2020年2月18日 (火)

AWA無料アカウント作成したが

AWA無料アカウント作成したが

・2018-12-22,Google Homeアプリを見ていて,AWAが無料アカウント作成でき,Freeプランで月20時間再生可能とのことで試してみた。

・結局1年経って,まったく使っていない。

・Amazon Prime会員で,ある程度は聞けるし,昨年末(2019年12月)に「YouTubeプレミアム」3か月無料お試し開始した。山口百恵とかを聴けるのが大きい。他は全滅っぽい(Spotify,Amazon,LINE MUSIC)。

・Spotifyは,アプリ「Sleep as Android」で試験的に目覚まし音で使えるようになったことがわかり,昨年末から試し始めた。Spotify FREE会員でもAWAよりずっと使い勝手がよい。プレイリストを自分で作って好きな歌手を指定できるのが便利。

・それにしても,自分の好きな歌手・歌を聴けないのでは,有料会員になる気がしない。

2020-02-18 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

VB-P503 Veebon 8ポートUSB充電器 電圧・電流表示 5V 2.4A 60W

VB-P503 Veebon 8ポートUSB充電器 電圧・電流表示 5V 2.4A 60W

・各ポート5V 2.4Aまで,合計12A。

・リアルタイムで,各ポートの電圧,電流値がわかるのがよい。

・画面を暗くする機能がないため,就寝時(ベッド再度)では,正面に覆い(タブレットケース)をかけている。普段は覆いは
はずしているが。

・欠点でもあり利点でもあるのは,累計値(電力量・充電量)が表示されないこと。もっとも,累計はいつかはリセットしなければならないから,あればあったで面倒ではある。

・全ポートの合計電力表示はない。

・過充電防止機能はない。24時間稼働で,1年経過したが,今のところ問題は起きていない。LINE Clova Mini ドラえもん,Android4.2.2スマートフォン F-10D,タブレット Fire 7第五世代(2015)を常時接続。といっても,オズマのECOモード搭載スマートフォン用充電ケーブルで90分ごとに自動充電(過充電防止)にしている。

・2018-12-17,Amazonで注文,翌日受け取り。当時は3,799円(2020-01-19時点でも同じようだ)。

【商品のページ】
https://www.amazon.co.jp/dp/B0799J27X8/
Veebon 8ポートUSB充電器
VB-P503
|60W/12A
|ACアダプタ
|電圧と電流識別
|出力5V/2.4A
|LCD画面搭載
|ホワイト

2020-02-08 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

Multi-point Bluetooth Transmitter H-366T

Multi-point Bluetooth Transmitter H-366T

・Bluetooth 4.0トランスミッタ。

・ミニステレオヘッドホンプラグにて,ヘッドホン端子に接続してBluetooth電波を飛ばす。

・同時に2台のBluetoothスピーカに接続(ペアリング)できる。私は,ベッドルームとキッチンに置いているスマートスピーカー(Google Home Mini,Amazon Echo Dot/Dot2)に接続。(ほか,ウェアラブルスピーカー(肩乗せスピーカー)にも使った。)

・私のスマートフォン RAIJINから直に接続した場合,朗読など,音の無い時間があると,次の出だし(頭)がチョン切れてしまう現象がよく起きたが,この機器で接続した場合はそういった現象は起きない(起きにくい)ようだ。アナログ接続でホワイトノイズでも拾うからなのかも。

・Google Home Mini,Amazon Echo Dot/Dot2,LINE Clova Miniは,Bluetooth接続時の音量が小さめのため,スマホに
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.goodev.volume.booster
   ボリュームブースターGOODEV
 を入れて,音量を上げた。そうでないと,通常の呼びかけ・応答の音量とバランスがとれず,困ったことになる。

・バッテリー内蔵で約4時間(らしい)。USBで給電しながら使えるのが助かる。オズマのECOモード搭載スマートフォン用充電ケーブルで90分ごとに自動充電(過充電防止)を試みたが,充電電流が小さすぎるせいか,うまく自動停止(過充電防止)が働かず,このケーブルを使うのはやめた。

・その後,WiFiでスマートフォンからスピーカーグループにキャスト(音を同時に飛ばす)ことができるとわかり,あまり使わなくなった。

・2018-12-17購入。当時 1,699円(今見ると 1,980円,2019-01-19時点)。

【商品のページ】
https://www.amazon.co.jp/dp/B01NCO18ZD/
Bluetooth 4.0トランスミッタ
|ワイヤレスBluetoothオーディオトランスミッタは、2つのBluetoothヘッドフォン
|またはスピーカを同時にサポートしています。
|Tv Pc CdプレーヤーIpod Mp3 / mp4 Ect

2020-02-07 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

LINE Clovaに思う

LINE Clovaに思う

 LINE Clova Mini ドラえもん (DORAEMON_M-C0A)を買ったのはもう1年以上前。2018-12-15に,中古で。
で,1年経つうちにいろいろ改良された面もあるが,相変わらず直っていないところもある。とりあえず,メモしておこう。

【便利な点】
・童話全50種類。10分ぐらいの短縮版なので,夜,寝るときにちょうどよい。でも,一通り全部聞き終えてしまったしなぁ。

【便利になった点】
・「次に雨が降るのはいつ?」 この機能は現時点(2020-01-19)ではまだ,Google Home (Google assistant),Amazon Echo (Alexa)には搭載されていないようだ。

【相変わらず不便な点】
・絶対値で,音量(ボリューム)を指定できない。Google Home や Amazon Echo では,「音量5」(中間)とか「音量50パーセント」とか指定できるのに,LINE Clovaはできない。全部で最大音量15もあるのに(我が部屋では9が日中ちょうどよい),朝ボリューム1に絞った状態から,いちいち「音量を上げて」を8回も繰り返すだなんて,苦痛だ。結局は本体のボリュームボタンを操作することになる。スマホアプリから指定する手もあるが。

・スマホアプリ「LINE Clova」の「マイコマンド」機能もできることが少ない。上記音量設定9(日中音量9に上げて,夜は音量1まで下げる)を,定義しようと思ったが,これもできない。

・バッテリー搭載しているが(正直不要だ),過充電を防ぐために,オズマのECOモード搭載スマートフォン用充電ケーブルで90分ごとに自動充電(過充電防止)にしている。そして,バッテリー残量を知るための問い合わせが面倒くさい。「バッテリー残量を教えて」で呼びかければパーセント単位で教えてくれるが,「バッテリー容量を教えて」だと「バッテリー残量はアプリからご確認できます」とか,トンチンカンな音声回答してくる。融通がきかない感じ。

