« Amazonカスタマーレビュー掲載:ニコジャ(nicoja) くるくる体温計:電源ボタンが無いのでうっかり触れてOFFにしてしまったり,電池切れの心配なし。実測式なので時間は長くかかる。夏場は充電しづらい。 | トップページ | 朝日新聞社から原稿料届いた(図書カード)。有効期限にびっくり。 »

2018年11月27日 (火)

電子レンジ式アンカを自作

20181126_120181126_2電子レンジ式アンカを自作

 長らく使っていた,電子レンジ式足温器(レンジでゆたぽん,2個入り,白元)が壊れた。加熱時に内袋が破れてからジェルが出てきてしまった。外袋も破れてスースー空気漏れの音がする。2個セットで最後の1個だったのだが,廃棄処分。Amazonで探してみたのだが,このタイプはもう売っていないようだ。残念。

 さて,以前破裂・廃棄後,もう片方には,「温冷両用まくら」(OS-600EC,ケンユー,600cc)を使っていたのだが,本来127グラムに対して442グラムは重すぎた(重さは当方実測)。室内履きだからまぁ問題なかったけれど。で,よく考えるとジェルの成分にそう違いがある訳ではなさそうだ。「-23℃~+70℃位まで目的に合わせ使用出来ます。」「800kg(10mm/min)の重さに耐えれる,複合ポリエチレンを使用しています」が「温冷両用まくら」の売りな訳だが,「出力500W~600Wの電子レンジでジェル袋のみをタイマー3分間加熱して下さい」とあるのは,白元の127グラム2個計254グラムの「本体2個一緒に加熱してください。500W:2分30秒,600W:1分50秒,1000W:1分20秒」とそう大きく違う訳でもない。ということは,アイスマクラ用のジェルや,消臭剤の「吸水性樹脂」を使った湿潤タイプのジェル(ビーズ)でも代用できるのではなかろうか。袋はジッパー式のが使えるかもしれない。

 百円ショップへ行ってみたところ,二重ジッパーのフードバック(食品保存用袋,冷凍保存解凍用,ポリエチレン,耐冷温度-30℃,耐熱温度70℃,ジッパー下140mm×160mm,厚さ0.07mm,10枚入り)が売っていた。以前入手していた西友の「ジッパー式 冷凍保存パック」は,「ポリエチレン,耐冷温度-60℃,耐熱温度80℃,ジッパー下18cm×20cm,厚さ0.06mm,15枚入」なので,ジッパーは二重式ではないが,こちらも使えそうだ。

 ダイソーでは「ソフトアイスマクラ」(Soft gel ice pillow,1000グラム,成分:高吸水性樹脂,二価アルコール,防腐剤,水)200円を,ワッツでは,消臭剤(無香消臭,消臭ビーズでニオイを取る! 無香タイプ,360グラム,成分:植物抽出消臭剤,吸水性樹脂,非イオン界面活性剤,ビーズはプニュプニュしていて柔らかい)を100円で買ってきて,半量ずつ,ジッパー式の袋へ詰めた。

 口を開けた状態で,耐熱容器(電子レンジ用ラーメン鍋)に立てかけて入れて,重さ100グラムに対して500W 30秒の割合で加熱。熱くなった時点で,口を閉じて2つ折りにして,さらにもう1枚のジッパー付き袋に入れた(つまり二重袋。白元の元のが二重袋でジェルが赤色に着色されていて漏れるのがわかりやすいようになっていた)。空気はできるだけ抜くようにした。

 口を開けた状態で加熱する訳だから,破裂の心配はまず無い(立てかけた状態で自重でジッパーが閉じてしまわない限りは)。袋がダメになれば,別の袋に詰め替えればよいし,ジェルが乾燥してくれば(重さが軽くなれば),その分水を補給すればよいだろう。

 加熱の際にいちいち袋から出してジッパーの口を開けるのが面倒といえば面倒かもしれない。また,ジェルが透明だから,漏れがわかりにくいかも。白元のはジェルが着色されていてわかりやすかった。

 二度目の加熱を試してみたところでは,ジェル式だと,ジッパーの口の部分も触れたジェルでかなり熱くなっていたが,ソフトビーズ式のは,水の切れがよく,口が熱くなることはなかった。こちらの方がいい感じ。今回「無香」タイプにしたが,少しはニオイがする(嫌なニオイではない)。普通はジェルを取り出さないはずのアイスマクラのジェルもニオイがする。

 ソフトビーズタイプの消臭剤の方は「ご使用方法:お好きな容器(ガラス・プラスチックなど)に詰め替えてご使用ください。」「風通しのよい場所,直射日光のあたる場所では,持続時間が短くなります」と書いてあるから,電子レンジ加熱は直射日光での加熱と似たものだろうとも解釈はできるかも。まぁ無理筋ではあろうが。

 また,ソフトビーズタイプの説明書きには,「残ったビーズは水分を吸ってふくれて,排水口が詰まることがありますので,絶対に流さないでください。」,「容器に残ったビーズは紙などに包んでからお捨てください。」,「6か月を目安に使い切ってください。」ともあるので,その辺が使用上の注意ということか。消臭剤としての機能よりは,重さが減ったら水を足すことを考えているから,6か月にこだわる必要はなさそうだが,防腐剤は入ってないので,その辺が気になるかも。

 アイスマクラの方は,成分の「二価アルコール」が気になる。「エチレングリコール」なのだろうか。不凍液・毒性が気になる。食品と一緒に扱わない方が安心だ。もちろん,子供のいたずらにも。

2018-01-27 懶道人(monogusadoujin)

|

« Amazonカスタマーレビュー掲載:ニコジャ(nicoja) くるくる体温計:電源ボタンが無いのでうっかり触れてOFFにしてしまったり,電池切れの心配なし。実測式なので時間は長くかかる。夏場は充電しづらい。 | トップページ | 朝日新聞社から原稿料届いた(図書カード)。有効期限にびっくり。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子レンジ式アンカを自作:

« Amazonカスタマーレビュー掲載:ニコジャ(nicoja) くるくる体温計:電源ボタンが無いのでうっかり触れてOFFにしてしまったり,電池切れの心配なし。実測式なので時間は長くかかる。夏場は充電しづらい。 | トップページ | 朝日新聞社から原稿料届いた(図書カード)。有効期限にびっくり。 »