2020年2月11日 (火)

「ちょっと検索!翻訳に役立つGoogle表現検索テクニック」

「ちょっと検索!翻訳に役立つGoogle表現検索テクニック」

・2019-09-17,ブックオフ(大宮)で200円で購入。クーポンで無料。
・2019-12-24開始,2020-01-08読了。
https://www.amazon.co.jp/dp/4621078690/
  ちょっと検索! 翻訳に役立つ Google表現検索テクニック
  丸善 (2007/7/21) 安藤 進 (著) ※ Kindle版なし。オンデマンド (ペーパーバック)版有り。
・Google検索を,用例辞典として使うテクニックが書いてある。

・当方付箋紙を貼ってメモしたのが下記。
  p13:検索記号の使い方
  p21:コマンドの一覧(site: は私もよく使っているが他にもいろいろ)
  p28:各種URL。※ https化が本書はまだ反映されていない。当方調べ直してみた(下記)。
     Google Book Search ( https://books.google.co.jp/ )
     アマゾン Search Inside the Book
     ※ 本書のアマゾンのURLはもうダメみたい。
        https://japan.cnet.com/article/20061594/
        米アマゾン、書籍の全頁検索サービス「Search Inside the Book」を開始
        2003年10月24日
      を受けてのものか?
     Google Scholar ( https://scholar.google.co.jp/ )
     Windows Live Academic Search
     ※ Wikipediaによると「Live Search Academic(ライブ サーチ アカデミック
      和名:Windows Live 学術論文検索)は、2006年から2008年まで提供」とのこと。
      残念ながら今は利用できなさそうだが,
      https://academic.microsoft.com/ というページがあるが?
     Googleの特許検索サイト ( https://patents.google.com/ )
     USPTO ( https://www.uspto.gov/patent )
  p36:「新英和活用辞典」(1965)の意義(多読と精読の成果)と,現代の「ネット表現辞典」としてのGoogle検索。
  p54:「datarange」の注意点(ユリウス暦) ※ 今は「as_qdr=」指定で過去何年とか過去数ヶ月とか。
  P57:ブログ専用の検索URL ※ 今はブログ価値,相対的に低下してる気がする。まとめサイト興隆で。
  p64:OR検索の注意点。パイプ(|の半角文字)の使用が確実とか。※ 今はどうかな?
  p65:新語を調べるとき(OneLook/defineコマンド/mean,-s,-ing,refers,referred) ※ 日本語の場合「とは」を付けて検索するのと同じようなものだね。
  p66:「筆者は,URLを出典として明記することを心がけています。」 ※ これは私と同じだね。プリンタで印刷した場合,リンクは見えないし。
  p87:第二部 応用編(検索事例の紹介)。 ※ 下記記事からの抜粋・加筆修正削除 とのこと。URLはhttpsに変わっていた。
     https://www.amelia.ne.jp/
     翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービス
     翻訳者ネットワーク「アメリア」
  p92:ドメイン名をチェック,というのは面白い。用例に信頼が置けるかの判断をドメイン名(国)で判断するという訳だ。
  p125:Googleに論文検索サイトの登場,機械翻訳機能の追加(2004)。
  p161:多摩美大の翻訳訳語辞典。編者が同大を辞めて閉鎖,別サイトへ引っ越しとか。※ 大人の事情は大変だ。
・著者で確認したら,新しい本が出ていた。
   https://www.amazon.co.jp/dp/4621303082/
   AI時代の翻訳に役立つGoogle活用テクニック
   丸善出版 (2018/6/14) 安藤 進 (著) ※ Kindle版なし。
・カスタマーレビューで「Google翻訳で原文を作って、フレーズ検索でブラッシュアップする感じ」とあったのを読み,下記記事を思い出した。
   (現場へ!)ニッポン英語のいま:5 進む自動翻訳、だから勉強
   2019年12月06日 朝日新聞 東京 夕刊 夕刊解説
・音声翻訳アプリ「ボイストラ」を開発したNICT(情報通信研究機構)の方へのインタビュー。自動翻訳(機械翻訳,Google翻訳もこの一つ)は必ず間違えるから鵜呑みにせず「逆翻訳」してみて意味が変わらないかチェックすること!とのこと。浜松市の失敗例が挙げられている。台風19号で,災害発生予測場所を連絡したつもりが,その場所へ避難する文面に翻訳されてしまった。鵜呑みは危険だ。

2020-02-11 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

Androidで辞書アプリ(有料)のサポート切れには困ったものだ~iPhoneならマシかな?