・ニュースは,見出しレベル(題名)だけ。

2020-01-21 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

スマートスピーカー比較「本の朗読」

スマートスピーカー比較「本の朗読」

 以前,
   http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/androidkindleal.html
   Androidスマートフォン上でKindle本をAlexaで読み上げ可能になった(課題あり)
   2018年7月14日 (土)
というのを書いた。その後,どうなったか。試してみたものや,調べてみたものをいろいろ書いてみる。Amazon Echo以外にもスマートスピーカーを買って,この1年で結局,
  (a) LINE Clova Friends mini ドラえもん
  (b) Google Home Mini
  (c) Amazon Echo Dot,Echo Dot 2
と5台を自宅に設置して使っている。もちろん,寝るときに本の朗読を聴くのにも使っている。

【目次】
(a) LINE Clova の「スキル」
(b) Google Home
 (b-1) Google Play Books 音声ブック(オーディオブック)
 (b-2) Google Home対応Google Assistantアプリ
 (b-3) Google Play Music Manager で,手持ちの朗読MP3をアップロードして,Google Play Musicで聴く
 (b-4) YouTube,YouTube Music,Google Play Musicの音声をWiFiキャストする。
 (b-5) スマホの音声をWiFiキャストして,ローカルの音声(朗読)MP3ファイルを再生して聴く。
(c) Amazon Echo Dot,Echo Dot 2
 (c-1) Alexa本来の機能(Audibleの本を聴く,Kindle本を聴く)
 (c-2) Alexaスキル
 (c-3) Amazon Music にある朗読本 (Prime会員特典の利用)

2020-01-20 懶道人(monogusadoujin)

(a) LINE Clova の「スキル」

意外なことに朗読系が結構有る。
   https://clova.line.me/clova-ai/skillstore
から探せる。

しかし,Google Play Booksの「音声ブック」(人間による朗読)や,Audible(人間による朗読),Kindle本(テキスト=文字の本の機械音声での読み上げ)のようなサービスはLINEでは提供していないので,より多くの本の朗読を「聴く」ことはできない。そこが残念。

http://clova-blog.line.me/ja/archives/5220097.html
全50種類の童話や昔話を再生することができるようになりました!
新機能 2017年11月28日

・童話朗読リスト《日本の昔話》《世界の童話》全50種類が掲載されている。
・「童話を読んで」だとランダム再生。
・「日本の昔話を読んで」「世界の童話を読んで」だと,各々のカテゴリの中でランダム再生。
・「(作品名)を読んで」で個別指定。
・ほとんどが短縮版。オリジナル(私の記憶している日本昔話)とは内容が違っていいるものも結構あるようだ。「寝落ち」(子どもが聞きながら寝る)のにちょうどいい長さになっているようだ。

https://clova.line.me/clova-ai/skillstore/skill/com.novelshort.voice.basic
耳の読書 ノベルショート:「ねぇClova、ノベルショートをひらいて」(を起動して)(に繋いで)
NovelShort

https://clova.line.me/clova-ai/skillstore/skill/jp.co.fujipan.minwa
民話の部屋:「ねぇClova、民話の部屋をひらいて」
フジパン株式会社

・「最新のお話、もしくは600話以上あるお話の中から」(ランダム)

https://clova.line.me/clova-ai/skillstore/skill/jp.co.shogakukan.vui.shortstory366
みじかいおはなし366:「ねぇClova、みじかいおはなしを起動して」(スタート)(終了)
株式会社 小学館

・10話のみ(上記参照)。

https://clova.line.me/clova-ai/skillstore/skill/jp.co.kodansha.disneystorytelling
講談社のディズニーゴールド絵本:「ねぇClova、ディズニー絵本を開いて」
株式会社講談社

・3作品のみ(上記参照)。


(b) Google Home Mini

(b-1) Google Play Books 音声ブック(オーディオブック)

https://play.google.com/store/books/category/audiobooks
Google Play Books 音声ブック(オーディオブック)

を,Google Homeで再生できる。

https://support.google.com/assistant/answer/9071675
Googleアシスタントヘルプ:音楽、テレビ、その他のメディアを再生する>
オーディオブックを聴く

に手順が書いてある。
ここには無いみたいだが,「30分後に止めて」の一般テクニックも効く。
しかし,スマートフォン(以下スマホ)のGoogle Play Booksアプリでは可能な「スリープタイマー」の「章の終わり」が効かないのが残念。

また,スマホのGoogle Play Booksアプリでは,テキスト=文字の本の機械音声での読み上げが可能だが,スマートスピーカー(Google Home)上ではそれも出来ない。ライバルのAmazon Echo(Alexa)では出来るのに! まったく残念。スマホのGoogle Play Booksアプリのテキスト読み上げでは,スリープタイマーが効かないので(これは,Kindle Fireタブレットでも同様),機械音声での朗読を聞きながら眠るといったことをしづらいのが残念ではある。


(b-2) Google Home対応Google Assistantアプリ

https://smarthacks.jp/db/ai/google/
Google Home対応Google Assistantアプリ一覧(LINE Clova/Google Home/Amazon Echo)

https://assistant.google.com/explore?hl=ja_jp
Googleアシスタント できること

https://assistant.google.com/services/a/uid/00000033daf24b49
スマート朗読(青空文庫の小説を朗読):「スマート朗読につないで」,「終了」
tijins

・これはすごい。青空文庫の作品名どれでも検索し,読上げてもらえるようだ。機械音声ではあるが。
・残念ながら,スリープタイマーはないようだ。「1分で止めて」も効かない。


https://ebisu-voice-production.com/apps/podcastsearch
簡単ポッドキャスト:「簡単ポッドキャストにつないで」「終了」
恵比寿ボイスプロダクション

・アプリ起動後,Apple社 iTunesでのポッドキャスト名を話せば,それを再生してくれる。
・「再生したいポッドキャスト名はなんですか?」に対し「朗読」と答えるとか。iTunesで「podcast」を検索した方が確実。
・podcastなので大体は人間の朗読。

ほかにも下記のアプリがあるようだ。

  https://assistant.google.com/services/a/uid/0000005e9dcdd0df
  おしゃべりえほん:「おしゃべりえほんにつないで」
  
  https://assistant.google.com/services/a/uid/0000000a93bd33a1
  アナと雪の女王:「アナと雪の女王につないで」
  ウォルト・ディズニー・ジャパン
  
  https://assistant.google.com/services/a/uid/00000026b1933f94
  ディズニーマジカルえほん:「マジカル絵本につないで」
  SMART EDUCATION, Ltd.

