« 新聞記事(時代の栞)「メダカが消える日」。書評だけど亀が登場。 | トップページ | 新聞記事「(はてなスコープ)放流って、よいこと? 悪影響への注意忘れずに」 »

2020年3月25日 (水)

「学習英英辞書の歴史 パーマー、ホーンビーからコーパスの時代まで」

https://www.amazon.co.jp/dp/4327401323/
学習英英辞書の歴史―パーマー、ホーンビーからコーパスの時代まで
A.P. カウイー (著), A.P. Cowie (原著), 赤須 薫 (翻訳), 浦田 和幸 (翻訳)
単行本: 277ページ
出版社: 研究社 (2003/03)

・2011年8月5日,Amazonで購入。
・2020-02-26開始,2020-03-24読了。
・ずっと積ん読にしていて,もったいなかった。もっとも先に,「最強オンライン辞書weblioのひみつ」(2017/12/8~12/10),磐崎 弘貞氏の「こんなこともできる英英辞典活用マニュアル」(2017/12/15~12/19),「ここまでできる 続・英英辞典活用マニュアル」(2017/12/19~12/30),「英語辞書力を鍛える」(2017/12/30~2018/1/1),「英語辞書をフル活用する7つの鉄則」(2018/1/1~1/2),ダイソー百円本「辞書と頭は使いよう」(2018/6/18)とか,辞書モノの本はいろいろ読んではいたのだが。(本書を読む準備にはなった。本書で登場する辞書群の予備知識も仕入れられたし。)
・高校生の頃,初めて英英辞典を買った。本書に記載のある,ホーンビーの「Ideomatic and Systactic English Dictionary」(1942,開拓社)。英語を母国語としない学習者向けの英英辞典で,日本発かつ世界初。なのだが,正直,刃が立たなかった記憶がある。とはいえ,以後ずっと学習者向け英英辞典・英英和辞典に興味を持つきっかけとなった本ではある。その後,OALD(Oxford Advanced Learner's Dictionary)へと発展していった辞書であり,今思えばそちらを買っていればと思うが,地元の本屋さんでは置いてなかった。今ならAmazonとかオンライン書店やWEBで情報を集められるので,今の人たちは恵まれている。
・本書を読むとISEDの以前から先駆者が居たとはわかる。どういう経緯で誕生し,何を目的としたかも。
・がぜん面白くなるのは,LONGMANの辞書と,COBUILDの辞書が登場してから。COBUILDの完全な文としての定義は私にとっても衝撃的だった。
・そして「第6章 辞書使用者に焦点を当てて」で,辞書が実際にどのような使われているのかの調査が始まり,教える側と教えられる側とのギャップ,辞書の使い方を教えられていない学生が大多数を占めていたり,とか,『「二言語化された」学習辞書』とはたぶん「英英和辞典」のことだろうな,とか,たいへん面白い。惜しむらくは,章のページ数が足りない気がする。
・「英英和辞典」は,今なら「Collins コウビルド米語版英英和辞典」(Collins COBUILD English/Japanese Advanced Dictionary of American English),「ケンブリッジ英英和辞典」,「ワードパワー英英和辞典」,「シニア英英辞典」とかが手に入るし(Windowsアプリ付き,Kindle版も一部あり),スマートフォンでもCOBUILDの英英和辞典は入手できる。「ケンブリッジ英英和辞典」はWEBで無料で英英和が利用できる。まったく良い時代になった。Kindle版は,洋書読むときに辞書指定できるので,Koboに比べて優位性のあるところだが,表示文字数が限られているので途中チョン切られてしまうのが残念だ。
・本書は2003年発行で,原著は1999年。そしてp2に「10年前までに出版された辞書に限る方が,公平な判断をしやすい」として「ごく最近に出版された四つの辞書については-その一つ Cambridge International Dictionary of English(略称CIDE)(1995)はまったく新しい辞書で」と書きながらも,どこがどう新しいか載せられていない点がとても残念なところだ。
・任天堂DSのアプリで「My Word Coach」というものがある。3DSはリージョン設定されていて日本では使えないが,DSは大丈夫。英英辞典の語義から単語を当てる(あるいはその逆)クイズ・ゲームで,辞書は「Cambridge Advanced Learner's Dictionary, Second Edition」が搭載されている。もっとも辞書まるごとではなくクイズに関係する部分の語義だけではあるが。スマホでは「Test Your English Vocabulary」が,OALDの基本3千語(Oxford3000)でのクイズを搭載している。そういったのも,英英辞典に慣れ親しむのによい良質ゲームだろうと思う。もっとも「Test Your English Vocabulary」は動画広告がうるさいので,「AdGuard」を入れて広告排除するとよいが。

2020-03-25 懶道人(monogusadoujin)

|

« 新聞記事(時代の栞)「メダカが消える日」。書評だけど亀が登場。 | トップページ | 新聞記事「(はてなスコープ)放流って、よいこと? 悪影響への注意忘れずに」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新聞記事(時代の栞)「メダカが消える日」。書評だけど亀が登場。 | トップページ | 新聞記事「(はてなスコープ)放流って、よいこと? 悪影響への注意忘れずに」 »