになり(バンドの金具をどこかに紛失してしまい),百円ショップで買ったバンドを細い針金に通して取り付けて,原付(バイク)のハンドルに取り付けて使っていた。電池は5年ぐらい持つタイプだったが,倍くらい持った感じ。さすが耐久性がある。
 分解して電池交換したが(CR2016のよくあるタイプ),液晶復活せず,液晶の耐用年数を超えたのだろうと推測している。ずっと屋外で野ざらし(雨ざらし)~屋根はあるが~だったので,よく持ったものだと感心している。小さなバネの部品がはずれているのを見つけたが(写真中央),どこからのものだか,影響がどうかもわからない。
 廃棄処分で,次は百円ショップで非防水タイプにラップを巻いて使えるか試してみようと思う。ずっと取り付けたままだから高価なのは(盗難されてもいやだから)必要ない。もともと原付専用に買ったものでもなく,手首が蒸れるのが嫌で懐中時計に切り替えてからは余っていたものだ。一番最初に取り付けたのは百円ショップで買った200~300円ぐらいの防水タイプのアナログ腕時計だったが,電池が特殊で入手できなかった記憶がある。
 「古の時計」(いにしえのとけい)の雑誌を長く買っていたから(数年前大部分を処分してしまったが),非防水の懐中時計なら余っているのだが,案外,バイクには取り付けにくい。ラップを長く巻けばよいかもしれないが。今度の週末にでも試してみるか。余計な出費を抑えられるかもしれないし,画面も大きい方が見やすいだろう。

2018-08-22 懶道人(monogusadoujin)

|

« コンビニでPDFが印刷できなかった件 | トップページ | フェレット用品廃棄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原付のハンドルに取り付けていた腕時計がとうとうダメになった:

« コンビニでPDFが印刷できなかった件 | トップページ | フェレット用品廃棄 »