Androidで辞書アプリ(有料)のサポート切れには困ったものだ~iPhoneならマシかな?

 iPhone v.s. Androidについて尋ねられた。私はiPhoneを使ったことはないが(Android派だが),辞書アプリのサポートで差があるかもしれないと考えるようになった。つまり,Androidについては,メーカー都合で有料で購入した辞書アプリがサポートされなくなる事例が結構有るということだ。

DioDictシリーズ(DioDict3,DioDict4)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict3.phone.btoc.adddict.collins.engchnjpnkor
  Collins Eng - Eng/Chn/Jap/Kor (DioDict3)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict3.phone.btoc.adddict.obunsha.engjpn
  旺文社コンプリヘンシブ英和・和英辞典 (DioDict3)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict3.phone.btoc.adddict.collins.cad
  Collins English Dictionary (DioDict4)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict3.phone.btoc.adddict.oxford.engeng
  DioDict English Learners Dict (DioDict4)
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict.pop
  DioDict Pop(Google Playストア)(無料)
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict3.phone.btoc
    DioDict 3 Main(Google Playストア)
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.diotek.diodict4.dictionary
    DioDict4 Main(Google Playストア)

・私自身の注文日:価格
  2013-12-14:¥1,371:Collins Eng - Eng/Chn/Jap/Kor
  2015-01-14:¥1,310:旺文社コンプリヘンシブ英和・和英辞典 - DioDict 3
  2015-01-15:¥2,726:Collins English Dictionary
  2015-01-17:¥1,876:DioDict English Learners Dict

英語で説明があるが,Google翻訳させてみた(抜粋)。
|Dear DioDict users,
|the DioDict which has become a strong friend for studying foreign languages
|will end its service on September 2, 2019.
「DioDictユーザーの皆様、外国語を勉強するための強力な友人になった
 DioDictは、2019年9月2日にサービスを終了します。」

|We are currently selling a variety of dictionaries in the newly released "DIODICT Dictionary",
|so if you want to purchase, please use the new version.
「現在、新しくリリースされた「DIODICT Dictionary」でさまざまな辞書を販売しているため、
 購入する場合は新しいバージョンを使用してください。」
   ※ DioDict 5(別料金)
(中略)
|Even after the end of the service, it can be used without problems for existing installed apps.
|Even if the App is deleted due to a device change etc.,
|it can be reinstalled from "My Apps / Games > Library" of Play Store.
|However, updates are not supported and you will not be able to receive support for errors
|due to OS updates in the future.
「サービスの終了後も、既存のインストール済みアプリに対して問題なく使用できます。
 デバイスの変更などによりアプリが削除された場合でも、
 Playストアの[マイアプリ/ゲーム]> [ライブラリ]から再インストールできます。
 ただし、アップデートはサポートされていないため、今後のOSアップデートによるエラーのサポートを
 受けることはできません。」

ひどい話。旧辞書ユーザー切り捨て。新しい辞書「DioDict5」へ移行のための旧ユーザー優待の仕組みもない。
実は「DioDict5」を買ってはみたが,例文がだいぶ削られている。しかも,「DioDict Pop」みたいに,クリップボードに複写した単語を即表示してくれるような仕組みがない。ただし,Chromeで単語を長押しした際に,「コピー・共有・すべて選択」の右側の縦の3つの点をタッチすると「DIODICT」(ほかに「翻訳」とかあるが)を選べば,辞書を呼び出せる機能はDioDict5にはあるが,ずっと操作が面倒だ。(この機能は,「Google翻訳」や下記「EBPocket」(Android版)でもサポートされている。)


https://www.amazon.co.jp/dp/B00FZQXWZO/
オックスフォード現代英英辞典 公式アプリ 日本版【ビッグローブ辞書】BIGLOBE Inc.(Amazonストア)
・私自身の注文日:2015-01-12。1900円。
・当時は,Android5.0の普通のスマートフォンで作動していたが,現時点では当方所有する下記すべての端末で動作不能となった。
   F-10D Android Device (Android4.2.2)
   BOOX C67MLCarta Android Device (Android4.2.2)
   Boyue T62D Android Device (Android4.2.2)
   RAIJIN Android Device (Android7.0)
   Kindle Fire 第5世代(2015-09-30購入)
・Kindle Fireですら作動しないというのはひどい話だ。
・カスタマーレビューには,悲しみの声がみちみちている。


https://www.amazon.co.jp/dp/B00HV6EM64
【2020年5月でサポート終了】広辞苑 第六版 (岩波書店)株式会社計測技研(Amazon Androidアプリストア)
・私自身の注文日: 2015-12-27。8743円。現在使えてはいる。サポート終了したらどうなってしまうのだろう? OALD同様,再インストールできなくなるのだろうか?


https://www.amazon.co.jp/dp/B00GZFPXII/
【2020年5月でサポート終了】明鏡MX第二版・新漢語林MX統合辞典 (大修館書店)株式会社計測技研(Amazonストア)
・私自身の注文日: 2016-03-12。1600円。現在使えてはいるが・・・。


おそらくは,iPhoneなら,Androidのようなことは少ないだろう。
物書堂の辞書アプリが欲しいなぁ。
まずは,
   https://www.monokakido.jp/ja/dictionaries/app/
   「辞書 by 物書堂」(無料)
をインストールした上で,必要な辞書アプリ(有料)を購入していく形とか。
   https://www.monokakido.jp/app/

