« Aterm HT100LNを検討中/Amazonカスタマーレビューへのコメント | トップページ | Google Home Miniを壁掛け(百円ショップのじゃがいも用ネットで) »

2018年10月21日 (日)

Kindle Fire のKindleのKindleアプリで日本語読み上げ可能になってる!(スリープタイマーはダメ。Google HomeにBluetooth接続してもダメ)

Kindle Fire のKindleのKindleアプリで日本語読み上げ可能になってる!(スリープタイマーはダメ。Google HomeにBluetooth接続してもダメ)

 2017年4月末から実家の父に譲っていたAmazon Kindle Fire(第5世代,2015年末入手)を,父が不要というので回収,再設定した。驚いたのは,Kindle Fire搭載のKindleアプリで,日本語読み上げ可能になっていたこと。2018-07-14に,「Androidスマートフォン上でKindle本をAlexaで読み上げ可能になった(課題あり)」とか書いてた訳だが,当のFireでも日本語読み上げに対応していた訳だ。

 「その他の設定」で「読み上げ機能」OFF→ON に変え,「音声ダウンロード中:日本語」が表示され,Mizuki(日本語(日本)音声)で女性の声で読み上げる。音声は,Alexa(Amazon Echo)とはあきらかに違う。(Echoの方が流暢だ。) 洋書(英語)については音声をいろいろ選べる。アメリカ合衆国(USA)で男声(Joey)・女声(Salii)。ほか,イギリス,インド,オーストラリアとかも有る。設定→キーボードと言語 で,読み上げ機能の「デフォルト音声」で選択できる。

 速度は,0.7倍,1倍(等倍),1.5倍,2倍,3倍,4倍 を選べる。この点は,Alexaより良い点だ。

 欠点もある。スリープタイマーが無い。Bluetoothで,Google Home Miniにペアリングして,「ストップ」とか「xx後に止めて」というと,指示を受け付けるものの,実際には停止しない。残念! この点は,スマートフォンをGoogle HomeにBluetooth接続して,AlexaアプリでKindleアプリを読み上げさせた方が制御が効いてよろしい。 まぁ,素直にAlexaアプリを使ってKindle本を指定してAmazon Echoで読み上げさせた方が操作的には楽だし,スリープタイマーも章や節への移動指示も簡単なので,そちらの方がよいが。(実家からEcho Dotを回収してきたので,ふたたびいろいろ実験できることは良いことだ。)

 あらためてWEBを検索してみたところ,下記のものとか見つかった。

  http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2018/08/11/132227
  Kindle Fireは第7世代から、日本語の読み上げができるようになっていた - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
  2018-08-11

  http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2018/08/13/182315
  Kindle Fire HDの日本語読み上げ機能は、実質、トークバックっぽい - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
  2018-08-13

  http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20180915/p1
  KindleFireで日本語読み上げ機能を使う方法 - W&R - Jazzと読書の日々
  2018/09/15

公式ページにはいまだに(2018-10-21時点),「日本語の書籍は現在、読み上げ機能に対応していませんのでご了承ください。」とか書かれていたりする。対応したのは最近なのか?

  https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?ie=UTF8&nodeId=201829850
  Amazon.co.jp ヘルプ- 読み上げ機能を使用する
  「Fireタブレットでは、読み上げ機能を使用してKindleコンテンツを楽しむことができます。第4世代以降のFireタブレットのヘルプ」

2018-10-21 懶道人(monogusadoujin)

【補足】
・Kinde Fire(第5世代)タブレットは,2017年4月末に,壊れたスマホFREETEL Priori2 3G(FT142A)の代わりとして父に譲っていた。

・Yahoo防災速報や辞書アプリなど入れていたが,埃をかぶっていて使わないとのこと。

・市から,戸別受信機を渡されているとのことで,防災面ではそれで充分らしい。広辞苑の電子辞書(音声可)も別途あるので(2012年2月,シャープ 電子辞書 パピルス 50音キー配列モデル PW-AM500 を買って渡した),そちらの方も不自由していない。

・9月にセッティングしたモバイルルータnetindex NI-760S とAmazon Echo Spotが不調で,頻繁に電源OFF・ONが必要で父に迷惑をかけた。父も嫌気をさし,撤去してほしいとまで言う始末。結局,10月12日に片道3時間(新幹線2時間)かけて帰省し,以前当方旅行用として使っていたFREETEL FTW141A_aria(netindex NI-760S交換前に,リチウムイオンバッテリが膨らんで基板歪み,SIM取り出せないほどになったものと同型機)に交換したが,その際,不要だという機器群(Kindle Fire,Amazon Echo Dot)を回収してきた。Amazon Echo Spotは私がテレビ電話機能で連絡を取りたい~そちらの状況を見たいと強く主張して,そのまま置いていてもらうことにした。FTW141A_ariaには,「スマートフォン用充電ケーブル50cm/エコモード搭載 UC-ECO50」を取り付け,過充電防止を図った。これは一定程度(85%前後)充電すると給電停止し,その後90分後に給電再開を繰り返す特殊なケーブル。

・Kinde Fire(第5世代)は,2015年9月に4千円引(4,980円)で購入(2015-09-30)。配達は11/15。Fire用事故補償プラン(3年・落下・水濡れ等の保証付き,2,480円)も契約したが,結局問題なく過ぎてしまおうとしている。当時(2015年6月)はYahoo BB 8Mbps解約していて,FREETEL SIMの節約モードで夜間就寝時にAmazon Videoをダウンロードしておき翌日寝床で見るとかしていた記憶がある。結局は,MVNOでも高額になるとわかって(ネットワーク機器が増えたので),今度は安価になったYahoo BB 12Mbpsに再加入するのだが(退会後6か月経過必要。以前 8Mbps 3,128円→今回12Mbps 1,265円,5年限定だが)。

・昔から愛用のワープロ専用機(CASIO ダーウィン GX-700)が有り,印刷には不自由しておらず,メールも使わないのでPCも使わない。(スキャナ・プリンタはコピー用にときどき使う。) ワープロは一時期故障ということで2012年にもう1台同型機を購入したが,故障したはずのものが工場出荷状態にリセットしたら(店員さん操作を知らなかったらしい,お粗末!),使えるようになったとのことで2台で使いまわしている。変換ソフト(アンテナハウス コンバートスター17)をわざわざ買って,ワープロ文書(フロッピー)をWord変換してPC保存したのだが(2012年,故障したと聞きEeePC(ネットブック初代機)を持ち込んで変換したのだが,結局使ってない。当方32bit環境ではアプリ作動したが,64bitだとダメとも判明し,父が直接変換操作できないのも痛い。(今のバージョンは改善されているようだが,案内来ないなぁ。)

以上

|

« Aterm HT100LNを検討中/Amazonカスタマーレビューへのコメント | トップページ | Google Home Miniを壁掛け(百円ショップのじゃがいも用ネットで) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Fire のKindleのKindleアプリで日本語読み上げ可能になってる!(スリープタイマーはダメ。Google HomeにBluetooth接続してもダメ):

« Aterm HT100LNを検討中/Amazonカスタマーレビューへのコメント | トップページ | Google Home Miniを壁掛け(百円ショップのじゃがいも用ネットで) »