恵比寿ボイスプロダクション( https://ebisu-voice-production.com/ )は,単体でも朗読のアプリを出しているようだ。ただし機械音声。

https://www.google.com/search?q=%E6%81%B5%E6%AF%94%E5%AF%BF%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+site%3Aassistant.google.com
すなわち,Googleで「恵比寿ボイスプロダクション site:Aassistant.google.com」
を検索すると,
  一寸法師物語
  ねずみの嫁入り物語
  赤ずきんちゃん物語
  ラプンツェル物語
  金太郎物語
  桃太郎物語
  花咲か爺さん物語
  浦島太郎物語
  白雪姫物語
などが見つかる。
  https://ebisu-voice-production.com/
  現アプリケーション提供数:74 / 927 (Google Home対応アプリケーション総数)(最終更新日: 2020年1月9日)
だそうだ。なかなかすごい数だ。


(b-3) Google Play Music Manager で,手持ちの朗読MP3をアップロードして,Google Play Musicで聴く

・スマートスピーカー単体ではできないが,たとえば,朗読本がMP3のCD-ROMやDVD-ROMで販売されているのを,自分だけが聴けるように,Google Play Music Managerを使って5万曲クラウド登録しておけば,ストリーミング再生することが可能。
  https://support.google.com/googleplaymusic/answer/1075570
  Google Play Music Manager で音楽を追加する

たとえば,
  https://www.amazon.co.jp/dp/4775985329/
  アンドリュー・ラング童話全集 (全365話収録) (日本語) CD-ROM - 2018/2/17
  アンドリュー・ラング (著), でじじ (編集)
  全365話(日本語)。66時間。CD-ROM 3枚組。

  https://www.amazon.co.jp/dp/477598389X/
  宮沢賢治童話全集 (全74話収録) (日本語) CD-ROM - 2016/9/17
  宮沢 賢治 (著), でじじ (編集)
  全74話。34時間。CD-ROM 2枚組。

とか。同じものは,Google Play Booksで販売されているが(しかも安い),欠点は,スマホアプリ(Google Play Books)で利用しようとすると,必ずダウンロードされる点。数GBもの容量を消費する。しかも,Amazonアプリと違ってGoogleのこのアプリはSDカードメモリにデータを保存(移動)できない。スマホアプリからGoogle HomeへのWiFiキャストは可能。

Google Homeではこの点,ストリーミング再生されるから(位置情報も覚えてくれるし),ネットワークに負荷はかかるとはいうものの,利用はお手軽だ。しかし,問題は,音声指示でその朗読を指定するのが極端に難しい点。スマートスピーカー単体での指定をあきらめて,スマホから指示した方がずっと楽だ。

「30分で止めて!」はWiFiキャスト時に使うと,確かに30分後にスマートスピーカー(Google Home)から音は止まるが,スマホから音が出てきてしまう。(キャスト時はスマホ側は無音になる。) スマホアプリ側にスリープタイマー機能があるならそちらを使った方が確実だ。


(b-4) YouTube,YouTube Music,Google Play Musicの音声をWiFiキャストする。

 本来,こちらを(b-3)にあげるべきだったかも。
   https://support.google.com/chromecast/answer/7181830
   Chromecast 対応アプリから Google Nest または Google Home のスピーカーやディスプレイにメディアをキャストする

アプリからスマートスピーカー(スピーカーグループ可)への出力切替後は,スマートスピーカー側での多少の操作は可能。一時停止(Pause),再開(Resume,リジューム),停止(Stop)とか。

Google Home単体での音声指示は可能なはずだが,Alexa同様,とても難しい。うまくいった試しがない。各アプリからWiFiキャストするのが確実だ。また,YouTube,YouTube Music(YT Music)は,有料会員にならないと,バックグラウンド再生(スマホの画面を消しての再生)ができないので,この点も敷居が高い。もっとも,Amazon Prime会員と同じようなものではあるか。(私自身はYouTube Premiumを申し込んだところではあるが~2019年12月29日。) ちなみに,バックグラウンド再生を可能にする「New Pipe」とかの技は,AdGuard公式ブログ「AndroidでYouTube広告をブロックする方法 - AdGuard」(2019年10月14日)( https://adguard.com/ja/blog/how-to-block-ads-on-youtube-for-android.html )や「YouTubeにおける広告ブロック - なんJ AdGuard部 Wiki* - Wikiwiki:( https://wikiwiki.jp/nanj-adguard/YouTube%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF )で知った。


(b-5) スマホの音声をWiFiキャストして,ローカルの音声(朗読)MP3ファイルを再生して聴く。

 Google Homeの場合は,Homeアプリにより,スマホからスピーカーグループに音声をWiFiキャストできるようになったので(アプリを選ばない),朗読の音声を飛ばせばよい。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.chromecast.app
   Google Home

たとえば,ファイル名順に再生してくれる(iTunesでトラック番号をファイル名先頭に付けるとかでその順で再生してくれる)アプリに下記のものがある。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=de.zorillasoft.musicfolderplayer
   音楽フォルダプレーヤー フリー・バージョン
   
   https://play.google.com/store/apps/details?id=de.zorillasoft.musicfolderplayer.donate
   音楽フォルダプレーヤー フル・バージョン

このアプリ自体には,WiFiキャストの機能は現時点(2020-01-19)では無いが,Google Homeアプリで事前にキャスト設定しておいてからアプリで音楽(朗読)を再生すれば,Google Homeで聴ける。ただし,一時停止や停止・再開を,スマートスピーカーへの音声指示で行うことはできない。


(c) Amazon Echo Dot,Echo Dot 2

(c-1) Alexa本来の機能(Audibleの本を聴く,Kindle本を聴く)

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201608460
ヘルプ&カスタマーサービス:ヘルプ>Alexa>
試してみよう!
に「Audibleの本を聴く」,「Kindle本を聴く」の手順が書いてある。
また,
  https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GFLNSCCV7ELR9SF5
  Amazonデバイス サポート>Alexa機能のヘルプ>Alexaの電子書籍>
  AlexaでKindle本を読む
に,Kindle本の朗読の手順が詳しい。


(c-2) Alexaスキル

https://www.amazon.co.jp/
で「Alexaスキル」を,「本」「朗読」「童話」等で探すと,下記が見つかる。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07H5GLV25/
ピーボ ~絵本読み聞かせ~:「アレクサ、ピーボを開いて」,「アレクサ、ピーボでヘルプ」
投稿者 ever sense, Inc.

