2018年11月23日 (金)

Amazonカスタマーレビュー掲載:Aterm HT100LN:電池不要な点と,1日1回自動再起動設定,WiFi接続通知設定が便利。UPnPは「使用する」に変えることが大事。

Amazonカスタマーレビュー掲載:Aterm HT100LN:電池不要な点と,1日1回自動再起動設定,WiFi接続通知設定が便利。UPnPは「使用する」に変えることが大事。

 Amazonカスタマーレビューに下記内容を投稿した。1日1回自動再起動設定,WiFi接続通知設定に触れた内容は無いので,それなりの価値はあるだろう。

   https://www.amazon.co.jp/dp/B0744CD9LR/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0744CD9LR/midorigamefer-22
   NECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW 据え置き型 LTE ルーター nanoSIM×1

2018-11-22 懶道人(monogusadoujin)

電池不要な点と,1日1回自動再起動設定,WiFi接続通知設定が便利。UPnPは「使用する」に変えることが大事。

 FREETELモバイルルータFTW141A_ariaを3年使ってバッテリが膨らみ基板が歪んだので(SIMを取り出すのが大変だった),バッテリをはずして使えると評判のnetindex NI-760Sを購入したところ,ハズレを引いてしまったようで,バッテリなしだと数十秒置きに再起動繰り返す始末。もともと説明書にはバッテリをはずした運用手順は書いてないので,諦めたものの,接続不安定で操作も高齢者の父には難しく,結局FTW141A_ariaに戻したら安定した。(「スマートフォン用充電ケーブル50cm/エコモード搭載 UC-ECO50」をモバイルルータに取り付け,過充電防止を図った。)
 11月からFREETEL SIM(楽天)のサービス内容が代わり,だいぶ安定したような感じだ。以前は,週何度かAmazon Echo Spotが認識しなくなり(オフライン表示),父に電源を入れ直してもらったりしたが,だいぶ怒られたものだ。
 そういう経緯で,LTEでバッテリなしで確実に作動するこの機種を購入した。FTW141A_ariaとはSIMサイズが違うので,変更手続きが必要で面倒だった。標準SIMなら良かったのだが。
 24時間タイマーも購入し,1日1回機械的に再起動(1日15分深夜OFF)を考えたが,[メンテナンス]-[再起動]の設定で,自動再起動時刻を指定できることがわかった。実行後も設定は残り,毎日指定時刻に再起動する。しかも「本機能を有効にした場合は,指定した時刻に通信を中断し,再起動を行います。ただし,指定した時刻にファームウェア更新が行われている場合,本機能は動作しません」とあり,ファームウェア更新中は再起動しないので,機械的に電源OFF・ONするよりは安心して実行できる。「メンテナンス:バージョンアップ」をOFFにすることも最初考えたが,現在のバージョン1.0.1で「電源を入れ,4ヶ月後に電源を入れ直すと,装置が起動しなくなる不具合を改善しました」なんていう致命的なバグへの対応があったりするのを見ると,自動バージョンアップはするにこしたことはなさそうだ。
 ほか,「Aterm通知」でメールアドレス登録しての「WiFi接続通知設定」ON(子機情報の設定)が便利。登録した子機の場合は名称で接続有無を知らせてくれ,未登録の端末がWiFi接続した場合はMACアドレスをメール通知してくれる。通信状態のチェックに便利だ。
 Google Home Miniがつながらなかったので確認したところ,「UPnP」を「使用する」に変えることが大事とわかった。Echo Dotは設定変更後に試したのでわからないが,この設定は「使用する」に変えた方がよいだろう(なぜ初期値OFFなのだろう)。Google Home Miniでは,FREETEL SIM(楽天)の11月の設備変更で,節約モード200kbpsでも,音があまり途切れずに音楽を聴けるようになったが,Amazon Echoの場合は速度不足で結構音が途切れる。残念なところではある。
2018年10月29日購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

Amazonカスタマーレビュー掲載:NI-760S:電池抜きで作動するはずが,ダメだった

Amazonカスタマーレビュー掲載:NI-760S:電池抜きで作動するはずが,ダメだった

 Amazonカスタマーレビューに下記内容を投稿した。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B008TI45GK/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008TI45GK/midorigamefer-22
   LTEモバイルルーター NI-760S
   ネクス/SIERRA Wireless

