2020年2月21日 (金)

ワットメーター付電源タップ TP1052DW

ワットメーター付電源タップ TP1052DW

 実家で,電気ストーブを使うようになって,ブレーカーが落ちることが頻発。それで,
   https://www.amazon.co.jp/dp/B01KAVH3G2/
   ワットメーター付電源タップ TP1052DW
を購入した(2019-01-02)。当時は2,790円。

消費電力(ワット)がリアルタイムで見れるのは大変便利。父も喜んでくれたようだ。
ほか,父のシェーバー替刃もAmazonで購入,すぐに配達された。近所のお店に先に行ったのだが,取り寄せで時間がかかるとかの返事で断念・残念。

2020-02-21 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

カップ麺型ラジオ「土俵入りラーメン」

カップ麺型ラジオ「土俵入りラーメン」

・2018-12-24,押し入れを整理していて出てきた。もう使わないので,売り払うことにした。10円だったか100円だったか?がっかり値段だった記憶がある。
・中古ショップで入手した記憶がある。
・変な文面が満載!
  「土俵入りラーメン」
  「脂肪たっぷり・かなりの塩味」
  「Shall We」
  「本物の力士になれるかもしれない,力士手形付!」
  「レンジ不可」「お湯不要」「お湯を入れると3分で壊れます」
  「株式会社 つっぱり麺食品」
  「栄養成分表(1食分当たり)
    エネルギー:8972kcal
    土俵の土:23.4g
    脂質:835.3g
    汗水:64.8g
    乾燥塩:2.9g
    つっぱり根性:0.76mg
    くやし涙:0.30mg
    友情:137mg」
  「MADE IN CHINA」

・上の蓋の裏にスピーカ穴が開いている。紙の蓋のため,音量を大きくすると,ビビる。
・古い製品なので,ボリュームがガリガリいう(ガリオーム)。
・AMはともかく,FMも聞けた。アンテナはどこにあるのだろう?

2020-02-19 懶道人(monogusadoujin)

20200219_20181224_

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

電子レンジ式アンカを自作

20181126_120181126_2電子レンジ式アンカを自作

 長らく使っていた,電子レンジ式足温器(レンジでゆたぽん,2個入り,白元)が壊れた。加熱時に内袋が破れてからジェルが出てきてしまった。外袋も破れてスースー空気漏れの音がする。2個セットで最後の1個だったのだが,廃棄処分。Amazonで探してみたのだが,このタイプはもう売っていないようだ。残念。

 さて,以前破裂・廃棄後,もう片方には,「温冷両用まくら」(OS-600EC,ケンユー,600cc)を使っていたのだが,本来127グラムに対して442グラムは重すぎた(重さは当方実測)。室内履きだからまぁ問題なかったけれど。で,よく考えるとジェルの成分にそう違いがある訳ではなさそうだ。「-23℃~+70℃位まで目的に合わせ使用出来ます。」「800kg(10mm/min)の重さに耐えれる,複合ポリエチレンを使用しています」が「温冷両用まくら」の売りな訳だが,「出力500W~600Wの電子レンジでジェル袋のみをタイマー3分間加熱して下さい」とあるのは,白元の127グラム2個計254グラムの「本体2個一緒に加熱してください。500W:2分30秒,600W:1分50秒,1000W:1分20秒」とそう大きく違う訳でもない。ということは,アイスマクラ用のジェルや,消臭剤の「吸水性樹脂」を使った湿潤タイプのジェル(ビーズ)でも代用できるのではなかろうか。袋はジッパー式のが使えるかもしれない。

 百円ショップへ行ってみたところ,二重ジッパーのフードバック(食品保存用袋,冷凍保存解凍用,ポリエチレン,耐冷温度-30℃,耐熱温度70℃,ジッパー下140mm×160mm,厚さ0.07mm,10枚入り)が売っていた。以前入手していた西友の「ジッパー式 冷凍保存パック」は,「ポリエチレン,耐冷温度-60℃,耐熱温度80℃,ジッパー下18cm×20cm,厚さ0.06mm,15枚入」なので,ジッパーは二重式ではないが,こちらも使えそうだ。