・「360冊以上の絵本から選べる!」と有り。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MM97MDB/
日本の昔話:「アレクサ、システムパスの昔話を起動して」(をスタート)
投稿者 資格取得

・104話も有り!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FVM4CYC/
講談社のディズニースーパーゴールド絵本:「アレクサ、ディズニー絵本を開いて」
投稿者 株式会社講談社

・「プリンセスのお話を3作品」と有り。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07VJMFR5P/
朗読フリー:「アレクサ、朗読フリーを開いて」
投稿者 Create fantasy YUMA

・芥川龍之介「蜘蛛の糸」,梶井基次郎「桜の樹の下には」

https://www.amazon.co.jp/dp/B07RQJ7HD1/
朗読少年:「アレクサ、朗読少年を開いて」
投稿者 Create a fantasy YUMA

・宮沢賢治「注文の多い料理店」


(c-3) Amazon Music にある朗読本 (Prime会員特典の利用)

https://www.amazon.co.jp/
で「デジタルミュージック」を,「本」「朗読」「童話」等で探すと,「Prime会員」が無料で利用可能な「ストリーミング」作品がいろいろ見つかる。

たとえば
  https://www.amazon.co.jp/dp/B07BFR7TTG/
  おはなしいっぱい世界の童話
  ゆめある
  2018/3/14
  8作品 24分
とか,「Amazonプライム会員特典」で「今すぐ再生」できるのだが(WEBとか,Amazon Musicアプリとか),これを Amazon Echo単体で再生してもらうのが難しい。「アルバム」を前後に付けてもうまく認識してくれない。スマホアプリ(Amazon Music)から,Amazon EchoやGoogle HomeにWiFiキャスト(「デバイスに接続する」)してしまえばよいのではあるが。スリープタイマーも有るし。それに,うまく題名指定できて再生できたとしても,ランダム再生となる。この作品みたいに,1つずつが独立していればよいが,第1章,第2章,・・・という具合に別々の場合にランダム再生されたら,聴けたものじゃない。結局は,スマホのAmazon MusicアプリでWiFiキャストすることになる。困った点は,ローカル(SDカード)に保存した音楽(朗読)ファイル(MP3)をWiFiキャストできない点。

 https://www.amazon.co.jp/ の「デジタルミュージック」は,有料版の場合,購入すれば,Amazon MusicアプリやWEBはもちろん,Amazon Echoでも再生できるが,曲名指示(実際は朗読する本の題名を指定)するのが難しいというのは困ったものだ。すなおにAudible本やKindle本にしておいた方がよさそうだ。あるいは,スマホからWiFiキャストするか。

Amazon EchoのWiFiキャスト(Alexa Cast)については,下記。
   https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5921301051
   Amazon.co.jp: Alexa Cast - 音楽キャスティング

   https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1807/27/news066.html
   ITmedia Mobile>
   「Amazon Music」アプリに、Wi-Fi接続スピーカーに“キャスト”する「Alexa Cast」
   2018年07月27日

以上

 

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

スマホ,スマートスピーカーで各部屋,音声同時再生

スマホ,スマートスピーカーで各部屋,音声同時再生

 この1年で結局,
  (a) Google Home Mini
  (b) Amazon Echo Dot,Echo Dot 2
  (c) LINE Clova mini ドラえもん
と5台を自宅に設置して使っている。Echo と Google Home は
   ベッドルーム(兼居間),キッチン
の各々で1台,LINE Clova はベッドルームに1台。

スマートスピーカー単体で音楽やTuneInの番組,Radikoでラジオを再生する場合は,(a) Google Home や (b) Amazon Echo でスピーカーグループをスマートフォン(以下スマホ)のアプリで定義しておけば,割と簡単に複数の部屋で音(音楽・音声)を同期できるのが便利。

しかし,スマホの音を複数の部屋に飛ばす場合はちょっと工夫が必要になる。

Google Homeの場合は,Homeアプリにより,スマホからスピーカーグループに音声をWiFiキャストできるようになったので(アプリを選ばない),その用途では (a) Google Homeを便利に使っている。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.chromecast.app
   Google Home

Amazon Musicアプリの場合は,Google Home,Amazon Echoのどちらへも(どちらのスピーカーグループへも),WiFiキャストが可能だ。ただし,ローカル(SDカード)に保存したものはキャストできないようだ。
   https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1807/27/news066.html
   ITmedia Mobile>
   「Amazon Music」アプリに、Wi-Fi接続スピーカーに“キャスト”する「Alexa Cast」
   2018年07月27日
   
   https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5921301051
   Amazon.co.jp: Alexa Cast - 音楽キャスティング
   
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mp3
   Amazon Music

Bluetoothの場合,スマホからは同時1台しか音声を飛ばせない。そこで
   https://www.amazon.co.jp/dp/B01NCO18ZD/
   Bluetooth 4.0トランスミッタ
を使って,ヘッドホン端子(イヤホン端子)に挿して音声を飛ばしていた。また,音量がどれも((a)(b)(c)共)小さいので,スマホに
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.goodev.volume.booster
   ボリュームブースターGOODEV
を入れて,音量を上げたものだ。もっともこのアプリはWiFiキャスト時にも効果がある。

ちなみに,スマホも各部屋に1台ずつ備え付けで置いてある。オズマのECOモード搭載スマートフォン用充電ケーブルで90分ごとに自動充電(過充電防止)。
   ベッドルーム:富士通中古スマホ F-10D(Android4.2.2)FMトランスミッター内蔵
   キッチン  :シャープ中古スマホ SH-05E(Android4.0)Root化でGoogle Play化済

SDカードに保存した音楽・朗読や,Google Play Musicにアップロードしたものなら,
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kattwinkel.android.soundseeder.player
   同じ曲を複数の端末で再生する。SoundSeeder 音楽プレーヤー 「Party Music」
   