2018-11-21 懶道人(monogusadoujin)

電池抜きで作動するはずが,ダメだった

 netindex NI-760S(ネクス/SIERRA Wireless,ファームウェアバージョン SWI9200H2_03.00.01.13ap)を,2018-09-16購入した(Amazon,4,900円)。カスタマーレビューには,バッテリー(リチウムイオン充電池)をはずして運用できると複数あったが,試してみたところ,確かに電池抜きで起動はするが,安定しなかった。画面真っ白になって固まったり,再起動を繰り返したりした。レビューには電源パワーについて触れたものがあったので,付属のACアダプタ(DC5.2V,1.2A)をもっと電流値の大きなもの(FTW141A_aria付属,DC5.0V,2.0A)に変えてみたりしたが,再起動の間隔が多少長くなる程度で,効果なかった。WEBで取扱説明書やFAQを見てみたが,電池パックを抜いた状態での運用方法は書かれていないようだ。むしろFAQに「ACアダプタに差し込んだままでの長時間利用は電池パックの寿命を縮める要因となります。使用時や充電が完了した際は、ACアダプタから取り外しての保管・ご利用をお願いします。」というのがあり,満充電(フル充電)になったらACアダプタを外して使え,ということで,常時接続を想定していないような内容に思える。「電池パックの寿命は、ご使用状況などにより異なりますが、使用開始から1年を目安としております。」とあり,あきらめて電池パックをセットしたまま使うことにした。2018-09-24時点で,Amazonでは電池交換のできる「FREETEL ARIA 2 FTJ162A-ARIA2-BK」の方が安価(3,780円,Prime)で,追加のバッテリーパックも2,138円。こちらの方がよかったか(失敗)。
 電池の膨らんだFTW141A_ariaの代わりに実家に取り付けて使っていたのだが,Amazon Echo Spotが頻繁にオフラインになってせっかく始まったテレビ電話機能が使えなかったり,バッテリ完全放電したりして(これは父の誤操作かもしれないが),結局1か月後に予備のFTW141A_aria+エコモード搭載スマートフォン用充電ケーブルUC-ECO50Kに変えて今に至っている。年末にはバッテリ不要で,1日1回指定時刻にリセット可能なAterm HT100LNに交換の予定。AtermはSIMサイズが標準でなくナノサイズなので,SIMサイズ変更の手間があり,すぐさま交換とはいかず手続きに手間取った。
2018年9月16日購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

ブルーライト削減・原始的な方法(LCDディスプレイの設定操作)

 2017-10-02のメモ。新しい職場での初日のPCの設定の一部。
会社のPC(Windows7)には勝手にソフトを追加インストールできないので,LCDディスプレイの設定を操作して,ブルーライトを減らすことにした。百円ショップでブルーライト削減メガネは買えるが(買ったが),老眼のメガネの上にさらにかけるのは面倒くさい。

色温度(%):
  赤100
  緑100→50
  青100→25

グラフィックスコントロールパネル:
  彩度100→50

写真の編集とかは職場ではしないので,全然問題ない。
背景も黒にしている。

色の反転は見づらいのでやめた。その方が,黒字に白の文字で,光量は減るのだが。

2018-11-09 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

Amazon Echo Spot再不調(よくオフラインになる)で対策機器注文した。

Amazon Echo Spot再不調(よくオフラインになる)で対策機器注文した。

 中古で買った Amazon Echo Spot が悪いのか,Amazonのセンターが悪いのか,FREETEL SIMの回線が悪いのかわからないが,とかくオフラインが頻発する。スマートフォンのAlexaアプリから実家のAmazon Echo Spotにテレビ電話の通話(「呼びかけ」機能)を使おうとしたら,一瞬オンラインになるもののすぐにオフラインになる現象が,2018-10-23 19:37,10/28 19:50に発生。前回は翌日夜自動復旧したが,今回は19:30頃まではダメで(一瞬オンラインになることもなくずっとオフライン),20:55頃に自動復旧していることを確認した。高齢者見守り機能代わりになるかと思ったのだが,これでは困る。9/17に設置後,9/23,9/25,10/8,10/9(10/9再起動して日中直ったのが再発)とオフライン発生。10/12にLTE/3Gモバイルルータを変更し(netindex NI-760S(完全放電してた)→FTW141A_aria),その後,10/23,10/28と,少なくとも40日間で7回(以上)はオフライン発生している。こちらからはオフラインに見えても,現地では使えてたりしているから(Alexaアプリに記録残っている),Amazonセンター側の問題の可能性が大きい気がする。

