« 「レッサー音声切り替え」を試してみた(同時出力は不可) | トップページ | 古川駅「外来魚その一匹が川の命を消してゆく」 »

2018年11月 1日 (木)

ハンズフリー ミニ テレフォン ATT-3000R

20181101_att3000rハンズフリー ミニ テレフォン ATT-3000R

 部屋を整理していて出てきた。「パソコン通信」とかの時代のものだから20年以上前のものだ。イヤホンを片耳に入れて,イヤホンマイクで話すタイプ。両手が使えるので,固定電話でPCを操作しながらとかの長話に向いている。停電のときも,固定電話は給電されるから使える利点がある(災害対策!) ボリュームがなく,製品ごとの個体差で,音が大きすぎたり,小さかったりするのが大欠点。弟に1台譲っていたのだが,どこかにしまい忘れていて,いざ地震・停電のときは役に立たなかったらしい。インターネット経由での電話(SMARTalk,Skype,ほか)が可能な時代だから,固定電話での長話することはほとんどなくなった。実家もスピーカフォンがつかえるタイプにしたので(そういえば,こちらもそうだ),同時に話すと途切れたりはするものの,まず困ることはない。今回WEBで検索してみたが(「ATT-3000R オーディオテクニカ」),見つからない。「手ぶら」で話すスタイルの製品の普及はこの製品の後だったように記憶している。

2018-11-01 懶道人(monogusadoujin)


|

« 「レッサー音声切り替え」を試してみた(同時出力は不可) | トップページ | 古川駅「外来魚その一匹が川の命を消してゆく」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンズフリー ミニ テレフォン ATT-3000R:

« 「レッサー音声切り替え」を試してみた(同時出力は不可) | トップページ | 古川駅「外来魚その一匹が川の命を消してゆく」 »