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kattwinkel.android.soundseeder.speaker
   SoundSeeder Speaker
が便利だった。いわば,WiFiキャストと同じ。出力がスマホのスピーカなので音楽だと貧弱な音になるので,外部スピーカー(アンプ内蔵)をつないでいた。Bluetoothでスマートスピーカーへ出力も可能だが,面倒だったのでやらなかった。

SoundSeeder以前は,FMトランスミッター内蔵のF-10DからFMラジオ(ベッドルーム,キッチン各々に備え付け)へ電波を飛ばしていたものだが(周波数は最寄りの放送局とかぶらないように設定した上で),音がよくないのが欠点だった。

おっと,LINE Clovaの話が抜けていた。こちらはスピーカーグループの機能がないし,Bluetoothスピーカーの音量も小さいので(音量を大きくすると,他の機能での音が大きくなりすぎて困る),各部屋音声同時再生の用途では使えていない。しかし,LINEとしての機能以外でも,Clovaでしか出来ない機能もあるから,そういった用途で使っている。たとえば,「いつ雨降るの?」とか。

2020-01-19 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

スマートスピーカー単体で聖書番組を聴く(その3)

スマートスピーカー単体で聖書番組を聴く(その3)

 アプリ(スキル,アクション)である「JW.ORG」は別として,「BBN Japan」も「Bible.is Japanese」も「TuneIn」(チューンイン」で呼び出しているのだから,なんのことはない,TuneInで聴ける聖書番組を探せばよい訳だ。
   https://tunein.com/search/
で,「キリスト教」,「聖書」とかで検索すればよい。

検索したものについて,スマートスピーカー単体への呼びかけで再生できるか試してみた。下記が成功したもの。

【Google Home】(ねぇ,グーグル!)
"Play Friendship Radio"(プレイ・フレンドシップ・レイディオ)
"フレンドシップ・ラジオを聴かせて"
"フレンドシップ・ラジオをかけて"

※ ラジオ局:Friendship Radio
  https://friendshipradio.net/
  フレンドシップラジオ:日本初の24時間キリスト教専門チャンネル(1987年開局,1サイクル90分編成で1日16回)


【Amazon Echo】(アレクサ!)
"光とともに をかけて"
"チューンインで 光とともに をかけて"

※ ポッドキャスト
  https://tunein.com/podcasts/Christian-Talk/With-light-p417220/
  光とともに
  キリスト教トーク:ラジオNIKKEIで放送中のキリスト教番組

  http://www.radionikkei.jp/hikari/
  光とともに | ラジオNIKKEI


【補足】
 WEBブラウザで再生可能なものには,他にもいろいろ有るのだが(スマートフォンからWiFiキャストやBluetoothスピーカとして音を飛ばせば,スマートスピーカーでも音は出せるのだが),手軽さに欠けるし,スマートスピーカーと連携させてタイマー再生するのは難しそうだ。(工夫すれば出来るかも。次の課題か。)

2020-01-17 懶道人(monogusadoujin)

【関連記事一覧】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-a709a0.html
20200113 : スマートスピーカー Google Home 単体で聖書番組を聴く

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-26d875.html
20200115 : スマートスピーカー Amazon Echo 単体で聖書番組を聴く

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-def025.html
20200117 : スマートスピーカー単体で聖書番組を聴く(その3)

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

スマートスピーカー Amazon Echo 単体で聖書番組を聴く

スマートスピーカー Amazon Echo 単体で聖書番組を聴く

【概要】
・スマートスピーカー Amazon Echo 単体で,聖書番組を聴く方法は,現時点(2020-01-13)で次の2つがあるようだ。
  (a) TuneInで「Bible. is Japanese」(新約聖書)
  (b) TuneInで「BBN Japanese」(BBN聖書放送)

・(c) JW.ORG はダメだった。

・普通にしゃべるとなかなか認識してくれないので,「定型アクション」を定義しておくとよい。アクション名,フレーズは任意。

(a) 定型アクション名を入力:聖書ラジオ
  実行条件を設定:開始フレーズを設定:聖書ラジオ
  アクションを追加:ミュージック: Bible. is Japanese ,プロバイダーを選択:TuneIn

  ※ 2020-02-16修正:「Bible.」と「is」の間に半角空白が必要。
     誤:Bible.is Japanese
     正:Bible. is Japanese

(b) 定型アクション名を入力:聖書放送
  実行条件を設定:開始フレーズを設定:聖書放送
  アクションを追加:ミュージック: BBN Japanese ,プロバイダーを選択:TuneIn

2020-01-15 懶道人(monogusadoujin)
2020-02-16 訂正。「Bible.」と「is」の間に半角空白が必要。

【補足】
・もともとは,「SoundSeeder」( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kattwinkel.android.soundseeder.player 。「同じ曲を複数の端末で再生する。SoundSeeder 音楽プレーヤー 「Party Music」」)の「Online Radio」で「Bible.is - Japanese」(64 kbit/s - アメリカ合衆国)を使えており,複数台のスマホ(ベッドルームとキッチンに置いてあるスマホ)で同時(同期)再生できていた。その後,Amazon Echo Dot,Echo Dot2 を入手し,TuneInが使えることから試してみた次第。

・昨年末2018-12-23に,以前は定型アクションの定義「Bible.is - Japanese」で使えていたのがダメになり,「Bible.is Japanese」に変更したら(ハイフンを抜かしたら)使えるようになった,とメモしていた。しかし,先日(数ヶ月前だったか)久しぶりに定型アクションを試したときはダメだったので,定型アクションは削除していた。今回あらためて定義しなおしたら作動したので,どうも不安定なところがあるかもしれない。(2020-02-16追記:「Bible.」と「is」の間に半角空白が必要。省略したらダメになった。) また,次に述べる「(b) BBN Japanese」のテストで,一時的に英語で対話するモードに変更し,「Play BBN Japanese」が成功したことが関係しているのかもしれない(よくわからない)。

・ http://www.bible.is/radio で「Browse Station」を見ると,
  http://www.bible.is/radio/JPNJCBN1DA
  日本語 - Japanese - Japanese Contenporary Bible Non-Drama

  http://www.bible.is/radio/JPNNITN1DA
  日本語 - Japanese - New Interconfessional Version Non-Drama
と2つ有る。この2つ目のは「このオーディオ聖書は,Bible.is の作者である~が提供しています」といったアナウンスで始まる。(a)や「SoundSeeder」の「Online Radio」で聞けるのがこれだ。