 とはいえ,こう頻繁に起きると,こちら側が精神的に参ってしまうので,機器構成を改良することにし,さっそく注文した。11月の楽天の3G廃止の影響を見てからの方がよかったかもしれないが,いずれやるつもりではいたのだから,ここは思い切りだ。

【改良点】
(1) Amazon Echo Spotを,15分間隔で何度もON・OFFできる24時間タイマーで,早朝15分だけOFFにする。つまり1日1回リセットする。

(2) 電池内蔵のモバイルルータ(LTE/3G)を,AC専用のLTEルータに変更し,15分間隔で何度もON・OFFできる24時間タイマーで,深夜15分だけOFFにする。つまり通信環境自体も1日1回リセットする。「NECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW」を注文した。ナノSIMは入手済み。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B0744CD9LR/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0744CD9LR/midorigamefer-22

(3) 24時間タイマーは,誤って作動時刻を変更されないように,カバー付きのにする。また,延長ケーブルを使ったりタコ足だとひっかけてはずす心配があるので,ケーブル付きのにする。「リーベックス(Revex) プログラムタイマーEX PT7」(コード付)を注文した。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B001GM6DIE/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001GM6DIE/midorigamefer-22

実家から回収してくる予定の標準SIMは,そのままではF-10Dでは使えない。netindex NI-760S(5時間バッテリ)やFTW141A_aria(8時間バッテリ)では使えるが,今更感はある。F-10Dや他の予備のスマホで使えるようにマイクロかナノにサイズ変更するか(事務手数料2千円かかるなぁ),あるいは他の3Gも使えるMVNOに乗り換えてしまうか,RAIJIN同時契約のOCNモバイルONEの容量シェアでいくか,迷うところではある。基本料金は300円ぐらいだからそれほど負担になる訳ではないが。

2018-10-29 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

当方所有のPC・スマホ・タブレット・スマートスピーカー等 一覧

当方所有のPC・スマホ・タブレット・スマートスピーカー等 一覧

 父が使わないということで,Amazon Echo DotとAmazon Kindle Fireを引き取ったので,機器が増えた。
一覧を作ってみた。

2018-10-25 懶道人(monogusadoujin)

・PC:emachines EL1352-F22C/T。Windows10 Home。ブログ記事作成や情報収集,メールはPCがやっぱり便利。雑誌などのカラー・大きな書籍を「Kindle for PC」で見たり,「Amazon Video」を見るのもPCの大画面(といっても,E202HV,1600×900,20インチワイド)の方が便利。フラットベッドスキャナ SHARP JX-375をときどき使う。プリンタは持っておらず,緊急時はiFAXで自宅FAX専用機(留守番電話兼用)に印刷。ふだんの印刷はPDF化しSDメモリカードでコンビニエンスストア(ローソンよりセブンイレブンが優秀みたいだ)でやっている。

・スマートフォン:RAIJIN(FTJ160E,Android7.0):メインスマホ。Alexaアプリで実家とTV電話。一定時間経過後,SMARTalkで,留守番電話をE-Mailへ音声添付して自動送信する設定にしている。

・スマートフォン:Priori2 3G(FT142A,Android5.0.2):寝床に置いて,夜間RAIJIN電源OFF時に使う。「Sleep as Android」で睡眠データ収集。突然の楽天からの2018年11月3G停止アナウンスのため,使えなくなり,SIMを3Gの使えるOCNモバイルONEへ移行したが,RAIJINを格安(千円+送料約500円)で同時入手できたので,メイン機から引退。