串刺し検索=横断検索 が可能。
使い方で重要なのは下記だろう。
   https://www.monokakido.jp/ja/dictionaries/app/usage.html

|「App Extension(カスタムアクション)」に対応しているアプリでは、
|別のアプリ内からそのアプリを呼び出して語句を検索することができます。
|ここでは、Safariを例にApp Extension の操作方法を説明します。(以下略)

|クリップボード検索機能を使用すると、アプリ起動時に自動的に
|他のアプリケーションでコピーした文字列(クリップボードに格納された文字列)で
|検索を行うことが出来ます。
|なお、メニューの その他 > 設定 > 「クリップボード検索」にて機能のオンオフを
|切替えることができます。アプリインストール時には、オフになっています。

まぁ,Androidの「DioDict POP」や「Clip2Dic」アプリと同じようなものだ。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jp.readers.tools.clip2dic
   Clip2Dic (ポップアップ辞書)
   https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jp.readers.clip2dic.lite
   Clip2Dic Lite (ポップアップ辞書)

しかし,この機能を使えないアプリは結構Androidに有る。広辞苑,All国語辞書,All英語辞書とか。

【私が欲しいと思う物書堂の辞書】

「コウビルド英英和辞典(米語版)」1,900円
はイチオシ。しかし,用例や語彙が,オリジナルの「コウビルド英英辞典(米語版)第2版」2,300円
から結構削られているので(「Japan」すら省略),この辞書か別の辞書(コウビルド英英辞典(第8版) 2,300円)も一緒に買うべきだろう。横断検索できるから,利便性は高まる。
Androidの「GoldenDict」みたいな感じかな。英辞郎とWordNet英英との横断検索。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.goldendict.android
   https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.goldendict.android.free

上記サポート停止辞書では「Collins Eng - Eng/Chn/Jap/Kor」がこれに近い。実はDIODICT5が出てこの辞書も使えるが,別料金になっている。旧辞書ユーザーは移行できず買い替え。まったく馬鹿にしている。

PC版英英和なら,英英辞典も実は内蔵していて,シェアウェアのLogophileを買えば,削られた部分(英英)も見られるのだが,スマホではそうはいかないので,別に買わなくてはならない。
   https://www.amazon.co.jp/dp/4889962549/
   Collins コウビルド米語版英英和辞典 (活用ハンドブック付き) Softcover (1712 pp) + CD-ROM
   http://dicwizard.jp/logophile/
   Logophile

ほかにも,英和・和英辞典,日本語辞典(古語辞典,漢和辞典)も,物書堂では出している。

スマホではないが,セイコーの電子辞書がCOBUILDに対応していたが,セイコーは撤退したので,今は扱っている電子辞書が存在しない。カシオやシャープは対応していない。セイコーの中古はプレミアム価格がついている。


【無料の辞書アプリなら】
・Androidでも使っている「All国語辞書」「All英語辞書」のiPhone版がある。
   https://apps.apple.com/jp/developer/coha-corp/id418790017
 これでも英和・英英の横断検索はできるので(「AdGuard Pro」を入れれば,広告非表示で利便性高まる。このアプリも必須!),ある程度の代用は可能かもしれない。英英辞典とも横断検索できる訳だから。ただし,オフライン利用ができない欠点はある。
  https://adguard.com/ja/article/ad-blocker-for-iphone-and-ipad.html
  iPhoneとiPadで広告を消す方法と知っておくべきこと
  AdGuard for iOS バージョン 3.1
  
  AdGuard Pro for iOS(有料AppStoreダウンロード)
  |Proバージョンにはシステム全体のブロック機能が含まれていて、DNSブロッキング機能を使用することで:
  |Safari以外のアプリで現在技術的に可能な限り広告をブロック
  |トラッカー、カウンターなどがお客様の個人情報や統計情報を収集することを防止
  |検出またはブロックされた危険なDNS要求を表示および管理し、ブロックするものと許可するものを分別
  |DNSサーバー経由またはDNSブロックリスト(サブスクリプション)のインポートのいずれをご利用可能


【EBPocket for iOS】
http://ebstudio.info/manual/EBPocket_iPhone/

Androidの有料版を私は使っている。広辞苑(有料)やWordNet英英和(こちらは無料),英辞郎(プロテクト前のやつ)とか使える。PC用の「EBWin」だと無料なのだが。

Android用の「読書尚友 - 青空文庫ビューア」(同じ作者)が,この辞書と連携できて,いわばKindleやKoboのように,本の中から単語の意味を引ける。「読書尚友」からは青空文庫の全作品を一括ダウンロードする機能があり(文字だけだから大した容量ではない),大変すばらしい。残念ながらiOS版「読書尚友」はないようだ。
   https://play.google.com/store/apps/details?id=info.ebstudio.bookviewer.pro
   https://play.google.com/store/apps/details?id=info.ebstudio.bookviewer.free

以上

2020-01-24 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)