 ダイソーでは「ソフトアイスマクラ」(Soft gel ice pillow,1000グラム,成分:高吸水性樹脂,二価アルコール,防腐剤,水)200円を,ワッツでは,消臭剤(無香消臭,消臭ビーズでニオイを取る! 無香タイプ,360グラム,成分:植物抽出消臭剤,吸水性樹脂,非イオン界面活性剤,ビーズはプニュプニュしていて柔らかい)を100円で買ってきて,半量ずつ,ジッパー式の袋へ詰めた。

 口を開けた状態で,耐熱容器(電子レンジ用ラーメン鍋)に立てかけて入れて,重さ100グラムに対して500W 30秒の割合で加熱。熱くなった時点で,口を閉じて2つ折りにして,さらにもう1枚のジッパー付き袋に入れた(つまり二重袋。白元の元のが二重袋でジェルが赤色に着色されていて漏れるのがわかりやすいようになっていた)。空気はできるだけ抜くようにした。

 口を開けた状態で加熱する訳だから,破裂の心配はまず無い(立てかけた状態で自重でジッパーが閉じてしまわない限りは)。袋がダメになれば,別の袋に詰め替えればよいし,ジェルが乾燥してくれば(重さが軽くなれば),その分水を補給すればよいだろう。

 加熱の際にいちいち袋から出してジッパーの口を開けるのが面倒といえば面倒かもしれない。また,ジェルが透明だから,漏れがわかりにくいかも。白元のはジェルが着色されていてわかりやすかった。

 二度目の加熱を試してみたところでは,ジェル式だと,ジッパーの口の部分も触れたジェルでかなり熱くなっていたが,ソフトビーズ式のは,水の切れがよく,口が熱くなることはなかった。こちらの方がいい感じ。今回「無香」タイプにしたが,少しはニオイがする(嫌なニオイではない)。普通はジェルを取り出さないはずのアイスマクラのジェルもニオイがする。

 ソフトビーズタイプの消臭剤の方は「ご使用方法:お好きな容器(ガラス・プラスチックなど)に詰め替えてご使用ください。」「風通しのよい場所,直射日光のあたる場所では,持続時間が短くなります」と書いてあるから,電子レンジ加熱は直射日光での加熱と似たものだろうとも解釈はできるかも。まぁ無理筋ではあろうが。

 また,ソフトビーズタイプの説明書きには,「残ったビーズは水分を吸ってふくれて,排水口が詰まることがありますので,絶対に流さないでください。」,「容器に残ったビーズは紙などに包んでからお捨てください。」,「6か月を目安に使い切ってください。」ともあるので,その辺が使用上の注意ということか。消臭剤としての機能よりは,重さが減ったら水を足すことを考えているから,6か月にこだわる必要はなさそうだが,防腐剤は入ってないので,その辺が気になるかも。

 アイスマクラの方は,成分の「二価アルコール」が気になる。「エチレングリコール」なのだろうか。不凍液・毒性が気になる。食品と一緒に扱わない方が安心だ。もちろん,子供のいたずらにも。

2018-01-27 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

当方所有するタイマー群の目的別一覧

 タイマーが増えてきたので,用途別の一覧表を作ってみることを思いついた。

2018-10-24 懶道人(monogusadoujin)

【24時間プログラムタイマー】(15分ごとにON・OFF。機械式)

・亀の水槽の,紫外線の出る蛍光灯とバスキングライト(ミニレフ球,レフ球)の制御(7:30~15:30の8時間ON)。夜の餌やり時には臨時にONにしている。

・亀の水槽の,エアーリフト型フィルター(エアーポンプ,テトラ・ツインブリラント フィルターをペットボトルに入れたもの)の制御(23:30~7:30の8時間OFF。汚れてきたり,亀が吸盤をはずして位置が変わったりすると,就寝時に結構音が響くためOFFにする)