・スマートフォン:富士通 ARROWS X F-10D docomo(Android4.2.2):寝床に置いて,朗読を流す。スマートスピーカーだと「章の終わり」で停止ができず,時間指定となるため。 休日はFMトランスミッターで音楽やオーディオブック等を。掃除や整理で各部屋頻繁に移動する際に便利。テレビも内蔵しているが映りは悪い。root化し,MVNOテザリング可能としたので,旅行時にはモバイルルーター代わりに使えるが1時間で30%近く減るのでAC必須。FMトランスミッター機能を使うにはSIMが必要という謎仕様のため,FREETEL SIMを残しているが,「使っただけ安心プラン」で最大20GBまで使えるので,節約モードでは50kbpsぐらいしか出ない(LTEでなく3Gなら150kbpsぐらい出るのに,楽天なぜ廃止する!)とはいえ,旅行帰省時には使いやすい。ふだんは節約モードにしておけば月300円ぐらいで済む。

・スマートフォン:シャープ SH-05E(Android4.0.4):台所に置いて,朝の音声時計,食事時に朗読やニュース,入浴時にBluetoothスピーカで音楽とか。元はジュニア用でGoogle Playストア使えなかったが使えるように改造したが,Androidのバージョン低いため,動かないアプリは多い。ラジコが作動しない(GPSでGoogleマップは正常なのだが)。F-10Dより安定性高く,発熱・暴走せず,電池持ちもよい。さすがはジュニア用。

・タブレット:Boyue T62D(Android4.2.2):Eink(電子ペーパー)採用のAndroidタブレット。Google Playストアが使えない(Amazonアプリストアは使える)。root化しGoogle Playストア使えるようにした時期もあったが,Google開発者サービスのアップデート後にエラー多発するようになり,初期化し元に戻して使っている。バッテリ容量大きく,集会(教会)で聖書開くのに使っている。驚異的なバッテリ持ち。20秒でCPUスリープになる仕様が効いている。(アプリでスリープ禁止も出来る。)

・タブレット:BOOX C67ML Carta(Android4.2.2):Eink(電子ペーパー)採用のAndroidタブレット。目が疲れないが,遅いので最近あまり使わなくなった。Kindle/Koboと違って汎用に使えるのが便利。でも遅い。メモリ少なすぎ。古いからね。5秒CPUスリープ機能(短すぎ!)や画面表示が薄くなる現象多発とか使いづらい面がある。root化し「Link2SD Plus」で32GB SDHCへアプリ保存する仕様にして使っている。

・タブレット:Amazon Kindle Fire:父にあげたスマートフォンが壊れたので代わりにあげたが,使わないので今回引き取った。もともとPrime Videoで映画を見るのに使っていた。PCのChromeへの「Video Speed Controller」アドオンで,再生速度調整できることがわかってからは,PCで見ることの方が利点多いが,寝床では便利だ。今やRAIJINの方が解像度が高いが。

・電子書籍端末:Amazon Kindle Paperwhite (2世代目 2013年式):1世代目の3G内蔵は叔父入院時に譲った。中古で2980(2017-02-04)。Einkなので目が疲れない。フロントライト有り。ID変更しても消えないので,「goodreads」(読書SNS)を使うために別ID用意して切り替え操作するときに便利。(goodreads日本でのサービス,いつになるのやら? ブクログや読書メーター,Readeeがあるので参入しないのかな。)

・電子書籍端末:Amazon Kindle Keyboard:最初に買ったKindle。3Gとスピーカ内蔵。英語モデル。ライトなし。洋書の読み上げ可能。しかし和書購入がほとんど出来ない。WordやEPUB(Kindle形式に変換必要),PDF転送すれば読めるので,そうして使っていたが(JW Library登場前,集会で英語の聖書使うときはPaperwhiteより操作性良かった),Einkタブレット入手後は使いみちがほとんどなくなった。カーソル移動で画面下に次々と英単語訳が自動表示されるのは便利だったのだが。また,解像度はPaperwhite初代より劣るのに,逆に鮮明で読みやすかった。インターネットし放題が利点のはずが,中国で違法改造流行したため対策が取られて,インターネット利用に制限かかり魅力薄れた。スマートスピーカーやAlexaアプリ,Kindle FireでKindle本の朗読可能になったため,読上げの魅力も薄れた。

・電子書籍端末:Kobo Touch (N905-KJP 2012年式 LILAC QUILT):中古で1,980円(2016-12-10)。ライト非内蔵(なので,純正外部ライトN905-KJP-LGH~単三1本で稼働~を使用。SDメモリに本を保存できる点,最新機種より逆に便利。(なので,あえて最新機種は買う必要なしと判断した。) 改造すれば,Eink汎用Android端末にもできるが,CPUがBOOXやBoyueより非力なため,改造する意欲なし。

