« 処分:対局時計DIT-10 | トップページ | 刃が自動で引っ込むナイフ »

2018年8月 3日 (金)

音声クロックを枕元用に改造

20180803_音声クロックを枕元用に改造

 2018-05-13撮影。セイコーの音声時計DA207Sを枕元にセットしたが,音量を(大・小)の「小」にしてもなお音が大きい。枕元用としては,のことだが。そこで,ダンボールを使って,改造(一工夫)することにした。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B0049K5E80/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0049K5E80/midorigamefer-22
   SEIKO CLOCK (セイコークロック) 目覚し時計 POCKETTALK ポケットトーク デジタル 音声 電波時計 DA207S
   セイコークロック(Seiko Clock)

表と裏の両面にスピーカ穴が有る。これを塞ぐことにした。また,「音声:スヌーズ」ボタンが平らで押しにくいので,ダンボールを重ねて厚みを作って,寝ぼけまなこでもボタンを押しやすいようにした。スマートフォン用スタンドを使って,立てておくようにした。最後に,やっぱり1分ごとに15分間報時する機能は惜しいので,ダンボールを折り曲げて,その機能をONにできるように,空間を空けることにした。

 しかしまぁ,その後,パタパタ時計&ネオン球で薄暗い中でもすぐに時刻がわかるような仕組みにしたので,あまり役に立っているとはいえない状況ではある。中古スマートフォン2台目,3台目で,音声時計のアプリで,朝自動的に1分ごとに報時するようにしたこともあるし。

2018-08-03 懶道人(monogusadoujin)


|

« 処分:対局時計DIT-10 | トップページ | 刃が自動で引っ込むナイフ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音声クロックを枕元用に改造:

« 処分:対局時計DIT-10 | トップページ | 刃が自動で引っ込むナイフ »