・「Bible.is」は,スマホアプリもあり,新約聖書を聞ける。詳細は下記参照されたし。
  http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-a709a0.html
  スマートスピーカー Google Home 単体で聖書番組を聴く

・「Amazonアレクサ」については,
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn%e8%81%96%e6%9b%b8%e6%94%be%e9%80%81%e3%82%92%e8%81%b4%e3%81%8f/bbn%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa/amazon%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5/
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn聖書放送を聴く/bbnアプリ/amazonアレクサ/
 に
  「「ALEXA, ENABLE BBN JAPANESE.」(アレクサ、エネイブル ビービーエヌ ジャパニーズ)と話してください。」
が載っているのだが,「Amazon Echo Dot」で試したところでは,うまく機能しないし,「Amazon Alexa」アプリで「スキル・ゲーム」で検索しても「BBN」は出てこない(検索結果0件)。リンクからの
  https://www.amazon.com/dp/B077P6LWG1/
は,Amazon.co.jp でなく,Amazon.com なので,違うところがあるのかもしれない。

・あらためてGoogle検索してみたら
  https://jp.techcrunch.com/2019/09/26/2019-09-26-amazon-launches-multilingual-mode-for-using-alexa-in-multiple-languages-at-once/
  アマゾンがAlexaを同時に多言語で使うためのマルチリンガルモードをローンチ
  2019年9月26日 by Darrell Etherington
  「新しい多言語モードはまず米国向けに導入され、英語とスペイン語に対応する。
   カナダではフランス語と英語、インドではヒンディー語と英語がサポートされる。」
  「これらのマルチリンガルモードでは、家族が両方の言語でAlexa対応機器を
   同時に使用でき、複数の言語を話す家庭にとって非常に便利な機能だ。」
ともある。Google Homeではマルチリンガル対応はすでに実現できているのに,Alexaはその点遅れていたということだろう。

・対話の言語を日本語→英語(English (United States))に変更してみた。結果,「Alexa, play BBN Japanese.」で(b)を再生できた。アプリではなく,TuneInが使われている。(そのため,ふたたび「定型アクション」定義すれば,日本語モードでもうまくいくだろうと考えた訳でもある。結果成功!)

設定手順については下記が詳しい。
  https://iinemuu.com/6543.html
  Alexa Echo Dot 英語版にしてみた~英語への変更方法
  2018/12/8
  
  https://trans-m.work/amazon-echo
  日本の Amazon Echo でアレクサと英語で会話する方法【英語設定】
  2019.11.13 2018.09.03

・JW.ORG アプリ(スキル)については,
  https://www.jw.org/en/online-help/using-jw-org/use-voice-assistant-to-play-content/skills-for-amazon-alexa/
  Use the JW.ORG Skill for Amazon Alexa
 に有るのだが,BBNのamazon.comアプリと同様の問題があるのだろう。
  https://www.amazon.com/dp/B07YSRTQ27/
 に相当する amazon.co.jp では"「Alexaスキル」に「JW」の結果は見つかりませんでした"が表示され,ダメだった。
 残念。


【関連】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-a709a0.html
スマートスピーカー Google Home 単体で聖書番組を聴く

以上

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

スマートスピーカー Google Home 単体で聖書番組を聴く

スマートスピーカー Google Home 単体で聖書番組を聴く

【概要】
 スマートスピーカー Google Home 単体で,聖書番組を聴く方法は,現時点(2020-01-13)で次の3つがあるようだ。ただし,事前に「Google Home」アプリで日本語だけでなく英語も受け付けるようにしておくことが必要(後述)。それと認識率がよくなくて,何度も言い直す必要があった。私の英語発音が悪いだけかもしれないが。
  (a) "Play Bible.is Japanese!" (プレイ・バイブル・イズ・ジャパニーズ)(新約聖書)
  (b) "Play BBN Japanese!" (プレイ・ビービーエヌ・ジャパニーズ)(BBN聖書放送)
  (c) "Ask JW.ORG!" または "Let's get JW.ORG
    (アスク・ジェイ・ダブリュー・オーグ)(レッツ・ゲット・ジェイ・ダブリュー・オーグ)

(c)はアプリ(スキル,アクション)なので,その後に例えば下記のような指示が必要。ポイントは "in Japanese" を末尾につけること! 先週分は頭に"last week's",翌週分は"next week's"を付ける。
  ・ "Bible Reading in Japanese!" または "Read Bible in Japanese!"
  ・ "Bible Study in Japanese!" または "Study in Japanese!"
  ・ "Watchtower Study in Japanese!" または "Read Study! in Japanese!"
  ・ "Broadcast in Japanese!"
  ・ "Music in Japanese!" または "Songs in Japanese!"
  ・ "Kingdom songs in Japanese!"
  ・ "Children's songs in Japanese!"
  ・ "Stop!"(ストップ),"Pause!"(ポーズ),"Resume!"(リジューム)(停止・一時停止・再開)

上記の短縮形は当方試行錯誤で確認したもので公式には記述がなさそうだ。フルセンテンスで指示しなくてもよいのが便利。ただ,今後変更があるかもしれない。

(a)~(c)共,同じWiFi接続時は通知領域のタップ(「Wi-Fi上のデバイスでキャストしています)あるいはHomeアプリの「メディア」から,音量や出力先を変更できる。たとえば,出力先(スピーカーグループ)を私はベッドルームとキッチンをリビングというグループにしているので,リビングを選べば,同時に2箇所で音声再生される。

※ 2020-01-19追記:Google Homeで「At Living, Play BBN Japanese!」と言えば,わざわざスマホを操作しなくてもスピーカーグループ「リビング」で同時再生できると判った。スピーカーグループ定義は日本語で「リビング」としているのだが,それに相当する英語"Living"でちゃんと認識してくれるのが面白い。

(b)をスマートスピーカー Google Home 単体で,目覚ましとして使う場合には,Homeアプリから「ルーティン」(ルーティンを管理)で,「BBN Japanese を聴かせて」と「アシスタントが行う操作」に設定するとよい。たとえば,スピーカーグループで「リビング」を定義している場合は「リビングで BBN Japanese を聴かせて」とすると複数箇所で再生できる。普通にしゃべって認識してくれないのが(英語でないと認識してくれないのが)不思議ではある。