・スマートスピーカー:Amazon Echo Dot:父の書斎に置いていたが,使わないというので回収。Alexaアプリでの本の朗読は書名の音声認識が誤認識多いので,Alexaアプリで本を選んでEcho Dotで再生するのが便利。スマートフォンは制約かけられている。Prime Musicがよい。実家とID共通にしたので(実家にはEcho Spotを設置),同時に別の曲は無理の制約はあるが生活時間帯違うので問題ないと今回判断して,父のPrimeはお試しで解約した。

・スマートスピーカー:Google Home Mini:手持ちのMP3,WMAを無料転送し,ストリーミング再生できるのが便利。山口百恵やイルカや谷山浩子とかサザンとか,AmazonやGoogle,Spotifyで聞けないものがいろいるあるからね。Kindle本をスマホ経由で朗読させ時間でオートストップさせる技を見つけたが,父からのEcho Dot回収でそれも必要なくなった。2台ならべて使っている。「アレクサ,~して!」,「ねぇ,グーグル,~して!」な感じ。

・PC:Eee PC:元祖ネットブック。XP。寝床に置いてあるが,使っていない。唯一,新潮文庫の百冊を入れているが,タブレットより重いし画面小さいしなぁ。ネットにつないだりUSBつないだりせずにスタンドアロンで使う分なら安全ではあるが。それにしても,Windows10の安定性・使い勝手はXPに劣るなぁ。

・ゲーム機:New 3DS LL:メイン機。DSi「睡眠記録めざまし時計」の統計機能が便利で,スマホの「Sleep as Android」移行後も使っている。

・ゲーム機:3DS:ヒンジ部分の接触不良で,フタを閉めるとバチッと音がして電源が落ちてしまうようになった。一時期,寝床の時計として使っていたことがあったが(液晶画面に青黒いフィルムを置いて画面暗くして),使うのを止めてしまった。すれちがい通信で使えるかもとも思ったが,まぁ最近は電源を入れていない。

・ゲーム機:DSi(2台),DS Lite:DSiの1台,DS Liteの1台は中古買い。今はほとんど使っていないが,ソフト初期化の際のボタン押しがDS Liteの方が便利で,そんなときに使っているかな。古いDS用ソフトは新しい機種だと解像度高いために逆に文字がぼやけるが,DS Liteならそんなことはない。が,老眼にはやはり画面は大きい方がよい。

・MP3録音再生機:トークマスター2 1GBモデル:時刻補正がFMなので使いづらかった。録音失敗とかもあった気がする。リコールで電池交換済み。寝床に置いているが,さっぱり使ってないなぁ。

・MP3録音再生機:オリンパス ラジオサーバー:ハードディスクに保存できるのが良かった。時刻補正はAM。計画停電とかにぶつかり,AC専用は使いづらくなった。もう何年も放置したままだなぁ。パンクし止まっていることだろう。NHKカルチャーラジオとか録音し,MP3を「AEditor」で編集(前後の余計な部分をカット)して,MP3プレーヤーでフェレット散歩時に聞いたりしていた時期もあったなぁ。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

Google Home Miniを壁掛け(百円ショップのじゃがいも用ネットで)

20181022_google_home_miniGoogle Home Miniを壁掛け(百円ショップのじゃがいも用ネットで)

 Google Home Miniを壁掛けで使うことにした。Amazonとかで「google home mini 壁掛け」や「google home mini ホルダー」で検索すれば,いろいろ商品は見つかるのだが,壁のコンセント直結タイプで,私みたいにハイベッドの四方に金網設置し,いろんなものをぶら下げられるようにした環境には適してない。ワイヤーラックに乗せてベッドの頭の上に(スマホスタンドを使って斜めに)置いてみたりもしていたのだが,起床時とか頭をぶつけそうだ。

 2018-10-15に実家から回収してきたAmazon Echo Dotも加わったので(こちらは手法解決済み。輪ゴムを巻いてフックをかければよい),2台をどう置くか考えてみた。

 ふと思いついた。百円ショップで買った,じゃがいもをストックしておくネットがあった。縦長でサイズ的には,Google Home MiniやAmazon Echo Dotがちょうど入る。途中を縛れば,2個縦に入る具合だ。でもまぁ,ベッドサイドで縦長だと邪魔なので,Google Home Miniだけ入れて,Amazon Echo Dotは,輪ゴムを巻いてフックで留めることにした。