・起床用のライトのON(朝,指定した時間に0.5WLED常夜灯 または 4Wの蛍光灯が点灯。ふだん雨戸閉めて寝ているため部屋は真っ暗に近いので,起きる少し前に薄明かりが点灯するようにしている。出社完了後しばらくして自動消灯)

・夏場:液体電気蚊取り線香。3時間ごとに1時間ON(トータルで1日8時間ON)にするようにしている。フェレットが居たときのフィラリア対策の一環。(予防薬は使っていたが,念の為。) フェレットが居なくなった今も夏場は何かと蚊が入ることが多いのでそうしている。涼しいときは11時間タイマーで臨時にONにした方が,無駄がないので切り替えている。

・スマートフォンのバッテリ過充電対策。8時間ごとに75分ON。ECOモード搭載スマートフォン用充電ケーブルUC-ECO50と組み合わせると,充電率85%前後で自動給電停止。その後90分で自動給電ONになるが,75分設定のため次回は7~8時間後になる。不十分なとき・放電量が予想以上に多いときは臨時にONにしている。枕元(スマホ2台とタブレット)と台所(スマホ・音声時計が主)で使っている。

【11時間タイマー】(1度のみONまたはOFF。機械式。時間はダイヤル式で任意指定)

・起床用のライトのON。4Wの蛍光灯(人感センサーにセット)をセット。足元の上にライト設置し,まともに目に入るので,起床用として。11時間タイマーにするのは,疲れて帰宅したときには一旦すぐに寝る(夜中に起きだす)ことがあり(多く),その目的では一定時間経過でONになる方が便利。人感センサーなのでONのままでも,外出すれば自動的に消灯する。

・電気ポット:一定の時間経過したら自動OFF。

・夏場:除湿機。一定の湿度でON・OFF自動制御の機能・満水自動停止の機能が除湿機に有るが,モーター劣化の火事は怖いから,一定の時間経過したら自動OFFするようにしている。

・夏場:枕元に,USB扇風機を設置し,指定時間経過後にOFFになるようにしている。カインズホーム・オリジナルの枕「Airin Pillow」はメッシュ構造で風通しがよく,もちろん,扇風機や冷却ファンの風もよく通す。頭が直接当たる部分だけタオルを巻いて,風が通るようにすると(頭にも少し風が当たるようにすると)気持ちよく寝られる。以前,凍らせるタイプの枕を使っていたら,下がカビてしまったので,懲りた経験がある。

・夏場:壁掛け式扇風機(1/2/4時間タイマー内蔵。赤外線式リモコン有り):厳密には11時間タイマーセットしている訳ではなくタイマー内蔵型。就寝時に首振りで全身に微風があたるようにしている。その意味ではエアコンもタイマーでOFFにしている。エアコンはフェレットが居たときは夏場必須だったが(人間不在時も稼働していないと熱死するおそれ),亀しか居ない今では,エアコンを日中かけることはなくなった。長期の帰省・旅行時は亀は浴槽へ移してドアを閉め,水槽からは水を抜くことで湿気対策している。水槽も亀脱走防止のために覆いを強化したので(高くした),多少は湿気拡散防止にも役立っているだろう。

・秋口:液体電気蚊取り線香に使用。夏場は24時間タイマーに変えて,3時間ごとに1時間ON(トータルで1日8時間ON)。

・冬場:電気アンカ・電気毛布の制御。朝の電源切り忘れを防止。夏場のUSB扇風機用とタイマー兼用。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

あわせ買対象商品の24時間タイマー

 24時間プログラムタイマー(機械式)で8時間ごとに75分のスマートフォンやタブレットの電源制御を行うようにしたのはよいが,不足のため,追加注文した。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B00H96GS8G/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00H96GS8G/midorigamefer-22
   24時間プログラムタイマーII PT25
   リーベックス(Revex)

