« 「バッテリーHDプロ」をKindle Fireで | トップページ | ブルーライト削減・原始的な方法(LCDディスプレイの設定操作) »

2018年11月 8日 (木)

新聞に投稿掲載された。しかし・・・

 久しぶりに新聞に投稿記事が載った。
   https://www.asahi.com/relife/dokusha/voice/11922895
   【読者会議】厳しくも温かい あの一喝
   朝日新聞Reライフプロジェクト
   朝日新聞 2018年11月04日 東京 朝刊 リライフ1

こちらから応募した。
   https://www.asahi.com/relife/enquete/survey/11795111
   忘れられない「怒られた思い出」は -
   11月のReライフ面アンケート-朝日新聞Reライフプロジェクト
   更新日:2018年09月07日

実際のところ,
  |募集内容:
  |「忘れられない『怒られた思い出』は?」
  |「あなたのスマホ活用法を教えてください」
  |の2テーマに関するアンケート
  
  |応募方法:末尾の「アンケートに答える」ボタンから必要事項を入力のうえ、ご応募ください。
  |応募期間:2018年9月7日(金)~2018年10月11日(木)締切

のうち,スマホ活用法をメインで書いたつもりだった。Amazon Echo Spotによる高齢の親見守りについて。その設問の前に入力要求されたのが,「忘れられない『怒られた思い出』」だった。それほど熱意を持って書いた訳ではなかったので,採用されるとは思ってもみなかった。実際当方のノート(日記)にも,9月13日(木)のメモとして「朝日新聞のアンケート(スマホ~スマートスピーカ Spotの高齢者見守り機能)」としか書いていない。

 10月9日の夜に電話がかかってきて,翌日あらためて電話取材したいとのこと。Echo Spotについていろいろ準備をして待っていたのだが(固定電話のハンズフリー機能 ATT-3000R でPCやスマホを操作しながら長電話できる体制を準備して),尋ねられたのは「忘れられない『怒られた思い出』の方。全然心の準備をしていなくて,あまりぱっとしない受け答えをしてしまったような気がする。実名を出してもよいですか?と言われたので,もう40年以上も前なのでいいですよ,と答えたはずなのだが,結局匿名になってしまった。

 11月1日夜に電話がかかってきたのだが,とりそこねた。迂闊にも朝日新聞社からの電話と気づかず,必要ならもう一度かかってくるだろうと思って,鷹揚に構えていたのが失敗だった。翌日かかってきたときには,ちゃんと電話を取ることができた。いよいよ掲載が決まったとのこと。ただし締切が前日だったので,匿名での掲載となってしまうとのこと。以前実名OKと言ったはずなのだがとは思ったが,どうしようもない。

 前日電話とりそこねたとき,以前の着信履歴を確認して電話をかけてみればよかったのだが,そこまで気が回らなかった。昔のワン切り詐欺の記憶があったのがまずかったか。固定電話回線を確認してみたところ,ATT-3000Rのボタンが押しっぱなしの状態になっていて(近くの衣装扉を開けたときにひっかかったか),外から電話を受けられない状態になっていた。大失態。だからスマホに電話がきたのだろうが,Androidバージョン違いかアプリの違いか当方以前使ってたのと操作が微妙に違っていて,とりそこねてしまった訳で,無念だ。

ただ,考えてみれば,結構微妙な内容なので,これでもよかったのかなぁ,とも思っている。

 興味深いことに,昨日の記事
   https://digital.asahi.com/articles/DA3S13757858.html
   (花まる先生 公開授業)いじめといじり、境界は
   2018年11月7日
にも,いじめたつもりがない「いじり」と「いじめ」の境界をどう考えるかといったテーマが出ていたりする。(「いじり」というこの言葉の使い方は初めて知った。) 先取りする形になったのは偶然ではない気がする。

また,10月10日の電話取材のとき,事件の後心がけたのは,と尋ねられて,聖書の一節「自分にしてほしいことを人にしなさい」(逆に言えば,自分にしてほしくないことを人にしてはいけない)と答えたように思う。この文は載ってないが,今日11月8日の朝刊1面の「折々のことば」と「天声人語」で聖書が取り上げられているのはなにか不思議な気がする。

2018-11-08 懶道人(monogusadoujin)

|

« 「バッテリーHDプロ」をKindle Fireで | トップページ | ブルーライト削減・原始的な方法(LCDディスプレイの設定操作) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞に投稿掲載された。しかし・・・:

« 「バッテリーHDプロ」をKindle Fireで | トップページ | ブルーライト削減・原始的な方法(LCDディスプレイの設定操作) »