見た目は格好良いとは言えないが,声を拾ってLEDランプが見えればよいからかまわない。音楽を聞いていてビビることもない。ボリュームボタンは元から操作しづらいので音声操作が主体になるからネット越しに触ることはまず無い。

2018-10-22 懶道人(monogusadoujin)

【補足】
 Google Home MiniはAmazon Echo Dotと違って,音量ボタンがわかりづらいし,LEDの視認性も悪い。おまけのマイク感度も悪い。しかしまぁ,無料で手持ちのWMA,MP3をアップロードでき,聴けるのはいいところだ。邦楽どちらも弱いからね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

Aterm HT100LNを検討中/Amazonカスタマーレビューへのコメント

Aterm HT100LNを検討中/Amazonカスタマーレビューへのコメント

 バッテリ不要で稼働するLTEルーター「NECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW」を検討中だ。非公式手順でバッテリを抜いても作動する,という訳ではなく,本当にACしか付いてない。

 Amazonのカスタマーレビューで「FREETEL」(FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン を当方実家で使用)で検索したところ,一件が見つかった。
  https://www.amazon.co.jp/NEC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA-Aterm-PA-HT100LN-SW-%E6%8D%AE%E3%81%88%E7%BD%AE%E3%81%8D%E5%9E%8B-nanoSIM%C3%971/product-reviews/B0744CD9LR/ref=cm_cr_arp_d_viewopt_kywd?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&pageNumber=1&filterByKeyword=FREETEL

2018年7月25日,2018.10.11追記 のレビューで,「wan接続ができなかったSIMはFREETELデータのみで、新たにUQmobileのSIMを契約して入れたら接続できました。」と有る。

 はたして大丈夫か調べてみたところ,公式サイトに,「Aterm HT100LN 接続確認済LTEサービス事業者リスト」(最終更新日:2018/08/01)が掲載されており,「FREETEL SIM 楽天株式会社」もその一覧に載っていた。やれやれ,大丈夫そうだ。
   http://www.aterm.jp/product/atermstation/topics/lte/lte-serviceht100ln.html
   Aterm HT100LN 接続確認済LTEサービス事業者リスト

さっそく上記レビューに対し,下記コメントを付けたところだ。コメントがすぐに見れない(気づきにくい)点は,システムの欠点かもね。

【掲載したコメント内容】
 Aterm HT100LN 接続確認済LTEサービス事業者リスト(最終更新日:2018/08/01, www.aterm.jp/product/atermstation/topics/lte/lte-serviceht100ln.html)には,「FREETEL SIM 楽天株式会社 2018年1月15日(月)に通信事業に関してFREETELは、楽天モバイルへブランド統合していますが、本商品は旧名称を継続します。」の名前が載っているようです。前置きとして,「本商品の対応規格はLTEのみです。3Gには対応しておりません。」「本リストに掲載されているサービスは「データ通信専用」SIMでの確認結果です。」と有るようです。「Aterm HT100LNで接続確認を行った、通信事業者の情報を掲載しております。掲載内容については、順次更新予定です。」とも有るので,こちらで事前確認するのが良さそうです。しかし「Aterm製品に関する各通信事業者へのお問い合わせはご遠慮ください。」と有るのは,なんだかねぇ。
 FREETELモバイルルータFTW141A_ariaを3年使ってバッテリが膨らみ基板が歪んだので(SIMを取り出すのが大変だった),バッテリをはずして使えると評判のnetindex NI-760Sを購入したところ,ハズレを引いてしまったようで,バッテリなしだと数十秒置きに再起動繰り返す始末。もともと説明書にはバッテリをはずした運用手順は書いてないので,諦めたものの,接続不安定で操作も高齢者の父には難しく,結局FTW141A_ariaに戻したら安定した。(予備機に交換したが実家への片道3時間は大変だった。) 「スマートフォン用充電ケーブル50cm/エコモード搭載 UC-ECO50」をモバイルルータに取り付け,過充電防止を図ったが,どれだけ効果があるかはわからない。 2018年11月から移管先の楽天が3G廃止するため(LTEのみ可),一抹の不安を抱いている。
 そういう経緯で,LTEでバッテリなしで確実に作動するこの機種を検討中。FTW141A_ariaとはSIMサイズが違うので,変更手続きが必要で面倒。標準SIMだったら良かったのに。

2018-10-20 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

アレクサって生意気だ!(えぇっ?)