※ 2020-01-19追記:「ルーティン」のコマンドを,(a)なら「新約聖書」「新約聖書をかけて」「新約聖書を流して」「新約聖書をきかせて」,(b)なら「聖書放送をかけて」「聖書放送を流して」「聖書方法をきかせて」とすることで,日本語での音声指示が可能になった。

(b)はストリーミング用URLがあり,たとえば「Sleep as Android」アプリでそれを指定すれば,目覚ましとしても使える。まぁ,スマートスピーカー単体での再生からは,はずれるが。

もちろん,BluetoothやWiFiのキャスト(Homeアプリがインストールされていれば可能。同じWiFi接続が条件)で,スマホ音声をGoogle Homeへ飛ばせる訳だから,「スマートスピーカー Google Home 単体で」にこだわらなければ,実はもっといろいろやれる。WEBのストリーミング再生のページをWEBブラウザで再生し,音をGoogle Homeに飛ばすのがお手軽だ。

それと,(c)のJW.ORGについては,音声・動画ダウンロードが可能な訳だから,PCでダウンロードしておいて,Google Music Manager で,Google Play Music にアップロードしておいて(無料,5万曲),いわば音楽として再生してもよい。

2020-01-13 懶道人(monogusadoujin)
2020-01-19追記:「At Living, Play BBN Japanese!」と言えば,スピーカーグループを英語で指定可。
2020-01-25追記・訂正:ルーティンのコマンド文字列の改良。日本語で音声指示可能になった。

【詳細・補足】

●事前に「Google Home」アプリで日本語だけでなく英語も受け付けるようにする設定

https://support.google.com/googlenest/answer/7550584
Google アシタントと複数の言語で会話する
あるいは
https://support.google.com/assistant/answer/7394513
言語を変更する、複数の言語を使用する
の「Google アシスタントに他の言語を追加する」または「別の言語を追加する」の説明手順で,「日本語(日本)」以外に「English (United States)」を追加する。(あるいは,最初から日本と英語の両方が設定されていたか,どうも記憶が曖昧。)

|1.モバイル デバイスまたはタブレットが Google Nest または Google Home の
| スピーカーやディスプレイと同じ Wi-Fi に接続していることを確認します。

|4.(設定で)[Google アシスタント サービス] が表示されるまでスクロールし、[その他の設定] をタップします。
|5.[アシスタント] [言語] をタップします。
|6.[言語の追加] をタップ 追加する言語を選択します。

あたりが重要なところ。結構,階層が深いのでわかりにくい。もっとも一度設定したら,そうそう変えることはないだろうけど。

|注: Google アシスタントはどちらの言語も認識できますが、言語が混在していると理解できません。
|たとえば、「OK Google, タイマーを three minutes に設定して」と話しかけても認識されません。
も重要なところかな。


●(a) "Play Bible.is Japanese!" (プレイ・バイブル・イズ・ジャパニーズ)(新約聖書)

「プレイ・バイブル・アイエス・ジャパニーズ」
「プレイ・バイブル・ドット・アイエス・ジャパニーズ」
も可。

http://www.bible.is/
公式ページ

・「Bible.is」は,スマホアプリもある。
   http://www.bible.is/apps
 から,Android版
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.faithcomesbyhearing.android.bibleis
 をインストールすると,「日本語 - Japanese Bibles」は
   CJV : 1955 Colloquial Japanese Drama (口語訳)
   JCB : Japanese Contemporary Bible Non-Drama (リビングバイブル)
   NIT : New Interconfessional Version Non-Drama (新共同訳)
 の3つを選択できるが,CJVは,旧約・新約共にあるが,音声はなし。
 JCB,NITは新約聖書のみ音声あり。
 NITが上記ストリーミングと同じもの。

・追記(2020-01-25):Google Homeアプリで,「ルーティン」(ルーティンを管理)で,下記定義すると,日本語音声で認識してくれる。下記「リビング」はスピーカーグループで,「ベッドルーム」と「キッチン」の2箇所のスマートスピーカーで同時再生してくれる。
  コマンドを追加(必須):「新約聖書」と言ったとき/「新約聖書をかけて」/「新約聖書を流して」/「新約聖書を聞かせて」
  日時を設定:(省略)
  アシスタントが行う操作:「リビングで Bible.is Japaneseを聴かせて」


●(b) "Play BBN Japanese!" (プレイ・ビービーエヌ・ジャパニーズ)(BBN聖書放送)

・「BBS聖書放送」についてはWikipediaで概要を知ることができる。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/BBN%E8%81%96%E6%9B%B8%E6%94%BE%E9%80%81
  https://ja.wikipedia.org/wiki/BBN聖書放送

・公式ページは下記。
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/
  BBN聖書放送

  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn%e8%81%96%e6%9b%b8%e6%94%be%e9%80%81%e3%82%92%e8%81%b4%e3%81%8f/bbn%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa/
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/聖書放送を聴く/bbnアプリ/
に,スマートフォン&タブレットアプリ,スマートTVアプリ,スマートスピーカー(AMAZONアレクサ,GOOGLE HOME),その他のアプリ(GOOGLEクロームアプリ,GOOGLEクローム拡張機能)の解説がある。そこからのリンクで
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/google-home/
  Google Home
に,
  Phrases to Play BBN Radio on Google Home
  “Hey Google, play BBN Japanese.”
が載っている。「ねぇ,グーグル」と呼びかけた方が,認識率は高い感じ。混在はダメとあったが,ウェイクワード(ねぇグーグル,Hey Google)自体は日英どちらでもよく。その後のコマンド(Phrases)は英語で統一の必要があるようだ。日本語で「BBN Japanese を聴かせて」は,「ルーティン」では機能するが,音声での直接呼びかけではどうも認識してくれない。

・(a)~(c)共,再生後は,同じWiFi接続時は通知領域のタップ(「Wi-Fi上のデバイスでキャストしています)あるいはHomeアプリの「メディア」から,音量や出力先を変更できる。たとえば,出力先(スピーカーグループ)を私はベッドルームとキッチンをリビングというグループにしているので,リビングを選べば,同時に2箇所で音声再生された。