価格:¥ 570 と安価。近くの電気店でも千円以上する。
「あわせ買い対象商品」で,「Amazon.co.jpが発送する商品の合計が¥ 2,000 (税込)以上になるとご購入いただけます」とのこと。2個を,冷却ファン(AC Infinity MULTIFAN S1)2個と共に2018-10-17に注文していた。

到着後さっそく使ってみたが,ときどきギコギコ耳障りな音がする。これでは枕元では使えない。ハズレだったようだ。機能的には問題ないし,むしろON時にパイロットランプが点灯したりとか,プラグを挿す場所(向き)に工夫が見られたりとか,機能的には良いものではあるのだが。類似製品を複数持っているので,設置場所を変えることにした。

機械式タイマーは静音性に問題のあるものが多く,当たり外れが結構ある。かといって電子式(デジタルタイマー式)だと,停電のときにセットした時刻情報が消えてしまうことを度々経験している。その点では停電で多少時刻がずれてもほぼ指定時刻近くで作動してくれる機械式の方が安心感がある。

2018-10-23 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

人感センサー付きヒーター購入(失敗)

 2018-09-07,ブックオフで,阪和/人感センサー付セラミックファンヒーター HOE-M005 を2980円で購入した。標準価格より千円ほど安い値段だ。

 実家では,トイレ(大)用に冬場はセラミックヒーターを入れているが,ON・OFFだけの単機能で,ときどき切り忘れるらしい。そこで,Panasonicの3時間40分のタイプのダイヤル式タイマーを根本に取り付けたが(11時間タイマーにくらべ短時間をセットしやすい),今度は認知症の母が操作できないらしい。

 なにか良い方法がないかと思って,ふと見つけたのが,人感センサー付きヒーター。これなら切り忘れがない,とよく調べもせずに購入したのだが・・・,大失敗。背面のメインスイッチ(主電源)をONにするのは良しとしよう。しかし,前面のON/OFFスイッチを入れてヒーターが作動しても自動的には人感モードにならない。電源スイッチの右側にもう1つ人感センサースイッチがあり,これを押さないと人感センサーのモードにならないのだ。これでは高齢者は使えない。スイッチの場所も悪く,ヒーターの吹出口の下にあるから,スイッチを操作しようとすると,熱い思いをしなくてはならない。これまた高齢者には不親切だ。

 しかしまぁ,2時間で自動停止機能内蔵はよい。一旦人感センサーモード(2分)にしておけば,なんとかなりそうだ。父に頼むとしよう。今まで使っていたのよりは自動停止機能があるだけマシだろうから。問題は,人感センサーモードを認知症の母が理解できるかどうか。スイッチを毎回切ろうとするだろう。以前,トイレの照明を人感センサータイプに変えたが,今までの習慣でメインスイッチで電源ON・OFFしてしまう。しかしよく切り忘れで父が責められていたが,人感センサーなら切り忘れ大丈夫なので(正確には待機電力があるが),その意味では忘れた父が責められることがなくなったのは良いことではある。テクノロジーで簡単に解決できるつまらない喧嘩ではあったが。

 取り扱い説明書が入ってなかったので,後継機種と思われるものをダウンロードしたが,ページ数がマチマチで読みづらい。てっきり,コンビニエンスストアでのPDFファイル印刷指定を間違えたのかと思ったら,最初からだった。2つ折りでちょうどの設計なのかな。

2018-09-14 懶道人(monogusadoujin)

【参考資料】
http://www.prismate.jp/showroom/pr-wa001
人感センサー付 セラミックファンヒーター  - PRISMATE(プリズメイト)