 実家に Amazon Echo Spot を設置,こちらスマートフォンでテレビ電話するようになってから1か月が経つ。父が言うには「アレクサって生意気だ。あれこれ指図してくるんだ。」

 えぇっ? どうやら,スクリーンセーバー機能を兼ねて表示される Echo Spot画面のいろんなサンプル文例がカチンとくるらしい。Alexaへ対する指示なのだから命令調な訳だが,それを自分に対する命令と捉えてしまうのかな。こんな質問なら答えられますという単なるサンプルだよ,とは話したのだが。

 Echo Spotの導入前には,Echo Dotを置いてみたのだが,画面がないと(スマートフォンのAlexaアプリは使ってないから)どう指示してよいかわからない。だからサンプル文例を表示してくれるEcho Spotはなかなか高齢者向きで良いかな,と思ったのだが,意外なところに問題が潜んでいたものだ。

 指令が冗長すぎて,Alexaが答えられないケースも多いみたいだ。どうやったらうまく答えてくれるか,頭の体操になるかとも思ったのだが(子供に対するみたいに,やさしく勘違いしにくい言葉で言い直す工夫が必要になるので),一度で答えてくれずに「わかりません,ごめんなさい」を繰り返されると,さすがに腹もたってくるだろう。どこがスマートな(賢い)スピーカーだ,おバカさんだね。

 しかしまぁ,パソコンやスマートフォンの操作を新たに覚えるのは高齢者には難しいから,音声指示だけで済むスマートスピーカーならどうかと思ったのだが,まだまだ発展途上なんだろうな。

2018-10-19 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

Google Play Music無料版で「Google Play Music Manager」は結構使えることがわかった(WMAもアップロードできる)

Google Play Music無料版で「Google Play Music Manager」は結構使えることがわかった(WMAもアップロードできる)

 「最新スマートスピーカーらくらくカンタンガイド」(書籍)をきっかけに,Google Play Musicの無料版が結構使えるものだとわかったので,Google Play Music ManagerをPCへインストールして,せっせと手持ちの曲をアップロードしている。

 以前,自動車のシガーソケットにセットできるFMトランスミッター内蔵のMP3 Playerの容量が少なかったときに(たった2GB!),手持ちの曲をWMA 48kbpsで保存したものが結構有る。Windows Media Audio(WMA)は,MP3より高圧縮なので,MP3 64kbpsに相当する。ステレオをモノラル化したので,もしステレオなら128kbps相当。まぁ標準音質だ。

 どうせGoogle Home Miniの音質はあまり良くない。モノラルだし,十分だろう。当方アパート住まいでいまだにADSL 12Mbps(上りは1Mbpsぐらい)なので,ファイルサイズが小さいのはアップロードにかかる時間が短くて済むから,ありがたいことだ。場合にはよってはGoogle側で共通の音源は置き換えてくれることもあるらしいので(真偽不明),他人のアップロードしたもっと良い音源で音質が上がったりすると嬉しいなぁ。逆になると怒られるかもしれないが(誰に?)。

 AAC(M4A)も可能とあったが,昔iTunesで購入した曲は,「アップロードに失敗しました」と表示され,Status:「ファイルにDRMがある」となっていた。

【参考記事】
https://support.google.com/googleplaymusic/answer/1100462
Google Play Music でサポートされているファイル形式 - Google Play Music ヘルプ

|WMA(.wma):Windows 版 Music Manager を使用してアップロードできます(Chrome 版 Google Play Music ではアップロードできません)
|AAC(.m4a):ファイルは同じビットレート(音質)の .mp3 ファイルに変換されます

|注: 各音楽ファイルの最大サイズは 300 MB です。ファイルが MP3 に変換される場合は、変換後の MP3 ファイルにこの 300 MB のサイズ制限が適用されます。

https://support.google.com/googleplaymusic/answer/1075570
Google Play Music Manager で音楽を追加する
  https://play.google.com/music/listen?u=0#/manager
  Music Manager のダウンロード ページ