・(b)をスマートスピーカー Google Home 単体で,目覚ましとして使う場合には,Homeアプリから「ルーティン」(ルーティンを管理)で,「BBN Japanese を聴かせて」と「アシスタントが行う操作」に設定するとよい。たとえば,スピーカーグループで「リビング」を定義している場合は「リビングで BBN Japanese を聴かせて」とすると複数箇所で再生できる。普通にしゃべって認識してくれないのが(英語でないと認識してくれないのが)不思議ではある。たとえば,私は下記のように定義した。
  コマンドを追加(必須):「聖書放送をかけて」と言ったとき/「聖書放送を流して」/「聖書放送を聞かせて」
  日時を設定(省略可):7:30,どの曜日(日・月・火・水・木・金・土),どのスピーカー:ベッドルーム(スピーカーグループを選べない),「開始時にスマートフォンに通知する」はチェックをはずした。
  アシスタントが行う操作:「リビングで BBN Japaneseを聴かせて」

※ 訂正(2020-01-25):2020-01-13はコマンドを「聖書放送」としたが,タイマー起動は問題ないが Google Homeに音声指示したときはうまく認識してくれない。このフレーズなら音声指示で認識してくれることを確認した。

・(b)はストリーミング用URLがあり,たとえば「Sleep as Android」アプリでそれを指定すれば,目覚ましとしても使える。まぁ,スマートスピーカー単体での再生からは,はずれるが。
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn%E8%81%96%E6%9B%B8%E6%94%BE%E9%80%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0url/
  https://bbn1.bbnradio.org/japanese/bbn聖書放送ストリーミングurl/

 「Sleep as Android」( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep )の「アラームの音」で,「インターネットラジオ」があるが,「+」ボタンを押すと,ラジオ名,URLで「追加」できる。
   ラジオ名:BBN Japanese
   https://bbnjapanese-lh.akamaihd.net/i/BibleBroadcasting_Japaneseios@87760/master.m3u8
を指定すれば,このストリーミング再生で目覚まし音が鳴る。もし万一ネットワーク不調の際には,Sleep as Androidの通常アラーム音が鳴るので,安心。(実際に試した。共にOK。)
   https://sleep.urbandroid.org/documentation/core/alarms/#online-radios-to-wake-you-up
   (Google翻訳)
   |Sleepを使用すると、オンラインラジオを着信音として設定できます。
   |ストリームURLを提供する場合、必要なラジオを追加できます。
   |オンラインラジオを使用するにはインターネットが必要です。
   |インターネットがない場合は、代わりにデフォルトのビープ音が鳴ります。寝坊する心配はありません!


●(c) "Ask JW.ORG!" または "Let's get JW.ORG (アスク・ジェイ・ダブリュー・オーグ)(レッツ・ゲット・ジェイ・ダブリュー・オーグ)

・(c)はアプリ(スキル,アクション)なので,その後に例えば下記のような指示が必要。ポイントは "in Japanese" を末尾につけること! 先週分は頭に"last week's",翌週分は"next week's"を付ける。
  ・ "Bible Reading in Japanese!" または "Read Bible in Japanese!"
  ・ "Bible Study in Japanese!" または "Study in Japanese!"
  ・ "Watchtower Study in Japanese!" または "Read Study! in Japanese!"
  ・ "Broadcast in Japanese!"
  ・ "Music in Japanese!" または "Songs in Japanese!"
  ・ "Kingdom songs in Japanese!"
  ・ "Children's songs in Japanese!"
  ・ "Stop!"(ストップ),"Pause!"(ポーズ),"Resume!"(リジューム)(停止・一時停止・再開)

・(c)については, https://www.jw.org/en/online-help/using-jw-org/use-voice-assistant-to-play-content/action-for-google-assistant/ に詳しい説明が有る。「Play Content in a Different Language」の箇所に「in Japanese」を付けるテクニックが書かれている。

・上記の短縮形は当方試行錯誤で確認したもので公式には記述がなさそうだ。フルセンテンスで指示しなくてもよいのが便利。ただ,今後変更があるかもしれない。下記に正式Phrasesとの対応を挙げる。

  "Bible Reading in Japanese!" または "Read Bible in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to read this week’s Bible reading” or
   “Hey Google, ask jw.org to read the Bible reading for this week”
   (play all Bible chapters assigned for this week’s midweek meeting)

  "Bible Study in Japanese!" または "Study in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to read this week’s Congregation Bible Study”
   (play the chapter being discussed at this week’s midweek meeting)

  "Watchtower Study in Japanese!" または "Read Study! in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to read this week’s Watchtower Study”
   (play the study article for this week)

  "Broadcast in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to play the [monthly] broadcast”
   (play the audio version of the latest monthly broadcast)

  "Music in Japanese!" または "Songs in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to play music”
   (play a variety of music)
   “Hey Google, ask jw.org to play original songs”
   (play original songs)

  "Kingdom songs in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to play Kingdom songs”
   (play instrumental and vocal arrangements of Kingdom songs)

  "Children's songs in Japanese!"
   “Hey Google, ask jw.org to play children’s songs”
   (play Become Jehovah’s Friend songs and Kingdom songs sung by children)

・「聖書を毎日調べる 2020」(旧名:日ごとに聖書を調べる,日々の聖句)は残念ながら,スマートスピーカーで日本語での再生ができない。
  |Please note these limitations:
  |You cannot request the daily text in a different language,
  |since it is read by Google Assistant and Google Assistant can read only in the language of your device.
ということで,おそらくは機械音声で読み上げる(朗読ではない)際の制約なのだろう。


●JW.ORGについては,音声・動画ダウンロードが可能な訳だから,PCでダウンロードしておいて,Google Music Manager で,Google Play Music にアップロードしておいて(無料,5万曲),いわば音楽として再生する方法

・Google Music Manager については,下記を参照されたし。スマホから直接アップロードできないのが残念だ。Chromeからアップロードする手法は,結構不安定(機能しないことがよく有る)なので,PCアプリのインストールがオススメ。
  https://support.google.com/googleplaymusic/answer/1075570
  Google Play Music Manager で音楽を追加する
  
  https://support.google.com/googleplaymusic/answer/1114577
  Google Play Music のシステム要件

以上

【関連記事一覧】
http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-a709a0.html
20200113 : スマートスピーカー Google Home 単体で聖書番組を聴く

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-26d875.html
20200115 : スマートスピーカー Amazon Echo 単体で聖書番組を聴く

http://midorigame-ferret.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-def025.html
20200117 : スマートスピーカー単体で聖書番組を聴く(その3)

 

| | コメント (0)