  ※ 取扱説明書(PDF)をダウンロードできる。

http://www.b-grow.com/news/27387
PRISMATE (プリズメイト) PR-WA001 人感センサー付 セラミックファンヒーター
2016年9月21日発売 - HANWA LTD.(株式会社阪和)

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

電力計・エコワット

20180816_電力計・エコワット

 2018-05-19。部屋を整理していて出てきた。「エコワット」は青2台が初代。白がたぶん2代目(別メーカーだったような)。もう十数年前のような気がする。初代は画期的だったが,電力量タイプ(キロワットアワー)で,瞬時の電力(ワット)表示はダメだった。999の制約があり,999kWh,999時間,など。999時間の制約が一番きつかったな。41日でいっぱいになってしまうのだから。リセットボタンがないのも面倒だった。2代目は経過時間の計測がないという,とんでもない仕様だったっけ。これも999の制約あり。プラグをずっと刺していると,ゆるゆるになって接触不良になってしまった。経年劣化だろう。仕方ない。アルミホイルをプラグに巻いて,だましだまし使ったりしていたが,やはり怖いので廃棄処分にした。

 亀の水槽の電力をはかったり(冬場のヒーター),電子レンジや洗濯機,除湿機の電力量をはかったりしたものだ。エアコンはダメと説明書に書いてあり,実際うまくいかなかった記憶がある。消費電力量が大きすぎてもダメらしかった。
 電源タップ方式のはたぶんこれ。こちらは電力量でなく電力がわかる点がありがたいところ。こちらは即ワット数表示されるので(ずっとつないでなくて良いので),知りたいときだけ使っていた。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B01KAVH3G2/
   ワットメーター付電源タップ TP1052DW

 今なら,これらよりもっと良さそうなものがいろいろ出ているようだ。「クランプメーター」とかデジタル表示のエコワットの前はそんな製品もあったが,結構高価で手がでなかった記憶がある。会社では借りて何度か使った記憶があるなぁ。PCのディスプレイの省電力機能とか。CRTブラウン管時代だったかな。

 しかしまぁ,フェレットがいなくなって,留守中にエアコンや除湿機を運転させておく必要性がなくなったので,電力を気にすることはあまりなくなった。単にズボラになっただけかも。

2018-08-16 懶道人(monogusadoujin)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

昔のPC用スピーカ出てきた

20180809_pc 押入れを整理していて,昔のPC用スピーカが出てきた。サンワサプライ製,MM-SP61マルチメディアスピーカー。ACアダプタではなく,ACプラグのケーブルが付いている。今ならUSB給電だろうけど。電源供給があるということは,アンプ内蔵。そしてちゃんとボリューム(音量調節用つまみ)が付いている。(アンプ内蔵でもボリューム無いものも有るからね。) また,スピーカ同士はケーブルで直付け。つまり延長ケーブルを挟んで距離を長くするとかが出来ない。
 確かサン電子の「トークマスター2」購入時に,ユーザーアンケート当選だかでの貰い物だったような記憶がある。スマホサイズのコンパクトな筐体は音はあまり良くなかったので,それを補う意味はあったろう。他のMP3プレーヤーでヘッドホン(インナーホン)でフェレットの散歩中に録音した番組を聞くのが当時習慣だったので,つまりはスピーカで聞くことはあまりなかったので,使わず押入れにずっとしまいっぱなしになっていたという訳だ。中古ショップへ持ち込むつもりだが,はたして売れるだろうか・・・。
 トークマスター2自体は,AM/FMラジオをタイマーでSDカードへ録音できる当時画期的な機器だったが(その後ハードディスクにMP3録音できるオリンパスのRadio Server VJ-10を買ったっけ),今ではインターネット経由で過去放送がストリーミング再生できる時代になったため,枕元にはあるのだが共にずっと使っていないなぁ。MP3を編集できるPC用フリーソフト「AudioEditor」( https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se143192.html )も今もPCに入っているが,ずっと使っていない。「SuperTagEditor」( https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se139061.html )も使ったりしたが,仕様が変わったためか対応しないMP3ファイルも結構有ったっけ。