以上

2018-10-16 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

「最新スマートスピーカーらくらくカンタンガイド」

「最新スマートスピーカーらくらくカンタンガイド」

https://www.amazon.co.jp/dp/479805402X/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479805402X/midorigamefer-22
https://books.rakuten.co.jp/rk/3551edcac60e3291a293737f65efa1db/
最新スマートスピーカーらくらくカンタンガイド
単行本: 176ページ
出版社: 秀和システム (2018/2/10)
ISBN-10: 479805402X
ISBN-13: 978-4798054025

を,2018-09-30購入。10/5読了。わずか半年ちょっと前の書籍なのだが,もう時代遅れになっている点,がっかりだ。WEBで見ていてほとんど知っていることばかり。

【役に立った点】
・Google Play Musicの無料版で,5万曲まで無料でアップロードでき,「ねぇグーグル,マイライブラリの曲を再生して!」等で再生できることがわかったこと。有料版でないとその機能は使えないと思い込んでいた。有料でないと意味のないアプリと思い,プレインストールアプリをずっと無効化していた(使わないのに更新され続けるのは面倒)。Google Home Miniで使えるSpotifyの無料版のプレイリストは,無関係な曲が多くて閉口していたので手持ちの曲を再生できるならありがたい。しかしSpotify。無料で使えるのはよいが,このプレイリストの出来では有料版もたかが知れてるだろう!有料加入の必要性なし! と判断される恐れはないだろうか? だからこその3か月間月百円の試行期間なのかもしれないが。

・Amazon Echoの「スキル」に相当する「アクション」を使うには,事前設定は不要で「~につないで」(等)で良いということがわかったこと。また,Google Homeアプリでの「アクション」の一覧の探し方。HomeアプリはAlexaアプリより使いづらい。メニューの体系化不十分に感じる。

【時代遅れな点】
・Google Home Miniの操作方法が書いてない。名前は載ってるのに! ボリューム操作とかEcho Dotに比べ面倒。うっかり本体触って変に作動することも多く,使いづらい。マイク感度も悪く部屋で大声になる。
・p18:「Amazon Echo Spot,Amazon Echo Showが日本未発売」。Spotは2018年8月に発売してるね。
・p20:Amazon Echoシリーズが招待がないと購入できない,とある点。今では電気店でも売ってる。
・p20:通話は日本では不可と書いてある点。2018年9月から出来るようになっている。
・p28:WiFi設定にスマートフォンが必要とある点。Echo Spotなら不要。
・p46:Alexaアプリのインストール手順がAppStoreのみ。Androidはどうした?
・p49・61:リセット手順。Echoは良いのだが,HomeはMiniの操作が書いてない。シリーズによって操作方法が違うという設計はどうかとも思うのだが。(音量操作もそうだが。)
・「リマインダー」機能がGoogle Homeに無いとある。上記アクションの説明に名前あったし,間違いか?

【未確認】
・p37:未読メールの読み上げ機能あり。(Google Home Miniでは「そちらにはまだ対応していません」と音声で返されたぞ!)
・p158:「Googleアシスタント」アプリをアクションを確認するためにインストールする必要があると書いてある点。AndroidではHomeアプリがあれば要らないのでは? 「Googleアシスタント」アプリをインストールすると多少できることが増えそうではある。AppStore(iPhone)向けの説明のようで,Androidでは不要そうだが,説明不十分でわかりづらい。

【大失敗!】
・楽天Koboで,9月末まで期間限定のクーポン券が150円分あって,思い出したのが期限切れ1時間前。あせって何にしようか考えつつ手続きしたところで,ブラウザのクッキーエラーとか出て,操作やり直しに。時間切れになりそうであわてて,クーポン適用操作をうっかり忘れてしまい,がっかり。

・まぁ,紙の本より安かったが,読み進めると(最終ページ近くに)WEBからPDFを入手できるやり方が書いてあり,再びがっかり。Kobo版でも問題なくPDF(パスワード付きZIP)ダウンロードできた。こんなことなら紙の本でも良かった。読み終えた後,実家セッティングした父へ紙の本を送ることもできたろう。電子書籍ではそうはいかない。PDFは印刷不能なプロテクトがかけられているし,サイズも結構大きい。

2018-10-15 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