 久しぶりにサイトを見たら,修理サポート(保守サービス)が終わっていた。月日の流れるのは早いなぁ。リコール電池交換済みだからその点は問題ないが。
   http://www.sun-denshi.co.jp/sc/talkmaster/
   トークマスターII、slim 保守終了のお知らせ
   2017年3月28日
   『2018年3月31日までの受付分をもちまして
    「トークマスターII・slim」の修理サポートを
    終了させて頂きます。』

ラジオサーバーの方はこんな記事もあった。当時,気づいてなかったかも。
   http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0703/23/news011.html
   レビュー:ラジオサーバー「VJ-10」は本当に「サーバー」か
   2007年03月23日

2018-08-09 懶道人(monogusadoujin)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

刃が自動で引っ込むナイフ

20180804_
刃が自動で引っ込むナイフ

 何年か前だか,ナイフで自分の手を切ってしまった人が出て,刃が自動で引っ込むタイプのが社給された。切れないナイフを使ったり,刃を出しっぱなしにしているのがまずいのだろうと思ったが,使ってみると,結構便利。使い終わるとバネですぐに刃が引っ込むので,うっかり収納ミスで刃先が少しだけ出たままの危険な状態になることがない。昨年10月に職場が変わり返却したが,せっかくだからもっとコンパクトなやつはないかと探して見つけたのが,TRUSCOのコンパクトセーフティカッターだった。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B00B4TGBG8/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00B4TGBG8/midorigamefer-22
   TRUSCO コンパクトセーフティカッター替刃付セット SK710
   注文日(Amazon): 2017年10月27日

写真は 2017-10-29 撮影。右上のが百円ショップで購入した普通のタイプ(刃は戻らない)。胸ポケットとクリップで固定し,うっかり落とさないようにしていた。

以前使っていたのは,こちら。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B001D3AQE8/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001D3AQE8/midorigamefer-22
   オルファ:OLFA セーフティカッター

比較してみると,オルファの方が刃が大きく使いやすかった。TRUSCOのは替刃付きで,替刃も両側が使えるのでお得ではあるが,刃が小さく使いにくい。もっとも刃自体はオルファからの提供を受けているので,切れ味そのものは変わらないのだが。

2018-08-04 懶道人(monogusadoujin)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

音声クロックを枕元用に改造

20180803_音声クロックを枕元用に改造

 2018-05-13撮影。セイコーの音声時計DA207Sを枕元にセットしたが,音量を(大・小)の「小」にしてもなお音が大きい。枕元用としては,のことだが。そこで,ダンボールを使って,改造(一工夫)することにした。
   https://www.amazon.co.jp/dp/B0049K5E80/
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0049K5E80/midorigamefer-22
   SEIKO CLOCK (セイコークロック) 目覚し時計 POCKETTALK ポケットトーク デジタル 音声 電波時計 DA207S
   セイコークロック(Seiko Clock)

表と裏の両面にスピーカ穴が有る。これを塞ぐことにした。また,「音声:スヌーズ」ボタンが平らで押しにくいので,ダンボールを重ねて厚みを作って,寝ぼけまなこでもボタンを押しやすいようにした。スマートフォン用スタンドを使って,立てておくようにした。最後に,やっぱり1分ごとに15分間報時する機能は惜しいので,ダンボールを折り曲げて,その機能をONにできるように,空間を空けることにした。

 しかしまぁ,その後,パタパタ時計&ネオン球で薄暗い中でもすぐに時刻がわかるような仕組みにしたので,あまり役に立っているとはいえない状況ではある。中古スマートフォン2台目,3台目で,音声時計のアプリで,朝自動的に1分ごとに報時するようにしたこともあるし。

2018-08-03 懶道人(monogusadoujin)


| | コメント (0) | トラックバック (0)